エンドレス・ゲーム

エンドレス・ゲーム
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
5
得点
57
評価数
17件
平均
3.5 / 5
神率
23.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784403520631

あらすじ

十四歳のとき母を亡くした誓史は、弁護士の佐伯に引き取られ、一緒に暮らしている。
優しい佐伯は、誓史の母が亡くなる間隙、籍を入れるだけの結婚をして、行き場を失った誓史を迎えてくれたのだ。
以来、誓史は佐伯への想いを隠して、偽りに満ちた家族ごっこを四年間続けてきたが、それはあるきっかけから綻びを見せ…!?表題作を含む三篇に、新たに書き下ろし二篇を加えた月村奎の人気作。

表題作エンドレス・ゲーム

佐伯 (弁護士)
誓史 (優等生 意地っ張り)

その他の収録作品

  • アンリーズナブル・ゲーム
  • 永遠になるまで
  • きみが思うよりずっと
  • スイート・スイート・タイムマシーン

評価・レビューする

レビュー投稿数5

何度も読みたい本

表題作もよかったんですけれど、先生と生徒のカップルの方が好きです。二組目はラブ要素は低いですが、わだかまりを抱えた先生が立ちなおって前を向くまっすぐした言葉が心に響きました。全部背負って前に向こうとするシーンが好きで何度も読み返しています。また生徒の子の飄々とした態度が、豹変するシーンなども萌えました。
表題作品の方は、誓志が少し自分勝手だと感じましたが、不器用にしか行動できない彼が素直な言葉を告げるシーンが好きです。

1

家庭内恋愛

歳の差カップルの面白いところって、対等でなくても許されるところでないかと思います。

普段なら受けが攻めにひどかったりその逆だと対等じゃない、理不尽だ!て思うけど、歳の差が離れていたり、受けが年齢的に子供だったりすると無条件に愛されていることを許容できてしまうんですよね。

母親をなくした誓史は、ゲイであることを隠すため、母親と偽造結婚した佐伯に引きとられ一緒に暮らしています。
佐伯のことが好きだけど佐伯には恋人がいる。なら家族のままでいい、終わりのない家族ごっこを一生つづけていきたいと望む、そういう意味合いのタイトルです。
でもそんな重苦しいお話じゃないんです。
どちらかというと可愛くてあたたかいお話でした。
佐伯と誓史は本来なら父親と息子なのですが、名前で呼び合うからか同居人て感じです。

短編形式なので読みやすくて、主人公がまだ学生だからかハードな描写もありません。月村さんはもともとハードなシーンはあまりないけど、とても月村さんらしい雰囲気でした。
誓史はものすごく意地っ張りで、しっかり者だけど大学生にしては言動がちょっと子供です。

浮気を疑って他の人続きと寝ようとしたり、引き止めてほしくて「出て行く!」と言ったり、佐伯が自分のために生命保険に入ってると知ると「無駄金使って馬鹿じゃないの」とか、かんしゃく持ちで素直でない子供っぽい主人公は、ここまでくるとむしろ天晴れです^^;

佐伯は怒ってもいいんじゃ…って思うのだけど、それも含めて二人は対等ではないのですね。(いい意味でもわるい意味でも)
それがよく現されているお話でした。

受けが攻めにすごく甘やかされるお話はたくさん読みましたが、これはその中でも一、二を争うくらいの甘やかされっぷり。
溺愛される歳の差カプがお好きな方にオススメです。

後半半分は佐伯の友人、櫻木のお話でした。
気になっていた脇キャラだったのでお話が入っていて嬉しかった。
でも、お相手は高校生かあと思いました。櫻木は高校教師で、お相手はその生徒。
年下攻めも好きですが、なんとなく、櫻木には佐伯のような人物が似合うのではないかと思っていました。

こちらもお話としてはよかったです。
櫻木が何を思って生きてきたか、長く続く愛と、刹那しか楽しめない恋の違いは何かがじっくり、描かれています。

でも、ネタバレになりますが、最後、櫻木は達也と別れる道を選ぶこともできたはず。でも別れられなかった、達也の手を取ったのはそれほど深い愛着がすでに湧いていたからで、それはちょっと何時の間に…て感じてしまったので、もう一押し欲しかったです。
おそらく櫻木がふわふわした性格だからそう思ったのでしょうが 。

最初から最後まで楽しめました。こちらは新装版ですが、デビュー後すぐに書かれたと思えないくらいよく出来た作品だと思いました。
月村さんがよく書かれるパターンを踏んでいるので、他の作品を知った上で読むと多少デジャウを感じなくもないですが、逆に月村さんの作品がお好きな方ならハズレでないと思います。

4

コドモはめんどくさい

金ひかる強化月間開催中
って感じで、中古で表紙買いした中の1冊。
月村奎さんって、あんまり読んだことなかったけど、やたらと死にネタ絡みが多いのは、はたして作者さんの作風なのか、それとも古い作品のようだから、単に若気が至っただけなのか、
死という永遠に、ずっとこだわっているあたりが、好き嫌いの分かれ目になるのかなぁ、
「いつまでも、未来に向かって後ろ向きに歩いていないで、後ばかりじゃなくて、ちょっとずつでも前を向こうよ」っていう、前向きのハッピーエンドととるか、
いつまでも後ろ向きにぐじぐじしてばかりなのに、いい加減うんざりしちゃうか、
私としては、コドモが未来に尻込みしたり、後ろ向きにグズグズしたりとめんどくさいのは、それはもう、コドモだからしょうがないし、
それに、金さんのイラストの、意地っ張りで、見栄っ張りで、どうしようもなく不安なコドモって言うのがツボなので、それはそれでいいんだけど、
まあ、結局のところ、佐伯も年相応に大人ぶろうとしたコドモだと思えばいいのかな。

2

あああ、鬱陶しい!

ネガティブは別に平気だけど、ツン過ぎる受はつくづくダメだ・・・と実感。

このチカ(受)が我慢の限界を越えて鬱陶しかったです、私は。それに『健気』だとはまったく感じなかったですね。

もしかしてこれが『健気に頑張る受』のつもりだとしたら、私とは何もかもが噛み合わないです。佐伯(攻)はただの小狡い大人だったし。
たぶん、これが『(作家さんと)相性が悪い』ってことなのかもしれません。

いい大人が当時14歳の義理の息子にヨコシマな気持ちを持ってたとしても、それは一向に構いません。H描写がないのも別にいいんです(というよりむしろそのほうがいいくらい)。
そういうことではなく、とにかくキャラクターはじめ全体に漂う雰囲気がもうダメでした。

スピンオフCPの方はまったく印象に残ってません。こちらもとことん好みじゃなかった。←私は『先生×生徒』はそれはもう大好きなんですが『生徒×先生』はそれだけで読む気失せるくらいです。そもそも年下攻が苦手なので。

もう流し読みするのもギリギリでした。イライラして。

これは私が『月村さんは無理だ・・・』と心底思った作品です。
もと続きもと何読んでも合わないな~と思ってたんですが、これ読んだ時点でもうこの作家とはなにからなにまで合わないと痛感してそれっきりです。

逆に、月村さんの作風がお好きな方にはすごくいい作品なんじゃないでしょうか。キャラクター(特にチカ)が『月村さんの典型』って感じですし(月村作品にすごくよくいるタイプ)。

イラスト買いだったのでイラストがよかった(ホントによかった・・・)のだけが救いでしたが、それでも(イラストで)評価が上積みにはなりませんでした。これはどうしても無理。

4

あ~胸がキュンと

やっぱり月村さんのお話はいい!
泣く予定じゃなかったのに、しっかりと泣かされてしまいました。でも、気持ちよく泣けるから、くせになりそうです~。
エロって全くありませんが、その分ほのぼのとしてて、胸がほわっと暖かくなって。

想いが通じ合っても、一回り違うってことや同性だってこと、誰とも抱き合ったことはないのに佐伯はいろいろと経験していること等々、一人で考えたって答えのでないことを誓史は考え込んじゃってたんですよ。
佐伯だって、それこそいろんな経験を積んできたオトナなんだから、もう少し誓史の気持ちを推し量ってやればここまで拗れなかったのねぇ。

とはいうものの、書き下ろし分では養子縁組もする(この養子縁組の書類っていうのが、証人欄や佐伯の名前等々すでに記入済みで、誓史がサインするところだけが残されてるって、どんだけ用意周到なんだ~! いや、そういうところにも萌えちゃいましたが)ようだし、ずっとそばにいる覚悟を決めたみたい。

書き下ろしで、パソコンのメールを再現したものがありましたが、めっちゃ胸がキュンキュンしました。メールだからこそ、素直に自分の気持ちを綴ることが出来続きたんでしょうね、櫻井は。
これを読んだ達也って、どんな嬉しそうな顔をしていたんでしょう。見てみたいです~。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ