そらのいとしい旦那さま

sora no itoshii dannasama

そらのいとしい旦那さま
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神40
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

17

レビュー数
7
得点
268
評価数
61
平均
4.4 / 5
神率
65.6%
著者
野原滋 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
サマミヤアカザ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥618(税抜)  
ISBN
9784344845565

あらすじ

双子の姉の身代わりとして隼瀬浦領主の長男・三雲高虎に嫁いだ空良。名前もなかった自分に「空良」と名づけ、男でも厭わず溺愛してくれる夫とともに穏やかな日々を送っていたが、高虎の父、現領主の時貞から、世継ぎのために高虎に女の正室を迎えるよう説得して欲しいと告げられてしまう。苦悩の末、空良が下した決断とは?

表題作そらのいとしい旦那さま

三雲高虎、隼瀬浦の領主の長男、24
空良、双子の姉の身代わりに嫁いだ高虎の妻、18

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

幸せを知った空良が周り中を幸せにしていくお話

不憫健気受け空良の物語第2弾
『そらのだいじな旦那さま』の続編です

難産の出産で母親が亡くなったことから生まれた男の子が母殺しと父親から疎まれ、故郷ではいないものとして扱われながらも真っ直ぐに育った心優しく純朴な少年。
政略にために姉の代わりに嫁いできた北の国で旦那様との幸せな生活を送る空良のその後。

男同士のカップルにつきもののお世継ぎ問題や同盟国の内乱に巻き込まれたり…。

愛する旦那様の幸せのためにと身を引く決意をする空良でしたが、空良の偽りのない真っ直ぐな気性を好ましく思い受け入れ守ってくれる人がいて良かったです。
空良の真心が復讐に凝り固まった思いを溶かし、憎しみや悲しみに埋もれていた気持ちに光を当てていく描写に心が洗われました。

魁傑と次郎丸の仲のいい喧嘩が面白く楽しいアクセントになりました。

2

めでたしめでたし、で締めくくれる続編です。

 新興国の領主の長男である攻め様の高虎と、不憫受け様の鑑とも言える受け様の空良。
この2人前作がとても好きだったので、続編が出ると知って、とても楽しみに待っていました。

 すでにくっついている2人の上に、空良にメロメロの高虎がいるので、しょっぱなから甘い上にエロい。
初心でアナタの色に染まります、な空良に何させようとしてんだ、高虎ってば。
シックスナインを持ちかけて、恥ずかしがる空良に、「50年後でいい」「無理強いはしない」とか言いながら、最終的には「今でもいいじゃないか」に持ち込んじゃってさ。
さすが戦国の世を生き抜く武将は交渉術がうまかったです(笑)


 なんて、甘く幸せな毎日を送りつつ、嫁いで3回目の冬を迎えようという空良。
ここにきて、高虎の跡取り問題により、当主である高虎の父より、高虎に女性の正室を持つよう説得して欲しい、と懇願されてしまう。
 もちろん、高虎は「気にするな、自分の嫁は空良だけだ」と強く言い募のるものの、城での噂話の中で下男の「身を引けばいいのに」という言葉を聞いてしまい、頭から離れなくなって。
 
 高虎の傍にいたい、という想いと、高虎の足枷になりたくない、という想いで心が揺れて胸を痛めている空良が切なくて仕方なかったです。
 でも、攻め様の為に身を引く受け様、という図は大好きなので、空良が高虎へ置手紙を書くところなんか、切なくて切なくて、この切なさがよかった。

 
 城を出て行った空良は同盟国のお家騒動に巻き込まれ攫われてしまいますが、軟禁された空良は自分がいかに高虎が好きで傍に居たいと願っているのか、自分の想いに気付く事になり。
 そして、空良が攫われたと知った高虎の動揺と憔悴を考えると妄想が止まりませんです。ふふっ。

助け出された空良と高虎との馬上での会話が愛と溺愛にあふれていてとってもよかったです。


 高虎の空良への一途で強い高虎の愛情が終始一貫していて、はなまるの攻め様です。
これからもずっと2人幸せに暮らしいくであろう姿を想像できて、ほこほことあったかい気持ちになれました。

5

そらの続き

先生買い。王道だなあと思うのですが、なんかダメなんですよね、好きだわ空良ちゃん。攻めも周りのキャラもいいからかな?応援したいと思わせる良い子のお話、本編240P超+あとがき。萌よりですが萌2にしました。

間もなく隼瀬浦に嫁いできて3度目の冬を迎える空良。変わらず高虎と仲睦まじく過ごしています。そんな隼瀬浦には孝之助という、次郎丸の一つ下の子が同盟国から人質としてやってきていて、その子も交え、魁傑と賑々しい日々でしたが、空良の耳にも少しずつ「高虎の子を」という話が届くようになり・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
次郎丸(正室の子、高虎の弟)、魁傑(次郎丸の側仕え)、孝之助(同盟国篠山から来た子)、弥市(孝之助の側仕え)、ふく(空良が助けた梟、今回ご活躍)、時貞(攻め父、お館様)、受け父、その他隼瀬浦の方々。

++良かったところ

ぐるぐるぐるぐるしてるよな、健気な空良ちゃん・・。今回はうっかり自刃するんじゃないかとハラハラしてしまって。まあ空良ちゃんだから自刃は無いかと後から思いましたが、頑固者だから何やらかすことやら、と読んでる最中はもうドキドキでした。

天候がばっちり読めるし、超感覚持ってるし、鳥ちゃん、獣ちゃんと意思疎通少々できちゃう空良。心がピュアピュアな故に神様からギフトもらったのかもです。そんな空良のこと、何が好きなんだろうと考えるのですが、ピュアピュアなので、自分の事は一切捨て置いて、行動基準が旦那様と隼瀬浦のみ。こういう捨て身とも思える潔さに凛々しさを感じるのかもしれません。

攻めの高虎は頑固一徹というか聞く耳持たないというかぶれないというか。親子で壮絶なケンカして家中のものを心配させてんじゃねーよ!です。バカみたいに空良のことを溺愛してて、空良をちっこくできたら、間違いなく袂に入れてそう。イケメンなはずなのに、もう空良しか見てないのが分かっているから、こっちには萌える余地なしです(笑)

そうですね、このお話の登場人物ってみんないい人でみんな頑固!面白いぐらいに筋が通っているから読んでいて気持ちがよいのだなと、今やっと思いつきました。登場人物がとにかく気持ちよいお話!という点でおススメです!

3

もう少し自分を認めてあげても良いんじゃないかと思ってしまって

あとがきによれば、今まで野原さんは続編を書いたことがなく、今回が初めてとの事。私のイメージではもう『売れっ子作家さん』なのでちょっと意外でした。

涙なくしては読めなかった前作。
私が大泣きしたのは、空良の健気さは『幸せを知らない』事から来ているから。
本当に喉が渇いている時には、20ccの水道水でも与えられれば涙が出るほど嬉しかったりします。
前作の空良って、ずーっとこういう状態なんですよ。
だからもう不憫でね。
心から彼の幸せを願った訳なんですよ。

今作も空良は相変わらずそんな感じで。
いや、駄目じゃないんですよ。お話は普通に面白かったし。
ただ何となくですね「それで良いんかいな?」と思っちゃったんです。

『あげることが幸せ』ってあると思うのです。
空良は自己評価が低いために、自分が人にたくさん与えていることに気づいていません。
だから更に『人にあげること』ばかりを考えてしまいます。
これ、周りを少しだけ悲しくしてしまうんじゃないかな。
そのことが大層気になってしまって、前作ほどお話に入り込めませんでした(繰り返しになりますけど、お話自体は面白いのよ)。

物語が進むにつれ、自分の能力をちょっとだけ自覚し、人に甘えることを許していく様に変わっていく空良がいて、非常に安心しました。
前作はどん底からの始まりだったんですものねぇ。
それを考えれば、ゆっくりにしか進まないのかもしれません。

ということがありましたので、前作を読まずにこちらを読み始めるのはお勧めしません。もしそんな読み方を私がしたら、私、空良にイラっと来たと思うんですよね。

4

幸せは貴方の傍に

今回は妾腹ながら勇猛果敢な武将と攻様の嫁となった青年のお話です。

新同盟国の内紛を絡めつつ攻様の正室問題が収束するまで。

受様は双子の弟として生まれた不吉な忌子として虐げられて育ちます。
一昨年の春の終わりには戦の時間稼ぎの駒として双子の姉の身代わり
に攻様の嫁として送られます。

攻様は小国ながらも勢いのある隼瀬浦の領主の妾腹の息子で、近隣に
負け知らずの武将として名を馳せた男でした。攻様は受様を男と知り
ながらも嫁として迎えて愛おしみます。

隼瀬浦で初めて人間らしく生きる事を知った受様は攻様に献身的に尽
くして愛を育みますが、戦に巻き込まれて大怪我を負って生死の境を
さ迷います。攻様の献身的な看護でこの世に留まった受様は改めて
攻様の傍で生きる事を決意するのです。

そしてあと1月もすれば初雪となる秋の日、受様は攻様に連れられて
鷹狩りの訓練に同行します。今回の訓練に用いた大鷹は、隼瀬浦と
同盟を結ぶ篠山から贈られた鷹です。

隼瀬浦より遠い南に位置する篠山はここ最近大頭してきた新興国で、
以前は保守的な国策を敷いていましたが、現当主の代になってから
積極的に外部に手を広げる政策をとり、今回当主の三男も同盟の証と
して隼瀬浦にやってきたのです。

篠山の三男は攻様である攻様の弟とも年も近く少しづつ溶け込む様子
をみせていますが、三男の側仕えは男嫁である受様も元山賊である
攻様の側近の態度にも不快感を拭えない様でした。

受様の夫である攻様は受を溺愛している事は、家臣にも民にも周知
の事とされていましたが、側仕えの冷たい目は受様に久しぶりに
故郷での受様への冷遇を思い出させます。

しかも篠山家では当初、攻様に当主の娘をとの縁談を申し入れてい
たという話を三男から聞かされた受様は、攻様の父である領主が
攻様に正室を持たせたいと望んでいると知る事になるのです。

攻様の父は外に向けて紹介できない男嫁では周りに認められないし、
隼瀬浦の為にも跡継ぎをと再三説得しているのですが、攻様は受様だ
けしか要らないと聞き入れていなかったというのです。

今まで受様は攻様との幸せな日々はずっと続くものと思っていました
が、受様に関わる皆が受様を思い気遣ってくれていたからこそのもの
だとも気づかされるのです。

あなたが側にいる限り攻様に悪い評判がついて回る。
この国にあなたのような方がいてはいけない

篠山の側仕えに断言された受様の選んだ道とは!?

野原先生の既刊「そらのだいじな旦那さま」の続編で、男ながらも
躍進目覚ましい新興国の武将に嫁いだ受様の身代わり花嫁ものと
なります♪

既刊でもラブラブ、同人誌でも激ラブなカップルでしたので、続編
で何が起こってもハピエンへの布石と思って読みだしたのですが、
受様が攻様と幸せな日々を過ごしていただけにかなり、きつい状況に
追いこまれていってハラハラが止まりませんでした (>_<)

個人的に最近もふもふ系やオメガバースとかよく読むので、あまり
男嫁という設定に違和感を感じなくなっていたのかもですが、

攻様は領主の長男とはいえ妾腹ですし、跡継ぎには正妻の産んだ弟が
いますし、受様が男でも唯一の嫁でも問題ないのかと思ったのですが、
力がものをいう戦国の世では、常に人は死と隣り合わせであり、後継
者問題は重要課題だったのです。

そして篠山の現当主に対する深い宿怨を抱く人物が、隼瀬浦を巻き込
むことで自分達の復讐を果そうと計画し、受様は隼瀬浦を混乱に巻き
込むために攫われてしまうのです。

受様が幸せにならないはずがない!! と思いつつも、ひどい目に合わな
いかどうかは別問題ですので、再び攻様の元に戻るまでどうか無事で
いてくれ~とハラハラで頁をめくり続けました。

何があってもゆるぎなく受様への愛を示し続けた攻様もすごく良かっ
たです。全くブレない攻様だからこそ、安心してハラハラできた感は
否めません。これからも思いっきり受様を可愛がってください♪

今回は和風ファンタジー繋がりで野原さんの既刊から『天色の瞳は
千年の恋を抱く』をおススメ作とします。

5

深まる絆と、空良の成長

「そらのだいじな旦那さま」の続編です。幸せになった2人のその後。前作を読んでいる方が空良の成長や、夫婦への萌えも高まると思うので、気になる方はぜひお読みください!

序盤の高虎と空良は甘々なバカップル(笑)。幸せそうな2人が可愛らしくて、普段はかっこいい高虎さまも、空良の可愛さあまりになんとも残念な感じに笑

新キャラとして、他国の孝之介、その付き人の弥一が登場。この弥一が、序盤の幸せな空気に冷や水を浴びせることになるのです。「男嫁」という立場に悩み、それでもここにいたいと願う空良。中盤以降では、優しさを忘れずにいながらも、強くなった空良が頼もしく感じます。

絆をさらに強くする高虎と空良に胸が熱くなります。そして事件を巻き起こすことになる弥一と、そんな弥一を慕っていた主人の孝之介の絆や心情に、悪役になりきれない悪役、主従ーー!と恋愛とは別に悶えることになりました。

電子書籍購入のおまけ小話は、空良の酔っ払った姿を見る高虎目線のお話。目尻の下がった旦那さまが想像できる甘ーいお話でした、おすすめです!

8

過去形やめてーーーー!Σ( ̄ロ ̄lll)

「そらのだいじな旦那さま」続編になります。
今作だけでも読めるように書かれてますが、前作を踏まえて読んだ方が絶対萌えると思います。

で、こちら、双子の姉の身代わりとして攻めの元に嫁ぐと言う「身代わり花嫁」ものになるんですね。
前作で、紆余曲折を経て幸せを掴み、高虎と共にあたたかい毎日を過ごす空良。
今作では、そんな彼に再び訪れる試練とはー?
って感じで。

これ、前作では受けが不憫で切ない部分があったものの、今回は既に出来上がってる二人。
さぞかし甘かろうと、いそいそと読み始めたワケですが。
いや、めちゃくちゃ甘いのです。
もう完全にバカップル化してる二人も、ちょっとスケベ親父化(エロ時だけです)してる高虎も、ひたすらニヤニヤさせてくれるんですよ。
が、想定外に切なくもあるんですよね。
ボロボロ泣いちゃって、途中で読めなくなっちゃって。
もうさ、空良が健気で健気で、彼の行動が哀しすぎるよと。
帯にもありますが「旦那さま。空良はずっと幸せでした」と言う手紙が、あまりに切ない。
切なすぎる。
てか、過去形やめてー!
この場合の過去形、好きじゃないからーーー!!

個人的にですね、誤解からスレ違う二人と言うのも切ないけど、愛し合う二人が、どうしようもない事情で引き裂かれるのは、もっと切ないんですよ。
耐えられないんですよ。
「何てこった!Σ( ̄□ ̄;)」と、身悶えてしまう。
いや、その分、ラストは本当に感動なんですけどね。
そう、愛する人の幸せを願うなら、しがみついてでも傍に居るべきなんだよ! 空良!!

で、ザックリした内容です。
男の身でありながら、高虎の元に嫁いで三年目ー。
自身を溺愛してくれる高虎と共に、幸せな毎日を過ごす空良。
そんな中、高虎の父・時貞から、世継ぎの為に高虎に正室を迎えるよう説得を頼まれー・・・と言うものです。

まずこちら、序盤は超甘々モードから。
いやこれ、しつこいですが、二人が完全にバカップル化してまして。
ついでに、高虎が、ちょいエロ親父化してまして。
えーと、晩酌しつつご機嫌で空良に抱きつき、寝入ってしまいそうだと心配する空良に「まだ寝ない」と甘えた声を出す。
で、「旦那さま、寝屋に参りましょう?」と言われれば、「おお、空良の方から誘ってくれた」と、ニヤニヤ口元を綻ばせる。
いや、エッチな悪戯を仕掛けては、恥ずかしがる空良を見て「相変わらずそなたは初々しいのう」みたいな。
う~む。
この二年の間に、ニヤケたお代官様みたくなってる。
新妻を可愛がるスケベ親父の如く、ひたすらデレデレとヤニ下がってる。

と、幸せな日々を過ごす二人。
そんな中、高虎の正室問題が浮上するんですね。
更に、同盟国・篠山の内紛に巻き込まれ・・と言った所でしょうか。

今回、キモとなるのが、同盟国の篠山から預りとして来た当主の三男・孝之助のお付きとなる弥市になるんですね。
穏やかであたたかい隼瀬浦の人々の中で、幸せな日々を過ごす空良。
そんな空良に、世継ぎが居ないと言う将来の不安や、男の嫁を娶った高虎に対する、周辺各国の嘲笑と言った事を吹き込む。
そして、皆の為を思うなら、身を引く事を示唆する。
こう、序盤は超甘々なのです
幸せいっぱいモードなのです。
そこに、冷や水を浴びせる存在と言いますか。

ここからの空良の葛藤がですね、もうめちゃくちゃ切ないのです。

愛する人の幸せを望む純粋な気持ち。
今の、あたたかく幸せな毎日を無くしたくないと言う、自身のエゴ。

愛する人が周辺各国から「男嫁を貰ったうつけ者」と言われていればやるせないし、それが自分のせいだと思えば、心が苦しい。
また、それでも愛する人のそばを離れたくないと願ってしまう、自身の汚さー。

元々、こういった心の奥底まで暴き出すような、深い心情描写にかけては、とても巧みな作家さんだと思うんですね。
切ない。
あまりに切なすぎる。

これ、思い悩んだ末に空良は、一人で高虎の元を去ろうと決意します。
そこで、置き手紙だけを残すのですが、それがまた泣かせてくれて。

これまでの幸せな毎日を振り返り、高虎に感謝の気持ちを伝えようとするんですね。
で、迷い書き直した末に、「空良はずっと幸せでした」と、幸せを貰った事を綴る。
そして、高虎の幸せを願うー。
もう、ここでボロボロ泣けちゃって。
マジで、過去形やめてー!
なんかめちゃくちゃ辛いから、過去形やめてーーー!!

これ、みんないい人なんですよ。
時貞も、家臣も、周囲の領民も。
弥市でさえも、芯から悪党ではない。
それぞれ、守るものや愛する人、自身の信念の為に、最善の道を選ぼうとしてる。
だからこそ、切ない。

で、ここから更に一波乱。
一人ソッと館を去る空良ですが、浚われて・・・と続きます

これ、ハラハラドキドキさせてくれますが、同時に、空良の変化に胸が熱くなります。
空良を浚った犯人の目論見。
隼瀬浦を守る為に、空良に出来る事。
そして、高虎から離れて、初めて気付く大切な事。

そうなのよー!
高虎の本当の幸せを願うなら、そばにいて寄り添ってあげるべきなのよ!!
愛する人に去られたら、幸せになんてなれないんだよ!!!

いやね、愛する人の為に、自分が犠牲になる事を選んでしまう空良。
それが、自分勝手だろうと、自身の気持ちを通そうと変わるのに、胸が熱くなっちゃうんですよ。
また、そんな空良を、高虎が深い包容力で受け止めるのが、すごく素敵なんですよ。

とりあえずこの後ですが、とてもあたたかいラストです。
もう胸が、いっぱいになっちゃいましたよ。
前作を読まれた方、ぜひ読んでいただきたい。
更に深まる二人の絆に、感動していただきたい!

あと、高虎をただのスケベ親父みたいに書いちゃいましたが。
それはベッドの中でだけ。
普段は包容力バリバリのいい男です。
いや、普段もわりとデレデレしてるか。

23

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ