春を抱いていた(10) 新装版

haruwo daiteita

春を抱いていた(10) 新装版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
46
評価数
10
平均
4.6 / 5
神率
60%
著者
新田祐克 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
スーパービーボーイコミックス
シリーズ
春を抱いていた
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784862631954

表題作春を抱いていた(10) 新装版

俳優・香藤洋二
俳優・岩城京介

その他の収録作品

  • パペット・メイト
  • ハーミット・クラブ
  • ジャメ・ビュ
  • ハザード・ライト
  • あとがき

レビュー投稿数1

想ってくれる人がいればこそ、努力も報われる

 宮坂がここまで動くとは。香藤と岩城の深い絆で結ばれた関係性を目の当たりにし、岩城みたいな相手が欲しいという妄執に囚われてしまった宮坂。その辺に転がってればいいけれど、そんな都合の良い誰かが現れるはずもなく、やはり岩城が欲しいという気持ちに変わり。彼の面白いところは、本気で香藤から奪えるとも、岩城の気持ちを自分に向けさせられるとも考えてはいないんですよね。2人の絆が絶対に切れないことは理解した上で、自分の妄執を断ち切るために行動を起こしている。捨て身な分、余計タチが悪いのかも。なんとか彼の正気が保たれた上で、最後には2人とも和解して欲しいと思うけれど、さすがに難しいでしょうか。今後の展開にドキドキです。

 一方、映画撮影は大詰め。体調の回復しない吉澄の代役として浅野が来てくれますが、彼との確執はさておき、仕事は仕事として切り替え普通に接する香藤はさすがの安定感です。逆に、かつて浅野を可愛がっていた岩城は、吉澄が降板せざるを得なかったのが悔しく、彼の演技を参考にせず己の役の解釈で演じる浅野に冷たく接してしまう。それを見た香藤は痛ましい顔をするけれど、岩城ならいずれ自分で気付けると信じるんですよね。まさに2人が培ってきた絆の成せる業。実際、岩城は自分で気付き、柔軟な視点に切り替えます。でも、必ずしも岩城の吉澄への感傷が悪いことではないのだと、誰かのことをそこまで想う気持ちは押し殺す必要はないのだと、包み込んでくれる香藤に痺れました。そして、この業界で純粋さや誠実さを失わない岩城が美しいなと、改めて感じました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う