アンチロマンス(1)

anti romace

アンチロマンス(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神83
  • 萌×230
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

12

レビュー数
18
得点
569
評価数
130
平均
4.4 / 5
神率
63.8%
著者
日高ショーコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784344846258

あらすじ

高校生のころ同級生で、卒業後にルームシェアを始めてから気がつけば6年――。
広告代理店でライターをしている柿谷と美容師の周防の関係は、「友達以上」で
はあるけれど、その先に進むには、お互いためらいがあり、ぎくしゃくしていて
……!?

表題作アンチロマンス(1)

(仮)柿谷亮,24歳,広告代理店のライター
(仮)周防弘樹,24歳,美容師

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数18

じっくりと

積み本崩し②
憂鬱な朝が大好きでこちらも。少しダウナーな空気感です。じっくりとしっとりと読めました。しばらく続くのかな、続き楽しみです。絵は相変わらずの美しさ。

0

こっちの言い分そっちの言い分

日高ショーコ先生の長期連載(「花は咲くか」「憂鬱な朝」)は、1巻目そんなに惹かれないことが多かったんです。結局最後まで読んでずぶずぶになるんですけど。
今回も1巻目だけ読むと「あんまりかな〜」とか思っちゃいそうで、まとめて読もうと目論んでいたのですが、誘惑に勝てず。負けて良かった。1巻目からめちゃくちゃ好きでした。しかしここで"続く"なのか…

周囲の登場人物がいい!!!「花は咲くか」も、複数の登場人物がよく動くな〜と思いましたが、今回は店長、戸和田さんと推せるキャラが揃ってます!主役2人がグダグダずるずるしてるタイプなので、一層魅力的に見えてしまう。強い。
店長みたいなキャラって日高先生の作品によく出てくるから、先生の仕事感がなんとなく伝わる。

どちらか片方の視点ではなくて、くるくるするのも良い。こっちの言い分とそっちの言い分を読者は両方見て……その上で…いいからくっつけと思う笑

電子特典はカラーイラストです。

0

何度も胸がギューっとなりました

お互い友達以上と感じていながら高校を卒業して一緒に住んで6年。
2人の視点から読めるので余計に焦らされて悶えまくりでした。

ふとした瞬間のスキンシップや思わずしてしまう嫉妬…どう考えても好き同士なのにすぐにくっつかない。台詞・心理描写が秀逸で心揺さぶられます。

特に亮くんからキスして部屋で一人になった後の展開が…!!気づいているのに何も言えないし聞けないのがもどかしい~。布団で泣いてる表情が本当に切なくて。
後半で「戸和田さんみたいな人を好きになればよかった」と言ったのも胸が締め付けられました。
肝心な時にはいつも逃げてしまう周防くんだけど、最後は色々と自覚し始めて甘い展開になったところで終わったので続きが気になります。

1巻では分からない受け攻め問題。
亮くん童貞だし、周防くんのがそういう経験値は高いんだろうけど…この後どうすれば?!って動揺してるのが可愛い!!
この2人ならリバも良いなぁ。妄想しながら次巻を待ちたいと思います。あぁ、早く続き読みたい!

3

幼馴染みで同級生で同居人で、その先は…

数々の名作を世に送り出している日高ショーコ先生の最新作。
日高先生の作品は、丁寧で綺麗な絵柄と繊細な心理描写で、すぐにストーリーに惹き込まれます。

広告代理店のライター 柿谷 亮と美容室のスタイリスト 周防 弘樹のお話。

幼馴染みで、同級生で、高校卒業と同時に上京して同居している2人。
気が付けば、お互い24歳。
同居はすでに6年間。
高校生の頃から、もう周防が「特別」な存在と気が付いている柿谷
高校生の頃から、もう柿谷の「気持ち」には気が付いていた周防
ずいぶん前に――子供の頃の関係は終っているような気がする

同居はすでに6年ですが、幼馴染みなので一緒にいた期間はもっと長い2人。
24歳は子供ではないけれど、社会人として責任が取れるほど大人でもない。
ちょっとしたことで揺れ動く年齢に、ある日「何か」を起こしたら?
2人の温度差で保っていたバランスを、突然十和田さんに崩されたカタチになります。
うぉぉぉ!!ここで「つづく」のかい?!
と、読まれた方は全員が悶絶されたと思います…。
それぐらい絶妙な場面で終わっています。

2人が同居しているマンションは、三軒茶屋なのですが、すごくリアリティがありつつも、三茶に分譲マンションなんてセレブだな!と思ってしまいました(笑)
三茶は飲食店が本当に多いので「ねこ店長」のお店も本当にあるかも??
日高先生の描く微妙な表情や仕草、等身大の24歳のライフスタイル、そしてお互いの仕事を絡めて進んでいくストーリーで、ノンフィクションなのではないかと錯覚してしまいます。

ずっと動かなかった、動けなかった2人。
もう「何もなかった」ことには出来ないところまで来ています。
でも、この後どうしたらいいのかわからない…。
自分の気持ちをはっきりと自覚している柿谷に比べて、自分の気持ちから逃げていた周防に「覚悟」は出来ているのでしょうか?
せつないとも苦しいともまた違うこの気持ち。
日高先生は心理描写も本当にお上手だと思います。
ロマンスするには、もう長すぎた2人に、この後どんな未来が待っているのでしょうか?

次巻はいつ頃に発売されるのかな。
待つのが辛すぎて、三茶に(こっそり)2人を探しに行きたいです(泣)

5

2人の関係が好き

突っ走るには若くなく諦観するまでは歳を取っていない、微妙な年齢の2人がどんな結末を出すのかがとても楽しみです。

一読者の気持ちとしては「後悔だけはして欲しくない」って言う戸和田に1番近いです。
 
現状維持を選び続けて来た2人の想いと閉塞感に、戸和田の柿谷への干渉と店長から周防への新しい事業への誘いによって新しい風が吹き込んで来ました。

まだキスしかしてない2人ですし、どちらが攻め受けかも分からない作品です。ですが6年一緒にいられた理由と思わず触りたいという衝動に向き合えば、自ずと答えは出ていると思うのです。

簡単にセックスする作品も決して嫌いでは無いですが、モダモダした関係にとても萌えます。

後書きを読むと不定期掲載で単行本化するまで時間がかかっていたようですが、どうかどうか定期連載にして頂いて2巻は一年後には読みたいと思いました。泣

2

じれったいのが好き

流麗な絵で紡がれる、友達の殻を破ることの大変さを描いたお話。

結局のところ、私は、こんな風に、二人の間に確かにある感情が、恋愛であることを認めて、受け入れることに、悩んだり、逃げようとしたりと、ジタバタするお話が一番好き。
24歳というのは、一つの長い片思いに決着をつけるには、ちょうどいい年齢なのかもしれない。
学生時代にはなんとなく先送りにできていた曖昧な二人の関係も、二人それぞれの周りの環境が変わってくることで、そのままにしてはおけなくなってくる。

このお話、1巻では完結しなかったけど、どうあがいても周防に逃げ道はないので、安心して続きを待とう。

4

どうか。ロマンティックを止めないで。

「憂鬱な朝」ロスからこちらはずっと。日高ショーコ作品ロス‼︎ なのだ。
待ちに待っていた、と言っても良いかもしれない。
だから。正直に言うと、少なからずガッカリはしたんだよ。
まず、日高ショーコ作品ならではの美麗さは無い。無いんだよ!
柿谷は戸和田さんによると「顔は可愛い。」らしい。え?そうなの?
ところがそれは、もし「花は咲くか」の様な群像劇の中にあったなら。
簡単に埋もれてしまうものだと思う。それはちょっと女の子にモテて来たであろうオシャレな周防だって同じである。人目を引く様な美しさはそこには無い。
くーっ!これは無念である。
まずその美麗さを愛でたいファンの一人にとって歯痒いばかりに無念なんである。
そして、この主人公2人の24歳という若さ。もう6年と彼等は言うが、学生時代を入れても。
若い時の6年なんて、大人にしてみたらたったの6年なので。驚く事ですら無い。周囲の大人が驚いているのがむしろ驚愕である。
確かに出逢って、3ヶ月以内に何も無ければ、恋愛にはならないという不問律はあるだろう。
これは、恋愛か、友情かを問いかける話ですら無い。昨今の草食男子やら低体温男子やらの増長を思えば、普通なんだろうとさえ思う。若さゆえの何たらすら経験しないで彼等はジリジリと、否、モダモダと6年を費やしたというのだ。それこそが「アンチ ロマンス」なのだと。何が言いたいのかと言うと。
ロマンスするには長過ぎたというなら、彼等は後戻り出来ない、もしくはしにくい程に老成していて欲しいのだ。24歳なんて。学生の延長じゃないか。ふぅ。
なので、私は彼等を見守る大人たちの「アンチ ロマンス」にどうしても惹かれてしまう。
戸和田さんは、自身のセクシャリティに揺らぎを感じているかの様で。
だからモダモダしている柿谷と周防を放っては置けない。自分は結婚を前提にお付き合いしている女性がいるのだと言いながら。まるで「普通の」生き方を選択して、ロマンスを介在させない様にしているかの様で。バーのマスター、准一さんの掠め取るようなキスに、応じてしまう。
彼は。自分の「ロマンス」を諦念しながら、若い2人の「ロマンス」を信じてみたいと思っているかの様だ。
それこそが「アンチ ロマンス」。若い2人の恋が前に進む頃、戸和田さんの恋も息を吹き返すのだろうか。どうか。大人の方の彼等の、ロマンスを。
ロマンティックを止めないで。

5

いい表情のオンパレード

プロの(しかもめちゃくちゃ有名な)漫画家さんに言うのも失礼かもしれませんが
とにかく登場人物の表情が素晴らしい!!
セリフやモノローグが無いとしても感情がのっていて
凄くキレイな絵柄だけど生きてる人間って感じがとてもします。
お人形さんしてないというか…うまく言えないんですが。
だから、柿谷と周防がお互いに気付かないフリをしてきても
分かってる部分はあるんだと思います。
若いときの6年って、長いですよね。
それでも離れられず変化が怖いのも変化を望むこともごく自然な感情の中、
二人を揺さぶってくる戸和田さんが好きだなー!
明らかに当て馬ポジだけど、ただ面白がってるだけじゃなくて
ワケアリそうな大人のお節介と優しさが混ざっていて。
准一さんも穏やかそうだけど悲しいこととか沢山あったんだろうな。
こちらの二人も主役に負けないくらい興味があります。
どんな道を選んでも後悔しないなんて言いきれない、
でも自分にも相手にも正直でいたい。
恋って矛盾ばかりで苦しいし切ないけど
“彼”じゃなければ意味がないと思えることが
全ての答えかもしれませんね。

3

早く続き欲しい!

どうしよう…
こちらの最後の柿谷の『俺たち、ここからどうしよう…』を受けての私の気持ち。
なんだこれ?なんだこれ~!

凄く、良い…
こういう作品読みたかったです!

日高ショーコ先生の描く迷ってる男の子達が、好きです。互いを特別だと思いつつ、友人って言葉では、親友って言葉では表せないくらい特別な存在と気がついている周防と柿谷。高校卒業してから6年も同居している2人。

読んでいても、2人の暮らす住まいの様子、暮らしが見える。別にオシャレじゃないし、お金持ちじゃないし。だけど、なんか居心地良さそうな感じです。
冒頭で、料理する周防の背後から覗き込んで柿谷が肩に顎のせする場面が有るんですけどね、こういう触れあいが自然で不自然なんですよね!親密さがちょっと違うでしょ~!
あ、見ちゃったな…と読んでいて照れるんです。

さあ、ざわざわと気持ちの波が立ってきて7年目の2人はどうなるんだろう。波を人工的に起こしちゃった柿谷の先輩の戸和田さん。
この人も、気になる~!含みが有って何だか余裕。ゲイじゃないけど過去には経験有りそうで。
日高ショーコ先生の作品に出てくる戸和田さんみたいなシレッと話を掻き回すタイプの人。日高ショーコ先生の作品では、こういう人も魅力的です。
早く続き読みたい!
あんな終り方で、どうしよう…って言われたら。気になって仕方有りません。
長いスパンの作品ですけど2巻を早く読みたいのです。

周防と柿谷の着こなしも、ゆるっと雰囲気あって好みです。どっちが右か左かわかりません。解釈違いかも知れないなぁ。
ともあれ、どちらも個人的には大丈夫です!

雰囲気のある世界観に是非とも入っていただきたい作品だと思いました。

3

ロマンス、ではなく

相変わらず絵が美しいです。
幼なじみで同じ学校・同じクラス・友人・親友、そして今は同居人。
甘えて甘えられて、ふと気が付けば同居人になってから6年も経っていた…
友達以上恋人未満の不思議な関係性の2人のお話です。
流石日高先生と言いますか、職場や日常生活を交えながら両視点で描く事によって、各登場人物の心理描写がとてもリアル。
大きな出来事は起きず、ゆっくりと静かに進むストーリーに夢中になる。

一緒に居る時間が長ければ長いほど、何となく相手に甘えてしまって、細かな事を口に出さなくなってしまう。
けれど、実は「あいつはああいうところはこうなんだよな」と相手は少し気にしていたりもする。
しかしあえてそれを言わない。
この辺りがすごく現実味があるなと。描き方が凄い。
幼なじみで仲は良いけれど、ベッタリとくっ付いているわけでもなく、どこか空気のような感じで淡々とした温度の低いやり取りが続く2人。
お互いにお互いが居ることを当たり前だと思ってしまっている。
でもそれは決して当たり前ではなくて。
いつからか特別に感じていた気持ちに気が付かないふりをして、今までと同じ関係のままでずっといられると思っていた。
両片想いでありながら、柿谷と周防の間で温度差があった事で読者はじれじれとするのですが、ラスト付近でようやく本音をぶつけ合う。
そんな2人の複雑な関係性が大きく動きかけたところで終わります。
もう、終わり方が絶妙で、続きが気になって本当に仕方がない。

どちらが攻めで受けなのかまだ分からない状態ですが、なんだかこの2人はどちらがどうでも良い気がします。
数年を掛けてやっと動き始めた2人の、まだ名前が付けられないこの関係を今後も追いたい。
2巻を楽しみに待ちたいと思います。

5

佳き日常萌え

幼馴染で同級生で親友の周防と柿谷は、
お互いをただの友人ではない存在として意識しながら、
(そしてその感情を認めたくないまま)
6年間ルームシェアしている…
このどうにもならないまま、どうもしたくないままの6年が
いよいよ、どうにかなろうとしている状況が、美麗な絵と丁寧な心情描写で描かれていてとぉ~~っても好みの作品でした。

同居6年のあふれる想いを抱えながら、危うい均衡を保つ二人の
日常は萌えにあふれていました。まさに壁もしくは隣人になりたい、、

そんな状況に闖入してくるのが、柿谷の会社の先輩(とわださん)なのですが、いいですね~遊び慣れてる感じの悪い大人風サラリーマン。
主人公の理解者としてそそのかし(?)、そして彼らの対比となるキャラクターとして凄く効いてます。いい!

柿谷の周防への気持ちの熱量のほうが高めだった印象なのですが、
とわださんの出現から焚きつけられた独占欲で
周防の熱量がぐっと上がっていく感じにワクワクしました。

普段は淡々としている柿谷が、酔った時と
布団の中で出す表情にキュン死でした。
派手じゃないけど地味にくるラブシーン、
周防が柿谷のほっぺを甘噛みするところで萌え転げました。

日高先生の表現、登場人物の腹の内がわかるような表情が素晴らしいです。

1巻はほぼずっと二人が自問自答しまくり悶々としながら、
ちょっとずつささやかなイベント(ちゅーとかハグ)を通過し、
最後に(次早くーーー!)というところでお預けをくらう感じです。

個人的には”お預け”嫌いじゃないんで大丈夫ですが、
苦手な人は完結してからの購入のがいいんですかねぇ…。

最後に、とわださんとゲイバーのマスターの関係性に( *´艸`)な私にはメイトさんのおまけリーフレットはとても有難かったです。

8

変わるか変わらないかの瀬戸際

幼馴染みで、進学する高校も相手に合わせて決めて、大学入ってからは同居して、社会人になってもずるずると・・の主人公二人。
自分達の感情には気がついている。でもどうしたらいいのか分からない。このままじゃ苦しい。

そんな二人の関係性が変わるか変わらないかの瀬戸際が描かれています。
どっちかが肉食系とかだったら、サクサクと進むでしょうに、そうでない男子だからもどかしい。そこが面白い。
すごくドキドキします。

そして1巻が終わっても、どちらが攻めか受けか分からないという・・・この辺も、先の楽しみですね!

6

アンチロマンスなリアリズム

すごくありそうな雰囲気というか、実話みたいにすーっと入り込める感じ。

登場人物も突拍子もない絵空事の様な背景があったりでもなく、理解しやすい。
そらそうだよね。と、登場人物の感情に違和感なく読める。

リアルじゃないのは、作者様の描かれる様なイケメンはゴロゴロいないよね。
そこにリアルを求めてはいません。よくわかってらっしゃる。
イケメンを楽しめたらいいのよ。

まだまだ2人の関係の転換地点の始まりなので先が長そう?
楽しみに待ってます。

7

低温な。

作者様の非BL作品は読んでないので何となく久々、という印象。
子爵様と家令の恋と違って、本作は現代の24才の等身大。
ルームシェアをして6年、友達、以上?
…という設定。
しかし、甘さも熱もほとんど感じません。
視点は主にライターの柿谷で、冒頭彼は相手・周防に言う気はない。こじらせてはいるけどね。
だから結構無表情。
次の章で周防視点になり、周防もモヤってることが示されるけれど柿谷とは温度差がある。
自分の心を見ないようにしてるし、柿谷の事も深く掘り下げない。それでいて柿谷が何を考えているのかは気になるし、柿谷の上司には敵意でキリキリ…
いわゆる「両片想い」としてはかなり沈んだトーンというか低温だと思う。
物語は引き続き交互視点で続くわけだけど、例の柿谷の上司・戸和田が引っ掻き回してきて2人の均衡が崩れ始める…
私、この「戸和田」やだわぁ…
御自分では柿谷のためにやってると思ってらっしゃる。
柿谷も、戸和田のおかげで気持ちがラクになったとおっしゃる。
私、柿谷とも気が合わないかもね。
でもストーリー展開としては面白くなってきますよ。6年動かなかった関係性が、今!というラストで、期待は膨らみます。
ていうかさ。
リバって欲しいんだよね!今んとこどっちか決まってないっしょ?どっちでもいいっしょ?どっち「も」でいいっしょ?
次巻まで時間かかりそうだけど…

5

作家様に全幅の信頼を寄せて

評価など一切読まずポチりました。

間違いなかった。
サスガです。
美しい作画と丁寧な心理描写。
大きな事件が起こるわけでも驚くような急展開があるわけでもなく…寧ろゆっくり過ぎるくらいな日常BLです。
しかし、スローに丁寧に柿谷と周防の「親友」からの変化が描かれています。BLってファンタジーだよねー、なんて感想は抱かないリアルな空気。
柿谷と周防が何処かに現実に存在していても違和感ないな、と思わせるくらいなリアリティを感じる心理描写です。

個人的には普段感情の起伏が薄そうな柿谷が周防を想って、そしてその想いを明確に伝えられない事に「苦しい」と涙する場面、キュン通り越してギュン…

もどかしい…
おそらく多くの人が既視感ある、あのもどかしさです。だからこそキュっと心臓掴まれるような堪らないジレジレ感を体感出来るのでしょう。

とてつもなくイイところでto be continued です。
勝手に柿谷が受けかと想像してましたが最後の雰囲気では周防が受けかも?!
黒髪眼鏡受け属性なので柿谷受けは個人的願望もかなり含んでますが…
どちらが下か、問題も含め続きが気になって仕方ない!
2巻はよ!

12

現実にありそうな話

6年間も同居している、微妙な距離感の幼馴染みのお話。
ライターの柿谷と美容師の周防、見た目も性格も全然違うふたりは、一見仲良しのように見えるんだけど、いわゆるニコイチというような、ベタベタした関係ではない。
進路のことや家のことなど、大事なことを自分から話さなかったり、言わなくてもわかってくれるだろう、と思ってしまったり。確かにずっと長いこと付き合ってる親友同士なら、そんな風に思うのもわかる。この一見そっけないようでいて、だからこそずっと続いていく関係性というのが、なんかリアル。
本当にこういう子達がどっかにいそうだなーという感じがして、読んでいてドキドキしてくる。

想いを自覚してる柿谷と、無自覚な周防。そこはズレはあるものの、互いに相手との今の関係を壊したくないから、気持ちに気づかないふりをしている、という点は同じ。
そこに発破をかけてくれたのが、柿谷の上司、戸和田の存在。
戸和田に焚き付けられて衝動的にキスを仕掛けてしまった柿谷は、もう一緒にいるのがつらくなって、逃げるように引っ越しを決めてしまうのだが、戸和田の名前が頻繁に柿谷の口に上るのが面白くない周防は、そこでようやく自分の気持ちに気づく。

戸和田が本当にナイス当て馬なんだけど、彼女がいたことはあっても、男同士の経験がないふたりは、勢いでキスしてしまった後に我に返ってしまう。この先どうしたらいいのか、どうなっていくのか、というところで以下続刊。

日高先生のお話って、私は受け攻めが予想とちがって、えっそっちですか!?ってなることが結構あるんだけど、今回も予想がつかなくてその意味でもドキドキです。
ずっと黒髪眼鏡の柿谷が受けかと思って読んでいたら、最後の最後……ん?そっち?という感じで、解らなくなっちゃった。
でもこの二人なら、どっちがどっちでもおいしく頂ける気がしています! 続きがめちゃめちゃ楽しみ!

9

『アンチロマンス』のタイトルが秀逸!!

評価は神寄りです。

「幼馴染み」「友人」「同居人」etc
2人の間柄を説明する言葉がいくつもある。
ーーだからこそ
スムーズに進展しない難しさが鳩尾に来る作品でした。

きっと男女ならもう少し素直になれたんだろうけど
男同士だからという垣根も素直になれないひとつ。
今までの関係を維持するか否かのギリギリラインで
微妙な距離感のBLが非常に良かったです…!

普段は2人の間に薄い壁が見えるんだけど
ふとした一瞬だけ距離を縮める、そしてパッと離れる、みたいなね。
近いのか遠いのかわからない距離感が堪らん~~~~!!!
ってなりました(∩´///`∩)

ううう…2巻…2巻はまだですか…。
そこで終わっちゃうの!?の焦らしプレイ瀕死(萌)
いいよいいよ、焦らしは嫌いじゃないよ。
でもね2巻は早くお頼み申す…(;ω;)

ちなみに1巻は攻め受けハッキリしてません。
どっちだろ?リバでもよさげだなぁ…。


さて。あらすじにもあるように、
つかず離れず6年ルームシェアしている幼馴染みの話です。

作風なのかな?キャラの性格なのかな?
仲は良いのはわかるけどサラッとした雰囲気です。
学生時代の回想も淡々としている印象があったかな…。
想像していた幼馴染みとは少し違いました。

でもベタベタに仲良しじゃなくても
"相手のことを俺が一番わかってる感"が出てくるのが良き。

つかず離れずの微妙な距離感な割に
相手が寝てる時などにソッと触れてるのとかめちゃくちゃニヤニヤしました///
普段が淡々としているせいかギャップで悶えるのですよ(∩´///`∩)

で。柿谷(黒髪眼鏡)も周防(茶髪の方)も
なんとなくある違和感に気付きつつも気付かないふりをしている。

拗らせているのはどちらも同じなんですが、
○柿谷は状況をどうにかしたい気持ちが見える
○周防はこのままずっと変わらず居たいと思う
モダモダした感情は共通でもズレがあるんですね。
それをずーっとずーっと6年も抱えてるのですよ!

友人・幼馴染みといっても
正直ケンカすらできない関係にも見えました。
そんな2人だから後半に周防がキレた瞬間は
ウヒャーーーーッッ(∩´///`∩)

個人的にはケンカシーンが最高潮に萌えたんですよね。
6年間崩せなかった壁が壊れた瞬間でウルッときました。

また、当て馬というのか、
柿谷が動くキッカケを作る戸和田という人物がいます。
"気付かないふり"をしている周防が
戸和田に嫉妬心を隠さず敵意を向けるのも萌えて萌えて///
戸和田GJ。ありがとう。

(ちなみに戸和田とバーのママの馴れ初め?はアニメイト特典で描かれていました)
(この2人の微妙な関係も気になる…(。_。))

まとまりない文章ですがとりあえず最後に一言。
『アンチロマンス』のタイトルが秀逸!!

追記:
紙本は雑誌連動企画で描き下ろし4Pペーパー全プレあり。
応募〆切は2020.6.30(当日消印有効)です。

7

気付けば恋の沼、振り返ればいつもそこに……

とても静かに始まり、淡々と進むストーリーです。
気付いたら抜け出せない沼に嵌っていたーーという感じ。
恋って本来は、一目惚れなんかより〝気付いたら〟みたいな事の方が多いと思うんです。
そういう意味では、現実的なお話なのかも。 
まさに、『アンチロマンス』


幼なじみで同級生で、現在は同居人ーーそこから気付けば6年。
ライターの柿谷と美容師の周防の関係は、
友だちというには近すぎてーー…


6年も男同士で同居って!
これで何もないというのが柿谷と周防すごいところです。
お互いに意識だけして何もしないし、何も言わない。
多分、この関係を壊すのが怖いという気持ちが根底にあるんじゃないかと思います。
そこには〝離れたくない〟という思いも……

そんな中、柿谷の気持ちをかき回すのが先輩・戸和田。
柿谷の周防への恋心に気付き、意味深な言葉だったり思わせぶりな行動をとります。
戸和田は柿谷が好きなのかな?とも思いましたが、
食えない男である戸和田の気持ちは分かりにくい^^;
でも、結果的に柿谷の背中を押すのは戸和田です。

初めて周防にキスして柿谷は避けられるようになるのですが、
実は周防の方が柿谷を意識しているんだと思います。
だけど、ニブイ(笑)
わざと掠めて触れたり、寝てる間に顔に触るなんてこと、
好きじゃなきゃしないよ!
戸和田に嫉妬している事にも自分では気付いてないよね^^

お互いに相手が聞くまで話をしないし、相手のアクション待ち。
似た者同士の2人だから上手く進んでいかないのかな……なんて思います。
本当にゆっくり静かに流れるストーリーで、
結局何なの?と思うのですが、終盤一気に動き出します。
お互いに気持ちをぶつけてやっと向き合い始めた2人は、
甘えて甘えられて6年が経ち、執着だけが強くなってしまったように見えます。
これからどうしようーー?というところで1巻が終わるので、
2人の恋の行方は次巻に持ち越しです。(多分完結らしい)
そして、攻めはどっちだ?(個人的にはDT柿谷希望!)

両片想いなのに全然進んでいかないジレジレ展開なのですが、
最後まで飽きさせない登場人物たちの心理描写が素晴らしい!
柿谷と周防以外の脇役、戸和田や美容室の店長も魅力的です。
1話掲載から5年ーー次巻は何年後になるんだろう^^;
2人の恋と同じように、ゆっくり待ちたいと思います。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う