シャッフル

シャッフル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
43
評価数
15件
平均
3.1 / 5
神率
13.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812437636

あらすじ

警視庁に勤める検挙率No.1刑事、河東一馬と、科学技術捜査研究所のクールで優秀な研究者、神宮聡志。ふたりがつき合いはじめて、約1年が経とうとしているが、お互いの間にある『問題』は未だ解決していなかった。ふたりとも相手を「抱きたい」と思っているのだ。いくら好きでも男のプライドは犠牲にできない!
そんな「甘い」とはほど遠いふたりの関係は、ある殺人事件の犯人に神宮の名前が上がり一変する。神宮は姿を消してしまい、事件を捜査中の一馬は、謎の男に捕らわれ、妖しい罠に嵌められてしまう…。事件はいっそう深まり、混迷を極めるが…。
出版社より

表題作シャッフル

科学捜査班のエリート・神宮聡志
検挙率No.1刑事・河東一馬

評価・レビューする

レビュー投稿数9

吉見、がんば!

吉見君が可哀そうですwww
あきらめず頑張れ!w
ジュールカップルは必要なのかなぁー…(´Д`)

0

キャラクター達が最高

前回「エスケープ」のレビューで気長に集めるとか言ってましたが、すっかりシリーズにはまり、全巻読破しました。本当にこのお話はキャラクターが素晴らしすぎる。特に受けの一馬!単細胞で熱い男。でも検挙率ナンバーワンの凄腕刑事。少年漫画の主人公になりそうなタイプ・・・なのに受け!こんな受け様は他のBLではなかなかお目にかかれません。そして攻めの神宮も見た目はクールで知的なメガネ美人・・・だけど最高に嫉妬深い攻め!最高です。意外性カップルです。でもバカップルかってくらいお互いベタ惚れでラブラブです。ノリは軽ーい刑事ドラマ。この軽ーい所が良いのです。

そして一馬が男にモテモテというのがまた大好きな設定で、神宮にエロいことされすぎたせいでフェロモンがダダ漏れになっているのではないかと思います。シリーズの中でこの作品が神だと思うのは一馬がへタレの後輩吉見にまで貞操を奪われそうになってるからです。ほとんどギャグですが名シーン!小柄で可愛くて見た目受けの吉見にまで襲われる一馬・・萌えすぎる!!神宮の元カレの桂木にまでモテモテの一馬。周りのキャラクターも魅力的なんですが、BLでありがちな総カップル化して続きしまうのではなく、無防備な一馬が総受けのまま襲われつづけ、間一髪で助けにきた神宮に嫉妬されまくりでお仕置きされちゃう今のパターンが大好きです。凄腕刑事なのに皆のアイドル一馬!良いなあ。

0

リロードシリーズ第4弾~

科捜研職員・神宮聡史×検挙率NO1刑事・河東一馬 です。
今回の舞台は京都で、古島×ジュールのCPが登場して、神宮の過去の話がちらほらとわかるんですが、ぶっちゃけた話、ちょっとマンネリ化してる感じがしました・・・(スミマセン)
「攻め」×「攻め」って帯にあるのに、ちっとも一馬が神宮を抱く感じがないし、今回もまた襲われてるし・・・(しかも後輩に・・・)
ていうか、一馬が神宮を抱きたいって言っていますが、無理でしょ(笑)ていうか諦めた方がいいような気もしますが、そこは「攻め」×「攻め」という文を書くくらいなんだから、いつか一馬が神宮を抱く日が来ると、信じたいと思います。

0

シリーズ第4段!一馬、いい加減諦めろ!

警視庁の検挙率No.1と云われる一馬と科捜研のクールな神宮の攻め同士の二人が送る作品!

急きょ、研修に参加させられることになった一馬。
危険な後輩のいる京都に研修にいく一馬に、有給休暇で京都に行く神宮。

後輩でエリート組の吉見の過剰なお迎えで嫌な感じ。
つまんない研修よりも、神宮との夜のスキンシップはハードだった。しかも、事件に遭遇してしまう。
管轄違いを忘れ捜査してしまう。

殺害されたのが、神宮の顔見知りで大学のときの恩師でゲイ。
犯人の対照になる。お門違いの捜査に黙ってられない一馬は、任侠ヤクザの古島と天才科学者のジュールに手伝ってもらい、事件を解決する。

神宮に主導権を握られぱなしの夜のスキンシップは、かわらないままだった。
今回の事件で、後輩エリート組の吉見にやられそうになり、帰り間際に諦めませんと云われ、困惑する。

0

もはや攻×攻ではない……!?

リロードシリーズの第4弾です!
攻×攻を掲げていたシリーズのはずなのに、一馬は表紙からして完全に受じゃないですかwww
ついにはだけやがりましたかww
これまで本人の意思とは裏腹にいろんな人に組み敷かれて貞操の危機にあっても、表紙だけは「どっち攻よ?!」って感じだったのに、今回はその表紙までもがこうなってしまうとはwww
しかも話の中でも、吉見にまで組み敷かれてる始末。
「これで肉体的にも精神的にも受ポジション確定か?!」とつい言いたくなってしまうのですが、それでも諦めず攻めたい意識で神宮に向かっていき、でも結局組み敷かれてる一馬に萌えました。
危険な目にあったりとか結局神宮に丸め込まれてたりとか、「いい加減学習しようよ、一馬ww」って思いつつも、それがいいんですよっ。

前半はエロ多めで、それはそれで凄く萌えさせてもらいました!
露天風呂でとか最高ですねっvvv
しかも、そこでようやく一馬にちょっとだけ進歩がみられたかと思うとまたそこが萌えましたvあと苦笑いを含んだ神宮とかもvv
話の後半でひとつの事件を追うことになるのですが、その事件の流れが大変わかりやすくて続きまとまっていたので、すごく読みやすかったです。
今回の話で神宮の過去も少しわかり、そして何より京都で起きた事件を通じてお互いの関係がさらに濃く深まったようなので、それもよかったです!

2

だって、オノDだし

攻め×攻めを目論んでたはずなのに、一馬総受けがすっかり定着した本作。
「一馬先輩、大好き!」な後輩・吉見に無理矢理京都にまで呼びよこされて、
神宮が絡んでるからと、所轄違いの殺人事件に頭をつっこんだあげく、
吉見にまでつっこまれそうになってと、、、
シリーズの皆さんが賑やかに総出演
モテモテ一馬に、それなりにちゃんと嫉妬している神宮がかわいい。

リロードは神宮=ヒロC、一馬=オノDでCD化されている。
これ聞くと、「一馬総受けでいいじゃん」って気になる。
原作の方も、後何作かは引っぱって、そのうち一度くらいは神宮が受ければいい
ヒロCじゃない、神宮の超絶技巧の受けに、我を失った一馬が、翌朝、更に甘く迫ろうとしてベッドから蹴り落とされた上に、冷たく一言
「5年に一度で十分だ!」
とか、切り捨てられるといい

1

攻め×攻めじゃなくても

“攻め×攻め”を掲げて始まったこのシリーズですが、今回は「コイツまでが」と思わされる相手にまで、バックを狙われることになってしまった一馬。
あとがきでは「一馬をかっこよく書くことに拘った」とありますが、まぁ、それ以外はかっこよかったのかもしれませんね。
神宮が攻めで、一馬は受けに固定ですか。
それはそれでいいんですけどね。
一馬はきっちり神宮を信頼しているので、絆も出来上がってるってことだし。
攻め×攻めに拘らなくてもいいんじゃないか? って気がします。
神宮の叩けばほこりの出そうな過去。これが明かされる日は来るのでしょうか?

一馬が京都へ出張という展開で、キャスト総出演に加え、新キャラ・芝田の登場。
結構印象深いキャラ設定と逃げ足の早さで、続編が出るときには登場決定なんでしょうか?
このキャラこそ、女王様に振り回されて、挙げ句受けて欲しい気が……。(苦笑)

古島×ジュールの二人も相変わらず元気なようでした。

車の中、露天風呂等々、最初に萌えまくってしまったので、息切れ気味に感じたのかもしれませんが、私は楽しく読み終わりました。

2

広告に偽りあり…?!

このシリーズは「一馬総受け」を楽しむお話しなのかもしれないと、
感じ始めた今日この頃です。
今作は「俺が攻めになってやる!」という一馬の気概があまり感じられず、
もう受けに馴染んでしまったのかな?と寂しくもありました。
このシリーズの宣伝文句「攻×攻」は、もう広告に偽りありと言わざるを得ません。

一馬と神宮が遭遇した殺人事件とそのオチは、
やや盛り上がりに欠けて物足りません。
しかしオールスター勢揃いの華やかな雰囲気なので、
シリーズのファンは楽しめるでしょう。
そして気になるニューフェイス・芝田は、今後の伏線なのでしょうか?
この芝田はまた登場しそうな気がします。

神宮はもしかして、一馬が念願成就(神宮が受けたら)したら、
自分から離れて行く可能性があるかも?と不安に思っているのかもしれないと。
だからあんなに一馬が好きでも、受けないのかなと。
今回の作品を読んで、なんとなくそう思いました。
一馬は神宮が受けてくれたらもっとメロメロになると思うので、
さっさと身を任せてしまいなさい!と神宮に言いたいです。

そして作者曰く、「前回にもまして続き、一馬をかっこよく書くことに全力を尽くした」そうですが。
私はシリーズ一作目から、一馬を「単細胞」「子供っぽい」「バカ」なところが
『可愛い』と思っても、『カッコいい』とは思ったことがないです。
作者に「すみません」と謝りたくなりました(苦笑)

0

一馬はもう「性別受け」でいいんじゃないかな…

えー、神宮受けを期待した方には凶報です。主に私ですが。

前回あそこまで惜しい所まで行って、ついに神宮も一馬に許す日が近いのかと固唾を飲んで見守ったのですが、今回、惜しい所に行くどころか、神宮が受ける気配すらありません。女好きの一馬が毎度男に犯られそうなピンチに陥るのは既に様式美ですらあるのに。1年近く神宮と付き合って来たことで、すっかり受けとしての自覚が身に付いて来たんでしょうかね……。
後書きのいおか先生のコメントを読む限り、もう先生の中でも一馬は受け固定で固まってしまったのかなぁと感じました。固定なら固定でいいのですが、最初の「攻×攻」という設定をまだどこかで期待していた分、ちょっと寂しいです。

とまあ、神宮が受けない愚痴はともかく。
今回は同窓会みたいに登場人物がにぎやかでした。
まずシリーズ2作目「トゥルース」で登場したあのカップルと、それから3作目「グロウバック」で登場したあの後輩が絡んできます。登場人物が多い分、若干メインのカップルの描写が物足りない気もしましたが、これはこれで楽しかったです。元々ベタベタするカップルでも無いですしね。
番外編の「花と龍」続きを未読でしたら、読んでおくとキャラクターの把握に役立つかもしれません。でも多分、読んでいなくてもストーリーには問題ないと思います。

それにしても、一日も早く一馬が神宮を抱けることを祈ります。神宮もいい加減腹をくくって下さい。

ちなみに、キーワードの「年下攻め」は未遂です。

3

もこ

期待してたのに(笑
結局今回もまだまだなんですね~(´・ω:;.:...
じらしてじらして、じらした挙句、本当に一度くらいは行為に至ってくれるのか。
最終的には最後までそのままなのか。
あるいみ焦らしプレイww
シリーズが続くのであれば楽しみですね

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ