融愛 Melt Down

融愛 Melt Down
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌14
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
108
評価数
35件
平均
3.3 / 5
神率
17.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011514

あらすじ

「あんたを守ってきたのは、俺だ。これからは『男』も俺が与えてやる」
嫉妬に狂った弟は、今まで抑えてきた感情を露にした。
母に捨てられた兄弟は不定期に振り込まれる金を頼りに生きてきたが、それは弟・翼久が売春して稼いだ金だった。
それを母からだと思い込んで育った兄・海理は堅気の社会人の道を、翼久はホストの道を歩んだ。
兄への想いを密かに募らせる翼久は、ある日、海理が男に押し倒されているのを見て逆上する。
翼久の怒りは昏く激しい劣情と化して。

表題作融愛 Melt Down

葉越翼久(弟)・ホスト・23歳
葉越海理(兄)・大手食品メーカー勤務・25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数8

兄弟もの、いいです。

こちらで「兄弟もの、兄受け」でご紹介いただいた作品。
受けが当て馬にお触りされたり、弟にドラッグ疑惑が出て来たり。そんなこんなで、最後はハピエン。安定感があってよかったです。

0

ガチ兄弟!!!

私も抵抗なく読めるようになれて良かった!と思いましたw
なんといっても弟×兄、というのがポイントです。

兄として守ってきたつもりでいた弟に
実は体を汚しながら守られていたなんて……。
その弟にいつしか欲情をむけられていたとは。

当て馬の会社の先輩・時谷が、ほどよく押してくれて
「良い当て馬だ!」とニヤつきました。
満員電車で触っちゃうとか♪

嫉妬と独占欲丸出しの翼久が力づくで海理を抱き、
隠していた事実を告白するシーンは
海理の心までも逃げられないようにして
執着を植え付ける様がぞくぞくしました。

でもなぁ……。
局部のピアスが痛そうだった…(泣)
いくら液体の麻酔しても。
その後はそれが痛いようで快感をもたらすものとなっても。
それこそ所有の証的で仄暗さは伝わりましたが、
痛いのが苦手な私は「……;;」でした。

それはそれとして、
翼久が海理の為にまっとうに生きる事を決意したり、
己のあさましさを否定しながらも
翼久に対する愛情は認めざるを得なかった海理、
とてもお似合いだったと思います。

翼久が何気に情が深くて、続き後輩ホストのヨウヘイを
最初はヨウヘイの為じゃなくても庇ってあげたりとか
いつまでも海理と生きていきたいと一途に想うとか
私まで情が湧いてしまいました。

ツライ過去から生じる兄弟愛は珍しいものではないけれど
疑問を抱くことなく読み進められました。

兄の威厳を保とうとして毅然とした態度をとりたいのに
弟から与えられる快感に眩んでいく様子…たまんない!!
もう普通の兄弟には戻れないという背徳感も、
ガチ兄弟ならではの萌えですね!!

2

身体を汚しながら、兄を守ってきた弟

実の兄弟モノです。
弟・翼久(よく)× 兄・海理(かいり)

母親に育児放棄され、子供の頃から助け合いながら生きてきた兄弟。
飢えや寒さに耐えながら、母親が帰ってくるまでお互いを励ましながら待ちます。

でもいよいよ母親が帰ってこなくなって何度か行き詰まりそうになるんですが、その都度母親がお金を置いていってくれている。
そのことで兄の海理は自分たちはまだ見捨てられていないと喜ぶんですが、真相は違うんです。
それは弟の翼久が隣のお姉さんからもらってきたお金だったんです。

それ以降も、お金が必要なときにはまとまったお金が母親名義で振り込まれるようになり、兄の海理は大学を卒業できるまでになります。
そのお金はすべて2歳年下の弟が女に身体を売って手に入れたお金でした。
兄は弟の献身に気付かずに希望する食品メーカーに就職し、弟はホストとして働くようになります。

兄が職場の先輩・時谷に想いを寄せられ、キスされたらしいと知り、二人の関係が変わります。
自分は女になれないから、兄貴が女と付き合うのは泣きたいほど嫌だけど黙認してきた。
でも、自分が身体を汚してまで守っ続きてきた兄を、他の男に奪られるのは許せない。
俺には兄貴を俺のものにする権利がある。

弟が告白する真実に衝撃を受けた兄は、無理矢理抱かれたあとは逃げずに弟に身体を許し続けます。でも弟に対して罪悪感があるせいか、いくら愛撫されても兄は射精しません。
弟は自分は性欲の対象外だと兄に言われているように思えて苛立ちます。

途中、兄に告白した時谷が動いたり、弟のホスト仲間のいざこざに巻き込まれたりしますが、最終的にはハッピーエンド。
犠牲にしたものは多かったけど二人で幸せになれてよかったね(^^)とそう思える作品でした。



1

禁断の兄弟愛といったらコレ!

血のつながった兄弟の禁断愛です。
弟×兄

沙野さんの描くお話は、痛くて苦しい恋愛が多いですね。

海里と翼久、互いの愛情の違いが切なさを生みます。たった一人の家族として弟を守りたいと思っていた海里と、兄としてでない恋情を伴う気持ちに歯止めをかけられない翼久。
禁断愛に堕ちていく様が、凄まじいです。
海里の相手が女なら諦めるつもりだったけど、男なら許せない。
なぜなら海里を実際に守ってきたのは俺だから。
女にはじめて抱かれた時吐いたのだと、訴える翼久。
海里は自身の進学や就職までに行われていた真実を知り、ショックを隠せないまま激情が止まらない翼久に抱かれます。

手を離せばどこまでも暗闇に堕ちてしまいそうな弟を見放すことができない海里。兄への執着にエスカレートさせる翼久。

う~んドロドロです。ハードです。
どこまでも堕ちていく兄弟に救いはあるのか!?見どころだと思いますw








1

兄弟それは禁断!!

なかなか、話題がハードでした。
兄弟という、禁断の愛と、薬でだめになる人々、売春。

その中で、兄を思う弟の、ひた向きの歪んだ愛情。
幼いころから、親の捨てられ、兄弟だけが支え、

母からの暴力に弟を守る兄が、今度は弟がお金で兄を支える。
弟の売春のお金で学校に行った、それを知った兄の苦痛。

兄に彼氏が出きそうになって、弟が兄に体を要求する。
耐えられない兄。
そんなときに事件が、弟が麻薬の売買にかかわっていたとの疑い。

無実が証明され、兄も弟の事が大切ときずき、受け入れる。

せつなく狂おしいお話でした、良い作品だと思います。

2

弟×兄萌え

兄弟もの好きなので買ってみました!!
ストーリーは切なくて、弟・翼久が兄・海里に執着し本気で愛している姿に感動しました。(;_;)

母親に捨てられた兄弟二人が支えあって生きていく物語。
普通の兄弟として暮らしていた日々は、海里が会社の男とキスをしたことで
崩れた。
女なら仕方ないとあきらめていたが相手が男だと知った翼久は気持ちを前面に出します。

海里は必死で抵抗しますが、守ってきたと思っていたはずが、翼久に体を張って守られていたことを知った。

「俺は兄貴のために汚れた。今度は兄貴が俺のために汚れろ」

この一言に逆らえず抱かれますが・・・。
それにしても、こんなにイイ子たちを捨てていった母親に怒りを覚えますね。

エッチ:★★★☆☆  エッチシーンはあまり深く書かれていないですが、ピアスをあけるとこもありますよ!!もちろんアソコに 笑

2

兄弟の切ない過去

弟×兄で実兄弟もの。
兄の海理と弟の翼久が小学校のとき、父は事故死してしまいました。母は男を頼らないと生きていけない人で、男の元を転々し滅多に家に帰ることはありませんでした。。
海理が高校生になるころには母の行方がわからなくなり、お金も底を尽きてきてしまいます。せめて弟にはちゃんと高校を出てほしいと海理は高校を中退して働こうとしますが、中退直前で母の名で多額の振込みがあり、海理も無事高校を卒業することができます。
しかしそれから何年もして、母名義で振り込まれたお金は実は弟が身を売って稼いだお金と知ります。

とまあ2人の過去はとても切ないです。
大人になり兄は会社員、弟はホストになるのですが、兄の海理が同じ職場の時谷(男)に告白されてしまいます。
そして兄が襲われそうになるのをたまたま目撃してしまった弟の翼久は逆上してしまいます。
海理も逃げることはできたんですが、今まで世話をしてきたと思ってた弟が自分のために体を汚したと考えたら逃げ出すこともできず。唯一の肉親ですしね。

兄、弟の両視点で物語が進んでいくのもおもしろかったです。
翼久が海理を自分のものにしたいが続きためにちょっと痛々しいシーンもありましたが。
海理は暗闇がダメなのですが、最後翼久が部屋を真っ暗にして海理を抱くシーンは切なかった。

水名瀬先生の小学校の海理と翼久の挿絵が可愛かったですw
兄弟もの好きな方にはぜひ読んでほしいです*

2

弟x兄です

子供の頃から、殆ど母親に放置されて育った兄・海理と弟・翼久。
翼久にとって、兄が全てで、兄のためならなんでもしてきたが、その兄が別の男に口説かれて――。
遂に箍が外れてしまい、一線を越えてしまいます。
その後、母親に捨てられた自分たちがどうやって生活出来ていたのかを兄・海理は知り、普通はそこで割りと弟に絆されそうなものですが、意外に頑固?なのか中々兄も落ちません。そりゃそうですよね、腹違いでもなんでもなく、本当の兄弟ですからね(^^;
頑なな兄に、弟も段々キレてきて、独占欲も酷くなってくるのですが、その時の行為はちょっとなー…、行きすぎな気がしましたが。
結局、兄も何だかんだ言っても弟が好きなことには変わりないのでしょうね。
割れ鍋に綴じ蓋?ってとこでしょうか(笑)
ラストがちょっと怒涛の展開でどうなるかハラハラしました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ