春を抱いていた afterward

haru wo daiteita afterward

春を抱いていた afterward
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

111

レビュー数
6
得点
82
評価数
17
平均
4.8 / 5
神率
82.4%
著者
新田祐克 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
春を抱いていた
発売日
ISBN
9784799752524

あらすじ

あの日から、100年先の未来――。
エリートである航空自衛軍二尉の地位を捨て、JASAの宇宙開拓士に志願した香藤 一颯は密閉空間での7日間の選抜試験を受ける事になる。
そこで出会ったAIロボットのカグヤと共に課題をこなすうちに、彼の中にある「寂し さ」という感情に触れ、徐々に放っておけなくなり(『?夏の蝉』より)
香藤が旅立った後、岩城の辿る鮮烈な生き様を、甥で自社所属俳優でもある洋介の視 点から熱く描いた『スペアキーの条件』も収録!

表題作春を抱いていた afterward

森口洋介,香藤洋二の甥っ子,俳優
岩城京介,.事務所社長,.俳優

同時収録作品夏の蝉

香藤一颯(いぶき)、31歳,元空尉
山科夏空野,25歳,ロボット研究者

その他の収録作品

  • サクラビト

レビュー投稿数6

君といつまでも

衝撃的なラストで終わった「春を抱いていた」シリーズの後日譚。100年後?SFか!蛇足だわ!とあまり期待せず、でも一応シリーズは見届けなければ、くらいのかなり失礼な気持ちで読んだのですが…面白かった!

ちゃんと悲劇的な本編の救いになっていました。「夏の蝉」から続く過去、現在、未来。君と好きな人が100年続きますように…っていう流行歌の歌詞を地でいってるような2人です。むしろ永遠に続いてくれ。あの2つの生命体。SFチックな仕上がりになってますが、ちゃんとあの2人になってて良かったです。最後にがっつりベッドシーンがあるのも。

最近の私は、高村薫氏の一般作、レディ・ジョーカーシリーズの合田雄一郎にどハマりして、日々彼と相手の検事(今は判事)のことばかり考え、商業BL世界に戻れるかしら?なんて思ってましたが…あっさり簡単に戻ってこれた(笑)やはり良い作品は漫画も小説もBLも一般も関係ないですね。素晴らしいクリエイター達には感謝しかない。ブラボー!これを機に積読になってる沢山の商業BL小説も読み漁りたいです。

まあ自分の場合、一般作品もBL作品もまるっきり腐女子目線で読んでることは変わりないですけどね。

0

泣きっぱなし

「春を抱いていた ALIVE」最初巻の衝撃が冷めやらぬうちに、こちらの作品が「BE・BOY GOLD」に掲載されました。

雑誌掲載時にも号泣しましたが、内容を知ってるのにコミックスを読んで再び泣いていました。架空の人物達なのに、こんなに切なくて仕方がないのは初めてなんです。

香藤の甥である洋介視点のお話で、損失感を抱えながら生きている岩城さんを見て号泣してしまいました。

そして彼等の生まれ変わりであろう子孫同士の出会いと恋に泣き、岩城さんが遺した多くの事を知りまた泣いてしまうのです。

この「春を抱いていた afterward」は香藤と岩城さんの救済であるだけでなく、読者に対する救済なんですよね。

「春を抱いていた ALIVE」最終巻でも桜が印象的な役割を果たしていましたが、「春を抱いていた afterward」へ繋ぐ作品が描き下ろしの「サクラビト」でした。

香藤を亡くしてからの気持ちのありようの変化を語っている岩城さんと、回想の中の香藤の笑顔にまた泣いてしまいました。

このお話の中で岩城さんがやりたい事があると、2人の家の桜が咲く庭先で皆に話しています。
それが岩城さんの遺したものであり、一颯と夏空野を出会わせて、更に2人を幸せにしていると思うとまた涙が出るのです。

もう鼻が詰まって呼吸困難です。www

そして最後のカグヤとイブキのシーンも堪りませんでした。この一冊で何回泣かされたのやら。www

それくらいこのシリーズには思い入れがあります。

2

文句なく神作。

『ALIVE』で超衝撃を受けて泣き続け。
創作だけれど、本当に身内がいなくなった以上に泣いて泣いて。
思い出したりするだけで泣いていたけど。

今回『aftereard』をどんな感情で読めばいいのか、すごく迷ったけれど…表紙の二人の笑顔に後押しされて拝読。
結果…読んでよかった!!!!!(拍手喝采)ってなりました。

洋介の話。
桜の話。
そして100年後の未来へ。

こんな風に紡がれる未来があるんだ…というより、話の構成が素晴らしい。
最高の始まりと最高の終わり。
体験してほしいです…相変わらず泣かされてますけど笑

2

愛の力、という言葉が最も似合う物語

 前半は香藤と洋介の回想、香藤を失ってからの岩城の生活、洋介の想いがメイン。最終巻の終盤は怒涛の展開で、何度も自分なりに噛み砕いてなんとかハッピーエンドだと思えた、というのが正直なところだったので、香藤と死別した後もけっして岩城は辛かったばかりではなく、ちゃんと周りの温かさを受け取れていたんだなというのをこちらで知ることができ、ようやく心から結末を受け入れられた気がします。洋介の存在も、本当に岩城を救い上げたんだなぁと。香藤と自分の違いを理解して、最後まで岩城を苦しめないよう行動した洋介は誰よりも大人の男でした。大切にできる人が見つかるよう、岩城と共に祈っています。

 そして後半は、香藤と岩城それぞれの後裔の話へ。なんだ、香藤も岩城も登場しないのかとがっかりすることはないと思います。前世を描いた『冬の蝉』と同様、2人の魂をしっかり感じられる話になっていました。そうか、これは香藤を亡くしてからの岩城が血を吐く想いで歩んだ道が繋げてくれた未来なんですね。生前に香藤から与えられた溢れるほどの愛によって、岩城は恋人のために生きる強さを失わなかった。そして並大抵ではない努力で、洋介や翔のため、また、自分達と同じような境遇の人のため、未来のために、たくさんの人が幸せになれる道を築き上げた。香藤の愛が岩城を変え、その岩城が日本中を幸せにした。これほどのハッピーエンドがあるでしょうか。2人の魂はこうして過去から未来へと受け継がれていく。BLでまたと読めないであろう壮大な愛の物語を見せてくれました。新田先生、本当にありがとう。

2

救済の一冊

話がそれはそれは壮大すぎて、先生の想像力に屈服しました。
『春を抱いていた』終了後の救済の一冊。
最終巻を読んで、え⁈なんでなんでこのラスト?やだ〜涙涙!だったそんな私を救ってくれました。

今を生きる全春抱きファンがこの世から死んだ後も、2人の遺伝子は未来永劫、遠い宇宙で永遠に何世代も生き続ける、という壮大な妄想をこの一冊は与えてくれて気が狂いそうです。
エモすぎて腐女子冥利につきます。
ありがとうございました。

3

その後、その先に広がる愛の世界

タイトル通り、
春抱き、その後。

「スペアキーの条件」
既刊の「愛してるでは重すぎて」の少し後の時間軸と思われます。
そして、主人公は香藤の甥っ子・森口洋介。
洋介は岩城さんと同居していて、世間では七光りをはじめほんとはデキてるなどあれこれと噂されていて。
そんな時、洋介はバスケドラマの主演に決まり、共演にバスケユースメンバー出身の天樹がオファーされる…(あ、天樹は紫衣翔くんのお相手です)
…と、微妙に「愛してるでは〜」とリンクしつつ、洋介の岩城さんへの叶わぬ思いが描かれています。
洋介は…岩城さんを崇めすぎちゃってて自分の恋なんてできるのかな?

「サクラビト」
事務所の若手俳優を招いての、岩城宅での桜お花見パーティー。
泣き暮らしていた岩城さんが、心の中の香藤を笑顔にしたいから、と立ち直っていく春。

「夏の蝉」
なんと未来です。「春抱き」の4〜5世代後?
航空自衛隊の元空尉・香藤一颯(いぶき)が「宇宙開拓士」の志願面接を受ける…
宇宙開拓、それは将来的に人間の「種」を宇宙のどこかにあるはずの地球型惑星に運ぶ事。つまり本当の主役は生身の人間の寿命を遥かに超えるAIロボット…
そのロボットが、一人の博士を人体モデルにして創られた「カグヤ」であり…
…と展開していきます。
名前からもわかる通り、一颯は香藤一族の子孫。顔もそっくり。
一方、カグヤのモデルとなった「山科夏空野(かぐや)」博士は岩城さんそーーっくりです。
なぜそっくりなのかは読んでいただくとして。
香藤x岩城のストーリーは時空を越えるんだなぁ、と感慨深いです。ロボット同士、そして宇宙空間にまで広がる壮大な愛の世界。
同性婚はきっとそのうち、遠いいつかには「単精子受精」もありえる、でしょうね。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う