8人の戦士 (1)

8nin no senshi

8人の戦士 (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神91
  • 萌×227
  • 萌22
  • 中立10
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
32
得点
639
評価数
155
平均
4.2 / 5
神率
58.7%
著者
池玲文 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799742518

あらすじ

諸島を束ねる「王」を決める闘いが始まった。勝敗ルールはシンプル。先に射精したほうが負け。そのため男根を覆うペニスケースは年々大きく触れにくい形状へと変化をしていった。外国へ留学していた戦士の一人、ハートは闘いのため島へ戻るが、彼は秘技を習得していた。その技に驚愕した戦士たちは衝撃を受ける!絶対に「射精してはならぬ」戦いに勝つのは誰だーー!? 池玲文が放つ新感覚バトルラブアクションBL!!

表題作8人の戦士 (1)

マシュー・真名見(ハート留学先シェアハウスの住人)
ハート(宝玉の一族代表・留学)

同時収録作品8人の戦士 (1)

ユダ(戦いの一族代表・ハートの幼馴染)
ピサウ(太陽の一族代表・ハートの幼馴染)

同時収録作品8人の戦士 (1)

ロロ(土の一族代表)※受け攻め無し
ブラン(月の一族代表)※受け攻め無し

同時収録作品8人の戦士 (1)

ヴァンピア(癒しの一族代表)
サイコルナガ(龍の一族代表)

同時収録作品8人の戦士 (1)

ハート(宝玉の戦士代表)
ヴァンピア(癒しの一族代表)

同時収録作品8人の戦士 (1)

ロロ(土の一族代表)※受け攻め無し
ハート(宝玉の戦士代表)

同時収録作品8人の戦士 (1)

サーフィア(宝玉の王)
ロロ(土の一族代表)※受け攻め無し

その他の収録作品

  • 王者合戦から三日後

レビュー投稿数32

新感覚B(バトル)L(ラブ)?

なんとなくシリアスなお話を書きそうと勝手にイメージしていた作者さんがこんなお話を書かれるなんて!
これだからBLは奥が深い?面白いですよね。

まず、よくわかる!登場人物紹介でブハッと喰らいました。アソコを覆う装飾の立派なこと。

そしてうわー、登場人物が多いなあ何人いるんだ?どんどん出てくる、覚えられないよーと心配していたら、あら不思議。カタカナ名前は入って来なくても顔とエピソードで識別できる!

なんとなくそれぞれカップルや片想いやらがあり、これはいくらでもお話が出来そうとワクワクしました。
でもこの一冊でまとまっていて2巻で一体何やるの?と楽しみです。  

王を決める4年に一度のオリンピックみたいな催し。各部族から選ばれし戦士達が集まりお祭りのようです。 

前立腺を知るハートが優勢かと思いきや、大好きな彼の登場で彼以外には触られたくないと決勝で退場。

戦士達はいかに射精させるかの鍛錬で一生懸命ですが実は男同士のエッチのやり方は広まってないんですね。
この大会で広まりそう!

それぞれのカップルがみんな魅力的でもっと掘り下げて読ませてーという感じです。
とりあえずハートはあと4年彼と一緒にいられそうですね。

私の中のBLの概念に新しい風が吹いたような感覚でした。

1

発想が面白い

かつて見たことがない世界観で、バカだな~って思うようなことを至極真面目にやってるのが非常に面白かったです。

最後まで射精しなかった者が王になるという設定ももちろん、お辞儀の代わりが相手にお尻を高く掲げることで、最高敬礼がお尻の穴見せながら差し出すこととか、もう発想がすごすぎて作者さんの頭の中を覗いてみたいと思いました。笑

キャラもみんな個性的で、登場人物が多いながらもそれぞれの物語が凝縮されていて読みごたえがありました。
続編もあるということで、それぞれのカップルの行方が気になるので楽しみです!

題材が題材なだけに次回は修正なしで見てみたいので18禁版を切望します!

1

竿と尻を制す者は誰だ?!

奇想天外な設定がずっと気になっていたものの、何故かまだ読んでいなかった作品のひとつでした。
美麗な画と内容のギャップがすごすぎる!
登場人物紹介がペニスサック一覧な事にまず笑い、お尻を出した子一等賞ならぬ、プラウ・ヤンギンダ諸島では引き締まった尻こそが男らしさの象徴!と、ぶっ飛んだ設定の数々に笑い、開始数ページであまりの情報量の多さに戸惑いながら読み進めると、今度はペニスサックを装着しての聖戦あり!と、池先生の斜め上の発想に爆笑してしまった(笑)

先に射精した者が負け!各部族の尻上げした精鋭達が集まり、4年に1度の王を選定する真剣勝負!
これはもう、島をあげてのオリンピックと言っても過言ではないです。
ハートが留学先から前立腺攻めという新たな技を持ち込んでしまったので、五輪ならぬ八輪(穴?)八棒の戦いとなりました。
笑えてしまう設定だというのに彼らが真剣そのものなので、いつしかかなり真面目な物語な気さえして来ます。
バリエーション豊かな良い男達が揃っているので、好みのキャラクターがきっと1人はいるはず!
その王の座をかけた戦いの中にも、ちゃんとBL的な萌えも描いているのがお見事です。
私は受けても攻めても美味しいヴァンピアとロロさまがとても気になりました!
隻眼のサイコルナガも気になりますね…!
今回、頂上決戦は選手交代となりましたが、次回はどうなるのでしょう。
雄々しい戦士の鎧(ただし前だけ)を身に纏い戦って来た彼らの前に立ちはだかる、前立腺という名の新たな壁(穴?)にどう挑むのか…!
それぞれのカップルの今後にも乞うご期待です。

ところで、あちこちに細かな笑えるツボ描写がたくさんあって(笑)
・尻を出したままお辞儀をする時の「プリッ」という効果音
・尻は全くの無防備であったー というモノローグ
・ユダの尻のどアップからのセリフ
・ダッシュするロロさまのロロさまがブルンブルンするシーン
・初々しい尻発言
これに笑った方は多いのではないでしょうか?
1巻でこのフルスロットルさ。
これはもう2巻ではどうなってしまうのかが楽しみでならないですね…?!
とっても笑えて楽しめるエンターテイメント感溢れる作品でした!
なんだか元気いっぱいになります!

1

どうしてこうなった本(※良い意味で)

 先に射精したら負け!攻め×攻めなんかでありそうな設定だと思います。しかし!それが男根に鎧を装備しガチなバトルトーナメントにしようだなんて他に誰が思いつくか?否!これを考案し描こうと思った発想にまずは感服致しました。

 イケメンから可愛い、美人、オヤジまで様々な属性を網羅したキャラが勢揃いの豪華絢爛!眼鏡、褐色、ヒゲ、長髪、特殊設定、体格も大~小とオプションも豊富。
 登場人物が多いので親切に「よくわかる!登場人物紹介」が最初に用意されており安心です。…うん、初見では全く解らん。(※鎧のアップ)

 股間にでっかい鎧を装備した滑稽な姿に初めは戸惑いつつも、肉体美と絡みつくような戦闘服のコントラストは、際どい露出具合がセクシーで眼の保養になります。
 序盤に出てくる普段着も凝っていて、サブキャラクター、背景、トカゲやカポエイラ神のイラストまで細やかに美しく描かれていますね。
 アクションシーンも楽しく、高い画力とデザインセンスを十分過ぎる程に堪能できる一冊に仕上がっていると思います。

 文化の違いを尊重しなければいけない事は解っていても、正直プラウ島出身でない者から見れば、この人たち必死に何て事やってるんだ…感はあります(笑)。
 でもこのやっている事と本人達の真剣度の温度差こそが、アホアホなのにカッコいい!を実現し、いつの間にか戦士たちを応援させてしまうのですよ。
 ルールはアレですがノリ的には少年漫画の大会やトーナメントノリ、こんなBLって他ではあまりお目にかかれないのでは?

 戦いの合間には、ラブも含めた戦士同士のやり取りが楽しい!こういう人物の多い作品は一人ひとりの個性を見るのもまた楽しみの一つですよね♪
 我々の世界では考えられない常識や文化の違いも笑いを誘うものがあり、心の中でツッコミが止まらない、まず敬礼からしておかしいわ!
 各部族の歴史や文化も詳しく設定されており、ファンタジー好きの好奇心を刺激してくれますね。

 この人数とカップル数ですから、一人一人を掘り下げるにはやはりそれなりの巻数が必要になってくると思います。
 まだ物語は始まったばかりでBLとしては少し物足りない段階、甘いラブやエロスはこれから、と言ったところで続きが楽しみですね。
 どのキャラクターも魅力的で甲乙つけがたい、萌えと笑い、そして燃え!を一度に楽しめるエンターテイナーな一冊でした。

 同作品を好きな腐レンドや腐ァミリーに恵まれた方なら、推しキャラやカップリングについて語り合ったり論争したり、と言った楽しみ方も出来る貴重な作品なのでは無いでしょうか?

1

くだらなっオブザイヤー!

このレビュー難しいですね。でも、内容が内容なのでこちらも何も考えずに書くことにします。
1巻でまだ登場人物それぞれの紹介とこの変わった風習の島のしきたりの説明みたいなので終わってしまったので評価としては真ん中にしました。でも、笑える度では、ここ最近のイチオシかも。こんな綺麗な絵で、こんな綺麗な顔で何を大真面目に馬鹿言ってるんだか。あまりに危険な戦いだから尻上げしてないお子さまには見せられないとか。いや、尻上げって何よ?!「竿が駄目なら玉がある」って、そんな睨み効かせられても…笑
 
しかもこれ、続くんかーい!

1

大真面目なギャグ

池さんに珍しく?というか本領発揮なのではというギャグでした。
お尻を出さないと行けない、イったほうが負けという戦いがある変な島の話。小さな部族がいて、癒やし系やガテン系などそれぞれに特徴があり、ちょっとゲームっぽい?

主人公は、外の世界で秘技を取得してきた(外ではただの大学生)ため勝ち上がったりしますが、結局試合はどうなったのかよく分からない。追いかけてきた恋人とまた外部で修行生活を送るようです。

とにかく深く考えず、ただ馬鹿馬鹿しいお話を流麗な絵で気軽に楽しめる、そんな作品です。

1

画と話の内容のギャップが凄い!!

秀麗な男たちが美しい背景とともに何をしているのかと言うと。。。
こんなにも見た目と話の内容にギャップのある作品は初めてです。それを考えただけでも笑える!(この作品はコメディーととらえていいんですよね?)
もし画が違ったらおそらくだいぶ印象が違うと思うのですが。池先生の画のクオリティーのおかげで、戦ってる(ヤッテる)戦士たちが本気で戦っているという気迫が伝わってきます。(ヤッテるといっても最後までではありません)
2巻からはどうなるのかまったく予想がつきませんが、このまま戦っているだけでもそれはそれで面白いような気がします。

0

池先生のこだわりが見れる

池先生といえば痛かったり切ない展開が多いのに、この作品は終始読みながら笑っていました。
それに画面の情報量が多いです。
あの仰々しいケースは戦う相手に触らせない為だったんですね。
観衆が見守る中での戦い。
尻上げ(笑)してない子どもは入場禁止って(笑)、そりゃあ当たり前です。あんなの見せられない!
後半はロロさまなんか、ブルンブルンさせながら走ってましたね。
それぞれ違うタイプの美丈夫達で皆が揃うと誰を見ていいか混乱します。
一巻は戦闘に終始して終わったので、二巻はそれぞれのカップルのお話をじっくりと読みたいです。

0

なんとも↓

ギャグではないのでしょうか?触りからそう思ってしまいました
池先生のは、何冊か拝見させていただきました
絵柄は綺麗で自分好みだったのですが、内容が痛いと言うか好みではありませんでした
今回のはおもしろい?アフリカの原住民のおはなしみたいな感じでしたね
◯ンコケースに包まれている屈強な戦士(一部除く)が自分の部族のために戦って行くと言うお話ですか?
戦士たちはイケメンだし、私好みでしたけど、やっぱりギャグすぎて馴染めない↓
池先生と言えば、痛いのが多いので
イメージですが…

2

コメディー

今回の新作は架空の島のペニスサック戦士達の戦いの物語。
とにかく美しい男たちが沢山出てくるので、きっと好みの戦士がいるはず。
真面目に王の座をかけて戦うんですが、勝敗は先に射精したら負けというシステム。
どんな方法も有り。
島を出ていたハートは前立腺を攻めると言う秘儀を覚えて帰ってくるんですが、最後は恋人のマシューが島に戦いを見に来ていて、決勝戦なのに相手を変えられるっていう。
もう戦いとかはいいので、色んな戦士とそれぞれのCP達を見てるだけで楽しめます。
大真面目に戦っているけど、やってることはちょっと何故か面白い。
なにも考えず読める平和なお話です。
1とついてるので、多分続きもあるはず。
次はどうなるんだろ。楽しみ。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う