憧れのアイドルと急接近!? 只のファンから恋人へ、夢のステップアップ!

推しとおいしいお付き合い

oshi to oishii otsukiai

推しとおいしいお付き合い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×216
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
6
得点
109
評価数
39
平均
3.1 / 5
神率
15.4%
著者
川琴ゆい華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
壱也 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784041078013

あらすじ

男性アイドル・隅友カイリを長年応援している眞宙は、ある日勤務先のサンドイッチ専門店にカイリが現れパニック! 必死で冷静を装うが、眞宙の素朴な人柄に惹かれたカイリと急接近するようになり…!?

表題作推しとおいしいお付き合い

隅友カイリ『チャラ王子』の異名を持つアイドル25
佐田眞宙、サンドイッチ専門店店長でアイドルオタ21

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

色んな意味で悶絶しました!

行き違いにより、自身とはかけ離れたキャラを演じなくてはならなくなった主人公・・・と言うパターンが、個人的に大好きだったりするんですけど。
今回ですね、生真面目で純情そのものの主人公が、「実は遊んでいるゲイ」を演じる事になると言う、まさに大好きなパターン。
無理があると思われるかもしれませんが、これが何故か上手い事、噛み合っていっちゃうのです。
全然演じきれて無いのに!
いや、無情にも、誤解が誤解を呼んでどんどんズレてゆくの方が正しいか。
もう本当、最後の最後、ギリギリまで焦れさせてもらえましたよ!!


内容ですが、元アイドルで「チャラ王子」の異名を持つタレント・カイリ×彼の長年のファンでサンドイッチ専門店店長の眞宙による、誤解とズレにジレジレなラブコメになります。

高知の農家育ちの眞宙。
勤め先である代官山のサンドイッチ専門店に、憧れのタレント・カイリが現れます。
何度も店に足を運んでくれるカイリと、いつしか店員と客以上の親しい関係に。
そんな中、なかなかカイリと会えない日々が続き、想いを募らせてゆく眞宙。
カイリが遊んでいると情報を得たクラブに、思いきって訪れます。
そこで、カイリと遭遇した眞宙は、自身とはかけ離れたキャラを演じてしまいー・・・と言うものです。

で、こちら、誤解によりどんどんズレていっちゃう二人と言うのが作品のキモになると思うんですけど。

元々、カイリはチャラいイメージで売ってるんですね。
で「特別扱いされたいアピール激しいのや、彼女になりたがる子は二度と近付かせない」と、まことしやかに言われていたりする。
そんなワケで、クラブで会った時、普段からこういう場で遊んでいる軽い付き合いを楽しむタイプを演じてしまう眞宙・・・。
更に、緊張して上手く話せなかった彼は、いつの間にかゲイと言う事にもなっちゃうんですね。
そう、「実は遊んでいるゲイ」設定に、あとからどうしようとジタバタしてる眞宙が可愛い過ぎるんですよ。

で、こちら、面白いのが両視点だと言う事。
噂は噂。
実は堅実でワンコタイプのカイリ。
気になっていたサンドイッチ店店長の、普段とは違う世慣れた姿にドギマギしてたりする。
更に、「男と遊んでいる」と言う眞宙の言葉に、(ゲイなら)自分にもチャンスが!!と俄然張り切る。
これ、眞宙としては言葉通りの意味で「男(友達)と遊んでいる」なんですけど。女友達がいないからね。

何だろうな・・・。
こういう絶妙な誤解が重なり、どんどんズレてくのがコミカルテイストで書かれており、笑わせてくれるんですよ。
これ、この誤解をベースに、本当に上手い事ズレてきますから!!

眞宙への愛しさが抑えられず、ついついキスして身体に触れちゃうカイリ。
遊びなれてるゲイと思われてる(と、眞宙は思い込んでいる)自分だから、これは軽い付き合いの範疇でしかないんだと、自分に言い聞かせる眞宙。
ついでに、恋人面すれば嫌われてしまうと、わざと距離をとったりして。
で、手を出しちゃったから避けられてると落ち込むカイリ。
おおおーーーい!
焦れったくて死にそうなんですけど!!

とまぁ、二人のズレに最初は笑わせてもらい、読み進めるにつれ、焦れったくて焦れったくて悶えてしまう。
で、読者が焦れて焦れて死にそうになる頃、絡まりあった糸がスルスルとほどけるように、一気に解ける誤解。
ここがめっちゃ爽快なのです。
互いの本心を知り、素の顔で語り合う二人が可愛い過ぎるのです。
もうキュンキュンなのです!!

あとですね、序盤の眞宙ですが、カイリの偶像を崇拝してるに過ぎないんですよね。
いや、めちゃくちゃ熱くはあるけど。
そんな彼が本物のカイリと触れ合い、生きている彼自身に惹かれてゆくー。
この過程も素敵でした。

最後になっちゃいましたが、眞宙の方言が凄い破壊力ですよ~。
私は、方言では「あかん」にめちゃくちゃ萌えるんですが、眞宙の「いやちやっ・・・」も負けず劣らずの色っぽさ。
これはカイリも暴走するわー。


とりあえず、笑えて可愛くてキュンキュンする、とても好みの作品で楽しく読めました。

12

最後の最後、土佐弁にやられた

新年初読みは川琴さん。
で、思ったのは「この方、ライトコメディ(死語?)の女王かっ?」。
端から見ているとどう考えたって両思いなのに、特殊な事情の所為でお互いはそれを知り得ない『ジレジレ』が続いて、読んでいるこっちも、ジタバタジタバタ&ニヤニヤニヤニヤしてしまうという、実に楽しいお話でした。

小学校3年生の時からずっとファンだった人が、自分の店のお客さんとして目の前に現れたら、それは舞い上がりますよね。
実は私も中学2年の時から『神』と崇めていた方(アート系の方です)に、たまたまお目にかかる機会があったんですが、一っ言も言葉が発せられませんでしたもの。眞宙くんの気持ちが痛いほど解ります。

『推し』というのは神なんです。
でも、神だから恐れ多くて、恋愛的な感情は抱けないものだと思います。
このお話の上手い所はココ!
カイリが眞宙のいる『地上まで降りてくる』エピソードが実に納得出来るんですよ。
眞宙がカイリの近くに気持ちを寄せられるエピだけでなく、カイリ側からも『眞宙を必要とする理由』というか『眞宙にクラッと来ちゃった理由』に、すんなり納得がいく様な物語展開。
それも『笑えて』なんです。
この辺が「女王だな」と思った所以。

最後に、
土佐弁がこんなに可愛らしいものだとは!
今まで京都とか、大阪とか、博多はあったけど、土佐弁は始めてだ。
……完全にノックアウトされました。
同好の士の皆さまは読んだ方が良いですよ。すごい破壊力ですもん。

5

推しと過ごす天国気分⤴⤴⤴

推しにリアルで会ったら気を失う自信ある方、おススメです!めっちゃ面白かった!!リアル推しに声かけていただく→♡♡、なんて奇跡が起こった舞い上がる心地のお話、本編230Pほど+あとがき。本気で羨ましい。

代官山のショッピングモールにあるサンドイッチ専門店で店長をしている眞宙(まひろ)。高知の奥地で野菜を有機栽培している家の次男坊で、半年前に東京に単身出てきて働いています。ある日、チャラ王子という異名の元アイドルイケメン、隅友カイリが店に来てくれたのですが、彼は眞宙が小学校3年から熱烈応援している芸能人で・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
サンドイッチ店のバイトさん、攻めのマネージャー、受けの家族(土佐弁、可愛い♡)ぐらいかな。

**推しがいる幸せについて

いやーリアルで推しがいる人の幸せを包み隠さず、山のように書いてくださって、「ありがとうございますーーーーーーーー」ととっても幸せでした♡♡♡もし会ったらどうしよう、次に会ったらこうしたらいいかな、何話せばいいのかな、こんな事言ったらダメだよな等々、ぐるぐる・うふうふ・きゃっきゃする感情にめっちゃシンクロして超楽しい!!!なので、リアル推しがいる方、必読じゃん!と思いました(笑)ああ楽しかった。そしていい関係にならなくてもいいから、私も推しに一度でいいからギュウしていただきたい・・・・昇天間違いなし。

2

一途なオタクの恋物語

今回はバラエティで活躍するアイドルと
アイドルオタクのサンドイッチ専門店店長のお話です。

受様が大ファンだった攻様が
店のお客様から友人、そして恋人へと変わるまで。

受様の実家は高知の奥地で
有機野菜を栽培、収穫している農家です。

家族経営なので受様は次男ながらも
兄とともに農家をしていくつもりでしたが
有機野菜を卸している都内の飲食店の
オーナーに誘われて

代官山にオープン予定の
オーガニックサンドイッチ専門店を
任せられる事となります。

店はタワーマンションに併設された
ショッピングセンター内にあり
店長の受様とバンドマンなアルバイトの
2人で回しています。

受様の実家の有機野菜をたっぷり使い
パストラミや卵撫での具材を厚めにサンドし
「萌え断」なサンドイッチは
住人の朝食やランチ用によく売れています。

爽やかな秋晴れの下
いっぱい売れると良いなと
ほっこりしていた受様でしたが
サンドイッチを買いに来た男性客を見て
目を見開いて固まってしまいます。

その男性客は受様が12年前から
熱烈なファンであるタレントだったのです。

そして彼こそが今回の攻様になります♪

攻様は7人組のアイドルグループの一員で
キラキラ笑顔の王子様キャラで
ダンスが抜群に上手いメンバーでした。

最初は彼のキラキラでかっこいいところに
惹かれた受様でしたが
長時間のダンスレッスンをこなし
向上心を忘れない姿を知ってからは
単純な好きから尊敬の念も加わります。

正統派アイドルのグループ解散以降は
バラエティーで体を張ったチャレンジをする
「チャラ王子」という軟派キャラになりますが
受様にとっては一番の押しなのは変わりません。

そんな受様の神様、王子様、天子様が
突然、店頭に現れたのですから
受様は説明だけでもアワアワです(笑)

攻様のためのサンドイッチを作り
手渡した後は感情が昂りすぎてしまいますが
攻様は客への定番の「いってらっしゃい」にも
にっこりウインク「いってきます」で返すという
プロアイドルの姿に魅了されてしまいます。

その後、
野菜ジュースが苦手と言う攻様のために
飲みやすい新商品を考案する受様ですが
芸能人の攻様は多忙らしくて
数えるほどしか受様のお店に現れません。

そんな時に攻様が六本木のクラブで
若手俳優や元アイドルと派手に遊んでいて
後腐れのない相手と適当な付き合いを
しているという噂話が耳に入りますが

その頃には受様の気持ちは
攻様に大きく傾いていました。

そしてクリスマスイブの夜、
受様はバイトのバンドマンの伝手で
件のクラブのクリスマスパーティに
潜り込むことになり…

受様が大好きだったアイドルの攻様と
ひょんなことからお近づきになり
手探りしながら恋を実らせていく
ラブコメディになります♪

川琴さんはシリアスなお話より
コメディタッチのほうが
断然面白いと思っていますので
読む前からもうワクワクでした (^-^)

受様は大ファンだった攻様が
素でもとても素敵な人だっと知ったことで
益々惹かれていくのですが

受様が攻様のファンだと知ったら
攻様が贔屓を嫌ってこなくなるかもと
ファンである事を隠して接します。

攻様も都会にはなかなかいない
純粋で一生懸命な店長さんと
過ごす時間は楽しくて
親しく友人付き合いを始めます。

そんな時に2人が
六本木のクリスマスパーティで
かち合うのですが

それぞれが偽りのキャラを演じていた為に
お互いの思いを見誤りそれぞれが
グルグルと悩むことになるのです(笑)

2人がお互いの本心を知り
恋人となるまでハラハラしつつも
ワクワク楽しく読めました♪

受様がファンだった攻様に出会うのは
受様が代官山のサンドイッチ店を任され
攻様が近くのタワマンに引っ越して
きたからという偶然からです。

最初は客と店主として
ちょっと親しくなると
攻様のためにと新商品を考案したりと
ちよっとづつ親密度が増していきます。

そして親密度が上がったことで
それぞれがお互いを意識して
お付き合いすることになるのに

攻様のスキャンダル報道が有ったり
受様の父親が倒れたりと
それぞれがグルグル状態になるのが
すごく面白かったです。

両視点で進むので
お互いが惹かれている様子や
相手の言動を読み間違って
すれ違っていっても

安心してジレジレやグルグルを
楽しめたのも良かったですし

壱也さんのイラストも
ふわふわ優しいテイストが
雰囲気バツチリでした (^O^)/

今回は俳優&ファンのカップリングで
月村奎さん『恋する臆病者』をおススメです。
こちらもグルグルが楽しいお話です。

2

あまあまで楽しい。

この攻めチャラくない。全然いい男です。
クラブで俺のだからさわっちゃだめってところとか、ずっとキスしてたいとかもうあまあまです。

受けがこれまた健気なんですよね。
好きだとバレたら、店に来てもらえなくなるかも、期待しちゃいけないといろいろモヤモヤして避けてしまう。

住む世界の違いがお互いの勝手なイメージがお互いの中で勝手に育ってしまってもうイライラしてたところで、カイリが受けの田舎まで突撃したときは「よくやった!」でした。

とても可愛くて楽しいお話でした。

0

方言の破壊力たるや





チャラ王子というキャラバラエティ番組に出ている元アイドルとその元アイドルの筋金入りのファンのすれ違いの恋。
あらすじは他の方が詳しく書いてくださっているので感想だけ。

佐田眞宙(受け)が店長をしているオーガニック・サンドウィッチ店に元アイドル・隅友カイリ(攻め)が買い物をしにきたことから二人は知り合いになります。きっとそのままだったらきっと眞宙は自分から動くような子じゃないので店長と客のままが長く続いたと思うですが、眞宙に味方がいたことから事態は動きます。
職場のバイトでバンドマンの土田が眞宙の好きが恋愛の好きだと見抜き、カイリに会いに行くきっかけをくれるのです。
彼は二人が膠着状態になっていた時も、真実にちょっと嘘を混ぜて発破をかけてくれたし、偏見もなく味方になってくれる人が傍にいたことは二人にとってラッキーだったと思いました。

早々に二人は両想いだったのに、カイリのほうが売ってるイメージを損なわないように行動したことと、告白をためらってしまったせいでだいぶん遠回りしてしまいました。

眞宙はカイリが軽い付き合いしかしないと聞いていたため、本気なのがバレないように距離を取ことになってしまうのです。

両視点で読めるのですぐに両想いだとわかるのですが、盛大に誤解しているのもよくわかるのでそのすれ違いが面白かったです。
ただ、カイリは早々に諦めそうになってるし、眞宙は噂を信じて動けないしでこの二人はちゃんとくっつくのかとちょっと心配になりましたが、カイリは自分から動けて良かったです。



スキャンダルに巻き込んだ女優やストレス発散のためカイリを困らせる先輩もいますが、二人の周りはいい人ばかりでした。

土田以外にも、カイリのマネージャーは大っぴらにしなければといって許してくれ、もらい事故のようなスキャンダルの時もカイリを守ってくれます。
そして、眞宙の家族も眞宙を大切にしていることがすごく伝わってきて、ちょっとおせっかいだけどとても気持ちいい家族です。
みんないい人ばかりなので嫌な気持ちになることなく読了できました。


初めてが実家で、すっかり方言が戻っていたため眞宙が最中ずっと方言なのがすごく萌えます。これはカイリも煽られるだろうなと思ってしまいました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ