龍の壮烈、Dr.の慈悲

ryu no souretsu doctor no jihi

龍の壮烈、Dr.の慈悲
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2
平均
5 / 5
神率
100%
著者
樹生かなめ 奈良千春 
媒体
小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784065170847

あらすじ

白百合とも称えられる美貌の内科医・氷川諒一の最愛の恋人は眞鍋組の若き組長・橘高清和。清和は周囲の気温が下がるほどのクールさで、敵には容赦ない冷たい男だ。大人気BLシリーズ、最新刊!

レビュー投稿数1

外伝を先に読んでおいた方が分かりやすい

ネタバレとしていますが、あえてネタバレは少なめに書きます。
前巻から引き続き、寒野組が引き起こした眞鍋組のシマを巡る抗争。
まだ片付いていません。黒幕がいます。

読んでいて心臓が止まりそうなショックが2回ほど。
いや、でもそんなことはあるはずがない、物語的にもありえないと分かってはいても、ショックは受けてしまうものですね。
自分が思ってたよりも清和ファンだったと気付きました。

奈良さんの絵がまた少し変化したようで、全体的に綺麗めな絵柄になった気がします。
桐嶋が綺麗…w いや、ホストみたいな風貌らしいのでイケメンなんでしょうが、京介との違いが髪型以外あまり感じられないようなw
今まで桐嶋はギャグっぽいイラストが多かったので余計にそう思ってしまいました。
しかし、ラブシーンの美しさは今まで以上に磨きがかかったように思います。

個人的には吉平よりも寒野の方が好感をもてました。ちょっと可哀想でした。
寒野が出てくる挿絵が見たかったです。

そして、本編の裏で何やら不穏な動きがあるようです。
このシリーズは今までも特別編として、それまで本編とは直接関係の無い全くの新キャラの巻があり(脇道に逸れすぎだと思ってましたが)、一応その後に少し絡んでくるという感じでした。
今回もそんな感じ…どころか、結構ガッツリ絡んで来る感じです。
リキとサメが外伝に関係してくるようで、今作の電子に付いてくるSSでは、サメが何やら不穏な動きをしています。(ダイアナとラブラブで清和と対立?)
前々からサメは清和に対して「クソ坊ちゃん」とか「アレがおかしくなるだろう、アレが」とか、ブラックな職場環境にくわえて、氷川が絡むと周りが見えなくなる清和に対してかなり鬱憤が溜まっていたよう感じます。
「龍の若葉、Dr.の溺愛」で、諏訪や藤堂を始末しろと言う清和に対して「それ以上、ごねるなら俺は昇り龍から去る」とまでサメは言ってました。
思えば、いつサメが清和から去っても不思議じゃなかったかも…

常々思うのですが、氷川が清和と再会して結ばれていなかったら起こらなかった抗争やトラブルは多かったとは思うのです。(サメの清和に対するイライラも)
ですが、それを言ったら物語は始まらないわけで…
氷川を愛するようになって清和が暴走するようになり、暴走する清和を止められるのは氷川だけで、でも氷川がいると余計なトラブルが舞い込んで来る…といった感じでしょうか。
(眞鍋組の面々の苦労が偲ばれる)
今回の寒野の件は、氷川がいなくても起こっていた可能性が高いですし、氷川が居なかったら寒野はそのまま黙って計画を実行していたと思うので、結果的に氷川がいて良かったと思います。
氷川のせいでサメの余計な仕事とストレスは増えたかもしれませんが、氷川のおかげで助かったことも何度かあるので、サメにはコスプレに費やす時間をもう少し削って仕事に充てて眞鍋の諜報部隊のトップとして頑張ってほしいものです。
シャチにも戻ってきてほしい…

何があったのか、この巻だけでは漠然としか分からないので、この巻より前に出た外伝2冊を先に読むのをおすすめします。
私は外伝を飛ばしてこの巻を読んだので、サメに何があったんだろうと気になってしまいました。
外伝ではサメに起こったことは詳しくは書かれていないですが、宗一族がどういう組織か分かるのと、リキが狙撃されたことに関しても書かれているので、外伝を読むのをおすすめします。

リキはリキで、今作で正道とラブホに行ったという噂話が出てくるんですが、リキと正道に関しては「龍の節義、Dr.の愛念」で氷川が「カチコチの正道くんとラブラブカップルになっている」とすでに言ってるんですよね。
時系列が合わないような?過去の氷川の発言は単なる冗談?希望?その辺がよく分からないのですが…
リキと正道のラブホの話も外伝の2巻の電子特典SSで読めます。
だけどその前のことがあまり詳しく書かれていないのて、リキと正道が何故ラブホに行くことになったのか、推測はできますが詳しくは分かりません。

1

サンシロウ

自己レス
後から追っかけたので出版社公式HPを見れなくし知らなかったのですが、こちらに電子版外伝2巻の特典SSの前の話が掲載されています。
http://wh.kodansha.co.jp/new/detail_201906_01.html

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う