棘だらけの求愛

togedarake no kyuuai

棘だらけの求愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×212
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
102
評価数
28件
平均
3.8 / 5
神率
32.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778117603

あらすじ

商社に勤める美乃春一は能力を買われ、一部上場企業の担当を任される。だが先方の担当者として現れたのは高校時代の後輩、秋宮洋介だった。サッカーの強豪校に初心者で入部した洋介の面倒を何かと見ていた春一は、その縁を活かそうとするものの彼は妙にそっけない。そんな中、春一の発注ミスが発覚する。何とかならないか交渉に赴いた春一に、洋介が出した交換条件は彼のものを唇で愛撫することで…。

表題作棘だらけの求愛

秋宮洋介,美乃の高校の後輩で外資大口顧客の新担当者
美乃春一,OA機器と文具を扱う大手商社の営業マン

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

「一度で済むと思ってたんですか」

読後感スッキリ!
素敵な本に出会えたな~と思いました。

高校時代、サッカー部の先輩後輩だった二人の再会ストーリー。
中堅商事のリーマン・春一(受け・先輩)と、
大口取引先の担当、洋介(攻め・後輩)は、ある時、仕事上で再会することになります。

洋介の執着っぷりが徐々に頭角を現す中盤はもうドキドキ!
涼しい顔(絵が素敵!)して、腹黒い一面を呈して行きます。

たとえば…、

春一、発注ミス。
→洋介「フェラしてくれたら許します」

春一、洋介の仕向けた作戦でまたまたミス。
→洋介「抱かせてくれたら許します」

上昇志向が強く、他人の評価を第一に考える春一は、
ミスがバレないのならと、苦渋の選択で、洋介に従うしかないのです。

体を代償に…というのはBLではあるあるだけど、
洋介の身勝手ともいえる要求と、苦しい決断をする春一の葛藤が、
交互に描写されるのはテンポがよくて、引き込まれちゃいました。

洋介は、春一をわざと陥れるようなことをしたり等、
奸智に長けたキャラで、ずる賢いなと思う部分も多いのですが、
高校サッカー部時代のエピソー続きドを織り交ぜながらお話が進むので
お互いの感情の流れがごく自然で、嫌悪感は全くなかったです。

そして底なし沼にはまるようにズブズブと…。
洋介の、脅迫まがいの「一度で済むと思ってたんですか」のキメ台詞は、
悪そう~な声の声優さんに言ってほしいですねw

春一が、嫌々ながら抱かれているのに、
与えられる快楽には、思い切り酔ってしまい、
そんな自分に戸惑う展開は、見どころのひとつです。
ずる賢く姑息で、自分を陥れるようなことばかりする洋介が
Hでは、表情も仕草も行為自体も、ものすごく優しくそして濃厚!このギャップ!
洋介が心から、春一を大切に想っているのが伝わって来るようなHは、
みずかねさんの挿絵の美しさも相まって、うっとりな名シーンです。

そして春一は、少しずつ、洋介の心の暖かさを知るのです。
徐々に愛情を感じ、心を開いていく春一ですが、
これまで洋介の姑息な要求を呑んでいる経緯があるため、
情に流されず、心できちんと納得出来ないと、好きという気持ちが動かないところも良かったです。

そして、自分の罪を知っている洋介は、転勤願いを出します。
引き際をわきまえていて、迷いなく春一を手放すのも美しかったな。
こういう執着さんは大変良いと思います☆

洋一に、別れを告げられるシーンでは、
いいカッコしいの春一が動揺のあまり、
訳が分からなくなり、言葉が出なくなってしまいます。
でも、カッコ悪くても言わなくてはいけないことがあると、
強い気持ちを持っているのも、胸が熱くなりました。

金銭的に恵まれない高校時代の洋介の面倒を見て、
何の見返りもなく、洋介を可愛がった春一。
春一自身は、周囲に良い先輩と思われたくてしたことと思い込んでいますが
最後まで読み終わると、決してそれだけではないことが分かります。

長年こじらせた片思いが、叶った洋介にも目頭が熱くなりましたが、
それまで、他人にどう思われるかばかりを考え行動していた春一が、
自分はどうしたいかを一番に考え、自らに素直になれたことで、
周囲との人間関係も変わり、明るい未来が開けている終わり方が
とても爽やかで、最高のハッピーエンドだと思いました!

ラストにつながる二人の会話と幸せなH、
そして、最後の春一の行動が、自分的にキター!!と思うくらいにツボで、
(やらなそうな人がやるというギャップが良いのです~)
余韻がハンパなかったです。

あと3回くらいは読み返したい気持ちです。
神寄りの萌×2です!

5

こじらせてました!w

またもやみずかねさんの表紙が麗しくて
はだけた胸元だけどてぃくびが見えていないのが
私にはちょっとした焦らしプレイでしたw
あらすじも再会モノで年下攻めのようなので
わくわくしてしまいました!

OA機器と文具を扱う栗本商事に勤める春一は
人当たりの良さとなかなかの営業成績で
大口顧客のG&Eファイナンスの新担当を任せられる事になり
挨拶に向かうとそこには高校のサッカー部だった後輩・洋介がいたのです。
当時なにかにつけて世話をやいてあげた筈の洋介は
懐かしんでくれることもなく再会を喜ぶ素振りもしないので
面白くないと思っていましたが…。

春一は、小さい頃から母に褒めてもらいたくて
いいコでいるのがクセになってしまって
それは大人になっても変わらないのです。
高校のサッカー部でも、頼れる素敵なキャプテンでいたい為
金銭面で余裕がないらしい洋介にスパイクシューズやカバンを譲ったり
まだ技術的に未熟な洋介の朝練に付き合ってやったりしました。
卒業式では泣きじゃくっていた洋介が
まさか外資の金融会社でパリッとスーツを着こなし
自分よりもいい男になっ続きているとは…。

春一の表面上には出さない卑屈な気持ち、わかる…。
負の感情を口にする事によって、自分自身の評価が下がるとわかっていて
常に優等生の返答ばかりで息が詰まるだろうなぁ。
いいヤツ、出来るヤツだと言われる事だけが自分を満たしてくれ
人目を気にして生きている。元同級生にすら。
だから発注ミスの際、ありえない要求を洋介から言われ
ノンケでありながら条件をのまざるを得なかったのは理解できました。

ただ、またもや…っていうのはさすがにちょっとどうかなとは思いましたけど
何より春一のじわじわっと侵食されるような心情の変化が楽しかった!!
久しぶりにドノンケの反応が読めて新鮮だったのもありますがw

洋介の、再会してからの印象が春一と同様に
「こいつ…」って思う事もありましたけど
きっとこうするしか繋ぎ止める術が無いからだろうって思うと
必死さが伝ってきました。私にはw
春一本人は、洋介の真意が掴めなくてモヤってばかりでも
与えられた濃厚なフ○ラの快感に流される気持ちも
しょうがないかもなぁなんて思って読み続けました。
自ら突き放したくせに、あっさり身を引く洋介が
気になって気になって仕方ないとか人間らしい気がしました。

元同級生の田丸が良い塩梅に助言してくれて
田丸がいなかったら素直になれなかったかもしれない。GJ田丸!

でも本当、春一はいい人に見られたいだけだったけど
言葉だけじゃなく行動に移せる人はそうそういないと思うし
高校時代の事は洋介が想いをこじらせても無理はないんじゃないかな。
ちなみに、春一の意思を伴わない行為でしたが
洋介は春一に痛い思いをさせてないのが私的に高ポイントでした。
痛くなければいいのか!って感じですがw

後半の全てを話すシーンは何度も読み返してしまいます。
ただ、春一の彼女はうざかったな……w
「ハワイとぉ、グアムとぉ」だなんてキツイ;;
周りに羨ましがられるようなタイプの女性にしたって
顔とスタイルが良くてもちょっとね…。
そんなに出ばってはいませんでしたが苦手な方はご注意を。

あ、高校時代、春一が付き合って別れた彼女と
洋介がその後つきあったって話がツボりました!
そのせいで春一は誤解したりしたんですが
その執着たるや…っていう。
田丸に明かされた出来事も、洋介本人から聞いた事実も
だいぶご馳走だったので
全部ふまえた上でまた読み返したいです♪

4

だめでした。。

年下腹黒攻めとか大好きなのですが、全く萌えませんでした。
曲がりなりにも社会人として頑張って働いている私としては、仕事の発注ミスにつけ込んで体を要求するという性根が腐ったような攻めを許せませんでした。
もっと絡め取るような陰湿な罠を仕掛けて。。とかなら萌えますが、あまりに単純ミス過ぎて。。
しかもお世話になった大好きな先輩にいきなりフェラ要求って。。恩を仇で返し過ぎ!
受けの先輩は先輩で全く潔くなくて、その要求を飲んじゃうって、あまりの仕事の出来なさぶりに男としての魅力ゼロですね。
受けも性格悪いし、攻めもこじらせ過ぎてて、やり方が汚くてなんだか気持ち悪かったです。
しかもあんなに受けは攻めを罵倒していたのに、何でころっと好きになるんだか。。
もっと仕事バリバリしててカッコいい男達のお話が読みたいです!

5

My中段チェリー。

楠田さんの作品は結構好きでチョイチョイ読んでるんですが……。
いやぁ、最近他の作家さんの作品読んでもイマイチ萌えれないとか、ダルくなって途中で投げ出したりとかしてちょっと自分の中でBLバブルが弾けてたんです。
がっ……。がっ……。執着腹黒攻め好きな私にはヒットでした。

主人公の受の春一は文具商社の営業。仕事の成績もめでたい、八方美人のイケメンで彼女持ち。
そんな春一が 仕事の引き継ぎで担当することになった大手取引先の担当者が今回の攻めである高校時代に春一のサッカー部後輩であった洋介でした。
実は春一は主将をやっていたサッカー部時代、皆からいい先輩と思われたくてスーパー貧乏な洋介になにくれとなく世話を焼いていて、洋介に対し相当の貸しがあったのです。

普通に考えれば取引先は春一の商社にとって大口取引先、その担当者が後輩とくれば仕事もやりやすいだろうし、売り上げもアップできれば超ラッキー。

モロタで工藤。

となるはずだったんですがここから春一はコケてしまいます。
仕事でミスをしてしまい、それをリカバリーするために洋介に助けを求めると、洋介はフェラを要求。
続き
そこからはあれよあれよと沼状態。
一度ならずまた仕事をミスり、またもや洋介にリカバリー、挙げ句しまいにはエッチまでやっちゃう羽目に。
もうズブズブです。
ここまでは話の雰囲気がほの暗いジットリした感じで、春一は洋介に対して憎さ全開、罵りもパナいの。
が、だんだん春一、ほだされてきます。
自分の気持ちに気付いてしまった春一。
自分の社会的な立場、付き合ってる彼女、一体どうすんの、という話。
終盤、だんだん明かされてくる洋介の執着っぷりがヤンデレスキーの私にはたまりませんでした。ワンコだし。
欲を言わせてもらえばもっと攻めのキャラをハッキリさせてもらえばもっと入り込めたのかなとは思いますが。
執着攻めが好きな方には是非オススメさせていただきたいです。

ホントのところは萌X2かなとは思ったんですが、私はこういうシンプルな(血縁じゃない)リーマン、ワンコ、執着フラグ好きなもので。神評価させていただきました。

余談ですが、この本の裏表紙にある「あらすじ」、主人公の春一の名前のふりがなが「しゅんいち」になってますが中身は「はるいち」で統一されています。
出版社さん、もっとしっかりしてくんなんし。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ