春を抱いていた ALIVE(4)

haru wo daiteita

春を抱いていた ALIVE(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
109
評価数
25
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
新田祐克 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
スーパービーボーイコミックス
シリーズ
春を抱いていた ALIVE
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784799733523

あらすじ

岩城と翔共演のドラマ「キャッチボール」クランクイン目前。
本読みの日、初めての「泣き」の演技に苦しむ翔。
アドバイスを求められた岩城は、
自分が〝香藤に恋をしてから″脱皮したように演技が変わったことを自覚する。
そして、それまで平気だった「一人」が苦手になったことも…。
年齢を経てもなお、鮮やかに互いを刺激しあう永遠のおしどり夫婦。
スーパーロングヒットシリーズ大幅加筆修正をしてコミックス化!

表題作春を抱いていた ALIVE(4)

香藤洋二 俳優
岩城京介 俳優

その他の収録作品

  • サイレント・エリア
  • センシティブ・エイジ
  • アーバン・サファリ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

春抱き10巻の「あれ」が現実に!

岩城さんは1970年1月27日生まれ、香藤くんは1975年6月9日生まれ。彼らの物語とリアルな時間がリンクして進行していくストーリー。同年代の私にはもはやバイブル的な一冊です。

翔(隠し子)との映画共演、事務所の所属子役の洋介(香藤の甥っ子)との関係、翔の実の父親との対決など、岩城にとって盛りだくさんな内容です。感受性の豊かな岩城が、岩城と香藤のように正反対な性格の翔と洋介それぞれと係わりながら、憎まれる父親役とリアルな父親としての板挟みだったり、もう一人の息子のように思う洋介を見守る保護者として、そして社長としての苦悩など、いくつもの問題を乗り越えてゆく中で、揺るぎない二人の絆が描かれています。最初、隠し子のことが出てきたときに、その先の展開が恐ろしかったのですが、今の二人を見てこれなら世間に発覚しても大丈夫だよね、と不安が安らぎました。

それにしても翔の育ての父親は器のデカイいい男でした!あの憎き悪女 霧胡をあんな風に愛せるなんてすごいや。翔の育ての父に対する愛情にも泣けました。

春抱き3巻で新居に引越した日が結婚記念日(2000年)。ロスでおもわぬ結婚式を挙げることになったのがその2年後(春抱き6巻参照)。それからも変わらず「岩城さん」「香藤」と呼び合っていた二人ですが、共演した映画【冬の蝉】の長い撮影の期間に、絆の深さを確かめ合ったあるH(10巻)の中で、岩城は銀婚式に、香藤は金婚式にそれぞれを名前で呼ぶよと話していたので、同年代の私としては生きているうちに名前呼びを見ることが出来るのだろうか!?と思っていたのですが、この巻できましたー!!それぞれが名前を呼ぶ場面、香藤は翔(息子)のことで落ち着きを無くした岩城を諌めるために、岩城は余所見はゆるさないと香藤を戒めるために…。そして、最後には甘いHで呼び合ってくれましたヾ(≧∇≦)ノ"。

来た来たーと小躍りしたのですが、どうなんでしょう?もしも自分が若かったら、折角なんだから銀婚式、金婚式まで待ったほしかったと思ったかもしれません。だけどそれだと2050年まで待たなくてはならないですよね。やっぱり今見られてよかったなと思います。今後はどうなるんだろう?このまま名前呼び?それとも…気になりますー!!

5

父子愛を語る1冊でし

サイレントエリア
翔の育ての父が翔を実子でないと知りながらも愛情込めて育て、父と子としての絆があることに安心する岩城に父親としての愛情を感じました。
自分がどれだけ親に愛され心配をかけていたかなんて子供はちっとも気がつかないしむしろ煩いと思ってしまうけれど、いつか自分が親の立場になって同じように心配したり煩がられながらも良かれと思った行動に反発された時初めて親の気持ちがわかるもんなんだなと思いました。

センシティブエイジ
地方ロケで帰らない香藤に愛用のリップクリームを届ける岩城。
頼まれなくても愛用品やないと困ることを知って届けるなん愛ですね。

アーバンサファリ
人気上昇中の子役 香藤の甥である洋介まだまだ子供で親の愛情を妹と取り合ったり岩城の甘えたりしているけれどさすが香藤2世、役者魂も育ちつつあり将来が楽しみ。
一方翔の方も役者としての悩みや迷いで躓き中。
同様に新米お父さん岩城さんもプロダクション社長として役者の先輩として接し方に迷いながら先を見据えて進んで行く姿がかっこよかったです。
浅野くんは相変わらず意地悪ですね。ちっとも懲りないところが彼らしいけど。

春抱誕生から20年ですか
10年記念のあれこれがつい最近のように思うのですが岩城さんや香藤さんが歳をとったのと同じように自分も歳をとったと思うとひどく微妙な気持ちになります。
リアルな時間とは一致しないかもしれませんがこれからも彼らと一緒に歳を重ねてみんなの活躍を見ていきたいと思っています。

0

飽きない

二人の愛が全然冷めないどころか、ますます熱々なのが
見ていてなんだかすごくトキメキます( *´艸`)ドキドキ。
もう若いという年齢ではない二人だからこそというのが相まって更にですね。
これだけ長いシリーズがあってなおです。
下の名前を呼びあって照れるとかwwww
なんちゅぅv可愛いじゃないのよっ!!かわいいじゃないよっ!

お話しとしましては、
実は息子が!の展開から一段落したと思ったら
息子の父登場でまた一波乱という展開ですね。
なんだかんだ言いお父さんで安心いたしました。
種はたしかに岩城さんなんだけど、育てた父が本当の父だと思うわけで。
私的には、そんなことより息子がオッサンにこっそり足開いちゃった事実のほうが
重要なわけで。

なんだかんだで次回も楽しみです。

2

安定の

今さら何も言う事もない香藤x岩城のCP。
本当にこの2人の関係はストロングだ。
私個人の好みからすると、霧胡と翔の存在はもうホントにゲンナリで、確かに岩城さんは元はストレートで野心的なAV男優だったわけで、「こういうこと」もアリですよね、とは理解できるんだけど、翔が登場してDNA鑑定のあたりはもう気分は萎え萎え…だったんですよね。
この展開だと、まだ父子関係が世間的にバレるバレないの話は続くのかな。
香藤が強い強い強い愛情で、岩城さんの負担を半分背負ってくれるから私も読み進められます。
岩城さんはますます感情豊か、というか悪く言うとオーバーアクション気味で。何かっていうと心がぐらつくんですね、いい意味でも悪い意味でも。
翔の事では思い詰め、香藤に宥められて平静を取り戻し、Hでは感じすぎ(?)…
Hシーンも安定です。私的には全裸H最高。2人ともすんなりスベスベで、特に岩城さんは女性的ですね。またたまにはリバってください。

5

jackey

私も、隠し子問題から萎え萎えです。気持ちは、子供らどうでもよくなってます。香藤くんの愛情表現で救われてます(●^o^●)

安心安定

相変わらず安定感が半端無い、香藤×岩城CPでした。

翔の育ての父親登場で一波乱あったものの、お父さんは岩城さんの覚悟や想いを分かってくれました。
この手のイザコザはあまり引っ張られると飽きてしまうので、早期解決で安心です。
お父さん良い人で良かった…。
翔もちゃんとお父さんに向き合えて良かった…。

不安定なところがある翔より、子供らしい洋介が私は好きかな。
翔をライバル視してるような感じもある洋介が、今後どのように物語に絡んでいくのかが楽しみです。

恋愛面では、熟年夫婦のような絆がある2人ですので、あまり萌え〜とかはなかったです。
といいつつ、次巻も買っちゃうんだろうな…(^^;;

1

残念な感じ

子供らの問題はあれど、二人の間には波風たたず、ただひたすらラブラブなせいか、流れるように終わったこの巻。今までは必ず嫉妬怒り不安で、絡みへ繋がるシーンがあったし、ストーリーに、おお、そうなるんだ!というちょっとした驚きがあったが、今回はなし。
だから話の続きに興味が持てない。ラブラブは好きだが、それは根底のストーリーの面白さがあってこそ。作者本人は病気だと明確にしているが、それ聞いてしまうと病気で気弱になっていることが、二人に試練を強いない守りに入っているように思う。

10巻くらいの作画が一番好きなので、本当に今の作画は同一漫画家なのというくらい変わってしまったのも寂しい。10巻ころの凛々しい二人が好きだったし、すごく上手かった、体の線から細部から背景から、なにもかもが隙なく上手かった。線の生命力がすごかった!

そして、この巻で、さらに「岩城さん綺麗」を強調しているが、そのほうが読者は喜ぶんだろうけど、
もう岩城がキレイなことは知っているし、いい加減聞き飽きた。
私は、「岩城は女じゃねえ」と言いたい。もっと違う角度で岩城の魅力を掘り出してほしい。

もう次はいいかなーと思った。

4

jackey

さまんささん、コメント、賛同、ありがとうございます。
長期連載は、読者を飽きさせないためには、積み重ねたものに新しい試みが必要なんだと思います。

さまんさ

完全に同意します(^-^)/このままだと本当に先細りで新規ファンは見込めないし、一年以内に連載打ちきりかな?って思ってます。

ふばば

洋二じゃない、洋介です。名前間違いです。すみません。

ふばば

コメントありがとうございました。
洋二も、翔も、存在はもうしょうがないけど、あまり話に絡んでこないで…というのが正直な所です……

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ