恋する鉄面皮

koisuru tetsumenpi

恋する鉄面皮
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×238
  • 萌17
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
284
評価数
74
平均
3.9 / 5
神率
21.6%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784832290235

あらすじ

社内一評判のイケメン、営業部エース…北川諒之には、誰にも言えない秘密がある。
ひょんなことで顔が赤くなってしまうチキンハートなのだ。
ある日、厳しくて苦手な開発部ホープ・夏目先輩の前だと
落ち着いていられることに気がついてから、
「どうして夏目さんを見つけると、安心するんだろう?」と、
懐いてしまって!?

一方無自覚な北川の態度にイライラする夏目にも、秘密があった。
北川が入社した4年前から目をつけていた
生粋のゲイなのだ―――!
赤面症鈍感リーマン(どストレート)×仕事第一人間(ゲイ)。
ままならないオフィスラブ!描き下ろし入り。

表題作恋する鉄面皮

北川諒之、実はチキンハートの営業部エース、26
夏目諒、開発部ホープ

その他の収録作品

  • ~その後の第二R~(描き下ろし)
  • 電子限定おまけマンガ 2P

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数13

イケメンの赤面は至宝です。

中田先生、安定の美しい作画。攻め受けともにイケメンで眼福。
たまたま芽玖いろは先生や赤原ねぐ先生の赤面男子ものを読んでいたところにちるちるの赤面男子特集記事…私って赤面男子属性だったのかもw

イケメンが頬を赤らめる姿は萌えますよね。北川君の赤面もそりゃあもう可愛かったです。無自覚人たらしワンコ攻め×クールな男前受け。イケメン2人の絡みは目の保養でしたが何だか全体的にあっさりなお話だったので萌え1で。両想いに気づいてからのもっとイチャイチャ甘々な姿が見たかったー。
2巻目のほうが評価高そうだからそちらに期待かな。

0

2巻まとめて読むべきです

赤面症の北川と、実は入社当初から垢抜けたらかなりのイケメンになると見つめ続けた夏目のお話でした。偶然かと思いきや富田さんを思いっきり利用して接点作ってました。好みのど真ん中だったんですね。人たらしの北川にかなり持ってかれた感じでしたが、北川も夏目と富田さんの関係に嫉妬して上手く煽られた事によってくっついて良かったです。
初めての時のがっつく北川の表情が良かったです。脱いだら凄く良い身体してたし、中田先生ご馳走さまって思いました。

0

スーツ萌えの方、いらっしゃいませ~。

ものすごーく絵がキレイです。
リーマンものですが、スーツ、ネクタイ萌の方にはとてもおススメ。
目が幸せになります。
イケメン×イケメン。
これだけでご飯3杯はいけそうです。

主人公・北川諒之は26歳、営業部のエース。
バリバリ仕事をこなす毎日ですが、実は極度のチキンハート。
すぐ顔が真っ赤になってしまい、その都度トイレに逃げ込んでいます。
あまりにひどいと赤面症+咳き込むという症状も出てしまうのですが、
それを気にかけてくれたのが開発部ホープの夏目諒。
無愛想で仕事に厳しい彼の側では、なぜか気持ちが楽になり、すっかり夏目に懐いてしまう北川。

しかし実は夏目はゲイ。4年前からイケメンの北川を気にかけていたものの、社内恋愛は絶対しないと決めていて…。


ちょっと設定は凝っていますが、一応王道のお話だと思います。
大型犬ワンコの北川もかわいいし、深入りしないよう無表情のまま自分の気持ちにストップをかけている夏目の気持ちもわかる。

ただ、どんどん距離を縮めてくる北川に対し、やきもきし始めた夏目はどう反応するか北川にキスしてしまうのですが、北川くん、いくら懐いていた先輩だからって、落ちるのはやすぎない?
一応ノンケ…だよね、君???

なんていうかこう、途中まで読むと、先がわかってしまうんですよ。
いろいろなエピソードはもちろん入っているし、それぞれの心の揺れもちゃんと描かれてはいるんですが、予想通りハピエンになるんだろうなって。
あまりに綺麗にまとまりすぎて逆に心に刺さるものがなかった感じがしました。

それから、タイトルの「鉄面皮」。
「恥知らずで厚かましい」という意味なんですが…、
これ一体誰のことなのかさっぱりわかりませんでした。
北川は「鉄面皮」というより「営業スマイル仮面」だし、
夏目は「無表情仮面」だし、一応物語のラストでちょっと赤面した夏目が
「鉄面皮もかたなしだな」と言っているので夏目のことなの???
これ「恋する鉄仮面」のほうがわかりやすかったんじゃないかな~とも思ってみたり。
誰かわかる方教えて頂けるとありがたいです。


作品全体の完成度は高く、スーツ萌え、ネクタイ萌えには本当にご馳走意外の何物でもない有難いお話でした。
ストーリーだけだと萌評価ですが、、絵の美しさと、個人的なスーツ萌をプラスして萌2評価とさせて頂きます。

0

オフィスラブ

あがり症のため笑顔の鉄仮面営業部のエース北川と仕事の鬼開発部のホープ夏目。

うーん。なんかときめかなかったかな。
あがり症なのに夏目の前だけは平気とか、夏目が無愛想でそっけないから?
夏目の前では素の自分でいられてなつく北川。
しかし夏目は生粋のゲイで北川の入社当時から目をつけていたと。

なんか色々エピソードはあったのですが萌えなくて。評価も高いし2巻も出てるのに…。
エッチも、え!今?もうちょっと段階踏もうよと思ってしまった。いくら夏目で抜いたからっていきなり?

妹さんのこともわりと触れてますが必要だったかな?

なんか辛口ですみません。BLの読みすぎかなあ。スラスラーっと、萌えもときめきもなく読み終えてしまった。

3

北川くんにも夏目さんにもドキドキ。

2巻から来ました!もともと絵がとてもキレイで好きな作家さんでしたが、この作品は特に良かったです。ほんとに個人的には2巻より、この1巻がドキドキしました。なにより、どちらも美形!そして夏目さんのクールに見えて、内実は北川くんを狙っていた、というギャップ!北川くん目線ではじまったお話が、夏目さんの視点に変わったとたんにぐいぐい引き込まれました。はじめての夜も素敵だし、そこに至る道のりも、北川くんの赤面症がうつりそうでした。
レンタの特典は、朝の夏目さん。予想通りの朝弱い様子が可愛いです。

2

イケメンで男前な受け……はどっちだ⁈とドキドキしながら読みましたv

イケメン二人のもだもだしている恋愛ストーリーですが、
どっちも可愛くてカッコイイv……ので、
最初はどっちが上か下か分からなくて、
なかなかスリル(?)がありました!

最初は北川くん目線で、このままどうなっていくのかと思ったら、
次の回では夏目さん目線で、こう来たかー!と。
二人の気持ちのすれ違い具合が、もどかしくも面白い!

そして気になるのは夏目さんの相棒であり友人の富田くん!
いい仕事してますねv
なにより、あのバーの店員さんは絶対に富田くんに気があるよね!
……って、妄想してしまう所が、自分は心底腐なんだと実感……
北川くんの後輩の熊谷くんも気になりますvvv

やっぱり中田さん好きだなぁv
……で、評価は続きが楽しみな「萌×2」で!

1

やっぱりどっちが鉄面皮なんだか…。

久々にに読み直してみて、やっぱりどっちが鉄面皮なんだか…?って思いました。順当なのは、無愛想で、目付きの悪そうな夏目さんなんだろうけども。んんん?北川は対人苦手の赤面症なのに、人たらしで、よそ行きの笑顔をそのイケメンぶりに貼り付けている。北川こそ鉄面皮なんだろうか。
しかし、ちょっと(だいぶ?)見た目がドストライクなだけで、この積極的かつ短絡的な押せ押せは無いだろう…と、微笑ましくもあり、イケメン同士のモダモダするさまは眼福でもある。…が、チョロ過ぎるだろう‼︎ 北川ー⁈ なんだろう、夏目さんの眼力(願力⁈)が魔性なのか。何なのか。しかも善は急げなのか、ベッドでの夏目さんの「早くこい」と言うその男らしさには惚れ惚れします。北川が社内一イケメンって事なんだけど、夏目さんだって、背こそ北川より低いけど、しっかりとした体格で、それこそ綺麗な顔なんだから、女子には相当モテてそうな。天然ノンケたらしですよ、この男は。
続巻が出る予定だそうですが、これは夏目さんの同僚で、夏目さんがゲイであることを知る、唯一の理解者、富田のお話しになるそうで。富田は何やらワケありそうなバーのマスターにロックオンされております…。また、ノンケが我知らず落とされるお話しなんだろうか。
中田アキラ先生のお話しには珍しく、想いが募っていく過程があまり描かれてない様な気がしました。北川がチョロいせいだ!きっとそうだ!

1

"勘違い"が距離を縮める

勘違いから距離が縮まるサラリーマンの恋…面白かったです(^^)

赤面症の北川(攻)は、トイレでたまに会う夏目(受)を"自分と同じ赤面症"と勘違いし、親近感を覚えます。一方、その親近感や"赤面症を隠す"ための大げさな距離感のなさに、"俺と同じゲイ"と勘違いする夏目…。ある日酔った夏目を介抱した北川に、キスをした夏目。逃げ出した北川は、夏目の気持ちに勘づきますが、同時に自身の体も反応。夏目を意識する北川に、追い討ちをかけるように仕事のトラブルが舞い込み、それを助けてくれた夏目。夏目も北川の態度に気がつき"お互いがお互いに振り回されると感じるなら いっそ思い切ったほうがいい"とホテルで一線を超えます。割り切った関係を望んでいたようにも思えた夏目の発言でしたが、北川が夏目に告白し、2人は身も心も結ばれました(^^)

ま、ま、まさか…夏目さんがゲイだったとは…これを知るのは第2話辺りからなんですが笑、全く予期していなかったのでビックリしました(๑*Д*๑)!! 確かに北川さんのこと色々気にかけてはいたけど…四年も前からなんて笑!!事前情報何もなしの、美形リーマンに魅了されて表紙買いしたため、衝撃的でした(⊙▽⊙)

"どうでもいい奴にはどう思われてもいいけど、気になる奴には悪く思われたく無い…でも気になる奴がいるからって仕事場は仕事をするところだから 浮つかない"夏目さんの人柄に共感と好感が持てました(^^)いいなぁ…グイグイ迫って恋人にしたいーって思っちゃいました(〃ω〃)
好きだからこそなんですが、冷静に北川さんを分析する夏目さんは、かなり鋭い!オドオドしていた奴が成長していく姿を、"逆にそれが人と距離感がある"と勘ぐるあたりが凄いなと思いました。確かに、出来る男って、何となく全てには心を許していないような"見えない一線"が敷かれているように思えますよね。北川さんの"作られた姿"をいち早く見抜いていたのは、北川さんへの恋心だけではなく、仕事に真面目で他人への気遣いが出来る夏目さんならではなのかなって感じました。夏目さんは、自身がゲイであることに対しても、後ろめたさや弱みに思うことなく、堂々としているように思えました。そもそも性格的に白黒はっきりしたい人なのかもしれませんが、妹や仲良しの同僚には話していました。自分の気持ちに気がつかれても浮つかず、その恋から目を背けなかった。確かに4年間片想いしていたし、秘めたる恋でしたが、それはゲイであることを悔やんだり隠していたわけではないと思います。夏目さんなりの恋の仕方で北川さんをかげながら思い続け、それが実ったのであれば、すごく嬉しいです(^^)

'困った時の俺頼み"夏目さんの友人で、彼をゲイだと知る数少ない同僚の富田さんの発言面白いです笑。仕事が出来る夏目さんが、唯一隙が見せられる相手なんでしょうね(^^)富田さんが行きつけの店のマスター?の方も気になりますね。どうやら〜富田の場合〜で連載が始まっているようです∑q|゚Д゚|pワオォ!! そちらもチェックせねば!!!

鉄面皮…恥知らずで厚かましいみたいな意味があるようです。距離感無さすぎ無自覚天然人たらしな北川さん…!?でもそれは夏目さんに対してだけだし、夏目さんが北川さんを好きだから意識してそう夏目さんが勝手に感じてるだけですよね笑!片想いしながら北川さんの態度をそう感じてしまう夏目さんこそ贅沢者なので、まさか夏目さんこそ鉄面皮!?恋する人は、恋してる相手にだけしか見せない一面がありますもんね(^^)お幸せに…!!

電子版限定特典は、北川さんの後輩 熊谷さん目線で北川さんと夏目さんの関係を分析しています(^^)タバコを吸わない北川さんから、夏目さんと同じ匂いがする…熊谷さんでなくてもドキドキしますね(^^)

1

どっちが鉄面皮?

イケメンを拝めるので、読むのは今回で3回目です。
テーマがひとつに絞られていて脇道にそれることもないので、イケメンを楽しみながら読むのにちょうど良い作品です。

営業部の誰にでも笑顔と愛想を振りまくイケメン・北川と、そんな北川に冷たい視線を送る開発部の夏目。2人にはそれぞれ人に言えない秘密があって…。

という話で、北川の方はあがり症で顔がすぐ真っ赤になってしまうことなのですが、夏目の方は片思いの様子が可愛くて。クールビューティの本音がだだ漏れた瞬間、「え!?あの態度ってそうだったの!?」と噴き出してしまいました。
その後も鈍感な北川に気持ちを揺さぶられ気味の夏目の様子に思わずにやにや、「夏目の前だと落ち着く」なんて殺し文句を言っておきながら、自分の真意になかなか気付けない北川もおおらかな気持ちで見守れます、イケメンなので。

ただ一個気になるのが「鉄面皮って誰のこと?」ということです。
1回目のときは北川のことだと思って読み始めたのですが、夏目出現で「こっち?」と思ったものの、夏目の同僚の富田も北川のことを「鉄仮面」と言っていて「ん?」となった覚えが。
2回目も不思議に思って、今回も同じところで引っかかってしまいました。
鉄仮面とか鉄面皮って無愛想で無表情なひとに使う言葉ですよね?作り笑顔に対しては単に「仮面」じゃないかと思うので「鉄面皮」は夏目の方がしっくり来るけど、やっぱり北川のことなのでしょうか。
毎回ここで引っかかっては首を傾げてしまうものの、楽しめるのでいいかと思えてしまう。

富田も何気に気になります。ひとりで飲んでたバーのマスターの雰囲気がゲイバーにしか見えなくて、マスターの含みのある言い方も気になる!富田は夏目の事情を知っているだけでノンケだと思い込んでたけど、もしかして…?イケメンマスターと富田の話も読みたい!

1

ありそうでない組み合わせがいい

意外性のあるお話とか、ガツンと心にくる感動作!とかではないのに、いつもじわじわくる作家さんです。
糖度が特別高いわけでもないのに、何故かにまにま萌えてしまう…。

この作品は、仕事のできる男前ゲイの先輩と、一見さわやかイケメンだけど実は上がり症でヘタレという後輩のオフィスラブストーリー。
派手でなくても地に足のついたサラリーマンものが好きな方に是非オススメだと思います。
夏目は優しくも冷たくもない、結構リアルな先輩像だと思います。
ノンケだった北川が、夏目相手に恋愛対象としてドキドキして行く様子は、あんまり自然には思えないですが、何故か萌える…。

夏目のようなタイプで最後は「男前な先輩像」は崩さないまま受けに回るって、意外と少ないと思うので、ツボでした。
ワガママを言えば、もう少し結ばれてからのシーンや、ベッドシーンが多めに見たかったなあと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ