Ωを守りたかったβ×βに裏切られたΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース 待望の続編!

狂い鳴くのは僕の番;β 1

kurui naku no ha boku no ban

狂い鳴くのは僕の番;β 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神72
  • 萌×229
  • 萌12
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
516
評価数
120
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
楔ケリ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス アメイロ
シリーズ
狂い鳴くのは僕の番
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784801961173

あらすじ

大手広告代理店に勤め、面倒見がよく部下から慕われる鵜藤の下に新卒・雀部が配属される。
出世に燃え、入社早々ナメた態度をとる彼を、生意気ながらも放っておけないと感じる鵜藤。
その矢先、雀部の秘密 “人を惑わし、劣情を煽る特異体質" に触れてしまう。

親友の裏切り、親の虐げ…奪われるだけの人生から抜け出すために――。
発情期を持ち差別される身分を隠し、実力でのし上がっていこうとする雀部。
見守りながら、時に発情の苦痛を和らげる手を貸す鵜藤。
しかし、かつて大事な存在を守れなかった過去が、踏み込むことを躊躇させる。

一方、二人の思いとは裏腹に上層部の思惑は、雀部を淫らに開花させる方向へと――…。

表題作狂い鳴くのは僕の番;β 1

鵜藤慎吾・リーマン(β)
雀部澄斗・Ωで鵜藤の部下

同時収録作品狂い鳴くのは僕の番

高羽 慧介(α)・部下
烏丸 雅(Ω)・上司

その他の収録作品

  • 狂い鳴くのは僕の番;β うとう編
  • 狂い鳴くのは僕の番;β つがい編
  • 狂い鳴くのは僕の番;β すみ編

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

土下座するからオイタしてくれ

いやーよかったよ。ギュンギュンしました。鵜藤さんがっょぃ…強すぎるんだあ!!!!!なんか、鵜藤さんには幸せになってほしい。雀部くんの性格やらなんやらを知っているからこそ、手を出さない。でもアレの時は手伝ってあげて…手伝うだけ!!…そこなあ…( ¯﹃ ¯๑)雀部くんも鵜藤さんに認めてもらいたい!って健気に頑張ろうとするけど不器用だったりちょっと危ない方向に行ってしまうのがなんだかモゾモゾします。女ですが。
架空の設定があるからこそいろんな想像もできるしそれでもってめちゃくちゃ心を掴まれました。ここだけの話…2巻で2回泣きました…。烏丸さんもとっても良くて、儚くて艶っぽくて魅力のある男性ですなあ!!アーはやく続きみたいナア!!!

0

高羽と烏丸が好きすぎて辛い。

シリーズ3巻とも読んでここに戻ってくると、高羽と烏丸のイチャイチャが度を越していい。ただ、β①に関して高羽の父親に挨拶に行った帰りの公園のシーンで、烏丸がお腹に手を当てながらボソボソとなにかを喋ってるところ、あれはもしかすると前に体を酷使して避妊薬を大量に飲んでいたツケが回って子供が出来ない(出来にくい)体になってしまったんじゃないかな、、、と予想して泣きそうです。2人に幸あれ。烏丸はきっと高羽に子供を作ってあげたいって思いが強い。それを感じ取ってか、高羽は「烏丸がいればいい」とあくまで2人だけでの幸せを強く望む主張も切ない。
どうか2人に幸あれ。本当に。
鵜藤と澄斗も応援してるけどまじで烏丸の妊娠できない疑惑がどうなのかβ③で明らかになって、それでも2人が世界一幸せになってくれるような結末になることを祈ってます。

0

Ωとβ

狂い鳴くのは~からの続編シリーズですね。
烏丸さんがいい感じにメロメロのトロントロンで今作も登場しております。
なんやかんや酷い境遇からのスタートだった前作からの続きなので
幸せそうで何より。
というか、イチャつくのはいいけど場所考えなされww

さて、今回のお話しは新入社員のΩと前作でも登場していた鵜藤くんのお話し。
烏丸さんの件があったために心配する鵜藤くんと
親友だったβに裏切られた過去をトラウマにしてしるためβをよく思わないΩの雀部くん。
あれだけ抑制剤が効きにくいのにこれまでよくやってこれたな・・という感じですが、
あのツンでツンでツンツンなところから
どうデレに転じるのかというのが個人的には楽しみ。
なんやかんやでお世話やいちゃう優しい鵜藤くんも好きなのです。

最近はオメガバースもある意味王道な設定になってきましたね。
平和なのもいいですが、やはりここにとらわれているお話しが好きなんだなと
再認識いたしました。
どんな形であれ、幸せなエンドになることを願います。

0

切なく紡がれる2つの恋の物語

今回の主人公は前作で烏丸の良き理解者であり、
仕事上一番のパートナーでもあった鵜藤。
高羽×烏丸カプのその後の物語も描かれています。

最初に収録されている番外編でやきもち妬いちゃう烏丸がとても可愛いい!
そして、高羽に烏丸を任せ、営業二課の課長に昇進する決心をする鵜藤。
自分はβだからΩの烏丸を救えなかった。
でも新入社員として鵜藤の部下になったΩの雀部は、烏丸とは別の意味で危なっかしく、放っておけない鵜藤はついつい気にかけてしまいますが…。

特異体質で普通の薬が効かない雀部。フェロモンを抑えつけるにはセックスが一番手っ取り早いのに、脅えるように嫌がってしまう。それは、過去に信じていたβの親友達にレイプされたトラウマが原因でした。
βを憎みながらも、いつしか鵜藤のぬくもりを求めてしまう雀部。
鵜藤に「あんたがαなら良かったのにな」という台詞。本当に辛かった。
βとΩ。ふたつの性別に翻弄される2人の姿が見ていてとても切なく、
もどかしかったです。

一方、番ってからの高羽と烏丸。
この2人の幸せな姿がたくさん見られたのは本当に嬉しかったです。
烏丸が、高羽の実家を訪れΩの父親に挨拶するシーンは
思わず泣いてしまいました。
2人の子供を育てるため体を酷使し、壊れてしまったお父さん。
高羽の顔すらわかりません。
後日一緒にお風呂に入っている時に烏丸が言った言葉が胸に残りました。
Ωは沢山のものを捨てなくちゃならない、でも最後には本当に大事なものだけが残る。
高羽のお父さんにはそれがきっと2人の子供だったんだろう…と。
そして烏丸にとっての大切なもの。
「ありがとな、俺を選んでくれて」と言うシーンは
泣けて泣けて仕方なかったです。

物語はまだまだ続きます。
雀部を「ポスト烏丸」に育て上げ、体で仕事を取らせようとする会社サイド。
鵜藤の出張中に接待と騙され、取引先の社員に輪姦されそうになり、会社を無断欠席してしまう雀部。
複雑に絡まってしまった糸がほどける日はやって来るのか…。

シリアス過ぎる本編を和ますように収録されている3つの描き下ろしもすごく楽しかったです。
ざっくり言うと、賑やか、エロエロ、ほっこりが満期出来ます。
個人的には高羽×烏丸推しなので、2人のあまあま、エロエロ作品がお気に入りでした。

暗めで妖艶なトーンの中に、大人のしっとりした萌え、そして切なさが詰まった大好きな作品です。

1

高羽×烏丸より乗り越えなければならないハードルが多そうなCP

 鵜藤のキャラ好きだなぁ。体の関係を持っても合意にならない限りはちゃんと相手と一線を引いていて、発情期が辛いΩ達を救うために仕事の範疇を超えて彼らに尽くす鵜藤。だからといって、仕事の時に甘やかしたり、明らかに特別視したりすることはなく。本当にどこまでもお人好しな、いい男ですよね。

 β嫌いの雀部は、そんな鵜藤に何度処理してもらってもずっと突っ張ったままで、見ていてとても危なっかしく感じるΩです。烏丸と違っていろんなことを割り切れていないし、自分の心も体も守る術を持っていないのに、反発心だけで必死に生きている彼はずっと苦しそうで。その脆さを鵜藤がどうカバーしていくのか、続きが気になります。

1

新鮮でした!

これ、前回のより断然好きな設定かも!!
確かに、これまで色々なΩバースを読みましたがβメインで話が進むのって見たことなかったです。βは常に友達とかモブ出演でしかなかったからあれこれ新鮮でした!

まず、αを想っていても運命の番にもなれないし、単なる番にもなれない。そこがまたBL設定に輪をかけて切ないですね。もしも結婚しても、自分のパートナーが結婚後に運命の番のαに出会ってしまったらそこは引き離せないってこと?!今回の二人、鵜藤さんと雀部くんもお互いひかれあっているのに鵜藤さんがβなばっかりに躊躇ってしまっています。おまけに接待先の社長さん!高羽さんみたいなΩに優しいαの登場で余計にすんなりくっつきそうもありません。
一冊まるごとこの二人で最後まで読みたかったです。続きが早く出ますように。

1

βとΩです、と……

作家さん買いをしました。
また、前作のお話も好きだったので今回のお話も高羽×烏丸のお話なのかなー? と思っていたら、まさかの鵜藤さんがメインのお話でビックリ!
でも、私的には鵜藤さんが好きだからラッキーと思ってました。が、

あれ? これオメガバースのお話だけど、βの鵜藤さんってΩの子とどうなるの??
αとΩなら運命の番があるじゃん?? でもβとΩの間には何も無いよね?

と思いながら読みました。

そして、βに生まれた鵜藤に対して雀部くんが言った
「あんたがαならよかったのに」
もう読んでて辛い(´;ω;`)

え、この後どうなるの?? で終わってしまったので続きが早く出るのを待ってます!

4

本当に大好きです!

電子書籍版も追って読んでいましたが、書籍化したという事で、発売日に購入しに行きました笑

βの鵜藤さんとΩの雀部さん…αとΩの恋愛よりも更なる波乱の予感です…
無印の時から、鵜藤さんはいつも大人な優しさで自己犠牲の塊のような、仏のような(?)感じで切なかったので、鵜藤には、本当に幸せになって欲しい!!

高羽×烏丸にも新たな展開が見え隠れしていて、今後の展開が本当に楽しみです。

第二弾のドラマCDも発売が決まってますし、ワクワクが止まらないです!

4

デレをこよなく愛してます♥

鵜藤編を読む前に前巻から読み直し~♡

Ωとし生きることの生きづらさを改めて痛感。それを包み込み一緒に乗り越えてくれる高羽と烏丸さんカプの話も読めて幸せ~
烏丸さんデレシーンが多くなってて終止悶えた❗
新キャラ雀部も鵜藤によって最後の方デレが見え隠れし始め更に悶えた❗
前巻は常に仕事中おせっせに励んでてこの会社大丈夫かなって心配だったけど、今回はぼちぼち仕事してたので安心しました(笑)
早く次巻よみたーい❗

6

鵜藤編キターーー!!(∩´///`∩)

念のため補足。
1巻収録分は電子版だと
・狂い鳴くのは僕の番(7)
・狂い鳴くのは僕の番;β(1)〜(5)

+描き下ろしがあります。


さて。
来ました!鵜藤編!(>∀<)キャー
バンザーイ!×3
楽しみに待ってましたよ〜〜♪

鵜藤さんめっちゃカッコいい。男前攻めだ〜(∩´///`∩)はぁはぁ
烏丸さん、可愛いね。素直になって可愛いね(∩´///`∩)はぁはぁ
高羽のHSK度がアップしてる。いい男だよ〜(∩´///`∩)はぁはぁ

と、息切れしそうなほどテンション上がりました♪やふー!

鵜藤編ということでメインキャラは変わりましたが、
番CP・高羽&烏丸の出番も多いです。
鵜藤のお話とともに、番CPのその後も同時進行で展開していきます。

同時進行は対比が出て中々良かったです。
鵜藤・烏丸・高羽の経験を積んだ(図太い)大人たちと、
いろいろ割り切ることが出来ず、不器用で生き辛そうな新キャラの雀部。
3人に囲まれると雀部の危うさが浮き彫りになり、切な辛さ増しでした。


鵜藤はβで"傍観者"と揶揄される立ち位置です。
長男気質で器用貧乏、チャラさを前面に出しながら、さりげなく相手を思いやるのが上手な人。
酸いも甘いも経験してきた頼りになる大人の男です。

前作では烏丸と関係を持ちながら、その性格が裏目に出てしまい、"傍観者"のまま失恋。
今回、鵜藤の烏丸に対する思いが語られており、とても切なくて萌えた…!(∩;///;∩)

雀部はΩで"下等種"と蔑まれる世界。
過去のトラウマを抱え、Ωの性ともうまく付き合えず、見ていて心配になる繊細さがありました。
あの烏丸さえ頼りにしてた鵜藤にすら、素直になれず虚勢を張るのに精一杯。
その上、必死になって仕事を頑張るも、屑部長の思惑が絡んだ大きな落とし穴があってーーー。

雀部のバックボーンはまだ明かされていない部分がありそう?かな…。
全てを受け入れ開き直って強かになった烏丸とは違い、
全てを拒絶し殻に閉じこもって苦しんでいるように見える雀部。

読んでいて苦しいです。
鵜藤が差し伸べる手が横になっても振り払ってしまうという…。
鵜藤は支えてくれる男だよ?早く甘えて楽になりなよ。って言いたくなる〜〜(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾
ああ、もどかしい。
それが萌えるがもどかしい。

不穏なラストに緊張感が…。
あれってやっぱり烏丸みたいにする覚悟決めたってこと??
ダメだよー!!!

高羽×烏丸のシーンで過去の営業について烏丸は後悔してるようだった。
なのに雀部ターンでそこに進もうとしてる危うさが出てきてしまった(;ω;)
雀部見てると過去の烏丸と被って見える時があり、
烏丸のような強かさがない分、見ていて心配になります。。。

【生き方を 変えてくれた 恋がある】
宣伝ポスターのキャッチフレーズなのですが、
ストレート且つ、このシリーズをよく表してるなぁと沁みました。
器用貧乏の鵜藤、生き辛い性格の雀部。
2人の生き方が変わる恋を最後まで見届けたいです。

番CPのラッブラブは沢山見られました♡♡♡
エッチなシーンもたっぷり♡♡♡
烏丸さんの巣作りオメガバース、クッッソエロかったですっ(///Д///)
(注※1着だけで巣は小さい。でもエロさは保証)
体だけじゃなくて、会話も愛が溢れててすごく良かったです!

まだ1巻なのでという理由と、前作の評価と同等にしまして、神より萌え×2であげます。
満足度は神並み。2人の関係はこれからなので次巻が楽しみです。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ