G・DEFEND(39)

g defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(39)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち*ラキコミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784864231381

あらすじ

国会警備隊隊長・石川とSP・岩瀬の近未来ラブ&アクション。同性結婚OKのレントルから来日したヒュー王子の目的は婚約者・石川に会う事!?? 波乱必至の『小さな約束』と、尾美・わんこ克服なるか!?の『イッポ、イッポ』を収録!!
(出版社より)

表題作G・DEFEND(39)

岩瀬基寿 隊長補佐官兼SP
石川悠 警備隊第8代隊長

その他の収録作品

  • The 62nd 小さな約束
  • The 63nd イッポ、イッポ
  • 小さな予感

評価・レビューする

レビュー投稿数3

海外から王子様が

今回、海外から王子様がやって来るというお話。
王子様…一気に現実味のないお話ですが面白かったです。
海外要人の警護をするお話はたまにあるけど、こんなにファンタジーな外見の王子様は始めてではないでしょうか。

その王子様、最初は隊長に思いを寄せますが、恋人がいると知ると素直に身を引き、DGの警備システムを勉強したいと見学を申し出ます。
わりとしっかりして正義感の強い王子で好感が持てました。王妃もなかなか面白いキャラでした。
自分の身の回りにいる大切な人に気づかず、隊長に思いを寄せていた王子ですが、隊長に振られて、その後命を狙われ、自分の身を守ってくれる人が近くにいることに気が付きます。
王妃の「大切な人に守られっぱなしになるな」という台詞が面白かった。

この王子の恋路がすごくツボに入ったので、きちんと読んでみたい設定だなぁと思いました。この作品、脇キャラでさらりとちゃんと読んでみたい!ってカップルを出す事が多くて非常に勿体無いといつも感じております…。

後半は尾美が犬ギライを克服するお話。
脱力系の庚も好きなキャラです。脱力系ってDGにはいないタイプですね…。続きしかし遂に尾美も告白される側に…。今後の官邸警備隊が心配になってきます…。

0

本物の王子様登場vv

なんと石川、王子様からのプロポーズ?!

数年前にレントルから来日していた第三王子がまたもや来日
今回の来日目的はパートナー選び?!
なんとレントル、同姓婚OKのお国vv

冗談かと思いきや、本当に石川に会いに来たもよう。
王子は前回帰国の際に石川と婚約したと思い込んでたみたいで…
台詞を読むと、何でそれが婚約につながるんだ??と思うのですが
ようは思い込みですかね(^^;)

実際に石川とご対面、そして失恋(笑)
まぁそれだけで終わるわけもなく事件は起きるのです。
お国柄、命を狙われる王子。
今回も王子を狙って刺客が送り込まれています。

王子の側近は身近に潜んでいる内通者をおびき寄せる為
石川たちのもとへ王子を連れてゆきます。
案の定そこで内通者が王子を狙ってくるのですが
なんとそれが王子のSP!!
側近が体を張って王子を助けたのは良いですが負傷してしまいます。
そこで王子、誰が一番大事なのか、本当は誰が好きなのかを自覚。
もうメロメロ、甘甘ですよ。(でも、そういうの嫌いじゃないんだ私vv)
とりあえず今回の事件は一件落着!!

続きして後半は警備隊に警備犬導入のお話。
はい、そうなんです犬が大の苦手の尾美メインのお話
どうにかこうにかでダグに関してのみ大丈夫になるお話。

でもって最後の最後にレントルの第1第2王子登場!!
これまた美形vv
わざと側近にちょっかい出したりと、第3王子で遊んでますvv

0

気がつけば39巻!

今回のお話で、一番気になったのは・・・62話と書下ろしの『小さな予感』の二本です。

レントルという国からやってきた王子様と側近のお話と、その後のお話なのですが、この二人気になる!
岩瀬&石川、西脇&ドクター。どちらのカップルもらーぶらーぶ!くっついてもうすでに長く、どんな邪魔が入っても間に入る余地なし!
跳ね除ける強さを持っています。
安心して読めるので、適度に楽しめるけれど目新しさを感じない。

でも、今回出てきた王子と側近。
脇役にしておくにはもったいないです。
石川に恋をしていた王子。
けれど実は『恋』ではなく『憧れ』だったと気が付き、自分が本当に好きなのは?と気がつくという話ですが、側近・ムカイは王子がトラブル以降自分にやたら構ってくるのはなんでなのか?
期待して勘違いしてはいけない、と自分の気持ちを素直に追わない所!
そして王子はおそらくちゃんと気持ちをムカイに伝えていないから、兄王子たちにムカイを取られそうになって、慌てて取り返したりとなにやらくすぐられる展開でした。
主人公達や隊から離れてしまうけれど、この二人の話が非常に読みたいです!

続き今回はラブシーンの表現がBLっぽかったです!
ガッツリではありませんが、久々にG・DEFENDでこういう色っぽいシーン見たなー

63話は犬が嫌いな尾美が犬というかダグと仲良くなれるお話。
でもお約束で、ダグ以外の犬は苦手なまま・・・というワンコ克服話でした。

なんと次の巻で40巻!次巻予告を見て一瞬「え!?」と思い自分の読んでいる巻の巻数を確かめた。
いやはや、ここまで続くとは!
コルヒドレ編で大きな山場を迎え、いったん連載が中断されて他作品の連載が開始されて、あぁもうG・DEFENDは読めないのかなーと思っていたら数年後に連載再開し、今では単行本書下ろしで続刊しているわけですが、何巻まで続くのかな?
好きな作品で、好きなキャラが多いのでこのまま長く続けばいいな!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ