二重螺旋

nijuu rasen

二重螺旋

二重螺旋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×24
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
16
得点
146
評価数
39件
平均
3.9 / 5
神率
48.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199001888

あらすじ

父の不倫から始まった家庭崩壊―中学生の尚人はある日、母に抱かれる兄・雅紀の情事を立ち聞きしてしまう。
「ナオはいい子だから、誰にも言わないよな?」憧れていた自慢の兄に耳元で甘く囁かれ、尚人は兄の背徳の共犯者に…。
そして母の死後、奪われたものを取り返すように、雅紀が尚人を求めた時。
尚人は禁忌を誘う兄の腕を拒めずに…!?衝撃のインモラル・ラブ。

表題作二重螺旋

美系のカリスマモデル 兄・雅紀
優等生の高校生 弟・尚人

評価・レビューする

レビュー投稿数16

ドロドロのJUNE

独特な文体がストーリーと絡まって彩る、吉原ワールドが存分に出ている一冊です。執着もの、兄弟ものは他にも何冊か読んでいますが、それらとは何味も違います。
以降巻を重ねるにつれ、内容の重複、間延び、風呂敷、etc…読むに堪えなくなりますが、この1巻と2巻は本当におすすめです。
離婚により壊れていく母、引きずられるように壊れる長男、禁忌を見てしまう長女と次男、三男は引きこもり…救いのなさがたまりません。
この巻はまだストーリーの展開が早く、1回読んだだけではあっさりした読了になりますが、読み返しそれぞれの立場(特に雅樹と尚人)で想像すると、ストレスが物凄いです。
BLというよりはJUNEに近いです。ドロドロですが、攻→受への愛はあるのでまだ救いがあります。
初めて読んだのは随分昔ですが、執着、兄弟ものの中で今だに一番だと思っています。

1

禁忌な愛の始まり

絵に描いたような幸せな家族が、父親の不倫で壊れていく、タブーがいっぱいの内容です。

精神を病んだ母親が、長男を夫と思って抱かれます。そんな二人の情事を見て家を飛び出す長女。そして、母親亡きあとは次男に欲情する長男。そこから次男をレイプして始まる、長男と次男のタブーな関係。そんな兄たちの関係を知って、疎外感を感じる引きこもりの三男。

衝撃的な家族の関係に、読んでてゾクゾクします。重くて痛いドロドロ系で、読む人を選びそうだけど、私は好きです。幸せな家庭と、壊れていく家族の対比が上手で、グイグイ引き込まれて、続きが気になります。

2

負の連鎖

現在出ている、9巻まで読んでの感想です。
すみません。

この作品、シリーズ通してそうなのですが被害者が加害者になるという負の連鎖が延々と続きます。その部分はとても痛く、苦手とする人が多いかもしれません。
ただ、この作品の中で時間は確かにかかりますが、主人公、姉、弟など様々なキャラクターがそれぞれ自分自身と折り合いをつけそれぞれ異なる成長していく様子がすごく好きです。
BLでありながら、あり得ない?設定も多々ありながら、現実味をおびているのはその辺だと思います。

とても痛くて読み進めるのは大変ですが、歪ではありながらも家族というものを再生させていった、雅紀、尚人、裕太の3人の姿にすっかりはまってしまいました。

2

ミルクタンクがハレーション!

ドエロです。

そしてそれ以上にリアルです。
自分もそうですが、男同士の恋愛なんて実際に少ないものを読み漁っている腐女子って軽い現実逃避癖がある人が多いじゃないですか。
これは日常描写がちょっとリアルすぎてキツイですよ。
兄弟が受験失敗した高校を受けて気まずくなるとか(田舎だと選択肢が少なくてよくある)、別の兄弟がひきこもりとか、ルーティンのように勉強してる冷めた進学校生の主人公とか、不倫を抜けば「こんな家庭あるある」って感じです。
でも私には雅紀の妄執の理由「お前(ナオ)だけが歪んでいない」とは思わなかったな。
正直、現段階では何故ナオがそこまで執着されるのか分からなかったです。

0

うっかりシリーズ衝動買いしてからしばらく
ようやく読み始めました二重螺旋!
いろいろ痛い作品だってのは噂に聞くところでしたが
ヤンヤヤンヤヾ(*´∀`*)ノ噂にたがわぬww

絵に書いたような幸せな家族。
夫婦に子供も4人。どこにでもある幸せ一家
だったはずのものが、父の浮気、失踪により崩壊する
これまでの家族の親愛、そんなものもなかったかのように
母と兄の情交~母の死~泥酔した長男に強姦される次男
末弟は引きこもり・・・・
まさに絵に書いたかのような地獄絵図。

変貌してしまった長男・・・引きこもったままの末弟・・・
もろもろ、始まりの章。
楽しみです。

1

とりあえず始まりの物語

このお話、ちょうど始まった頃にこのジャンルから一端撤退したのでスルーしていました。
昨年、BOXセットが出るということで購入。
父と母と4人の子ども。幸せな家庭が父の不倫で一気に崩れ去ります。
家に残されたのは、母と子ども(上から雅紀・沙也加・尚人・裕太)生活に疲弊して精神を病んでいく母と関係を持ってしまう雅紀。
母と兄の関係を知り家を出る沙也加。母の死で家はさらに崩壊へと進みます。
そして、雅紀の尚人への執着。
テーマも内容も重くてドロドロなのですが意外とサラッと読めてしまったことに驚きました。
吉原さんの文体のせいかな?

1

もっと増えてー

吉原さんのあとがきにもあるんですが、こういう「深いJUNEモノ」がBLジャンルでマイナーになりつつあるのが寂しいって意見に同意。
二重螺旋みたいにがっつり背徳感でドロドロしてるのをもっと読みたいんだけどなあ。

吉原節全開で、やや描写がくどいというか、独自の癖があるのでそこは好みによるかも。
むしろCDから入った方が分かりやすいかもしれないです、っていう位に癖のある文章。
ストーリーは4人子供がいる平和な家庭の父親が突然に家族を捨てて、愛人の元へと行ってしまいその平和は脆くも崩れ去り、そこからは母親が長男と禁忌を犯し、そして母親の自殺、そして長男が次男を強姦とシリアスで背徳感に溢れるドロドロストーリー。
この二重螺旋シリーズはハマる人は凄くハマると思うんですよ、正直、若い人には吉原さんの文章はとっつきにくいと感じる部分もあるんですがこういうドロドロ系もたまらんですよ、ばふー。

2

ハマります。

二重螺旋シリーズの第一巻。
キャラクターたちがとても立っていて、もっと知りたいと思わせます。
話がおもしろいので次がすぐに読みたくなって5巻まで一気に買って読みました。
おもしろい!
早く続きが読みたい!

0

重め。ガチ兄×弟

ドロドロでしたね。面白かったです。エロもむやみにあるわけでなく、ドラマを生み出すためにあるというのが好印象^^これから文章が読みやすくなるらしいですし、続きも気になる故集めたいと思います。

0

それぞれに執着したゆがみが起こす愛憎

一見幸せそうに見えた家族に、父親の不倫と家出によって起こる崩壊。
それは、家族個人それぞれまで壊すことになってしまった。
シリアスでドロドロした愛憎が吉原さんの心情をつづるモノローグ多めの文章が抜きんでて際立たせる衝撃の秀作だと思います。

極度のブラコンで長兄の雅紀が大好きな長女の紗也加
父親が大好きで親戚にも可愛がられる末っ子の祐太
真ん中の男の子として、中立的立場にある二男の尚人
そして長兄の雅紀
一番ショックだったのは母親であるのだが、また子供であるだけに、理由が納得できなくてひたすら捨てられたことをうらむ祐太が素行問題を起こして、さらに母親の心労は増す。
そんな中父親と長兄の区別がつかなくなった母親と雅紀との関係を見てしまった二男の尚人と、長女の紗也加。
ブラコンの紗也加は家を飛び出し、その直後母親が死亡。
兄雅紀が大好きだっただけに、そのショックは酷く、兄と尚人を憎むようにさえなる。
ひきこもりになってしまった祐太、家事をこなすのは尚人の役目となる。
兄は家計を支えるために始めたモデルの仕事で頭角をあらわしつつある。

それぞれのエゴが出る中、続き何にも抑える尚人の健気さが切ない。
しかし、それぞれのエゴも尚人の健気さも、全て自分の居場所というものを確保するためのものだ。
その執着が歪みを起こさせる。
雅紀にとっての家への執着は尚人だったのだ。
そこで始まる禁忌の関係。
ひたすら尚人が綺麗なままであり続けるその姿が悲しいと共に、雅紀の執着がエスカレートしていく姿は不気味でさえある。
この兄弟達の行く末はどうなっていくのだろうか。

ドラマCDも優れた出来で出されています。この世界観が膨らむ作りになっていて、合わせて聴かれるのもお勧めします。

6

可哀想なほど痛すぎて

兄×弟の近親物も鬼畜も大好きなのに、この話は合わなかったです。

普段がしっかりすぎるほどしっかりしている尚人が、兄の雅紀から無理やりに求められる時に、子供のように幼くて痛々しい姿を見せる。
愛はあるのかもしれませんが、立場を利用してのただの性的虐待にしか見えなかった。
幼い頃の愛称でお兄ちゃんを呼ぶ姿は、見てはいけないものを見てしまったような罪悪感を感じました。
幼さを感じさせる喘ぎは、個人的に可哀想すぎて萎えるポイントです。
クラス内でも家族内でも、尚人に負担がかかりすぎて、どこにも逃げ場はない閉塞感。
精神的にぎりぎりなのに、家族として好きな兄からもインモラルな関係を強いられて、ただただ可哀想です。
それを拒絶すれば家にはいられないし、四面楚歌としか言いようがないです。

たまらなく痛いのに、続きが気になってしまう文章力はすごいです。
嗜好と合わないなと思いながらも、3巻まで買ってしまった本です。

2

決して幸せではない…

痛い系とお聞きして、さっそく読んでみました。
父の浮気をきっかけに、仲良し家族が崩壊していく様を、なんとリアルに表現している事か!

読み始めはちょっとダルく、なかなか話しの本筋が見えません。
しかしこの序章こそか後々とても大事な部分となってくるのですね。

家計のひっ迫と裏切りによる精神ダメージから母は倒れ…
母と情交を交わし禁忌を犯した兄は、事を察知した次男を脅し共犯者とします。
長女は母と兄を憎み、家を出て親戚の家で暮らし
末っ子は引き篭もりになり…
一人、また一人…と絆は切れ、家族がばらばらになっていきます。
要とも言える長男・雅紀は、理解有る良き兄であったのに、この崩壊劇では一番の変貌を見せてくれます。

母の死後、雅紀は次男・尚人を犯し、再び禁忌の関係を築きます。
憧れだった兄に恐怖し怯える尚人は、震えながらも拒む事ができず、兄にされるがままに。
そして二人の情交に聞き耳を立てる末っ子・裕太は、二人を憎みながらも離れて暮らそうとはしません。

家族の絆にこだわるあまり、どこか歪んだ愛憎劇と化してしまった一家の、インモラル・ラブ。
けっして続き幸せではない、心が軋むように痛くなる展開ですが、続きが気になって仕方がないストーリーです。
甘いお話にちよっと飽きたら、是非この話を読んでください。
きっと目が覚めるような、新しい感情が沸き起こるはずです。

3

二重が多重。

近親モノと言う事で着手。
お話はあらすじ通りとして、最初は家族の事情から入ります。父がいなくなった事で狂い始めた家庭内。それがほぼ中盤付近まで続いているので、これ一冊のみだとするとどうにも最後が駆け足がちになりそうですが、シリーズモノなので安心できる作品。“それ”らしき要素はほぼ後半に詰まってます。
あらすじを読んで二人兄弟と思われがちですが、他に女の子一人と末弟が一人の合計四人になります。
文章は個人的には読みやすかったです。近親モノと言っても、まあ触れはしてますが、今の所まだそこまで濃い訳でもないので…苦手、でなければ…。これからどうなるかはわかりませんが…。

※以下多少ネタバレ有
家族という歯車。一つ崩れるだけで全てが崩れていく、そういう様がなんとも痛々しい。
二重が意味するもの。てっきり“兄弟”と“男同士”って事かと思っていたけどそれだけではない二重な何かが重なりまくる近親モノでした。まだ序章といった感じなので、深くはのめり込めないのですが、最後の方でまだ残っている末弟について仄めかすように終わっていたので…そこが次へ!と上手い具合に引き込ませてました。
故に続き次が凄く楽しみです。
もしかしたら末弟×尚人とかも来るんだろうかとドキドキワクワクします。表紙からしてシリーズ全部雅紀のようではあるんだけどもね。

絵師は円陣闇丸さん。何度見ても柔らかく色っぽいイラストです。裕太は大きくなれば雅紀のようになると思う。性格でなく、見た目というか雰囲気が。沙也加が可愛かったのでもっと見ていたかったが…。

0

萌え死にしそうです・・・っ!

すみません、すっかり興奮しております。私にとって吉原さんの作品は、ハマればとってもツボですが、微妙なところで外れたりするので、ここ数年遠ざかっておりました。特にライトな作品は合わなかったので・・・
「二重螺旋」シリーズは、何を思ったか、てっきり兄が受けだと勘違いして避けていたのですが、よぉく確かめてみれば、どうやら兄は攻め!そして、受ける弟は黒髪健気系じゃないですか!!これは・・・と、鼻息も荒くレジに向かったのです。

そして数時間後、とにかくどうしてこれを8年間も放っておけたのか、自分!!と歯噛みしたくなるほど、私は萌えツボをぐいぐい押しまくられていたのでした!で、読後の興奮冷めやらぬまま、レビューに突入です。
とりあえず、私のように兄×弟に萌える方、しかも兄に逆らえない→普通でいてどこか色気がある高校生→自分達のしていることに葛藤がある・・・なんていう受の条件が大好物な方には、そりゃあたまらないシロモノです!攻めの兄がまた、カッコ良くて優しいけど本当に怖くて、弟君が逆らえない感じなのが尚良いんですよねぇ~
そしてですね!これがかなり大きいんですが、挿絵の円陣闇丸様!(今回続きは様付きです!)最高だ・・・最高の兄と弟だ・・・。挿絵も口絵も全部いい。本当に萌える!!カッコいい攻めと可愛い受けに、もうクラクラですよ、私は!今まで漫画のレビューの評価低くてゴメン、と心で謝っちゃうほど素敵でした!

あんまり興奮しすぎて、全然物語について語っていませんでした。簡単に言うと、これは実の兄弟の禁忌モノ、割とシリアスなお話です。兄と弟が関係を持つまで、かなり長いページを割いて家族の幸せだった日常と、それが父親の浮気で崩れて行く様子が描かれて行きます。
精神を病んだ母親に求められ拒めないままに身体の関係を持ってしまった長兄雅紀。父親っ子だっただけにショックが激しく、荒れる末弟裕太。憧憬を抱いていた長兄と母親の情事を目の当たりにし、全てを拒絶して出て行く長女沙也加。そして、彼らの狭間で自分を見失わないように必死で生きる次男尚人。彼ら家族の絆が崩壊したかに見えた瞬間から、雅紀と尚人の新たな関係が動き始めるのです。
実際、彼らが関係を結ぶことになるのは、話が3/4ほど進んでからです。読んでいる方は、いつ来るかいつ来るかと、まるでホラー映画を見ているかのごとく胸をドキドキさせながら待ってしまうんですね、その時を。尚人君には悪いけど・・・尚人君がまた健気な感じでいいんですよねぇ。だけど弱々しくない。これが大切です。いざという時には強情な男の子な訳です。それを翻弄する大人な兄。良い・・・あ、いかん。また陶酔モードに走ってしまうところでした。
ちなみに、H箇所自体は短いのにヘタに全編絡みばかりの作品よりよっぽどエロスが滾っていて、さすが吉原作品なのでした。

2

序章かな

兄×弟。
どこにでもありふれた家族。それが父の浮気をきっかけに段々崩れていきます。
ドロドロでしたね~母も兄も弟も姉もみんな壊れていきます。
特に兄が。二重の近親相姦を犯してしまいます。
兄が弟の尚人に対する態度がどこか不気味で脅迫めいていてドキドキしました。兄弟萌えは十分ありましたね。

作風がちょっとおもしろかったのですが、説明文章が長くてあまり話が進まなかったのがちょっと残念かなと。
シリーズだからかもしれませんが最後もちょっと中途半端なところで終わってますし;
ただ、兄弟もの好きさんにはオススメです!

0

倒錯世界だ

近親相姦モノです。
父親の不倫をきっかけに崩壊していく幸せな六人家族。
まずは頭のおかしくなった母と長男が。それを知る長女は家出。三男は引きこもり。母は死に、長男は次男をレイプする。
「ラブラブハッピーなボーイズラブではなく、ずっしり重いJUNEものを書いた」というだけあって、迫力ありました。
ああ、これこそ吉原理恵子さんの世界だなと思いました。
息もつかせないような痛い被虐のシーンは、壮絶でありながらも耽美だった。
吉原理恵子さんのこういう作品、大好き。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ