龍の不動、Dr.の涅槃

ryu no fudou doctor no nehan

龍の不動、Dr.の涅槃
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
4
平均
3 / 5
神率
0%
著者
樹生かなめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784062869362

あらすじ

白百合とも称えられる美貌の内科医・氷川諒一は怒りに震えながら、聖地・高野山を目指していた。それもこれもすべては、恋人で眞鍋組組長の橘高清和が氷川の信頼を裏切ったせいだった!静かに修行生活に励むはずが、氷川を東京に連れ戻すべく追ってきた眞鍋組組員に、清和を誘惑する香港マフィアの美女まで現れて……!?

表題作龍の不動、Dr.の涅槃

橘高清和,眞鍋組組長,20歳
氷川諒一,内科医,30歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

坊主ネタは続く…

表紙イラストとタイトルから分かるように坊主ネタはまだ続きます。
それにしても表紙の清和と氷川、作務衣姿がよく似合いますw ショウも似合ってる。
だけどショウが見ているのはキャバクラ「竜宮」のチラシw
奈良さんの絵は細かいところまで楽しませてくれます。

お話の前半は出家騒動の続きです。
橘高家のご近所の高校生が女装した氷川を諦めきれずに眞鍋組にやって来た後ヒットマンに刺されるという事件を発端に、氷川が清和に怒って出家のために高野山へ行き、高野山に香港マフィアのエリザベスが現れ、事件は旧ソビエトの元KGBまで絡んだ様相になっていきます。
しかし、エリザベスが現れるのが物語中盤も過ぎた頃。それまでは寺での修行の日々やらなんやらで、どうにもダラダラ感を感じてしまいました。
このお話は何処に向かっているのか?と、前置きが長いです…。

それにしても、今まで散々「組のことには関わるな」と清和に言われてきた氷川。
清和の唯一の弱みであるのは周知の事実ですが、国内外のマフィアや暴力団には、眞鍋組で一番力を持っている人物と認識されてしまった模様。

今回、清和と氷川が一緒に暮らすようになってから初めて清和が氷川以外の人とキスする場面が!
個人的には、受けが不可抗力で他人にキスされるのは、まあよくあるというか、別にいいんですが、攻めが、しかも清和のようなキャラが受け以外の人とキスするのは少し抵抗ありました(^^;)
しかも口に2回、顎に1回w 清和もべったり絡まれてないでもう少し抵抗してw
今まで氷川ばっかり他人にキスされたり裸を見られたりしてたので、まあお互い様と言えばそうなんですけども。

さて、イジオットに復讐するために眞鍋組と手を組みたいと近付いてきた香港マフィアのエリザベス。清和に惚れてグイグイ来ますが、藤堂から高校生襲撃の真相を知らされて、清和と氷川は藤堂と取引をして氷川は東京に帰り、眞鍋組は香港マフィアとは手を組まないことに。
しかし、エリザベスがこのまま引き下がるとは思えない…
藤堂との取引の結果、ウラジーミル率いるイジオットが元KGBのネフスキーを壊滅させた…という話をしていた矢先、清和と氷川の目の前で藤堂と桐嶋が何者かによって狙撃されたところで次巻へと続く…
またもやこういう緊迫した終わり方で続きますが、藤堂と桐嶋を打ったのは香港マフィアか?ネフスキーの残党か?と思いましたが、次巻はどういう方向へ飛んで行くのでしょうか…?
いい加減坊主ネタ飽きた…というか、氷川の発想が無理矢理すぎるというか、斜め上すぎるというか、仏教に嵌りすぎて、ギャグとは分かっていても心配になってくるレベル(・_・;)

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ