ラクダ使いと王子の夜

rakudatsukai to ouji no yoru

驭驼人与王子的夜晚

ラクダ使いと王子の夜
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神84
  • 萌×265
  • 萌28
  • 中立17
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
38
得点
781
評価数
208
平均
3.9 / 5
神率
40.4%
著者
緒川千世 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784799714539

あらすじ

ここは本当におとぎ話のようだよ。
寝床はふかふかで、おいしい料理は食べきれないほど。
おふろは薔薇の香りがするんだ。
――でも、ここは僕の生きる場所じゃない。

キャラバンの孤独な少年が、砂漠で出会ったのは王子様でした。
素敵な夢があって、努力家で、とても優しい王子様。
知れば知るほど、つのる想いを止められない少年でしたが、出て行く決心をして――。

広い夜空に瞬く小さな星のような、慎ましくも純粋な恋のおとぎ話。

表題作ラクダ使いと王子の夜

アルファルド,海上貿易商の息子
カマル,旅の商人の民

同時収録作品溺れる魚

宇佐美 幸彦(高校生・老舗ホテル御曹司)
岸 隼人(高校生・水泳部)

同時収録作品くさった螺旋

金井 秀(小金井 秀明) 人気俳優
小金井 中(高校生・息子)

同時収録作品いびつな欠片

小野田実咲(弟)
小野田拓海(兄)

その他の収録作品

  • あやうい饗宴
  • ラクダ使いが消えた朝(書き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数38

前半だけでも是非読んでいただきたい

表題作は本のトップではなく、二話目に入っています。一話目は「溺れる魚」という高校生のお話なのですが、これを読んだ時点で、神評価に疑問無しでした。前半二作は文句なく誰にでもお薦めできるものになっていますが、後半には読者を選ぶ少し挑戦的な作品が並んでいます。近親相姦だけでなく、陵辱等、抵抗があるもののオンパレードではありますが、一部の芥川賞受賞作品なんてそんなものですし、ただ病的な中に美はあるので、作品として受け取る事が出来る方には、是非読んでいただきたいです。

緒川先生の男の子の目は、切れ長で本当に美しくて美しくて、空や海が透けて見えるようです。この作品で先生の人物の美しさだけではない、色々な美を見せていただいたと思います。フレームワークや進行も素晴らしく、正直こんなに素敵な作家さんだったことを改めて知らされた形です。

私個人としては矢張り倒錯している世界は例え物語であっても、率先して見たいほうではないので、前半二作が気に入りました。表題作は勿論のこと、「溺れる魚」をトップに持ってきたのは、大成功だったと思います。学校のプールの澱み、塩素臭、光の反射が全体を通して漂っていて、思春期の鬱屈から再生、希望まで映しているようでした。
表題作は、非の打ち所のない王子、女の子にしか見えない程綺麗な身寄りのないラクダ使いの少年、二人ともとても純粋な人物たちで、砂漠の話なのに清涼で潤った空気が漂っています。周囲にも祝福された二人なので、読後感はとても幸福なものです。ラクダもとても愛らしいです。特に何か目新しいドラマがある訳ではないけれども、とても美しくて素敵な作品です。

後半に地雷が埋まっていようとも、前半二作だけでも一読する価値があると思える作品です。

5

幸せの宝石と、呪われた宝石

わぁ、これが緒川先生だなんて信じられない…。
と思うくらい、いつもと空気の違う表紙絵。
大好きな緒川千世先生の、振り幅の広さをみせつけられたような、バラエティパックのような一冊でした。

「溺れる魚」は高校生のお話。
誰も好きにならない、水の中が大好きな水泳部員と。
自分を好きになる相手だと冷めてしまうもて男の、水もしたたるお話。
緒川先生らしい、エロティックな中にほんのりダークな面もありつつ。
美しくて優しくて切ない。
二人の家族も絡んで短い中に細やかな要素が隠れています。
個人的萌えが詰まった、かなり好みなお話でした。


「ラクダ使いと王子の夜」砂漠のお話。
小さな旅の商人たちの中の青年と、アラブのセレブの純愛もの。
色白でからだの弱い少年は、旅の途中でいき倒れの男を拾います。
やがて旅を終えた少年のもとへ、あの時の男があらわれて…。
動物と話ができたり、一人だけ肌の色が違ったり。
そんな不思議で孤独な少年と、命を救われた青年の、切ないほど優しいとってもピュアなお話。
ギャグもダークも無いし、緒川先生の新天地かも?


「いびつな欠片」兄弟のかなり痛々しい近親相姦もの。
賢くて両親に期待されている兄と、自由で美しい弟。
弟は兄を異常なほど慕っていて…?
正直、一回読んだだけではちょっと弟の感情が掴みづらかったですが。
お兄さんの心の葛藤とか自分勝手さが、不思議な魅力のお話でした。

「くさった螺旋」父息子のさらにひどく痛々しい近親相姦もの。
有名俳優の父と、自由人な感じの息子、父のファンのいじめられっ子。
高校の三者面談に父がやって来て…。
お父さんの過去はたった一コマなのに、強烈なインパクトでした。
息子の心なんてまるで見えない自分勝手でかなり病んでる人で。
息子も負けないくらい病んでいるので、ある意味バランスのとれている二人です。

後半の近親相姦二編は、ピンクゴールド1と2に入っていたものでした。
かなりダークですが、これぞ緒川先生なのかな?と思いました。
好みとしては、父息子の方がインパクト強くて好きでした。


四つの話は振り幅が広くて。
中には、この振り幅についていけない人もいるかもしれませんが。
私には丁度良い具合の幅でした。
ダイヤモンド・トルコ石・琥珀など、様々な宝石の詰まった宝石箱のような一冊です♪

3

好きな人には最高!

前半2作品はライトでよみやすかったです。
特に、ラクダはこの本のなかで可愛いはなしでした。

私が好きなのは後半2作品てす!!
「いびつな欠片」
弟:×兄で弟のヤンデレっぷりが最高にイカれてました。私はヤンデレ大好きなのでこの位のいかれっぷりは良いです。
中々コミックスでは、ここまで振りきってるのを出してくれないので貴重な作品だと思います。
結局、兄の方もヤンデルのではと思う話でした。

「くさった螺旋」
こちらも、近親相姦作品ですがあからさまに父も息子もイカれてましたね。
緒川先生のヤンデレさんは結構振りきってる方が多いのですね。
過去のトラウマで女性が嫌悪の対象でしか見れなくなってしまった父が可哀想とも思いましたが、まぁ2人で頑張ってとも思いますね。

人それぞれ心の闇が意外と深くいい味を出してる1冊だと思うので、覚悟を決めて読むのが良いかと思います。

ヤンデレ作品が好きな人は読むべし(*^^*)

3

驚きの落差!

緒川さんの作品は前々から好きで買っていたのですが、今回のは特によかった!!
表題作の「ラクダ使いと王子の夜」はメルヘンな雰囲気でまるで童話のようなお話でした。そしてこの話のメインといっても過言ではないラクダのサディーク!!初めてラクダに萌えを感じ、終始キュンキュンさせられました。
中でも私が一番好きなお話は弟×兄の「いびつな欠片」です
弟の実咲は兄である拓海に対していびつな愛情をかかえていて、ある事件をきっかけに実咲はたががはずれたように拓海を求めるようになります。拓海自身は弟を疎ましく思いながらも実咲の病的で異常な愛情が自分にのみ向けられていることに優越感を感じています。
暗いイメージがあるこの作品ですが、実咲が拓海の「そんなに僕に挿れたいか?」という問いに対して、「い、挿れたいです 挿れたいですっ!」と必死に言うシーンはシュールで思わず笑えました
最後の「あやうい饗宴」では実咲と拓海の立場が逆転していてこれまたツボで、どっぷりと緒川さんワールドに浸かってしまいました。
ただ私的にはモロ好みなのですが、前半と後半のお話の雰囲気の落差が激しく、前半のお話が好きな方には後半の近親相姦モノはきついかなと感じました。
あとがきで「くどい食材でもソフトなパンの間にはさんだら~…」のところはとても上手な表現でああ~!と納得させられました くどい食材をおいしくいただかせてもらいました これからの緒川さんの作品にも超期待です!

3

フェードアウト、スイッチングが絶妙

「ラクダ使いと王子の夜」のように他作品と性質は違えど作風の勢いを滞らせることなく引き込まれる。
余韻を残しながらのフェードアウト、スイッチングが絶妙であり、なおかつ緒川さんの持味を堪能できる一冊。
歪さの中に見え隠れするそれぞれの愛の在り方、漂う哀愁感と狂気的なまでの執着。
「いびつな欠片」「くさった螺旋」は既読済ではありましたが、
二つの作品の中で登場してくるカップル達の「あやうい餐宴」を読みますと、また少し違った印象を受けるのではないかなと思いました。
どんなカタチであろうとも互いを強く求め合っているので、逃れられない宿命にあるんだと、より仄暗く深く感じられます。
町を出発してオアシスに辿り着き、それから砂漠をひぃひぃ歩いて、ようやくまたオアシスに辿り着いた…そんな雰囲気漂う素敵な作品集でした。

3

さいこうすぎる

溺れる魚:受けがFree!の主人公かと思った。2013年8月7日発売のMAGAZINE BE×BOY初出なので無関係でしょうけどビジュアルが黒髪無表情なのと水泳依存キャラなので連想してしまった。攻めはいつもどおりスパダリ。「俺は俺を好きな人がきらい」だそうです。そういう攻めに好かれたままでいたいから「好き」って言えない健気な受けとか、萌えどころはいろいろある気がするんですけどなぜかあんまり萌えなかった。
ラクダ使いと王子の夜:表紙どおりかわいいはなし。アラブものだとこういうかわいい御伽噺調の方がすきです。スパダリ攻め×純粋受け。僕っ子ですが、緒川先生らしい色気のある子でショタっぽくなくて綺麗でかわいい感じ。受けの素直さとか性格の良さとかに地位のある攻めが惚れ込んでいくタイプの話で、少女漫画っぽい。長編で読みたい話です。どうでも良いんですけど緒川先生って老人を描くのうまい。
いびつな欠片:ちゃらく見える弟×黒髪メガネ兄。設定は嫌いじゃないんですけど、自分の好みと受け攻めが反対なのであんまり萌えられなかった。黒髪メガネ兄にいじめられる弟受けでよろしくお願いしたかった……。
要領の良い弟に嫉妬する要領の悪い真面目人間の兄の話です。弟は兄を一途に愛しているんですが、ある日兄でオナニーしてるところを当の兄に見付かって、いつか弟をハメてやろうと思っていた兄におどされ、女装半裸写真をクラスメイトに晒し、えらいことになって親にも見放されます。そのご褒美に兄とセックスさせてもらい、作中時間に至る。兄は兄で自分を求めてくれるのは弟だけであることをわかっているので、弟の執着を利用して自尊心を満足させているという地産地消的なエコカップルです。
「くさった螺旋」もそうなんですが、わたしリバ全然好きじゃないんですけど、緒川先生の攻めが受けみたいに性的虐待されているのはむしろ萌えます。ふしぎ。消費対象としての男性性的な。
しかしこんなに真面目に勉強してる子に面と向かって「おまえの成績じゃ(T大医学部は)まず受からねえよ」とか言う正直すぎる先生に笑ってしまった。
くさった螺旋:人気俳優父(27~33くらい)×高校生息子。父は中学生の頃に女生徒から性的ないじめを受けており、相手の女生徒の1人が妊娠したところ、損害賠償請求の代わりにそのお腹の子を引き取った。その子が受けで、父親は復讐としてその息子をレイプしまくっているわけです。父親はかなり壊れてしまっていて、楽しんでレイプしているわけではなく、レイプによってどうにか精神の均衡を保っている感じで、むしろ息子の方が父親の憎悪を利用して自分に縛り付け、からかって遊んでいる感じです。こわい。でも受けの子が非常にかわいい顔と性格をしているのでぜひこの2人の話をもっと読んでみたい。今までにない感じですごく素敵です。
あやうい饗宴:「いびつな欠片」の2人のところに「くさった螺旋」の息子が訪ねてくる話。息子ちゃんほんとかわいいけど病院でセックスしてはいけない(戒め)。
ラクダ使いが消えた朝:表題作のアフターストーリー。つくづくええ話やな……。

3

やわらかなパンに

だまされてはいけない。

アラブ風のカバーイラストが実に素敵なこの本、本文にもカラーページはそのまま再現されていて、その美しさは感激ものです。
ラクダも実にカワイイし、ストーリーもほんとにロマンチック。

と、こんな飛びきり優しく甘い表題作の本に取り合わされた他の作品は、痛さも病み具合もまた飛びきりで、
甘さと痛さの天秤は釣り合っているけど、18禁級の病みや痛みが苦手な方はちょっと気をつけた方がいいかも。
絵がすっきりしているので、かなり痛かったりグロかったりする展開も、割合サラッと読めちゃったりはするのですが、手放しで万人向けにオススメとは言えないかな。
でも、甘いのも痛いのも、エロなしもエログロもなんでもバッチコイのお姉様には、端から端まで楽しめて、美しくて、超お得!かな。

2

メトロノームも驚愕の振幅…!

表題のラクダ使いと王子の夜は切な甘く、とても心が温かくなる素敵なお話でしたが、ダーク系が大好きな私は「いびつな欠片」と「くさった螺旋」が大好きです。

『いびつな欠片』
何でも器用にこなす弟×劣等感兄
↑と、簡単に書けばこうなるかと思いますが、これだけじゃ全く説明にならない複雑な作品です。
親の期待を弟に向けさせない為に、弟を陥れて満足感を得る兄。
兄のことが大好きな弟は、兄の言うことを全て聞いてご褒美を貰う為にわざと受験を失敗したり犯罪を犯したり…。
最後の最後にある、執着攻×淡白受と見せかけた素晴らしいオチが最高でした!

『くさった螺旋』
超人気俳優父親×ワケアリ息子
壮絶なトラウマがある人間不信父親と、飄々としたチョイ悪リア充みたいな息子のダーク物語です。
ただの美しいお父さんかと思いきや…非常にバイオレンスな家庭に驚愕。
しかし本編で語られる父親の過去を見れば「あぁ…」と納得。
幸せそうな笑顔で「俺は父さんのもの」と言う息子が…あぁ…あぁ…。
所謂メリバと呼んでいい作品だと思います。
メリバ好きな方に是非オススメしたい作品です!

2

表紙に騙されてはいけない

待ってました、緒川先生の新刊‥!!
今回はアラブラブかあ。
読んだ事無いから楽しみだな~、
くらいの軽い気持ちで読んだ私が馬鹿でした‥‥。

どう言葉に表せば良いか
分からないんですけど、この一冊、
緒川千世ワールド炸裂してます!!
まさか、緒川先生のレベル高めな病みBLを
拝む日が来るとは思いませんでした。

そして、表紙がとても綺麗です!
BL漫画の表紙とは思えない様な、
絵本の表紙みたいで
この表紙に惹かれて購入する方も
少なくないのではないでしょうか。



『溺れる魚』

自分を好きな人は嫌いな男と
誰も好きにならない男、
二人の男子高校生のお話です。

水泳部の岸は、何処か全てに冷めていて、
岸とは正反対な宇佐美に
めんどくせぇから俺は恋愛はしないと言う。
そんな岸は、泳いだ後濡れた髪を拭かない為、
校内でも濡れた儘居るのですが
それが無駄にエロい///
水の中で気持ちを沈める瞬間が好きと言う岸、
某アニメの、俺はフリーしか泳がない系男子が
頭の中に浮かんで来たとは
言わないでおきますね、ごほん。
宇佐美の言葉で
宇佐美に恋をした事に気付き、
自分を好んでくれている宇佐美の気持ちが
この儘で居てくれる様に嘘を吐くしかなかった岸。
その、せめてもの気持ちが切なかったです。
「俺を好きな人が嫌い」と言う宇佐美。
その言葉に、岸、そして宇佐美自身も
縛られてるんだろうなと思うと胸が苦しくなりました。
終盤の、宇佐美がプールサイドの網に手を掛けて
「抱かせろよ」と言うシーン、
無駄に色気漂わせてたから
何だこの男子高校生~~~///と
自分の太腿を叩きながら悶えました(勿論一人で)
最後迄二人の色気に翻弄されっぱなしでした。



『ラクダ使いと王子の夜』

キャラバンの孤独な少年と、
壮大な夢を抱いている
優しいハートの持ち主で
王子様みたいな‥、
そんな二人のお話です。

この一冊で唯一の優しいお話では
ないでしょうか(笑)
読んでて心が温かくなる、
とてもほっこりとするお話です。
この表題作のスタートがカラーなのですが、
大変美しいです。

親友のラクダのサディークと共に、
大きな砂漠で生きるキャラバンの少年、
カマルが非常に可愛らしいです。
とても広大な優しい心を持っていて、
それを知っている為か動物達にも好かれるカマル。
何かあったら消えてしまいそうな、
そんな印象を受けるカマルの
一つ一つの表情が物凄く繊細で、
思わずうるっとしてしまいます。
そして、カマルが砂漠で出会ったアルファルドは、
大きな大きな砂漠で孤独なカマルを
包み込んでくれる様な。
壮大な夢を描いている、
崇高な魂の持ち主だからこそ
繊細で可愛らしく、
優しいカマルに惹かれたんでしょうね(*´ω`*)

「行かないでくれ。
私の人生で最初で最後のわがままだ」
このアルファルドの台詞と、
そんなアルファルドの言葉に
綺麗な涙を流すカマルのシーンが
とても印象深いです。
二人の使命は、大きさは違うけれど
自分達にとってはとても大事なもので。
サディークが、カマルをアルファルドの元へ
連れて来たところは何度読んでも泣けます。
サディークは、孤独に光るうみへび座と、
大きな砂漠を照らす月が消えぬ様に、
いつ迄も見守っている事でしょう。



『いびつな欠片』

弟 × 兄の近親相姦ものです。

PINK GOLDに掲載したお話みたいですが、
これまた素晴らしい程歪んでます(笑)
拓海の弟、実咲の顔が
かなり好みです///(そんな事聞いてない)

通ってる高校が違うというのに、
雨が降って来たからと、
傘を持って来てくれた
実咲を傘で殴る拓海に
心底ムカついたのですが(笑)
自分は傘をささずに
兄の後ろを着いて行く実咲の姿に涙。
何だこの兄弟‥、と思いながら
読み進めたのですが、まさかの‥‥。
拓海の身体を貪る実咲の
表情がエロいったらなんの‥!!
何をされても表情を変えない拓海に
突っ込みをいれながら
実咲の豹変っぷりに萌え転げました///
こんな関係になった道筋も
これまた歪んでまして‥‥、
もう突っ込む時間さえも与えない程
この兄弟、ひたすら歪んでいます(笑)
一つ申し上げるとしたら、
実咲の顔が焼け爛れたところは
とても痛々しく見てられませんでした;;



『くさった螺旋』

父親 × 息子の近親相姦もの。
痛々しい過去があり、
その過去を忘れられずに居て苦しむ
人気俳優・金井秀と、
自らの身体を捧げ父を支える息子の小金井のお話。

このお話も歪みっぷりが凄いです。。
病みBLに慣れてない私は
完全に疲れ果てました(笑)
それにしても、緒川先生は
狂気に満ちた表情が本当にお上手ですよね!
読んでる最中、
背中にぞわりとしたものを感じる程でした。
父・金井の豹変っぷりと
実の父親に犯されている時の小金井の表情も
本当に素晴らしく、
もう何も言う事はありません‥(笑)
正直、只ヤッてるだけで
これと言った萌えが存在しなかった気がします。
終盤部分の、父・金井の「お前、まさか」の
意味が何度読んでも理解出来ず、
未だに頭を抱え込んでる馬鹿に
どうか教えてやって下さい(土下座)



『あやうい饗宴』

『いびつな欠片』の拓海と実咲の兄弟と、
『くさった螺旋』の金井と小金井の
親と息子の四人のお話です。
実咲が、拓海に向ける歪んだ表情で
ご飯三杯はいけますね。



『ラクダ使いが消えた朝』

この一冊の中で一番好きな二人を
最後に拝めて満足です(*´▽`*)
お帰りなさいアルファルド!と
抱き締めてと言うかの様に
両手を広げて言うカマルが兎に角可愛い;;
この二人の、真っ直ぐで純粋な気持ちが
読んでる側をも癒してくれます。



と言う事で、新たな緒川千世先生の
世界観を見れて良かったと思います。
表題作の二人には、
精神的にとても救われました(笑) 
アルファルドとカマル、
何時かまた見れたらと願う程大好きな二人です。

2

異常愛だねぇ~

表題作の「ラクダ使いと王子の夜」は唯一、ほのぼのとした作品でした。
ラクダのサディークが気を失っているカマルを乗せてアルファルドの所まで連れて行き、力尽きるって言うところは涙が出そうでした。

同時収録の「いびつな欠片」は弟×兄なんだけど、弟が兄をを抱くために異常な行動をしてしまうって超異常愛でしたけど、全然嫌な感じではなく、むしろはまっちゃいました。

「くさった螺旋」は、「いびつな欠片」に負けないぐらいの父×息子の異常愛の話で、
女性にレイプされてできた子供をオモチャにするために、親権を得るってって衝撃でした。。。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ