• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作恋する鉄面皮

北川諒之、実はチキンハートの営業部エース、26
夏目諒、開発部ホープ

その他の収録作品

  • ~その後の第二R~(描き下ろし)
  • 電子限定おまけマンガ 2P

あらすじ

社内一評判のイケメン、営業部エース…北川諒之には、誰にも言えない秘密がある。
ひょんなことで顔が赤くなってしまうチキンハートなのだ。
ある日、厳しくて苦手な開発部ホープ・夏目先輩の前だと
落ち着いていられることに気がついてから、
「どうして夏目さんを見つけると、安心するんだろう?」と、
懐いてしまって!?

一方無自覚な北川の態度にイライラする夏目にも、秘密があった。
北川が入社した4年前から目をつけていた
生粋のゲイなのだ―――!
赤面症鈍感リーマン(どストレート)×仕事第一人間(ゲイ)。
ままならないオフィスラブ!描き下ろし入り。

作品情報

作品名
恋する鉄面皮
著者
中田アキラ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
恋する鉄面皮
発売日
ISBN
9784832290235
4

(228)

(64)

萌々

(108)

(50)

中立

(4)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
21
得点
906
評価数
228
平均
4 / 5
神率
28.1%

レビュー投稿数21

取りこぼすことなく表情を拾いたいっ!

 最初に言っておきます、私は中田先生の作品が好きです!
 顔と体が大好きです! 顔は目力があって色っぽい(特に白髪の受け)、体は程よい筋肉で……そうっ!まさにスーツ映えする体!(もちろん裸も良いです)。
 なのでこの「恋する鉄面皮」はもうビジュアルだけで“神”評価をしてしまいそうです……。
 
 ストーリーは社内恋愛をしたくないと思っていた夏目さん(受け)が、実は4年も前から好みだと目を付けていた他部署の後輩である北川(攻め)と距離を縮めていき、やがて結ばれるというものです。
 どちらかというと大人のピュアラブでしょうか……。
 物語としては不穏な展開はなく、ちょっとした行き違いやトラブルが起こる程度なのですが、この「ちょっとした」ことが良いアクセントになっていて、また良い意味でリアルなんですよね……。
 BLという視点を退けて実際自分の周りを見れば、そんなにビッチなんていないし裏社会の人もいない。簡単に嫉妬や独占欲で頭がおかしくなるようなこともないし、すぐにコンプレックスやトラウマで心が押し潰されて壊れてしまうわけじゃない。でも、ちょっとした嫉妬や羨望、もどかしさや不安。ドキドキしたりモヤモヤする気持ちは常にある。
 中田先生は、その辺りの日常にある些細な心の揺らめきを描かれるのが好きで、上手な方なのかなと……。
 
 夏目さんの北川くんに対する表情が、ページをめくるごとに優しくなっていき、最後には得も言われぬ程に艶っぽく美しい表情を見せてくれています……眼福。
 北川くんも、かっこよく攻めてるんだけどちょっと残念な感じもあり、さらに赤面症が違う理由で赤面症になってるのが……可愛い。

 2巻は夏目さんの同期である富田さんの物語なのですが、個人的には2巻の方が攻められ感と絆され感が強くて好きです。受けが攻めに徐々に絆されていき、最後は心地よく手中に落とされる感じのストーリーがとても良きです。
 そして夏目さんも富田さんもいたしてる最中の、苦しいのか気持ち良いのか、余裕無さそうに感じてる表情がとても色っぽいです。激しい描写はありませんがそれがまたリアルで想像を掻き立てられて、やっぱり中田先生凄いってなります。
 
 まだまだ続きそうなので、期待して待ってます。

6

北川くんにも夏目さんにもドキドキ。

2巻から来ました!もともと絵がとてもキレイで好きな作家さんでしたが、この作品は特に良かったです。ほんとに個人的には2巻より、この1巻がドキドキしました。なにより、どちらも美形!そして夏目さんのクールに見えて、内実は北川くんを狙っていた、というギャップ!北川くん目線ではじまったお話が、夏目さんの視点に変わったとたんにぐいぐい引き込まれました。はじめての夜も素敵だし、そこに至る道のりも、北川くんの赤面症がうつりそうでした。
レンタの特典は、朝の夏目さん。予想通りの朝弱い様子が可愛いです。

4

中田先生の描く、リーマンもの大好きー!

営業部エースでイケメンの人気者・北川は、実は超チキンの赤面症だったのです・・・というお話です。

中田先生の描かれるワンコ攻め×強気受けが死ぬほど好きなのですが、その上大好きなリーマンものという事で、とても楽しく読ませていただきました。

内容は、赤面症でチキンな事を隠している北川と、2年先輩で強気なゲイ・夏目のオフィスラブです。
元々ゲイで、好みのタイプの北川を意識していた夏目に、ノンケではあるけれど、夏目と仕事でかかわり合ううちに彼に惹かれていく北川。北川と夏目の両視点で描かれているので、両片思いのジレジレを存分に味わえます。強気ながら恋愛下手な夏目と、鈍感で自分の気持ちにイマイチ気付いてない北川という組み合わせなので、かなりじれったくはありますが(;^_^A

それにしても、中田先生の描かれるちょっとヤンキーが入っている愛想の悪い受けに、その受けになついている年下ワンコ攻めというのは、どうしてこんなに萌えるのか・・・!
本人に向かって、「あなたの前だと素でいられる」と告白も同然の事を言っちゃう天然な攻めも(ただし、鈍感なため好きな自覚無し)、男前な態度で攻めを惚れさせる受けも、本当キュンキュンしました。
あと、エロは少な目ではありますが、受けが襲うパターンです!
相変わらず身体のラインが美しいのと、最初は強気な態度の受けが、エッチが進むにつれ余裕を無くしてトロトロにされちゃうのに萌えました!

8

イケメン二人でなんだかいい

北川は、営業部のエースとして優秀な成績を収めているんだけど、実はチキンで赤面症。
たまに接触する開発部の夏目先輩のことを、厳しくて嫌味ったらしくて何だか苦手だと思っている。
で、夏目先輩は実はゲイで、好みど真ん中の北川が入社した4年前から見てて…というのが、夏目視点から明かされるんだけど…。

「鉄面皮」はチキンを隠すために張り付いたような笑顔を保っている北川のことを指しているようだけど、北川は全然鉄面皮には感じなかったなぁ。それよりも社内恋愛はしない主義で自制心がめっちゃ強い先輩が好みの北川と接する機会が増えて北川の無自覚ワンコぶりに内心動揺しつつも、そっけない態度を取り続けている先輩のほうが鉄面皮だと思う。
そしてこの強気な先輩がネコってところが私の激ツボでして、二人の絡みで男は初めてのノンケの北川に指南して「早くこい」と誘うところが男前で好き!
強気ゲイが読みたかった私の気持ちにどんぴしゃりの一冊でした。

北川が社内1のイケメンなんだけど、夏目先輩もイケメン度では双璧ってくらいというか私はそっちの方が好きなくらいで、いい男二人揃って、二人していい腹筋して、いい本だねぇ~ってな気分になれました。

5

どっちが鉄面皮?

イケメンを拝めるので、読むのは今回で3回目です。
テーマがひとつに絞られていて脇道にそれることもないので、イケメンを楽しみながら読むのにちょうど良い作品です。

営業部の誰にでも笑顔と愛想を振りまくイケメン・北川と、そんな北川に冷たい視線を送る開発部の夏目。2人にはそれぞれ人に言えない秘密があって…。

という話で、北川の方はあがり症で顔がすぐ真っ赤になってしまうことなのですが、夏目の方は片思いの様子が可愛くて。クールビューティの本音がだだ漏れた瞬間、「え!?あの態度ってそうだったの!?」と噴き出してしまいました。
その後も鈍感な北川に気持ちを揺さぶられ気味の夏目の様子に思わずにやにや、「夏目の前だと落ち着く」なんて殺し文句を言っておきながら、自分の真意になかなか気付けない北川もおおらかな気持ちで見守れます、イケメンなので。

ただ一個気になるのが「鉄面皮って誰のこと?」ということです。
1回目のときは北川のことだと思って読み始めたのですが、夏目出現で「こっち?」と思ったものの、夏目の同僚の富田も北川のことを「鉄仮面」と言っていて「ん?」となった覚えが。
2回目も不思議に思って、今回も同じところで引っかかってしまいました。
鉄仮面とか鉄面皮って無愛想で無表情なひとに使う言葉ですよね?作り笑顔に対しては単に「仮面」じゃないかと思うので「鉄面皮」は夏目の方がしっくり来るけど、やっぱり北川のことなのでしょうか。
毎回ここで引っかかっては首を傾げてしまうものの、楽しめるのでいいかと思えてしまう。

富田も何気に気になります。ひとりで飲んでたバーのマスターの雰囲気がゲイバーにしか見えなくて、マスターの含みのある言い方も気になる!富田は夏目の事情を知っているだけでノンケだと思い込んでたけど、もしかして…?イケメンマスターと富田の話も読みたい!

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP