シングルファーザーとの年の差恋♥

両手いっぱいの恋

ryouteippai no koi

両手いっぱいの恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
102
評価数
26件
平均
4 / 5
神率
34.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784048669658

あらすじ

 高校生の秋が、保育園児の息子・冬里を連れた瀬谷と出会ったのは、シングルファーザー専用の高級シェアハウス『SAKURA』。仕事で忙しい瀬谷のかわりに冬里の面倒を見るうち、秋は瀬谷に惹かれていく。しかしどんなに恋をしても、相手は子供もいる大人の男性。行き場のない想いで胸をいっぱいにしていた矢先、ある騒動が起きて…? 
 優しくて甘くて幸せで、ほんの少し苦しい、シングルファーザーとの年の差恋♥

表題作両手いっぱいの恋

瀬谷篤彦・冬里の父
沢野秋・高校生~大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

うるうるしたりキュンとしたり

シングルファザー専用シェアハウスという最高のロケーションに可愛い息子ちん、そして恋とくればもう最強です。
何度か涙腺うるうるさせられるシーンもあって夢中で読んじゃいました。
攻めはシェアハウスに入居してきた瀬谷、受けは同じシェアハウスに住む秋。
そして二人のキューピッド的役割を果たす瀬谷の息子の冬里。
瀬谷は冬里をとても大切に育てる子煩悩なイケメンで秋はちょっぴり冷め気味の可憐な男子。
二人のカップルもとても素敵なのですが、それに負けないぐらい息子ちんの冬里が可愛いのですよ。
秋にとてもよく懐いて秋がいないとグズって、逆に秋がいればすっごいご機嫌さんになる冬里が本当に可愛いすぎます。
瀬谷と秋が出会ったのは秋が中三の時でしたが、恋愛として走り出すまでに数年の時間経過を要するものでした。
離ればなれになってそして再会するわけなのですが…。
これがまたすれ違いの連続でもどかしさを覚えつつも、お互いを本当に想い合っているシーンを見る度に、たまらなくキュンキュンしてしまいました。
切なさの中にある冬里の存在はとても大きなもので、その屈託のない無邪気さに瀬谷も秋もそして読者も続き救われるのではないでしょうか。
物語に疑問を感じる個所がいくつか存在するのですが、それも余すことなく次第に明かされて行くので先々の展開が例え読めたとしても面白い仕上がりになっていたと感じました。
シングルファザーものが読みたいときには、また再読したいと思える心温まる物語。
大好き要素もたくさん盛り込まれていたので個人的な好みも含めて神評価にさせていただきました。
お子様が登場してくるBLお好きな方にはおススメですよ♪

4

ぐっとくる作品でした

シングルファザー攻めの歳の差ということで
想像していた通りの部分もありましたが・・・ぐっときました!

シングルファザー専用のシェアハウスにて
攻め様は息子と受け様は父親と住んでいて
受け様は攻め様の息子を弟の様に思い一緒に生活していたわけですが

出会いは受け様が中学3年からで長いスパンの片思いから始まるのですが
これがまた けっこうなすれ違いだし
お互いの勘違いもあり、気持ちが通じるまでが長かった・・・
2人共、好き同士なんじゃないかと思う所もありましたが
なかなかくっつけない!!!(;´∀`)

部分部分で切なくて苦しい誤解もあったし
攻め様がシェアハウスから引っ越す時なんて涙ものでした
すれ違いって恐ろしいです!

攻め様が今後結婚しないと言いきったことや
どうして引っ越しをして一度も連絡がなかったこととか
引っ越した後、部屋に残された攻め様の子供のおもちゃの謎とか・・・

子供が出てくるものとしては、
泣けるシーンが多々見れて私的には新たな発見で
面白く読めました

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ