interlude 美しい彼番外編集

interlude utsukushii kare bangaihenshu

interlude  美しい彼番外編集
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神181
  • 萌×230
  • 萌14
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

67

レビュー数
29
得点
1069
評価数
230
平均
4.7 / 5
神率
78.7%
著者
凪良ゆう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
葛西リカコ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010415

あらすじ

「悩ましい彼」の舞台裏が垣間見える
新作番外編書き下ろし!!
大人気「美しい彼」シリーズの番外編を
一冊にまとめた番外編集。

役作りのために同居を解消した平良と清居。
自分の発案なのに、一人暮らしの淋しさからか、
清居は怪奇現象が見え始める…。一方、
TVも追っかけも禁じられた平良に、
清居とニアミスする僥倖が訪れて!? 
離れていた空白期間、二人に何が起こって
いたのか──大ボリューム90P超の新作書き下ろし!!
 平良の愛称「きも殿下」誕生の経緯から、
清居の幼少期の回想録まで入った必読の番外編集!!

表題作interlude 美しい彼番外編集

平良一成,清居の恋人
清居奏,平良の世界のキング

その他の収録作品

  • 素晴らしき世界
  • 裏・月齢14
  • Cacao 99.9
  • キングの料理
  • CRAZY FOR YOU
  • 幻想の彼
  • KISS ME
  • 熱烈な告白のようなもの
  • 安息はどこにある
  • 日々是災難
  • 50/50
  • 彼と彼の良くある出来事
  • エターナル
  • あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について
  • 社長日記
  • あとがき

レビュー投稿数29

最高な1冊

凪良さん作品でBL作品てちょっとお久しぶりな気がして。しかもそれが『美しい彼』の番外編集?
  
ということで発売日を心待ちにしていました。「番外編集」、ということで平良と清居くんのその後、というよりも今までの作品の間に入る小話的なSSを集めた一冊です。特典のSSが多く収録されていますので、これらの特典を追いきれなかった方には嬉しい1冊。追いかけ続けた方にも描き下ろしのSSが収録されています。

既刊の特典だったりしたものなので既出のSSもありますので、一応収録内容を記載します。

①素晴らしき世界      (ドラマCD「美しい彼」ブックレット/2019年)
②裏・月齢14       (バースデイフェア小冊子/2019年)
③Cacao 99.9       (バースデイフェア小冊子/2016年)
④キングのお料理      (ドラマCD「美しい彼」店舗特典/2019年)
⑤CRAZY FOR YOU    (文庫「美しい彼」店舗限定ペーパー/2014年)
⑥幻想の彼         (BLアワード限定冊子/2017年)
⑦KISS ME         (書籍「キャラ文庫アンソロジーⅡ翡翠」/2018年)
⑧熱烈な告白のようなもの  (文庫「憎らしい彼」店舗限定ペーパー/2016年)
⑨安息はどこにある     (文庫「憎らしい彼」電子特典/2016年)
⑩日々是災難        (作家生活10周年記念全員サービスリーフレット/2018年)
⑪50/50          (バースデイフェア小冊子/2017年)
⑫彼と彼の良くある出来事  (バースデイフェア小冊子/2018年)
⑬エターナル          (全員サービス小冊子/2019年)
⑭あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について(書き下ろし)
⑮社長日記 (書き下ろし)


と、「あとがき」が収録されています。

二人の軌跡を追った、そんな感じ。高校生の時に始まり、すれ違い、そしてお互いに切磋琢磨していく、その過程が時系列で収録されています。

平良くんの気持ち悪さは健在だし、清居くんのツンデレぶりも極めてる。もうね、読んでいて爆笑です。この二人の掛け合いが非常にコミカルで、でもその中にある二人の深い愛情にめちゃめちゃ萌える。愛情のベクトルは紛れもなく等しいのに、二人の若干ずれた想いが良いスパイスになってるんだよなー。ちぐはぐなのに、そのちぐはぐささえ噛み合っちゃう。良い。うん。

収録されているSSのほとんどは既出ですが、2編描き下ろしがあります。
「あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について」
『悩ましい彼 美しい彼 3』で、お互いに自分の仕事のために離れ離れになって奮闘していた時のお話。

「社長日記」
「清居」という青年の表も裏も知った、事務所の社長視点のお話。

どちらも『悩ましい彼 美しい彼 3』のその後、というか裏話、といった立ち位置のお話でした。特に「あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について」のほうは分量が多くって読みごたえがありました。凪良さん、最近お忙しい中、こうして『美しい彼』のその後ともいえるSSを書いてくださったことに感謝したい。まだ続編を読みたいなと思っているので、ご自愛いただきつつ書いていただけると嬉しいな。

33

ありがとうございます!

電子派なので電子描き下ろしだった「安息はどこにある」と、電子でも発売されていたキャラアンソロの翡翠・「KISS ME」のみ既読でしたが、既読分が収録されていて損したとは1ミクロンも思いませんでした。
だって、あの「安息はどこにある」の面白さを、電子派以外の方々とも共有したかったんだもん。

今となっては入手不可の掌編の数々をこうやって読めるなんて、本当に感謝です。
おかげで平良と清居への理解と愛着がより一層深まりました。

どの作品もそうですが、とりわけ「エターナル」なんて、まじでファンにとっては必履修科目みたいなもんですよね。
というか、どれも必修です。
本当に読めて良かった。
番外編集、ありがとう!

この番外編集を読む前に、全三巻をおさらいのために読み直してからこの番外編集に挑んだわけですが、本編のあの時にこんなエピソードもあったのか!と新たな発見も多々あったので、補完された状態でまた本編を読み直したいと思います。

いやーそれにしても本当に笑える内容ばかりでした。

とくに清居が不憫で笑えます。
平良に振り回されっぱなしだけど、それでも大好きなんだよね、別れるという選択肢は一切ないんだよね。
うんうん、健気だ。

そして本当に凪良さんって言葉のチョイスが絶妙で、笑わせてくれますよね。
パン姐さんの存在をこの番外編集で初めて知ったけど、そのネーミングセンスやらエピソードやら、脇役ですら濃くて面白い。


2019年11月に発売された小説Chara vol.41が、いいところで終わってて気になっています。
(もう二年も前なのか!)
首を長〜くして待っているので、どうか三年以内に新刊が出ますように。
そして、いつまでも「エターナル!」

16

私は大満足だけど…

ここ1,2年ぐらいでひらきよに目覚めた私にとっては未読のお話が多くてめちゃめちゃ楽しめました。特にKISS MEはかなりボリューミーだしえろもあるし清居はかわいいしで大満足でした。

ただ、当初から割とコアにひらきよ追いかけ続けている方にとってはあんまり満足感ないと思います。書き下ろしはあんまりラブというか甘さ?を感じず、正直期待していたほどお腹いっぱいにはならなかったです。ひらきよ読めるだけで嬉しいのはもちろんですし、お忙しい中書き下ろしを書いてくださった凪良先生にはもう感謝の気持ちでいっぱいなのですが。
コアな方は今まであちらこちらで書かれていたものが一つにまとまって読みやすくていいね!ぐらいの気持ちで購入したほうがいいかも。
(逆に私みたいに未読の話が多い方にとってはお得な一冊です)

13

あ〜〜本編続き早く読みたい

たくさんの作品を読んできましたがやはり、美しい彼は私の中で1番の作品です。
平良の気持ち悪さは健在でした。
これだけ愛してくれる人は平良しかいませんね…気持ち悪いけど笑

久々に平良清居の2人を堪能できて、とても幸せです。
やっぱりKISS MEが1番好き。
これだけでもう神評価です。
約40ページにしてこの満足感。
美しい彼シリーズって、そんなにエロがあるわけじゃないし、むしろ少ないくらいなのにだからこそのこの満足感なんでしょうか。
多幸感がすごいんです。
平良のことをきもい怖いなどと安奈ちゃんに言うわりに、別れるなんていう選択肢は毛頭なく、平良に今日は早く帰ると言ったといい駆け足でスタジオを出る清居……確かに健気すぎて泣けてくる。


凪良ゆう先生各所でお忙しいので、もうしばらく書かれなくなってしまうかな…と思いましたが本当によかった。。
早く本編が読みたい…!

12

きも殿下祭り!

これまでの特典やおまけSS再録本なので、初期から熱烈に追い続けた方々には、読んだ覚えのある話ばかりかと思います。でも書き下ろしが全体の半分とまではいかないけれど、それに近いくらいのボリュームがあります。

話はおまけSSだからか、本編よりも肩の力が抜けた文体でギャグ多め。清居が平良のきもきも言動に振り回されること多めです。

平良のキング・オブ・ネガティブ・オレサマムーブの畳み掛ける大放出は圧巻。1冊にまとまるとすごいなぁw そんな奇矯すぎる彼氏の側にいて、全然霞まない清居もすごいです。

平良のきも語録の中でもいちばん好きでついマーカーを引いたのがこちら。

"俺は家電のスタンスで生きています。これは対清居のみでなく、野口さんに対しても同じです"

家電のスタンス……w

普段無口な平良がひと度喋り出すと表現力が半端ないですね。さすが隠れた天才。

新刊を読む度に思うのですが、『美しい彼』のオープニングはものすごく純文系でしっとりしていて、平良の内心にも分からなくもないとしばしば思えたのですが、気づけばいつの間にかアクセル全開で振り切れた俺様になってたんですよね、平良。はぁ、好き……w

書き下ろしも面白かったです。沖縄でのディアボリズムの儀式めいた撮影により、同棲部屋まで持ち込まれた何かに怯える清居、それすらポジティブに捉える平良の、少し不思議なお話とか。

社長視点のお話は一転してシリアスでした。清居に対して、清居と平良というカップルに対して、社長の見立てはかなりシビア。でも、社長には見えない彼らの一面というのもある訳で、なんだかんだ二人は破れ鍋に綴じ蓋といった感じでなんとか共存は出来ているというのが、これまでの物語では描かれているんですよね。

二人のこれからの道程は前途多難だけど、でもきっと彼らは乗り越えていくでしょう。続きが楽しみだと思わせる、社長視点のお話でした。

12

相変わらず変態で大笑いしました

なんていうかもうね、まずね、小冊子などの特典SSを一冊にまとめてくださってありがとうございます!という気持ち。

そして久しぶりに美しい彼 (気持ち悪い彼) に文庫という形で会わせてくださってありがとうございます!という気持ちです!

最近は一般で精力的にご活躍されている凪良先生ですので (流浪の月の映画化、おめでとうございます!) なかなか美しい彼には会えないよなーと思っておりましたところ、美しい彼も実写化!そして文庫本発売!
嬉しすぎますね!

(実写化のキャストはこの時点では未発表…美しい彼と気持ち悪いがイケメンの彼は一体どなたが演じられるのやら…どきどき)

収録作品は既刊の特典SSです。
私はほぼ未読なので大変楽しませていただきました。
えろナシですが、日常生活のやりとりが大好きなので大満足です。

側から見たらどう見ても破れ鍋に綴じ蓋カップルなのに当人同士は格差カップルだと思い込んでる平良と清居が本当に最高です。
そのズレすらもまた釣り合っているのが不思議なところですよね…!

今後は平良も清居も互いの家族にカミングアウト (あっ察し…でうっかりバレる含む) をするのかもしれませんよね!ちょこちょこ既に疑われてはいますが…その時のすったもんだも楽しみにしています。

平良の個展をした話がすでに2019年に雑誌に掲載されたようなので今回入ってるかなって楽しみにしてたんですが入っていませんでした。
ってことは確実に本編4巻目が刊行予定ってことで大確定…ですよね、先生…!?!!

大笑いしながら読み終えました、楽しかったー!
エターナルのお話は特に大好き。
そして私も家電の心意気で現実をしっかりとやり過ごそうと思います。

上田さんたちのお話も読みたいですね。
カップルなのか、友情以上恋人未満なのかどっちも美味しいですが、ふたりの心のやりとりも気になります。

それではみなさん、エターナル!!

11

珠玉♡

本作は「美しい彼」シリーズの短編集になります。

本シリーズは将来を有望視されるカメラマンと
本格的な俳優業を目指す若手俳優お話です。

本作は既刊の特典類やCDブックレット収録作を再録、
書き下ろし新作が2本収録されています。

私は初期からの読者なので
電子特典と書店限定特典以外は既読でしたが
既出短編に続く者として書かれた特典もあり
一気に読むとまた格別でした ヾ(≧▽≦)ノ

本シリーズは
言動がきつく鬼メンタルと呼ばれる受様が
才能に奢らず努力を怠らずに上を目指す様子と
吃音持ちで引きこもりな攻様が
受様という神の近くでその才能を開花される様子が
イイ感じに絡み合って展開していますが

本作はそんな2人の私生活を中心とした小話的な短編で
受様を神と奉る攻様を彼氏として持った受様と
受様の恋人となってもファンを辞められない攻様の
微妙にすれ違う言動と思い込みによる惚気などが
ふんだんに散りばめられていて実に楽しいです♡

今回は私の一押し短編で
「悩ましい彼」の幕間となる「エターナル」を
ちょっとご紹介しますね♪

受様の舞台の為にと別居し
入れ替わりにスタートした師匠との生活は
攻様がコツがわかり始めると
スムーズに進んでいくようになります。

飲みに出かけた師匠が午前となる事にも慣れ
べろんべろんな師匠を担いで寝室かみそ汁かコースを訊ね
みそ汁を所望されれば作って飲ませ、
満足した師匠を再び担ぎ上げて寝室に放り込めば
ミッションコンプリートです。

しかし攻様は師匠宅では受様トーク禁止、
受様本人から受様に関する検索を禁止されていて
受様に飢えていました。

そこで攻様は師匠に無理難題を吹っ掛けられて
それをクリアしたら受様検索をしてもいいという
ルールを作ります。

受様検索のためには
師匠に許しを請うほどの難題をもらうことが必要で
もっと傍若無人に振舞って欲しいと懇願します。

攻様のマイルールを知った師匠は
「既に受様の言いつけを破っている」と反論しますが
攻様には馬耳東風、暖簾に腕押しでしかありません♪

師匠にしてみれば今の攻様の状況は
既に攻様にかなりの苦労していると思えてしまい
自分のスマートフォンを操作して
最新の受様の画像を見せてくれ

これが攻様によって
受様の出演するチャリティイベントに
こっそりと顔を出す事になり・・・と続きます。

こちらの顛末は本編でもしっかり読めますが
裏事情を描いた本作でも素敵な邂逅へと繋がっていて
もう絶品としか言いようのない短編です。

攻様と受様の会話もズレズレで楽しいのですが
攻様と師匠の会話も噛み合っていないのに
ショートカットがうまく聞いていて
とっても楽しいです (^O^)/

他の収録作の初出は下記の通りとなります。
どのお話も美味しい最高の1冊でした。

<ドラマCD関連>
「素晴らしき世界」攻視点(高校時代)
 「美しい彼」ブックレット収録作
「キングのお料理」受視点
 「美しい彼」店舗特典ペーパー

<文庫、アンソロジー>
「CRAZY FOR YOU」攻視点
 「美しい彼」店舗限定ペーパー
「熱烈な告白のようなもの」受視点
 「憎らしい彼」店舗限定ペーパー
「安息はどこにある」受視点
 「憎らしい彼」電子特典
「KISS ME」受視点
 「キャラ文庫アンソロジーⅡ翡翠」収録

<フェア関連>
「裏・月齢14」受視点
  キャラバースデイフェア小冊子
「Cacao 99.9」受視点
  キャラバースデイフェア小冊子
「50/50」攻視点
   キャラバースデイフェア小冊子
「彼と彼の良くある出来事」攻視点
  キャラバースデイフェア小冊子
「エターナル 」攻視点
      キャラフェア全員サービス小冊子
「日々是災難」両視点
  作家生活10周年記念全員サービス小冊子

<ちるちるBLアワード関連>
「幻想の彼」受視点
  BLアワード限定小冊子

<描き下ろし>
「あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について」
「社長日記」

9

とても幸せな気持ちになる番外編集

「美しい彼」の全サ等諸々の番外編SSを集めた本。既出のほか書き下ろしもあり(分量多し!)
全体的にとにかく素晴らしい。
清居の健康や幸せを祈ったり神の降臨に身悶えたり、平良があまりに平良過ぎて、電車で読んでるのに何度も笑いそうになって堪えるのに苦労しました。
うざいキモいとうんざりしながらも平良を好きで離れられない清居が可愛くて、ある意味不憫で、不思議とお似合いなところも楽しいです。

一番気に入っているお話は「エターナル」です。
トップオブオタのパン姐さんがとにかく素敵です。
素行の悪いファンを腹パン一つで沈める武闘派の美形のパン姐さん。
でも推しに愛を捧ぐところは平良と同じ。平良を殿下と呼び、「この手に清居くんが触れたんですよね」と平良の手におずおず触れるという、とても可愛い一面も。
同じことを平良がすると気持ち悪いのにパン姐さんがするといじらしい。
清居会も素敵でした。パン姐さんにまた会いたいです。

エビコロ・カニコロの争いやら、小山くん清居くんの謎の飲みやら、平良母子の謎会話やら、なにもかも堪能しました。
シリーズ4冊目が今から楽しみです。

9

彼達へエターナル!(≧▽≦)

読んだことのあるお話もありましたが、入手できないままのお話もあったので、こうやって番外編を1冊にまとめてもらえるのは嬉しいです。

どのお話も、ニュースタイルな俺様を貫いている平良。
どこまでも平良らしく、地団駄踏みまくったり脱力したりと、私の心は休まりません┐(´д`)┌
こんなにも重たい間違いない愛情なのに、どうしてこうなるのかしら。

そんなキモウザな平良に苛立ちながらも、その熱量こそが気持ちいい清居。

平良のことが好きなのを大っぴらに伝わらないよう、平良の前でも演技をしている清居が不憫。
平良の為に入念にチョコを選び、平良の為に料理をし…。
健気なイメージじゃないハズなのに、健気。

清居の家族との話はよかったです。
一方、平良一族の方は、『ブルータス、お前もか』な気持ちにさせられました。(;・∀・)
平良とお母さんの会話とか、笑うしかない。

パン姐さん率いるTO達の『清居会』は美しく楽しそう。
推しの為こうでありましょう、というファンの鑑の姿にひれ伏す思いです。

社長さん視点のお話もよかった。
第三者視点で推しを語ってもらうのは嬉しい。

4巻が待ち遠しい。
ますます楽しみになりました( ´∀`)

9

唯一無二

今までに書いて下さった番外編をまとめて、新規書き下ろしも加えたというもの。凪良先生有難うございます。短編が主なんですけど、先生が毎回ぶっとんだものを書いてくださってる短編なので、どれもこれも腹抱えて笑うし、足はじたじたしなきゃだめだし、机をたたかなきゃやってられないし、もう大変。外読みは限りなく困難だと思うお話、全15編(うち2編が書き下ろし)290Pほど。

一度読んでいるものもあるのですよ?でも腹抱えて笑います。本では苦しんだり悩んだりしている間に挟まれている「爆笑部分」が一冊に凝縮されていると、腹筋破壊力抜群だよなとホントに思います。良い意味でこんなに読み進めるのが困難なご本は多分初めて。そしてどこが一番好きかと聞かれたら答えられないご本も初めて。全頁に少なくとも1か所笑うツボがあるのではと思うのです。

まだこのシリーズに手を出しておられない方。番外編はいっかなと思っている方。迷う暇はございません。とにかく笑いたければ、是非シリーズ1作目から読み、この番外編を間に差し込んで合わせ読みをいたしましょう。
エターナル!このカップルは唯一無二だとほんとに思うのです。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う