小説

  • 龍&Dr.外伝 虎の本心、氷姫の純情

龍&Dr.外伝 虎の本心、氷姫の純情

ryu&doctor gaiden tora no honshin kohri hime no junjoh

  • 電子単行本
  • 電子書籍【PR】

あらすじ

眞鍋の虎ことリキと、長い両片想いの末に結ばれた二階堂正道の恋の行方は? それを見守る周囲の動きは…? 龍&Dr.シリーズ外伝、待望の電子書き下ろしで登場!
高徳護国義信が《眞鍋の虎》こと、リキ――松本力也と名乗り、周囲にそう呼ばれていても、二階堂正道には違和感しかない。長い付き合いのふたりは、かつて同じ剣の道を極める仲間でありながら、現在の立場は絶望的に異なっていた。が、ここへきてついに、本当にやっと、結ばれたのだ。しかしその先は、かなりのイバラ道で……。果たして、周囲のさまざまな思惑を巻き込んだ、虎と氷姫の恋の行方は!?

作品情報

作品名
龍&Dr.外伝 虎の本心、氷姫の純情
著者
樹生かなめ 
イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
龍の恋、Dr.の愛
電子発売日
3

(1)

(0)

萌々

(0)

(1)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%

レビュー投稿数1

ラブラブ…なの?

電子限定番外編。挿絵無し。ページ数は文庫の半分も行かないくらいです。

本編の最終巻「龍の始末、Dr.の品格」の、晴信が日光の高徳護国の本家から脱走したあたりからの正道視点のお話です。
本編での氷川や桐島とのやりとりもあり、全てが正道視点です。

本編での正道の出番は、晴信がハマチの運転する車に押し込められて日光に連れて帰るまでしか書かれてませんでしたが、番外編はその後が少しプラスされています。
本編最終巻でのラストのジュリアスでのお祭り騒ぎというか、馬鹿騒ぎというか、チ◯コ騒ぎというか、あの打ち上げの場に晴信も参加予定だったそうですw

そして、タイトル通りの虎の本心ですが、何だか脈絡もなく突然リキが正道の住むタワマンに現れるので、結局何しに来たのかよく分からない感じのままベッドイン…という流れでした。
(正道に告白しに来た??)
相変わらずのムードの無いラブシーンで、「いかにも」とか「参る」とか、シュールすぎる会話でしたw

やっぱり清和と氷川が好きなので、あまり萌えとかは無かったですが、正道視点は新鮮でした。
それにしてもBLでこんなに萌えない2人は初めてですw
2人がラブラブとは信じ難い感じですが、多分ラブラブなようです…

1

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP