一生俺に憑いてこい!

isshou ore ni tsuitekoi

一生俺に憑いてこい!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

300

レビュー数
6
得点
105
評価数
26
平均
4.1 / 5
神率
38.5%
著者
厘てく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ラブキスボーイズコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344844964

あらすじ

ナルシスト気味のイケメンリーマン・月尚の引っ越し先にいたのは可愛い顔をした地縛霊の昴。根っからゲイの昴は童貞のまま命を落としたらしく、一度でいいから男の人とエッチしたい、エッチできたら成仏すると迫ってきて、新居での快適な生活を楽しみにしていた月尚をうんざりさせるが!? 厘てくがお贈りするセクシーラブコメディ。

表題作一生俺に憑いてこい!

小野月尚・25歳・面倒見のいい会社員
昴・享年20歳・男に抱かれたい地縛霊

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下:漫画・キャラ紹介

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

pixivで見ても手に入れたくなりまして。

厘てく先生大好きです!

連載はpixivで追っていましたが、やっぱり紙の御本で所持したい。

こちらは今までにない設定でした。

ちょっとナルシストが入る会社員、月尚。でもイケメンでモテてます。

そんな月尚が、新しく引っ越したマンションに入居して、超常現象が起きまして。
挙げ句、地縛霊の昴が登場するって❗️
最初の昴はマジで登場が恐い。
ちょっと自分に当てはめると、結構恐いんですよ~
テレビに出たり、鏡から覗き込んでいたり。湯船から、ゆらゆら出たり❗

だけど、昴の望みは男の人とのえっち…❤️

だんだん順応していく月尚が素晴らしい。
昴との掛け合いも息(?)ぴったりに成っていきまして。もちろん、情も湧きますよね。

まだ地縛霊時代の昴は、マンションからきっかり100Mで、マンションの部屋に引き戻されます。花火を観たがった昴は花火会場に当然行けないのです。

でも、月尚が昴の可愛い望みを叶えて上げるんですよ~❗マンションのベランダからちゃんと花火が見えて。

その時の昴がほんとに照れて嬉しくて、可愛い…

昴と過ごすうち、えっちも挑戦しますよ!でも出来ないわけです!当たり前。月尚の後輩も絡んできますが、実体の乗っ取りしたいわけじゃなく。
ほんとに昴は月尚が好きになっている。感情がちゃんと動いているんですよね。

月尚の疑問から、昴の真実を突き止めて。
地縛霊じゃなくて、生き霊だとわかるんです。

昴は、事故にあって。(まあ、昴らしい浮かれた理由です)

月尚と昴が現実に会うことができて。
昴が、ちゃんと昴の実体として生きていく。
昴の健気な月尚への恋心があったからこそ。

現実世界で巡りあった二人が念願のえっちが出来て、昴が可愛くて良かった❤️

ただですね~昴が目覚めてから月尚に逢いに行くまでが短い…

さすがに寝たきりだから筋力ないしね、もうだいぶ時間が空いてからの再会でも良かったかもしれませんね~

まあ幸せな恋人になれて良かったです。
月尚と昴が、地縛霊時代の習慣を引きずっているのも、いとおかし。

昴が可愛く照れる顔が、ほんとに良いので是非とも観ていただきたいですね❤️
えっちは、可愛い…感じですよ!



0

昴くんの可愛さ◎

とにかく、昴くんが可愛くて堪りません!!
イタズラ好きなところも、月尚さんの後輩が遊びに来たとき嫉妬も、感情が昂ぶると起こしてしまうポルターガイスト現象も……全てが可愛いのです。

次第に昴くんに心を惹かれてゆき、彼の正体を突き止め「俺はずっとこの部屋で待ってる 何年かかってもいい 思い出したらいつでも帰ってこい」と送りだす月尚さん。
ただのナルシストかと思いきや、優しくて格好良い人でした。

2人が再開する場面では、何度読んでも涙腺が緩みます。

「他にはない 全く新しいBLを読みたい!!」という方にオススメしたい1冊です。

1

爆萌え爆笑オンパレード

先生のコミカルなノリ大好きです♪
初っ端から昴には爆笑だったし終始かわいかった。。。
悪乗りしちゃう感じも可愛いし、
照れてポルターガイストしちゃうのも可愛いし、
ヤキモチで後輩の頭にかぶりついちゃうのも可愛いし、
アホなのも可愛かった!!
とにかく可愛かった♡

そして月尚!!!
カッコイイかと思いきや!!
ナルシストっぷりは可愛かったデス♡

気持ちを改めて自覚してから
好きなのにセックスしたら成仏してしまうと言う
なんともできない先にぶち当たってしまった時の月尚は
もぉぉぉ切なかった(悶)

寝ている昴にキスするシーンはもぉ・・・ホント・・・
たまりませんでした。

やっとこさ始まった本当の二人の生活ももう少し見ていたかったです♡

1

愛はきっと、色々救う⁈ イケメンと暮らす地縛霊のラブリーな日常。

愛はきっと。色々救ってしまうのだ。

この世に未練があるのは、男に抱かれてみたかったから。というゲイの地縛霊、昴くんに懐かれてしまい、ドストレートなイケメン、月尚さんは受難の日々を送る。というドタバタ・コメディです。
早速お祓いしなければ‼︎という月尚さんをどうにか押し留め、抱いて欲しいと懇願する昴くんがとにかく怖いです。いや笑えるんだけれども。逆さに吊り下がって現れたり、TVの画面に現れたり(貞子⁈)レンジから顔を出したり。浴槽に沈んでいたり。考えてみて‼︎ コレやられたら絶対めっちゃ怖いから‼︎ けれど、ぐるんぐるん土下座する昴くんはやっぱり可愛らしくて、何だかんだ言って月尚さんは割と早目にほだされてしまう。
え⁈ ちょっと待って。コレ、ダメなヤツかも。死ネタってヤツ⁈ と、読み進めていくうちにちょっと切なくなって来る。だって 恋が成就したら、昴くんは消えてしまうのでは⁈ 早くも泣く準備に入る私。
ところが、なかなかそう上手くは行かない。昴くんは、月尚さんをホントに好きになり過ぎて、月尚さんをいざ前にすると、ドギマギが過ぎてポルターガイスト現象を起こしてしまうのだ。椅子は壊れ、グラスは割れる。包丁も飛んでますよね⁈ なので、昴くんの初エッチはなかなか成就しない。
月尚さんも次第に解ってしまう。自分の気持ちと、もし、昴くんが消えてしまったら…。それはどんなに哀しいことかという事を。
物語は少ーしだけ、ミステリーの様に展開して行きます。昴くんはこの部屋にどんな未練があるのか?
昴くんとは何者なのか。

作者が用意してくれた、温かな結末にジワリ来ます。そうか、そんな風に持っていくのね‼︎
と、ホッと胸を撫で下ろす。
ただ、あーっ!という間に解決してしまうので、もぅちょっとそこは感動させて欲しかったかもー。
昴くんも忘れてしまっていた、淡い恋の記憶。月尚さんにしてみれば、自分が見初められていたという事実にも気づいて無かった程の、日常の一コマ。
キッカケはほんの小さな事だったんだけど、遠い記憶は確かに恋の予兆だったのだという、ここが霊感的なロマンスになってるんですよね♡ 大事なとこ!
恋に落ちる一瞬だったんだなぁっていう。
昴くんが目覚めるのは、何と5年の歳月を経ているので。家族も心配したであろうし、ここは私を大泣きさせて欲しかったところです。
担当編集さんも言う通り。笑わせてくれて、切なくて。また笑わせてくれる。ドキワクとジワリ可愛いストーリーでした。
重力を得て、フワフワしなくなった事に慣れない昴くんが可愛いので、後日談もっと見たかったです。

1

ボケだらけで、地縛霊が可愛すぎでした。

メチャクチャ面白くて、直ぐに読み返してしまった。
登場キャラが全員おもしろくて味があるんですが、気付けばボケだらけ?
よくある設定ですが、おもしろストーリー展開に、構成の上手さで一気読みでした。
そして、画がお上手。躍動感のある伸びのある画というか、表情描写もよかったです。

ナルシストリーマン月尚が引っ越した先には、ゲイの地縛霊 昴が…。
昴の登場場面が最高でした。そんな地縛霊いないでしょって感じです。
コミカル描写が本当に上手くて、二人のやり取りや、日常風景だけで満たされる面白さ。

抱かれたら成仏すると言う昴に、ノンケ月尚がことに及ぼうとすると心霊現象で未遂。
抱かれないと成仏できない地縛霊と、一人暮らしを満喫したいノンケ男、
二人の攻防戦が始まるんですが、どう見ても楽しい同棲生活なんですよ。

月尚も元々面倒見のいいタイプなので、気付けば昴が喜ぶことをしている。
花火大会に行きたい昴ですが、行動範囲が限られている昴の為に、何とか実現しようと奔走する月尚。
一緒に見た花火シーンが美しい…アングルが秀逸で花火描写が素晴らしかった。
影や白が映える描写は紙より電子の方がキレイに見えます。

このボケ二人にツッコミ担当?として月尚の後輩、大地が登場しますが、
嫉妬にかられた昴が大地に取り憑いて、いいようにされる…結局大地もボケじゃないか。
この三人がボケとツッコミを回しながら、やんややんやと大騒ぎのドタバタですが、
この嫉妬心が発端となり、人間に恋した地縛霊になる昴。

昴がとにかく可愛くて、コロコロ変わる表情も好きですが、素直な子どもっぽさもいい。
その昴を上手くいなす月尚が、けっこう格好よくみえてくる。
元々イケメンなんですが、キャラがどうしても三枚目な、残念なイケメン月尚です。
大地の除霊騒ぎで、月尚もすっかり昴にほだされている自分に気付き…。

そして、昴は地縛霊ではなく、よくある展開の生霊だったんですが、
月尚と昴のそもそもの関係がピュアで、しっかり花火大会も繋がっている。
伏線回収と月尚がみせる昴への想いが、けっこうせつなくてジワリとさせられました。

幽霊ものは生霊になってエロ三昧な作品が多いですが、
この作品は「抱かれたいゲイの地縛霊」から始まりながらも、全然エッチしないのが斬新。
もちろん、意識が戻った人間として戻ってくる昴とあまイチャエッチですが、
童貞処女の昴がウブでカワイイ…ステキな初エッチでした。

ナルシストの月尚が時折りみせる、振り返りウィンクが昭和ぽくて笑いが…。
そして、人間に戻っても最後まで幽霊気分が抜けない二人の小ネタが面白い。
せつなさたっぷりですが、それ以上に二人の日常に笑わせて貰いました。
コミカル要素だけでなく、怖い場面はしっかり怖く描かれているのもよかったです。

恋人になった二人で続刊になりませんか?
二人共大好きなキャラで、後輩の大地も可愛かったなぁ…もっと見たい作品です。

※シーモア:修正は白抜きです。

4

タイトルが秀逸

とても面白かったです!
ナルシストリーマンの月尚と童貞地縛霊・昴の同居?ラブコメディです。

引っ越し先の部屋には何と地縛霊がいた!
昴と名乗る霊は、ゲイで童貞のまま死んでしまったため成仏できず、月尚に抱いて欲しいといいます。
祓いたい月尚は覚悟を決めるが、いざ事に及ぼうとするとポルターガイスト現象が起こり…

家からどこまで移動できるか試す2人が面白すぎます!
シュワ!って感じで、100m以上離れると昴の魂が家に戻ってしまうんですよね。
相当強い思いが家に残ってるのかなー、と思いました。


お話の流れ的には私の想像通りでした。
昴は生霊だったのです…
想像の範囲を出ませんでしたが、そうだったらいいなと思う流れだったので満足です。

月尚は顔が良いけどナルシストで初めは好きになれなかったけど、意外にも面倒見が良くて優しいです。
だんだんと昴に絆されていってるのが分かりました。
生きている頃から月尚が気になっていた昴は、地縛霊というより月尚に執着があったように思います。

昴は自分が何者か知った時、自分の体に帰ることができました。
そして、会いに来てくれることを望む月尚の元に戻ってきてようやく念願叶えることに…
だけど、霊体だった頃の生活が染み付いている2人はポルターガイストを警戒してしまいます(笑)


ストーリー自体は新しいものではありません。
だけど、2人のキャラだったり厘先生の表現だったりが面白く、とても楽しく読ませていただきました!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ