同級生

doukyuusei

同级生

同級生
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神553
  • 萌×278
  • 萌63
  • 中立13
  • しゅみじゃない28

75

レビュー数
125
得点
3279
評価数
735
平均
4.5 / 5
神率
75.2%
著者
中村明日美子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
シリーズ
同級生
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784871829687

あらすじ

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた草壁光。佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、だれもいない教室でひたむきに歌の練習をする佐条の後ろ姿を見た草壁は思わず声をかける…。高校時代のピュアな恋愛をさわやかに描いた、青春ときめきボーイズ・ラブ第1弾!!

表題作同級生

草壁光・高校2年生・バンドマン
佐条利人・高校2年生・音痴で影で練習する真面目な子

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数125

ピュア!!

はじめて紙媒体で買った、思い出のBL本です。BL初心者のおすすめで紹介されていたので購入しました。

テーマである「まじめに、ゆっくり、恋をしよう。」ほんとにその通りのストーリー展開です。男同士だからこその葛藤とかを2人で乗り越えていく感じが描かれていて、応援したくなるカップルです。二人の進路指導の担任であるハラセンがいい味出してます。わたし個人的には、ハラセンにも幸せになって欲しい。。

ピュアなラブストーリーが好きな人にはぴったりの作品だと思います!!

0

何度読んでも色あせない

何度も読み、何度もドラマCDを聴き、映像も観たけれど何回でもキュンキュンするし読むたび自分の気持ちが引き締まる。

同級生の彼らが紡ぐ恋愛模様はもどかしくもありかわいくもある。これから先も意見が食い違ったり、思うようにいかないことも多々あるかもしれない。けれどこのふたりは永遠に続いてほしい、そう思ってしまう。願ってしまう。きっと彼らはうまくいくと思うけどね。

他のカップルたちも萌えるし、シリーズ全部最高なのでまだ読んでいない人がいるならばぜひ読んでもらいたい。BL入門書にも最適だと思う(笑)

0

絵も内容も全てが美しい

じっくりゆっくり関係を深めていくお話で、最初から最後まで心が潤います。
明日美子先生の美麗な絵も作品の雰囲気をさらに深めてくれて、ため息がでるくらいに萌えます!
二人の男の子の心理を丁寧に描いているので、BL初心者の方におすすめできます。

思春期の恋愛ってこんな感じだったかもしれない、何もかもがキラキラしてて相手の動作一つにドキドキする…そんな甘酸っぱい気持ちが湧いてきます。
先生のダークな作品も大好きですが、こちらは世界観に透明感があり、キュンキュンしっぱなしです。
青春のトキメキが繊細な心理描写で描かれていて、本当に最高という言葉しか出てきません。
恋愛ってその時の空気すら愛おしく感じると思いますが、そんな気持ちを与えてくれる名作だと思います。

1

ゆっくりと進む2人の恋は必見

映画が公開される前にBLにハマって、本作品を読んでいればよかった、と後悔した作品。BL初心者さんも読みやすい作品。中村明日美子先生の描く耽美な雰囲気のイラストが素敵で、キャラの表情を楽しみながら読めた。
草壁はもっとチャラいのかと思っていたけれど、ワンコ系で健気でかわいくて驚いた。佐条もツンツンしてるのかと思いきや、美人だしかわいい。全然性格の悪いキャラがいなくて、心穏やかに読めた。
2人の恋が始まるきっかけとなる合唱コンクールのシーンは忘れられない名場面。

1

骸骨絵がどうしても無理でした

中村さんの作品はストーリーとか普通に良いと思いますどれも。
でも中村さんの描かれる絵が生理的に受け付けません。
骸骨人間に見えます。

でもご安心ください。私は少数派なんでしょうw

1

Beardsley

ビアズリーに似た繊細さのある絵柄と群像ドラマとしての完成度の高さ、ミスマッチに思えるその組み合わせがこの作品を傑作にしたと思います。

映画でも音楽でも名作は作ろうと思って作れるものでなく「出来ちゃった」が正しい表現だと思いますがこれも多分そう。

それまでの明日美子さんは西洋や時代物を背景にした作品が多くカルト的人気があったのですが、ここで一気にメジャーに寄せて驚いた記憶があります。

それが成功したのはストーリーテラーとして優秀で画力に一切振れが無い事、内容に対するレビューが少なくなって申し訳ないのですが「読んでください」としか言えません。

1

夜空の星が滲む描写が好き

 DVDを観過ぎてもうほとんど台詞を覚えてしまっているほどなのですが、改めて漫画で読むとまた新鮮な気持ちで青春を謳歌する2人の甘酸っぱさを感じられ、何度読んでも色褪せない作品だなぁと思いました。中村先生の描き方でしか表現できないこの爽やかさ、色っぽさ、儚さ。多くを語らず、大袈裟にもなり過ぎず、ごくごくありふれた台詞だけでここまで読者を引き込む物語を描ける才能、本当に素晴らしいです。

 草壁も佐条も、無邪気さや初心っぽさを纏いながら、ふとした時に非常に蠱惑的な目付きになるんですよね。まだまだ子供だけど、大人になるまではあとほんの少し。この高校生らしいアンニュイさを孕んだ表情が、たまらなく青春を感じさせてくれます。そこに、彼らの気取らない等身大の会話が乗っかって、その可愛らしさに悶絶する。草壁と佐条のやり取りは微笑ましく思いながら、ハラセンと佐条のやり取りは禁忌にドキドキしながら。この空気感は中村先生にしか出せない、唯一無二のものだと思います。大人と子供の中間である草壁と佐条を追いかけてみたい、2人の喜怒哀楽に寄り添いたい、そんな風に思えるシリーズの1作目でした。

1

映画をみて…

読んでみました。
すごいよかった。
草壁くんの違うことをしない力がすばらしい。

0

私的NO,1の王道BL

 一番最初のレビューは「同級生」と決めていました。
私の原点であり最も好きな作品です。
私自身これが初めて読んだBLというわけではありません。
しかし、この作品をきっかけに、BLというジャンルの奥深さを感じそこからズブズブとハマっていってしまったわけです…。
 もし読んだ事が無い!という方がいるならば絶対に読んでもらいたい!!
絵、雰囲気、細かな演出etc...どれを取っても美しく、目も心も奪われてしまうはず。
絵柄がちょっと…という方もいらっしゃるかと思いますが、読み進めていくうちに、髪の毛や体のライン、線の一本一本が愛おしくなっていくと思います。(私がそうだったので)
 「同級生」はずっと楽しめる作品であると思いますし、年齢や読み返すほど、どんどん見え方が変わってくる作品であると感じています。まぁとにかく読んでほしい。素晴らしいので。

4

甘酸っぱい。

超有名作品なんだけど、今まで何故か読めてなかった・・・。
好き嫌い分かれる絵柄だとは思うけど、読んでたら好きになると思う!

甘酸っぱい読後感。青春だなぁ~。
男子高校生のわちゃわちゃした何気ない会話とか行動とか、そういうシーンも注目!
可愛い!
ハラセン気になる~。

それぞれの出会いやきっかけが何気なく描かれてるけど、恋って落ちる時はそういうものだよね~と納得。
そして、高校生らしさ。
大人とは違う勢いとか。

学生時代のゆっくりな時。
とってもきゅんきゅんさせてくれました。
続きがとっても楽しみ。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う