シアンとウィロウの恋の行方は…

5人の王 外伝 II

5nin no ou gaiden

5人の王 外伝 II
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
30
評価数
6件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
単行本
発売日
価格
¥1,300(税抜)  ¥1,404(税込)
ISBN
9784861348372

あらすじ

シアンは失敗した。お互いにちゃんと恋をする、そう決めたウィロウとの生活が居心地良く、手放したくなくなってしまったのだ。だが、己の計画のために、しばらくの間、北方に向かうことになる。離れていても信じられる相手がいることに喜びを感じていたシアンだが、北方を訪ねてきたスクワルから、ウィロウが次代の賢者・ロイを<青の学士>のように尊敬し、家に入り浸っていると聞かされ――!?そんなある時、敵国の攻撃によりウィロウに命の危険が迫っていることを知らされる。大事なことに気付くのがいつも遅いシアンが辿りついた本当の自分のあり方、気持ちとは――。

表題作5人の王 外伝 II

ウィロウ・水道長官
シアン・青の宰相(紫の宰相)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ついにシアンがウィロウに陥落

全く色気の無かった前巻からこの展開!!
どういうことでしょう、どういうことしょう、誰がこの展開を予想していたでしょう。
シアンがすっかりウィロウに落ちました。
それはもう見事に、落とし穴にひっかかるかのごとく、ストーンっと恋に落ちちゃいましたよ。
見てて清々しい。人のことを駒でも動かすかのように上から見下ろし、人の気持ちを弄び、天上天下唯我独尊、傲慢なこのスカした男が、自分の謀略なんてものともしない、純度100パーセントの正直さでもって向かってくるウィロウに負けました。

しかもリバ描写があるだなんて思ってなかったので、とんだご褒美でした。シアンがまさかの早漏で、ウィロウがまさかの巨根って設定にも萌えました。
オマケに身長逆転カップル。なにもうこれ、私を喜ばせるために書かれたの? というくらい滾りました。
内容自体はシアンの心の叫びのおかげでかなりのコメディ寄りになってますが、所々すごく真面目に恋愛してて、胸がぎゅうぎゅうと締め付けられるような新感覚。

いやもう本当に丸く収まってよかったなぁ、と思った。
余裕をなくすウィロウもシアンも可愛い。
特にウィロウにど続きんどん心が引き摺られていくシアンは、それはもう可愛らしくて可愛らしくて身悶えするほど。
ウィロウもウィロウで普段は淡泊な癖して、いざという時にはまるで獣のようになるとか、こんな美味しい攻がいていいのでしょうか。
ちょっと今までに見たこと無いくらいの、飄々とした雰囲気を纏う何とも言えないこのウィロウですが、私の中でのスパダリ定義にがっちり当てはまった……。
受より体力ないけど、でも凄くしなやかで強い、素晴らしい攻です。

正直前巻はいまいち乗れなかった部分もあるんですが、この巻は最高です。
苦手意識のついた文章のせいか、読み終わるのに時間は掛かりましたが、やっぱり私はこのシリーズが大好きだと実感。
特にこのドタバタした面倒くさいカップルが堪らなくツボに嵌ってしまいました。
あー、もっと読みたい。もっとこの2人のアホでバカバカしくて些細な幸せを積み重ねる日常が読みたい。
全サ小冊子来るのが楽しみすぎる。

たった1つの特別を手に入れてよかったね、シアン。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ