G・DEFEND(6)

g defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(6)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
ラキッシュ・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784887410244

あらすじ

館内に仕掛けられた爆弾の処理に奮闘する石川と岩瀬。時間だけが刻々と流れてゆく中、石川に退避命令を出された隊員が選んだ行動は?そして石川と新入隊員・城との確執の行方は?池上&岸谷の番外編「池上くんのレシピ」や、宴もたけなわ!? 石川の意外な素顔(?)が見られる番外編も収録!!

表題作G・DEFEND(6)

岩瀬基寿,国会警備隊隊長SP
石川悠,国会警備隊8代目隊長

その他の収録作品

  • G・DEFEND 8
  • 番外編 池上君のレシピ
  • G・DEFEND 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数3

危険より安心感

爆弾解体から始まるお話。
ずっと緊張感があるのにずっといちゃいちゃしている…。
こんな最初から最後まで幸せそうなカップルのお話って、意外にないのでは、と思います。

危険と隣り合わせなのに、どちらかというと安心感がある。
安定した「完全なカップル」を「長く楽しみたい」、という人にすごくオススメなシリーズではないかと思います。

でもこの先もうないっていうくらい愛し合ってるのに、この先もずっと続くのかぁと思うと逆にすごい気もしますね。
隊内で2人の関係がバレバレな事にショックを受ける石川隊長ですが…気付いていなかったのかという感じです。
あれだけいちゃいちゃしておいて…。
普通の会社ならともかく、場所が場所なだけに、公私混同はちょっとちょっと~って思う場面が多々あります。

後半は池上と食堂勤務の岸谷の番外編。
入隊したばかりの池上が子供過ぎて庇護欲が沸きます。
すれ違い感も、前回の西脇とdrの話のようでよかったです。
この作者さんの描かれる「未カップル状態」の描写のほうが、昔の少女漫画のような純粋感があって好きだなぁと思います。

0

新たなカップルの話

最初はメインカップルで5巻からの続きです
爆弾は、映像催眠のせいで隊員がしかけてしまったという・・・
最後の最後で爆弾処理をすることになった受け様
それをそばで支える攻め様・・・

受け様を恨んでいた新人君も、受け様を信じる他の隊員達をみていて更生w


後半は、料理長の岸谷×池上 です

料理長・・・ワイルドだけど、偏食をする受け様のために
強引だけど面倒をみていきます
それにつられ受け様も攻め様を好きになっていき・・・

テロリスト相手に大変なお仕事をされている皆さんの話ですが
なんだかほほえましいw

0

今回のカップルもいいなぁvv

●とりあえずは前巻の続きから

石川に向かって隊員が発砲!!
そこから偶然見つけた爆弾!!

催眠術にかけられた隊員は館内にかなりの爆弾を仕掛けた。
徐々に他の隊員たちによって処理されたが最後の1つが総理の部屋に。

残り時間もなく、他の隊員たちに退避命令を出し石川が自ら処理に当たる。
が、石川を信じてる隊員たちは、館内に残りその時を待つ。

沈黙の5分間。

爆弾は無事に解体。

それらをみていた城は…
石川や他の隊員たちを見てて目が覚めたって感じでしょうか。
これからいい仲間になりそうです。

●ハイそして後半です。

今回のカップリングは料理長・岸谷×外警備班・池上の始まり。
ものすごい偏食の池上に岸谷がスパルタ(笑)
そこから2人は始まっていくわけですが、
実は岸谷以前は外警班長をしており、テロで怪我をし料理長に転身という。
その時、自分をかばって殉職した(告白してないが愛してた)
隊員が池上に似ていて、だから自分は池上に惹かれてると思い、
1歩引いた感じになってしまいます。

それを知らない池上はどんどん岸谷に惹かれて続きいき、仕事にまで影響が…

仕事をやめる決意をした池上は最後自分の気持ちを岸谷に。
そこで初めて岸谷の過去を知りますが、
池上はもちろん岸谷が好きで、岸谷も過去は過去で
池上本人を愛してると自覚し、晴れてハッピーエンドです。
(この岸谷さんも結構嫉妬深そうです)

●そして最後はショート番外編
石川は酔うとキス魔になる?!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ