• 通販購入【PR】

表題作 簡易的パーバートロマンス 2

真田亮司 → 佐藤拓也

鹿嶋幸 → 古川慎

宇月翔 → 増田俊樹

嘉久直人 → 小野友樹

あらすじ

顔フェチとドM ヤンキーの人気BL シリーズ「簡易的パーバートロマンス」ドラマCD発売決定!

幼い頃から "痛み" が快感であることを自覚していた主人公・鹿嶋幸(かしまゆき)は、殴られるために不良になった生粋のドM。
高校に入学してからすぐ、クラスメイトである真田亮司(さなだりょうじ)から声をかけられるも、一匹狼気質の鹿嶋は素っ気なくあしらう。
すると後日、鹿嶋が喧嘩をしているところに、真田が邪魔をしてくる。真田は鹿嶋を「ドMの変態」と罵ったかと思えば、自分は極度の "顔フェチ" で、鹿嶋の顔が "国宝級" に好きだから、怪我をするなと言う。
そんな真田に興味を持ち、体の関係を始める二人だったが……。

作品情報

作品名
簡易的パーバートロマンス (2)
著者
赤原ねぐ 
原作
瀬森菜々子 
媒体
CD
脚本
瀬森菜々子
原画・イラスト
赤原ねぐ
オリジナル媒体
コミック
メーカー
ホーム社
シリーズ
簡易的パーバートロマンス
ふろく
ミニドラマ・キャストトークCD 、書き下ろし小冊子
発売日
4.7

(55)

(44)

萌々

(8)

(2)

中立

(1)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
4
得点
259
評価数
55
平均
4.7 / 5
神率
80%

レビュー投稿数4

文句なしの神評価

ちるちるさんでレビューがまだついていないのを良いことに、1レビュー目を書きたい気持ちがありすぎて、とうとう登録してしまいました。
だって、だってこの素晴らしいドラマCDのレビューを、今書かずしていつ書くのか…!と思ったんです……!!

とりあえず
・声優さん目当て(佐藤拓也さん×古川慎さん、増田俊樹さん×小野友樹さん)の方
・特典小冊子目当て(漫画冊子がもれなくついてくるという神仕様です!限定特典じゃない!!)の方
どちらにせよ、今すぐゲットしたほうが良いです。「2」だしな〜と思って買い逃すのはあまりにももったいなさすぎるし、このCDから聴いても全然わかるよ!!
(ちなみn今回「本」という形で売っているCD…らしく(よくわからない)、基本本屋さんに置いてあるみたいです)

原作は、いわゆるオカン系のイケメンとドMヤンキーが繰り広げるドタバタエロコメ。でも実は超丁寧に恋愛していってる…という個性派&意外性の作品で、絵が超綺麗で話もかわいいし、漫画も本当におすすめです。


……そんな中、このドラマCDのなにがそんなに素晴らしいかというと。

とにかく「キャラクター」がイキイキしてるんです。佐藤さん扮する亮司も、古川さん扮する幸も、とにかくキャラそのものを生きている!という感じがして、めちゃくちゃ楽しそう。超超テンポがいい。
それはもちろん脚本(原作の瀬森先生が担当しているとのこと。ヤバイ!)の力もあると思うし、1から続投ということで慣れているということもあると思うんですが、まず演者さんたちのコンビ感というか。
息の合い方が尋常じゃないんです。マジで。

そりゃ佐藤さん&古川さんのゴールデンコンビ、息があって当然といえば当然なんですが、それにしたってこのテンポはちょっと「異常値」を叩き出してますよ。
佐藤さんのアドリブにあえて乗っからないスタイルの古川さんの、終始ダウナーな演技がめちゃくちゃおもしろいし珍しい。
そもそも佐藤さんの演技が死ぬほど面白いし。(もちろん超・かっこいい攻め!!!の時もたくさんある)

私はこのお二人のファンなのですが、ファンの贔屓目を抜きにしても…いや完全に抜くことは出来ないのですが、でも、それにしたって「テンポよすぎて笑えてしょーがない」っていう、純粋な面白さがあるんです!!

……が!!
侮るなかれ、なんとこのCDにはもう一組最高のカップリングが。
そう、それは増田さん扮する翔と、おのゆーさん扮する直人の体格差カップル!!
びっくりすることに、私は増田さんとおのゆーさんファンでもあり。このキャスティング見たときに「は!?」って言いましたもん。普通に「は!!???」って。
好きな人たちしか出てないCD、あるんだって思いました。
っていうか豪華すぎる。普通に。全員超主役級…………。すごすぎる………………。

で、この二人、今までに聴いたことのないような…特に増田さんのキャラが!今までの増田さんとはちょっと違って……!
かわいい系で元気っぽいキャラはそれなりに演じてこられたと思うんですが、それで「攻め」というのが今までなかったと思うんです。(勉強不足だったらごめんなさい)
今回まさかのキャピキャピ攻めで、なのに本気だすと超かっこいい低めの声で直人を翻弄するっていう……。
おのゆーさんもおのゆーさんで、原作の屈強ながら心優しい直人そのもの。マジでそのもの。
コミックス読みながら初聴きだったんですが、マジでびっくりしました。「え!?直人だ!?」って本気で思ってしまった。

正直、原作を先に知っていたわけではなくて、佐藤さん・古川さん目当てで読み始めて、そこからドハマリして今に至っているので、キャストさんが好きなのは当然として。
でもおのゆーさんの追加キャストにはひっくり返ったし、やっぱりCDで聴いた時の「亮司だ!幸だ!翔だ!」の衝撃も忘れられないです。
いつも「このキャラだったらどの声優さんがいいかな」みたいな妄想をしちゃうんですが、この4人に関しては「この人達以外ありえない」と強く思わされます。
そーれーぐーらーい凄い。違和感があるないとかじゃなくて、そのもの。

ちなみに、佐藤さん古川さんコンビの絡みは1から続いて超エッチな絡みが3回ほど。
そのどれも大好きですが、笑いの要素も含めて私は「保健室」の話が一番好きです。
佐藤さんのあるセリフが死ぬほど面白くて笑い転げちゃうんですよ…直前までドエロいのに笑い転げるって…なに?
増田さんおのゆーさんコンビは、やっぱり「ドロドロ甘やかしセックス」一択かなと。
増田さんの雄み全開の言葉責めが聴ける最高のトラックです。マジで聴いた方が良い。おのゆーさんのガチ泣き演技も聴ける。最高。

というわけで、まだこのドラマCDの魅力の1/10も伝えられてないんですが、こんなところで……。
レビューというかただの感想をぶつけただけになってしまってすみません。
それにしたって本当に最高のCDです。声優さんファンの方は特に、後悔しないと思います。本当は断言したいぐらい……。

このレビューが、「気になってるけどどうしようかな」と思っている人の背中を押すようなものであることを祈って!

22

マンガから飛び出してきた主人公たち

3巻が発売されたため、ここ最近また聴いているのですが、あらためて聴いてみると、これ、神評価でも足りないのでは…?と思うくらい、あまりにも最高なので、高ぶる気持ちを押さえきれず、レビューしてしまいました。

他のレビュアー様も書いておられますが、真田役の佐藤さん、鹿嶋役の古川さんが、もうドはまりなんです!!もはや、佐藤さんと古川さん以外のキャストは考えられないです。マンガの中の世界が何倍にも広がって、脳内アニメが再生できそうなくらい。キャラクターに命が吹き込まれるってこういうことなんだなぁーって思いました。

私は個人的に、佐藤さんは攻めの時のほうが好きなのですが、佐藤さん演じる真田は、もうめちゃめちゃかっこよくて、めちゃめちゃ面白い!

真田はセックスのときはSみが強くてめちゃめちゃかっこいいんですよね。ブジープレイでイくときに、真田が鹿嶋にキスをするのですが、ドラマCDではその場面で、『おい、舌出せ』のセリフが追加されていて、状況説明的な要素もあるのかもしれないのですが、このセリフ、真田の雄みがめちゃめちゃすごいんです…さらに、そのあと、2巻の帯にも書いてあった、『本番、こっからだろーが』のセリフもヤバい…。佐藤さん演じる真田が超絶かっこよすぎて、たまんないです…!

disk1の試着室エッチの時の、『ほんっと、最高…!』のセリフも、ものすごくセクシーで興奮している感じが生々しく伝わってきて、もうすごいとしか言いようがない。プロフェッショナルとは、こういう人のことを言うんだなと、ただただ、リスペクトです。

試着室エッチは終わったあとの佐藤さんのコミカルな演技に大爆笑(笑)さらに、翔役の増田さんの長セリフもめちゃくちゃおもしろくて、この試着室エッチのエピソードは最高にエッチで面白いです!

真田はこの2巻で鹿嶋をより意識しはじめ(読者はそれが好きという感情だとみんな気づいているのに(笑))、ドキドキしたり、避けられて落ち込んだりと、高校生らしく子供っぽさもある感情の揺れが出てくるのですが、佐藤さんはそういった真田の心理状態も見事に演じられていて、声を聴いてるだけで、真田、めちゃめちゃ鹿嶋のこと好きじゃん…って思わず聞き入ってしまいます。

鹿嶋役の古川さんは、鹿嶋のキャラクター上、あまりテンションの高低がないのですが、真田をおもしろおかしく煽る場面は、高校生の悪ふざけ感満載でいたずらっ子のように演じ、中盤での心の揺れは、物静かな鹿嶋の苦悩を丁寧に演じられていて、鹿嶋は感情表現が出にくい難しいキャラクターだと思うのですが、古川さんの完璧な演技で、完全に『鹿嶋幸』になっています。マンガの中の鹿嶋が、まんま飛び出してきたみたいに感じます。

それに、古川さんのあえぎ声がね…ほんとすごいんです…エロい…ただただ、エロい…。とくにブジープレイの時は、どうやったらあんなふうに演じられるの…?と思うほど、感じまくってる鹿嶋がそこにいます(笑)佐藤さんと同様、古川さんのプロフェッショナルにもリスペクトしかないです。

全編を通して、佐藤さんと古川さんのテンポが最高で、何度聴いても毎回おもしろくて、超かっこいい。会いたかったマンガのキャラクターが目の前にいるって感じを味わえます!個人的には所有しているドラマCDの中で最もリピートして聴いてる作品です。

もし神より上の評価があるなら、そうしたいくらいの、最高傑作です!!

7

聴いてる間中、笑ってた(誉め言葉)

はじめにキャスティングを見たとき、漠然と、
思っていたのと少しイメージが違うかなと思いました。

それと、これは個人的な印象なのですが、
佐藤さんと古川さんって声質が似ているように
感じていたので聞き分けられるかなぁ…と。

けれど、いざ、聞き始めてみると
そんな先入観もふっ飛ぶほどに素晴らしかった!
原作既読で内容は知っているはずなのに、こんなに楽しいなんて!

元々、原作もコメディテイストなので笑える場面は多かったのですが、
CDはある意味原作よりもコミカル色が強く出ていたように感じました。
※噴き出してしまうので外で聞く際は要注意です(体験談)

主に笑いを誘ったのは真田を演じられる佐藤さんのハイテンションな演技でした。
これがもうほんと最高にハマっていて、面白くて、恐る恐る聞き始めたのに、
聞き終えた頃にはもう佐藤さん以外の真田の声が想像できなくなっていました。

爽やかイケメン設定にもかかわらず、世話の焼ける受け・鹿嶋のために
オカンみが溢れてしまい、常識人ゆえに作中においてはツッコミ役まで
兼務せざるを得ないという不憫な攻め・真田。
終始喋りまくり&叫びまくりの真田に佐藤さんの喉が心配になるほどでした(笑)

だけど、いざ攻めモードがONになると、イケメン力を発揮させ、
Sっ気強めな真田がセクシーですごく格好良かったです!

一方、古川さんが演じられる鹿嶋はこちらも最初は思ったよりも低い、
という印象でしたが、気だるげで小悪魔的に真田を弄ぶ声のトーンが
だんだん原作の鹿嶋のイメージに重なってゆきました。

そして、いざ濡れ場になるとそのギャップの激しさにびっくりしました!
普段あんなふてぶてしいのに、こんなに艶っぽい声が出ちゃうなんて…!
でも、確かに原作の鹿嶋も濡れ場では驚きの豹変っぷりなわけで、
そのエロをここまで忠実に再現できてしまう古川さん、すごかったです///

こちらのCDでは所々で原作と異なるアレンジも含まれていて、
そのお陰で鹿嶋の従兄の翔ちゃんとその彼氏の直ちゃんカップルの
イチャイチャシーンまで聴けてしまうんです♪

陽キャな翔ちゃんと声からα波滲む癒し系直ちゃん、
お二人とも原作のイメージまんまでぴったりでした!

でも、可愛らしい増田さんに聞き慣れていないせいか、
翔ちゃんの声を聞いたときは最初、誰!?と
キャスト欄を二度見してしまいました(笑)

個人的に大好きなのが「翔ちゃんが真似る真田」でした。
もう絶妙に似すぎていて爆笑でした。
よく真田(を演じる佐藤さん)の特徴を捉えていて上手すぎだよ(笑)

小野さん演じる直ちゃんは天使を通り越して、もはや女神でした。
鹿嶋を気遣う声に真田とは違う種の母性が溢れていたような…

原作未読でも楽しめるとは思うのですが、きっと既読の方が
鹿嶋と真田のわちゃわちゃ感が思い浮かんで楽しめるかと思われます。

何度も聞き返したくなる笑いとエロの詰まった最高の1枚でした♬

1

幸(古川さん)最高!!!

簡易的パーバートロマンスが大好きですごく期待していました。

特に鹿島幸のドMを好物としていて、鹿島の古川さんには最高にハマっています。
鹿島に振り回される真田も可愛くて、かいがいしく世話を焼いてギャーギャー言いながらも
鹿島の顔に夢中になると最後はSっぷりを発揮する真田…
佐藤さんのふり幅の広さで軽くこなしてますよね。
本当に素晴らしいカップリングで、もっと聞きたいと思わせる二人のやり取りに聞き惚れます。


ちょっと残念なのが、スピンオフ作品である「理想的パーバートロマンス」の2人が
結構この作品に入り込んでいるんです…。
翔×直カップル好きにはいいんでしょうが、
個人的には真田×鹿島カップルをもっと楽しみたかった…
もっと幸の声が、古川さんの声が聴きたかった~~~><


3巻ですごく内容も動きそうなので、次回はマルっと真田鹿島でお願いします!!!
もちろん、翔×直カップルは好きなんですよ!
でも聴きたいのは真田鹿島なだけです。

7

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(CD)一覧を見る>>

PAGE TOP