GAPS off limits

GAPS off limits
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神111
  • 萌×221
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

25

レビュー数
15
得点
648
評価数
135
平均
4.8 / 5
神率
82.2%
著者
里つばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFT SERIES
シリーズ
GAPS
発売日
価格
¥710(税抜)  
ISBN
9784813032632

あらすじ

「指輪買いに行きましょうか」
長谷川直幸、37才。
ノーマルとして真面目に生きてきたが、
ついに部下で男の片桐と恋人になる。
片桐 聡、30才。
顔よし、頭よし、性格よし、
男女問わず、社内憧れの王子様だが、
その実体は貞操観念の緩い社会性欠如のクズ。
のはずが、長谷川にだけは一途さを見せる。
恋人になってふたりで甘々生活…のはずが、
片桐の大学時代の先輩・中村が現れて!?
クズ王子×不能姫、求婚編♡

表題作GAPS off limits

片桐聡,30歳,リーマン
長谷川直幸,37歳,リーマン

その他の収録作品

  • BE MINE(描き下ろし)
  • カバー下・あとがき、登場人物の細かい情報紹介、小ネタ集

レビュー投稿数15

素直になれない長谷川さん可愛い

片桐の長谷川さん以外はどうでもいいって、あの態度に今回もゾクゾクさせて貰いました〜。


紳士的な溺愛攻めも良いですが、こういうクズ攻め大好物です。
特に大学時代の先輩である中村の妹に放った言葉なんかスカッとして、その後の活躍(?)振りには根本的に変わって無いなと安心してしまいました。


それでも長谷川さんに対する愛情は本物だと思うし、セックスで片桐に応えようとする長谷川さんの初々しさに萌えました♡

「指輪買いに行きましょうか」って言葉は冗談めかしてたけど、かなりの執着具合を感じました。

なかなか素直になれないで体裁ばかり取り繕っては後悔してる長谷川さんが可愛いんです。
そしてそんな事はお見通しとばかりの片桐が素敵に見えてしまいます。

シリーズ一作目の時はこんなに好きになるとは思いませんでした。早く続きが読みたいです。

7

女々しい長谷川さんも大好物です

シリーズの最初から続けて読むと、長谷川さんが片桐の事をかっこいいと思っている場面とか、キスシーン、Hシーンがいちいち感無量です。

新しいキャラクター(もれなく変人)の投入により、長谷川さんの心が少々乱されたりもしますが、この巻では割と片桐が長谷川に比較的優しくて(恋人だから当然なんだけど、クズ王子だけに油断できない悲しさ)、今までより安心感がありました。

何よりもう長谷川さんの愛が揺らぎないものになっている!
看病に来た長谷川さんとかもう嫁の貫禄が笑
転勤の話もためらいなく断ってるし…。
片桐はホントもう長谷川さん泣かすなよー。

まだ続きそうな予感はありますね。
次巻はもう入籍しかない?期待しております。

8

ネタバレあります!



わぁぁああ!新刊!涙

GAPSシリーズもDOGSシリーズも、どちらも大好きです!
自分の好きな本ランキングを作るなら、絶対上位にランクイン!笑

帯…ほんとセンスいいですよね~。笑
不能姫って見ると、毎回クスッときちゃいます!
ちなみに今回は、「クズ王子×不能姫 まさかの求婚(プロポーズ)」です。笑


______________ネタバレあり
もぅもぅもぅ!! 2人を見てると顔が勝手にニヤけちゃう〰️笑
片桐は、相変わらず長谷川さん大好きだし!
長谷川さんは、なんか乙女みたいになってるし!

長谷川さんっ!可愛い!可愛すぎる!女々しくても可愛いから全然オッケー!ノープロブレム!笑
片桐の、「悪い教師にでもなった気分。」←これスゴく的確。長谷川さんを見る…片桐・読者の気持ちを、しっかり表してますよね!笑

ただ、ちょーっと時間の流れが遅いように感じました。汗
片桐がケガをして、会社がくれた休暇が1週間…だったかな?
その1週間の出来事が主なので、時間が?お話が?あまり進んでないような気になるような…ならないような…。
読んでて、「えっ!嘘っ!もう終わり!?涙」となりました。
それだけ、夢中で読んじゃうって事もあるんですけどね~♪

でも!!新キャラの「中村先輩」が出てきますし、お馴染みの「レオくん」や流されビッチ!?の「瀬戸くん」、そしてDOGSの「矢島くん」が登場します☆

中村先輩…出てきた時は、2人の仲を引っ掻き回すのかな~泣 当て馬かなぁ~泣
なーんて思ってたんですが!ただの気の良い、イケメンのドMでした!見てると明るい気分になれます!可愛い!好き!笑

レオくん…相変わらず可愛い~!台湾に飛ばされてたけど、そんなとこも可愛い!笑
瀬戸くんと一緒に居たけど…くっつくの…かな…。複雑だぁ。笑

そ・し・て…矢島くん~!ほんとカッコいい!超超超大好き~!!!
車内での片桐との、「轢いたか?」のシーンとか…あー、なんかもう、とりあえず矢島くんの全部が好き!笑
長谷川さんに頼みたい事って何〰️!!気になるよぉぉおお!!!

帯にあった「求婚!(プロポーズ)」…これは煽りでしたね!笑
でも、片桐の実家へ行く話が出たり~♪指輪の話が出たり~♪
着々と愛を育んでる2人が、愛しいというか。ニコニコしながら、これからも見守っていきたい。そんな気持ちになれました!
_______________________

いつも通り、とっても面白かったです〰️!
これからも2人を見て、ニヤニヤしていたい!笑

GAPS,DOGSシリーズを読むと毎回、数日間は「暇があると本を開いてしまう」状態になる!
そして、(最近 読んでなかったな~。)なんて思って久しぶりに開くと…また離れられなくなる。笑

何度も何度も読んでるのに、ちょっと間を置いて読み出すと、また初めて読んだ時みたいな新鮮な気持ちで読めちゃう!
そんな不思議な感覚があります!
お得ですよね!笑


矢島くんが、片桐の服を着ている所も見れたし!笑
今回も、いつも通り大満足です☆☆☆
DOGSの続きも読みたいな~♪

10

クズ王子 × 不能姫 求婚編♡

攻めの属性がわたしの守備範囲じゃないなと思いつつ、話題作だったので購入し、惰性で読み続けてきたこのシリーズ。
5冊目にしてストライクゾーンにどハマりしました(祝)

貞操観念ゆるゆるのクズ王子だったくせに、長谷川に独占されたがる片桐がたまらん。
独占欲滾る攻めも萌えるけど、独占されたい欲をぶつける攻めも良い〜!
そして最後の、姫の究極のデレ。最高でした。

今回新しく登場するのは、片桐の大学時代の先輩・中村さん。
レオに始まり、瀬戸くんといい中村さんといいサブキャラの癖が強すぎじゃないですか(笑)
中村さんったら矢島に目をキラキラさせるからひやひやしました。
もし斉藤さんの耳に入ったら、中村さんは無事でいられるのだろうか。
DOGS派なのでとても気になります。

9

長谷川さんの心理はセリフだと裏腹だけど仕草にダダ漏れだね( ´艸`)

電子化待ち遠しかった〜〜〜!
今作はねー、絵を読むのが好きな漫画読みにはもうねー、長谷川さんの言葉とは裏腹の心理が仕草に表れまくってるのを絵から読み取るのが楽しくて楽しくて、読んでる間ずーっとニマニマしっぱなしでした!!!!

はぁ、、、萌えるってこういうことを言うんだわ、、、
女々しさを必死に隠そうとして、でも全然隠しきれてない長谷川さん、、、
片桐の言葉一つで乙女のように心が喜んじゃう長谷川さん、、、
愛おしい、、抱きしめたい、、
片桐はどこまで気づいてるのかなぁ?頭のいい片桐のことだから全部気づいてるか( ´艸`)
いや違うな、、、察してるだけじゃなく、さらには長谷川さんの「不安」と「男のプライド」の両方を尊重して発言してるから、片桐の言動はああいう感じになるんだろうな。

私がこのシリーズを読んでいて好きだなぁと感じているのは片桐のモノの言い方なんですが、片桐は長谷川さんを力技で変えようとしたりねじ伏せようとしたりしないんですよね。
だから例えば、長谷川さんが不安を感じて、でもそれを口にはせずにいるのなら、片桐はそれを否定するような言葉を返すんじゃなくて、打ち消せるような言葉を選んで返してて、それが好きだなぁって思います。
「心配するな」とか「大丈夫だよ」とか、そういうのも悪くはないんだけど、でもそれって無意識的に相手を下に見てるから出る発言じゃない?
片桐にとっての長谷川さんは尊敬から始まっていて、それが敬愛に発展して性愛も混じっちゃった感じだから、片桐の発言には無理に説き伏せる感じのものがなくて、常に長谷川さんを尊重する傾向があるんですよね。(これ、里つばめさんすごいなぁって思いながらいつも読んでます!さすがはいつも素敵な対等カプを描いてくださる作家様だと思う。)
そのために生じてしまうもどかしさというか、2人の会話の焦れったさもまたこの作品を読む楽しみであり、萌えなのですが、今作はそれを特に強く感じながら読むことになる内容だったな〜と思います。

片桐の「あー 気持ちいいー…」という言葉を聞いた時の、長谷川さんの色んな迷いが吹っ切れたあの瞬間がたまんなかったです。
片桐のビックリしたような表情も( ´艸`)♡
なんかさー、このシリーズは片桐にシンクロしてると要所要所でほんと天にも昇る心地にさせられるというか、幸せを噛み締められるよねぇ。
長谷川姫に振り回されっぱなしだよ。

この本編を読んでの、描き下ろしのタイトル「BE MINE」って良いなぁと思います。
前作のサブタイに付けられていた「hanker(=焦がれるとか渇望するという感じの意味)」もそうだったけど、最初は片桐のことかなって思うんですよね。でも読むと、あぁこれ長谷川さんのことでもあるんじゃん、ってなるんですよ。
今回なら「俺のものになって」と思ったのは、きっと片桐も長谷川さんもでしょうね。
最終話での長谷川さんの決断は最初は意外にも感じたけど、この描き下ろしのタイトルを見てそんなふうに解釈したらストンと落ちるものがありました。

こうなったらもう実家にご挨拶して結婚するところまでは見届けたい気持ちでいっぱいですよ!!!
電子特典で『恋人の家族に会う時のマナー』を熱心に読んでた長谷川さんの心の準備を無駄にしてはいけないですよね?ね?里先生♪(期待の眼差し)

このシリーズ一生終わらないでほしいなぁ。ずっと読んでたいです。


これから買われる方は↓の順番で読んでくださいな。
「GAPS」
「GAPS RISKY DAYS」
「GAPS apples and oranges」
「GAPS hanker」
「GAPS off limits」(本作)
※「DOGS」と「DOGS infight」は別カプのスピンオフです。

【電子】レンタ版:修正-、カバー下×、裏表紙×、レンタ限定特典(1p)付き

16

2人の間はきっと off limits ‼︎

前作「hanker」でメロメロにされて。成就して。これで美しく完結でも良かった。
もっと欲しいけど、これで完結!で、良かったとも思ってたんですよ‼︎ まさかまだ続いていたとは‼︎ という驚き。蛇足だったらどうしよう、それとも甘あま後日談? 逸る気持ちを抑えて、またイチから読み返す。いや何もなくても好きな巻を読み返してはふぉおおお!と萌え転がってはいるのですが。やっぱり、何度も読み返して見ても。
シリーズ全て好きなんだけど、私は「apples and oranges」が一番好きだったんだなぁ、って思い知らされる。1巻に1人、新しいキャストを足すこと。1巻に一つ、何か事件が絡むこと。を、セオリーにしているみたいなんだけど。シリーズ3作目の後半の事件と。それをもお洒落にかわしてしまう片桐のカッコ良さ。それが遺憾無く発揮されているのが、「apples and oranges」なんだと思ってしまう。

で、そのセオリーで行くと。本作の新キャストは片桐の大学時代の先輩中村さん。後半にはこの中村さんの妹さんをふわっと絡めた事件が描かれている。余談だが、この事件自体は某金持ち息子が集うサークルの、実際の事件がモチーフにされている。

とは言え、新キャストが2人の間に割り込む事はもちろん無くて。
絶対的な「off limits」なのだ。この読み手側を戸惑わせる、巻数無印のサブタイトルはニクい。お洒落過ぎて萌え転がってしまう。
「GAPS」→「RISKY DAYS」(危険な日々)→「apples and oranges」(比べられない)→「hanker」(うずくまる)→「off limits」(立ち入り禁止!)イマココ‼︎ みたいな。
長谷川さんが、片桐の表の顔と素の顔のギャップにヤラレて、彼の危険さにグイグイ魅かれて行かざるを得なくて、振り回されて。悔しくて。彼の事で頭も心も一杯にされて。どうにもならなくなって。もどかしくて。そんな自分が、もう片桐無くしてはいられないのだと自覚して。めでたく結ばれてからも色々あるけど、もう2人の間には何ものも立ち入れ無いのだ。帯にある様に。または片桐の科白にある様に。「オレのもの」の象徴(‼︎)の指輪はまだ贈られて無いようなので。これはまだまだ続くのね〜。
これからも私たちに「萌え」と事件を提供して下さいな♬

前作から登場の、自称流され系ビッチの瀬戸くんは玲央と一緒に居たりするので、この2人は何とかなってんの⁈ とか。矢島刑事は「DOGS」にて、斉藤さんというものがありながら、初恋の相手である片桐の姉(清楚系ビッチ)のパシリに使われていたり。色々気になるところも有り。片桐は自分の家族に長谷川さんを紹介したいと話しているし。長谷川さんは自身で「おっさん」だと言ってる割には、巻を追うごとにどんどん可愛くなっていってるし‼︎ 続きが気になり過ぎます‼︎

6

大人可愛い不能姫

クズ王子に大分慣れてきたぞ~なシリーズ5巻
シリーズものだからこそ、ここまで付いてこられたところもあります。
初期に比べればかなり落ち着いたおクズっぷり。
それでも所々に見え隠れするその性格。
未だに片桐のことはそんなに好きではないけれど、長谷川が好きなので読んじゃいます。

挿入のときに、長谷川が少なからず痛くて苦しんでいることは片桐も承知しているんだろうなあとは思います。
でも好きだから求めるし、敢えて痛い?など聞かずに気持ちいいとプラスの感情を伝える片桐に悔しいけれど萌を感じました。
うっ私気付いたらクズ王子の虜になってる?

5話での長谷川の決断は意外でした。
もう本当に片桐に陥落したのね~~~とハンカチ噛み締める勢いです。

新キャラの中村と片桐の相性の良さには思わず笑いが。
義弟になってほしいほど、片桐を求めてる。
先輩・後輩なのに全く意味を成していない関係性もミソです。

最後まで見届けます。
続きを期待させてくれる終わり方でした。
もちろん買います!

8

立ち入り禁止は解禁なるか?

前回の神巻から、首を長くして発売を待ってましたー!

恋人編になりますが、長谷川さんのあまりの可愛さに悶絶しながら読みましたよ!!

で、既に皆様の愛に溢れた素晴らしいレビューがたくさん挙がってますので、勝手な感想や解釈のみ語らせていただこうと思います。

えーと、毎回サブタイトルが深い意味を持つこのシリーズ。
今回は「off limits」。
そう、立ち入り禁止になります。

いつも発売前から、サブタイトルを見て勝手な妄想を膨らませてたりするんですけど。
で、恋人同士になった二人で立ち入り禁止とな!?と。

いやね、今回、初登場キャラであるドMの先輩・中村が良いところで散々邪魔してくれるんですよ。
こう、横恋慕してきて長谷川さんを不安にさせるとかの邪魔じゃなく、片桐のマンションに居座って、二人を物理的にイチャつけなくさせるって方の邪魔だけど。
本当、クッソ邪魔だけど。

いや、これはこれで、(中村の目を盗んでは)隙あらばとばかりに長谷川さんにエッチなことを仕掛ける片桐と、「他人が居るのに!」と拒否する長谷川さんとの攻防が楽しくて仕方ないですけど。
いやもう、片桐・・・。
恋人となって多少は変化するかと思いきや、相変わらず清々しいほどクズだよなぁ。
なんでそんなに、自分の欲望に正直なのよ。
あっ、恥ずかしがってる長谷川さんが可愛いすぎるから、気持ちは分からないでもないんだけど。

話が逸れましたが、まぁそんな感じで中村の存在から「恋人同士である二人の間に立ち入り禁止♡」って意味だろうと解釈してたんですよね。
が、読み進めるうちに「いや、そんな単純な意味じゃないな!?」となりまして。

えーと、今回は当然ですが、「恋人」としての視点で長谷川さんの心情が語られるのです。

(外面だけはいいから)モテモテの恋人を持つ不安。
受け入れる側と言うこれまでに無い立場からの、セックスに対する恐怖。

これね、きっと、長谷川さんが男じゃなければ、年上じゃなければ、もっと気持ちを素直に出せると思うんですよ。
でも、男だから。年上だから。その矜持があるから。
嫉妬一つする事でさえ、「女々しい」と思い込んでしまう。

そう、恋人編って事でひたすら甘いかと思いきや、そんな長谷川さんの戸惑いや迷いがメインとなる巻なんですよ!

また、そんな長谷川さんの逃げ道を塞ぐがごとく、グイグイ攻め込む片桐!

いやこれ、「恋人である二人の間に立ち入り禁止♡」なんて浮かれた意味じゃなく、長谷川さんの「自分の中への立ち入り禁止」なんじゃね?と。
えーと、心へも身体へも。と。

で、今作での私の最大の萌えなんですけど。
そんな長谷川さんの心情の変化なんですよね。

もうさ、特に、セックスに対する恐怖心が拭いきれなかったこれまでの長谷川さん。
それが、片桐の「気持ちいい・・」と言う言葉を聞いて、心と共に身体が変化する様たるや!
ああ、心と身体って繋がってるのよねと。
くっ、これほど尊いエッチがあるかー?と。

これね、こんな派手な出来事が起こって、こんなドラマチックに気持ちが動くんだよってワケでは無いのです。
むしろ、真逆なんですよ。

合鍵のエピソード。
片桐が冗談にまぎらわせて、ふとのぞかせる本音。

すんごく地味で普通の恋人達のエピソードを経て、長谷川さんの気持ちは変化してゆくのです。
そして、それがめちゃくちゃ素敵だと思うのです。
だって、人って、そんな簡単に変わったり出来ない。
一つ一つささいな出来事を繰り返して、少しずつ少しずつ変化して行くのが自然だから。
てか、そうじゃなくても理屈抜きで、戸惑ってる長谷川さんがめちゃくちゃ可愛くて萌えるから。


今回、立ち入り禁止を解除した長谷川さん。
次回はこれが解禁となり、片桐は歓迎の上で招き入れられるのでしょうかね?
この解釈、全然違うよ!?って事でしたらご容赦下さい。

ところで「立ち入り禁止♡」なんて、今回は浮かれたハッピーなタイトルだわとニヤニヤしてたら、浮かれてハッピーなのは私の頭だけでしたよ。

23

愛おしさが溢れている♡

里つばめ先生のエリートシリーズ。
『GAPS hanker』の続編です。

仕事は充実しているけれど他がいろいろ気になるお年頃の上司 長谷川 と 仕事では憧れの王子様でもプライベートはクズの部下 片桐のお話。

前作では、長い恋愛攻防戦の末、とうとう長谷川が片桐に陥落しました。
今作は、その続きになります。
長谷川は仕事で参加しなかったチャリティマラソンの会場を訪れました。
そのチャリティマラソンには片桐を含め社内メンバーが参加しています。
完走した片桐と長谷川が話をしていると声を掛けられました。
「片桐?」

『GAPS off limits』では、また新キャラが登場します。
片桐の大学時代の先輩で現在は郵船会社に勤めている中村さん。
当て馬になるのか?とハラハラしていたら…全然違いました。
中村さんも片桐同様にイケメンですが、なんと長谷川もドン引きするくらいの「ドM」です(笑)
社会性欠如のクズ 片桐の雑な扱いにも「そのSっ毛 痺れるぜ~」と全く怯みません。
さらには、片桐の幼馴染み 矢島のことも気に入った様子です。
確かに矢島もSだもんね~。
でも、その矢島を上回るドS斉藤に会ったら中村さんはどうなるんだろう?!

チャリティマラソンの翌日、中村さんは飲み会で酔って片桐の左足を踏み骨折させてしまいます。
ギプスで動けない片桐を長谷川がお世話をすることになりました。
最初は、片桐の強引なアプローチに絆されていた長谷川でしたが、もう完全に片桐のことが好きですよね。
ただでさえ仕事が忙しい長谷川が片桐の部屋に通う姿に愛を感じました。
でも、片桐の部屋に中村さんが居候しているのには驚きましたけど(汗)
長谷川は不安と戸惑いから片桐の恋人としての自信が持てません。
あれだけ男女問わずモテて、過去の女性遍歴を聞かされたら自信が持てないのは当然です…。
しかし、今作は「求婚編」ですよ!
片桐が言葉や態度で長谷川さんの不安を少しずつ払拭するんです。
「まずい 期待しそう」
いやーん、長谷川がどんどん可愛くなっている (〃艸〃)
その内容は、ぜひ本編でご確認ください。

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラでは、レオくんと瀬戸くん、片桐の幼馴染み 矢島が登場します。
レオくんの登場回数が少なくて残念でした(泣)

Hシーンは、前作よりも甘く官能的な雰囲気です。
お互いの愛おしさが溢れているのが伝わりました。
長谷川はまだ受け入れる立場として経験が少ないので、セックスをすると「痛い」「苦しい」と感じます。
でも、片桐の「気持ちい―…」と言う言葉を聞いて、長谷川は「痛い」「苦しい」から「溶けそう」と感覚が変化していきました。
愛されていることを実感すると、心は身体に影響を与えますよね。

描き下ろし『BE MINE』
本編の続きになります。
長谷川の言葉に我慢できなくなった片桐は公園で…。

最後は、長谷川が上司からロンドン駐在員の打診されます。
果たして長谷川の決断は?

「求婚」とまではなりませんでしたが、恋人としての距離が縮まった2人を見られて嬉しかった〜。
片桐は、相変わらず長谷川に対して一途ですし、長谷川も変化する自分の気持ちを受け入れたようです。
個人的には、社会性欠如の片桐をもっと見たかったな(笑)

『GAPS』シリーズの続編も待ち遠しいですが、里つばめ先生のエリートシリーズは他にもあるので並行して読みたいです(泣)
矢島が長谷川に言った「頼みたいことがあって待っていたんですけど」とは?
『DOGS』シリーズにも関連するのでしょうか?
うぅ、気になる…。
長谷川さんのデレを愛でる今作でしたが、続編はさらなる進展を期待します♡
絶対に読んで損はしないおすすめのシリーズですよ。

13

っとてつもなく…想像以上…

はあ~♡
なんだこれ、なんだこれ…素晴らしかった!

前作では、やっとたどり着いた2人の初夜に萌え身悶えた私ですが、この度も読み終わりました。全く、同じ状態になっています。

と、言うかやっぱり甘さが違う~!
全然違うんです!
片桐が、甘い。もう、長谷川を見る目と所作が違う。すごく愛しいんだろうなってわかる!名探偵じゃなくてもわかる!

今回は、片桐が初登場の先輩中村(ドMらしい♡)から思わぬ骨折に至る経過が有りまして。
先輩の中村のキャラも楽しく、長谷川込みでわちゃわちゃしていました。
中村の妹を悪い大学サークルから助けるイベントも発生したりと面白い。

GAPS の中でも、突然発現する片桐乱暴者エピソードが、結構好きなんですよ!
多分、私自身は絶対に出来ない片桐理論の乱暴さが、読むとすっきりとするからかもしれません。それを見守る長谷川も、以前よりは乱暴さの中に有る片桐の優しさがちゃんとわかっているところが、なおよろし。

そして、長谷川がまー可愛くてですね!
まだまだ、片桐に抱かれるのは不慣れなんですよ!だけど、片桐に抱かれる悦びも滲み出ていてですね~!
これは、絶対に自室じゃないと読めません。だって、声が出る!「うわっ」「きゃう!そう来るの~!」みたいな個人的なやつ。
里つばめ先生の描くセックスって、擬音ないじゃないですか。セックスの場面で、最中の動作とか、粘膜や体液的な擬音ないんですよね。
だけど、セックス中は全体にダークなトーンが貼ってある…
たまに漏れちゃう長谷川の喘ぎとか、片桐の攻め言葉以外はない音。
なのに、大変エロい。
そう、このトーン貼りが大変に良くて、セックスに夢中になる2人の濃密さが強く印象的にクローズアップされていますよね、ね!

片桐と長谷川の2人のセックスが、また甘い!
ぎゃーって叫ぶわ…(私が!)

今回は、長谷川自身が片桐に対する想いを鮮烈に感じていたように思いました。戸惑うばかりだった片桐との恋と関係性に、ちゃんと答えを見つけた気がします。
片桐も長谷川一途になっていますし、まあ最高でしたね…ビジネスをバリバリこなす都会のリーマンがこんなことになってるとか、ほんとに最高に好きです。

私自身のGAPS愛も、昂ってしまい大変です。
まだ続くのでしょうし、この後の2人の行く末を長く見守りたい…

里つばめ先生、GAPSシリーズを産み出してくださり本当に感謝いたします。
とりあえず、これから読む方にも身悶えていただきたいと思いました。

17

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う