龍の蒼、Dr.の紅

ryuu no ao doctor no kurenai

龍の蒼、Dr.の紅
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

285

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
樹生かなめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
電子発売日
ISBN
9784065227947

あらすじ

《龍&Dr.》シリーズ、ほぼ本編といって過言ではない氷川視線の外伝登場!
複合的な理由で疲弊しきった日本の極道界に、なぜか新たな病気が蔓延して!?
龍&Dr.ファン垂涎もの。

レビュー投稿数1

面白かったです!

前巻で最終巻ということでしたが、読者の強い要望があったのか、再びこのシリーズが読めて嬉しかったです!

番外編的なオマケかな?と思ったら、ほとんど前巻からの続きでした!
最初から最後まで面白かったです!!
この巻で最終回を迎えてたら納得してたと思います。(前巻はちょっと打ち切り感漂ってたので…)

長江組とのいざこざは完全には解決してはいないのですが、新たな火種を経て、一応スッキリとして終わりますし、清和と氷川のイチャイチャもいつもより気持ち多めな気がしますw (ラブシーンほぼ朝チュンなのに不思議!)
ベトナムの民族衣装のアオザイを着た氷川に無言でデレる清和が良かったですw

前半はキャラ同士の会話がクスリと笑えるギャグ満載で、後半は緊張感漂う展開もあり、氷川核弾頭爆発でハラハラしつつも楽しく一気読みでした!

あらすじには「氷川視点の外伝」とありますが、いつも氷川視点ですし、いつもの通りですw
他に、極道界に病気が蔓延…とも書いてあるので、昨今の世の中を反映したのかなと一瞬思いましたが、全然そういう話ではなく…www

後半は長江組の件の他に、京介と実母との問題も出てきたり、「クララが立った」「未曾有のED禍」などのパワーワード(?)もあり、非常にテンポ良く楽しかったです!
それからベトナム料理が美味しそうw

今回も奈良千春先生のイラストが美しくて眼福でしたv
でも、今まで(多分)イラストで出てこなかったキャラが描かれていて、その場面には複数キャラが登場してるので、誰だか判断し難いイラストが。(バカラかもと思いましたが分かりませんでした…)
イワシやメヒカリのイラストも見れます。イワシがどこかの執事のような風貌でイケメンでしたw

欲を言えば、問題解決が多少あっさりかな?とも感じるのですが、全体的にギャグ要素が多く、これはこれで楽しかったので満足でした。
寒野組との争いのような緊迫する怒涛の展開もクライマックス感があり良いのですが、最終巻のラストが氷川の涙で終わるのはスッキリしなかったので、この巻が最後で良かったです。
……やっぱりこれで最後なんでしょうか?
個人的には、とても好きなシリーズなのでもっと読みたい気持ちがありますが、読者の中には「惜しまれつつ綺麗に終わった方がいい」と思う方もいると思いますけど…

それから、まだ解決してないというか、どうなるのか気になる関係が(藤堂とウラジーミルとか)ありますし、シャチは復帰するのかとか、眞鍋組と宗一族と楊一族の関係性とか、サメとダイアナの今後とか…
なんと言っても清和と氷川のイチャイチャをもっと読みたいです!
ラブシーンというよりも、氷川にデレる清和を見てるのが好きなので、もっとこの2人を見ていたいなぁと思います。

ところで…お話の時間の流れは、氷川と清和が再会して1年かそこらしか経ってないんですね!(シリーズ物あるあるかな?)
その事実にびっくりでしたw

とにかく楽しく読み終えましたし、これで最後かは分かりませんが、出来れば続いてほしい気持ちもあり、評価は気持ち甘めで神評価にしました。
作者様あとがきにもありましたが、再会できますように…

電子特典は京介と実母のお話でした。まさかあれを実行するとは…www

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う