こないだ俺 面白いAV見たんですよね、上司喰っちゃうやつ

GAPS

gaps

GAPS
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神127
  • 萌×266
  • 萌41
  • 中立10
  • しゅみじゃない5

72

レビュー数
28
得点
1032
評価数
249
平均
4.2 / 5
神率
51%
著者
里つばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFT SERIES
シリーズ
GAPS
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784813030911

あらすじ

長谷川直幸、37才。
仕事は充実しているものの、反面、私生活はさっぱりで、身体の衰えを自覚しつつある。
片桐 聡、30才。
顔よし、頭よし、性格よし、男女問わず、社内の憧れの王子様。
のはずが、大学生からお金を巻き上げたり、気に入らない相手の車を壊したり、
プライベートは破綻しまくりだった!?
夜の公園で、誰も知らない片桐を知ってしまった長谷川の運命は!!

表題作GAPS

片桐聡,リーマン,会社の後輩,30歳
長谷川直幸,リーマン,会社の先輩,37歳

その他の収録作品

  • REVERSE(描き下ろし)
  • カバー下:登場人物の細かい情報のご紹介・小ネタ集・幼馴染みご紹介

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数28

是非続きを!

里つばめ先生は個人的には初めましてなんですが、やー!良かったです!
帯が惹かれずにはいられなくて。
『昼は、社員憧れの王子様
夜は、社会性欠如のクズ 狙われたお姫さま(37才.不能)は……!?』
という煽り。
これは手に取っちゃいますよね(笑)
中身も面白く、攻めの会社後輩が本所クズ野郎でした(笑)喧嘩吹っ掛けられた相手の財布取っちゃったり、姉の別れた不倫相手の車をボコボコにしちゃったり!
周りに居たら正直関わりたくないタイプなんですが、でも会社では王子様なんですよね。
受けの先輩は不能が原因で彼女と別れちゃい最後後輩に堕ちるのかと思いきや、グラグラしている攻防で終わってしまいました。次回作は今作に出てくる攻めの後輩の幼なじみ(警察署) が主人公みたいなので、そこで二人のその後が見られれば良いなと思います!
過去作品もチェックしてみます。

8

最高に萌えを期待させてくれる導入巻!

シリーズ最新刊が発売され、ちるちるが沸いている。
あぁ…一緒になって熱狂したい!
でも出来ない!
何故ならシリーズを読んでいないから!(泣)
ってことで、多大なる期待を寄せて、読み始めたこの1巻。はい、これ好きなやつ〜〜\(//∇//)\

でもこれ、続刊が既に出ているからこその評価かも知れません。
かなり続きの気になる煮え切らない終わり方をしているんですが、発売当初は続刊が決定していなかったようなので。
シリーズ化している今だからこそ、導入巻として迷いなく最高の評価がつけられます。

会社の上司部下である、片桐(部下)×長谷川(上司)。
仕事が出来る爽やか長身イケメンの片桐の二面性がすごい!この攻めいかれてます。
上司の長谷川が、この二重人格の部下の本性を偶然にも知ってしまったことから始まるストーリー。
この巻では片桐→長谷川への謎の猛烈アピールはあるものの、決定的なラブにもエロにも至っていません。
長谷川のガードは固いし、ヤバイ本性を隠し持つ片桐も、長谷川に対して無理矢理強引に体の関係を結ぼうとまではしない。
強気でイケイケなのに、じっくり攻略する気を感じさせるしぶとさもあって、なんかじわじわ来るんですよね。

長谷川は絆されていってるのかな?と思う瞬間もあるんだけど、求められれば身も心も拒絶をするし、まだまだ全然BLじゃないこの1巻。
だからこそ、何にも致さないからこそ、最高に萌える、いや萌えを期待させる1巻でした!
長谷川が落とされていく様が見た〜〜い。

あーもう。
読みたい新刊たくさんあるけど、とりあえずしばし『GAPS』祭決定です。

7

fぐおおおおおっ!!!

味わい&深みのあるお話を作る里先生の最新刊
あああ、いいですね、このキャラ。振り回されたい。
需要ありすぎてバカ売れしてしまうんじゃないかと心配になるほど面白かったです。帯の文句でも、デザインでも、絵でも、なにかしらちょっとでも気になっている人ははやめに買ったほうが吉です。
台詞のひとつひとつが心臓を狙い打ちしてくるかのような。
自分のどストライクでした。
続刊を切に希望します!

5

清々しいほどの外道…レベェルが違うんだよ、レベェルが

職場のプリンス片桐の若さや強靭さを目の当たりにして、
長谷川はメタボ、ED等、老いに悩む自分を自覚せざるを得ない。
しかし、片桐のダークサイドを知り、老いの悩みが吹っ飛ぶほどドン引き。
恐喝、暴行、器物損壊、危険運転、汚部屋、無精髭、ギャンブル狂い…
片桐の外道ぶりがリアルなのと、そこに一切罪悪感がないのが清々しい。
最初は「長谷川さんには知られたくなかった」と片桐は言っていたが
明らかになったことで2人の距離が縮まり、片桐の破天荒さに振り回される日々が始まる。

振り回されてる時点で、長谷川はもう片桐と向き合ってしまってるし、
片桐の下衆発言に毎回ツッコミ入れてる時点で、長谷川は片桐を許容してしまっている。
そういう長谷川の無意識の寛容さを、真性ドSの片桐は敏感に嗅ぎ分けていてそういう相手を決して見逃さない。長谷川の極限まで自分を受け容れさせたくなるんだろう。

実際、長谷川から断られ諭されても片桐は諦める気配さえない。
それどころかケロッと「めんどくせーこと抜きに一回やらせてください」
片桐の切りかえしの言葉がいつも端的なので、下衆が際立ってとにかく清々しい。

長谷川は人間関係に穏やかさを求める一方で
深層心理では片桐の凶行から目が離せないでいる。
仕事でもプライベートでも、持てる包容力を最大限発揮してしまう長谷川は
我慢したり、無理したり、迎合することに慣れ過ぎている。
最終話で片桐に対して怒りの感情を発露してみる長谷川。
片桐の若さや外見だけでなく、その言動、行動は長谷川にとって羨ましくもあるからだ。

ほだされそうで、ほだされない。
なかなか成立せずもどかしいとの意見もあるけれども、
私は狼狽する長谷川さんが愛おしいのでまだまだ見ていられる。
お堅いセックスしかしたことない長谷川さんが前立腺の性感とアナルセックス覚えちゃったらどうなっちゃうんだろー。
ひとたまりもないだろうな。

4

これから読む方はRISKY DAYSまでセットで読んでほしいです!

GAPSシリーズを語り合える友達が欲しい!
新規ファンだからこそ分かりあえるテンションってありますよね!
4巻イッキ読みして語りたい事が次から次へと溢れてくるのです!

人気シリーズは敷居が高い
気にはなっているけどきっかけがない

そんなBLファンの方に伝えたい!
新規ファンによる未読な方のための全力プレゼンでございます!


※こちらのレビューはGAPS hankerの発売をきっかけにGAPSシリーズに出会い
 シリーズ4巻をイッキ読みしたファンの新規ハイなレビューとなっております。
 新規ファンが勝手に提案する「GAPSシリーズの楽しみ方」になっておりますので
 4巻までシリーズ通してのネタバレがあります。ご了承ください。

GAPS hankerのレビューにも書いたのですが長いシリーズに手を伸ばすのってちょっと躊躇いますよね。
しかもGAPSシリーズは攻めの片桐がクズクズ言われている…。
ここでまず一途攻め、執着攻めが好きなBLファンはちょっと引きます。
なのに「GAPSマニア」「GAPSジャンキー」と呼ばれる熱狂的なファンが多い。
そして4巻発売時の帯や公式ツイッターでも散々煽っていたので有名だと思いますが
2人の初エッチまで3巻かけている…!
珍しいですよね!!これ!!
二人の恋の攻防戦がいいんですよ~~~♡

シリーズものだと「とりあえず1巻だけ読んでみようかな」となると思うのですが
そこはぜひ2巻のRISKY DAYSを一緒に買っていただきたい!!
新米GAPSマニアから言わせてもらうと1巻だけだと片桐の魅力は伝わりにくいです。
伝わりにくいっていうか…1巻だけだと「メチャクチャな男だな片桐」しか感想が出て来ない。
長谷川さんにちょっかい出してるのも真意が見えてこないし、
里先生の絵柄のおかげで「カッコイイ」と思えるシーンもあるのですが
全てにおいて「本心が見えてこない」ので妙なモヤモヤ感とかザワザワ感が残るんです。

「あんたは俺の事好きなんですよ」
「だって長谷川さん俺の事好きでしょ」って言う前に
自分が相手をどう思っているのか伝えるのが先でしょ!?
この相手の気持ちを勝手に決めつけてる感じが最初好きになれなかったんですよね~。
でも、これも2巻以降読むと印象が変わってきますので1巻でイマイチはまりきれなくても
2巻に行って欲しい!2巻を読んでほしい!!

なぜRISKY DAYSをセットで買って欲しいと書いたかと言いますと
2巻で話が大きく動くからです。恋愛的な意味で。
私は4巻の中で2巻のRISKY DAYSが一番好きです♡
読んでいて一番ハラハラドキドキします♡♡

シリーズ4巻を強引にまとめるなら1巻2巻が「第一部」、
3巻4巻で第二部という流れになっていますので
RISKY DAYSまでをまとめて読んで面白さにハマって下さい!
二人が結ばれるのは4巻ですが恋人同士になる前から全編にわたってキスの嵐です。
部屋でも会社でも道端でもありとあらゆる場所でチューチューチューチュー♡しまくってます。

私は里先生の描くキスシーンが大好きです…!!!

キスシーンが好きな方にもおススメの作品です♡
GAPSシリーズにハマったら、ぜひぜひマイページからメールください!!
絶対お返事書きます!!!
お友達になってください♡
(↑これが一番言いたかった…!)

2

なんで今まで読まなかったんだろうと後悔

精神病んでるキャラ、ちょっとズレてるキャラを今まで何度か見てきましたが片桐は全く新しいタイプで笑いました。これは長谷川さんすごい人惚れられましたね。考えてることが全く読めませんでした(褒めてる)笑笑見た目王子で仕事できるしモテるのに休日とか結構ヒゲ生やしてる率高いし部屋汚いしやることクズすぎ人生舐めてます的な所がすごく良かったです。そんな片桐が長谷川さんに惚れてどうにか好きになって貰おうと(ヤらせて貰おうと?笑)必死になってるのがもう最高に可愛かった。賭け事するときに馬鹿でかい声出す所とか若干引きつつ本気で笑ってしまいました。色々書きましたが片桐最高です。長谷川さんは良い人すぎて少し気の毒に思えましたが、これから(片桐と)幸せになって欲しいです。

1

ギャップありすぎだろ!って思うけど…

タイトルの「GAPS」って何だ?と思って読んでみたら、
ギャップの複数形ってことなのかな?
確かに、ここまでギャップの激しい攻めは珍しいかも。
でも、
英和辞典を見ると、gapって欠陥とか不足って意味もあるんですね、
それも当てはまるかも?
このふたり、それぞれに足りない部分が明確で、
それを持っている相手だからこそ惹かれ合ってるんだろうな。


表紙真ん中の人は先輩リーマン(挿入シーンはないけど多分受け)、
普通に真面目で人当りがよくて、仕事ができるけど、
EDになっちゃって、衰えてきている自分をすごく実感してる37歳。
そんな彼が、
会社では表紙左下の紳士的で格好いい誰からも好かれるリーマン、
外では表紙右上の無精ひげで眼鏡で、やることが凶暴でクズ、
というギャップありまくりの後輩にロックオンされちゃうお話です。

コミカルテイストなんですが、
すごく具体的でリアリティーのある会社での日常風景が土台なので、
読み応えがあるし、キャラの人となりが立体的に見えてよかったです。

絡まれたら、暴力でやり返して踏みつけて財布から現金を抜くとか、
気に入らない相手の車のフロントガラスをレンガで割るとか、
人としてありえない!と思うし、
そんな攻めより、受けの方がまだ自分に近いはずなのに、
読み進めるにつれて、なぜかわたしは攻めの視点になっていました。
攻めの性格は好きではないけど、
攻めの様に自分の素を解放して、好きに振る舞えたら楽かも…
ちょっと羨ましいなぁ…って思ってるのかな。

そして、こういう受けの様な、
ダメなことはダメ!と言いつつ口煩くなくて心配してくれて、
一緒にいて楽で、仕事ができてキチンとしてて尊敬できる、
でもちょっと隙があって可愛くてそそられる…
そんな人は、攻めの様な好き放題野郎の行き着く場所かもですね。

きっと最初は攻めは全然本気じゃなかっただろうし、
最後でもどこまで本気か怪しいけど、
(受けに好きっていいながら、女の子に手を出し過ぎだよ!!)
徐々に受けへの想いが右肩上がりになっているのは窺えます。
だからこそ、
攻めに受けが全然なびかなくて、フェラしてキスしようとしたら、
吐かれちゃった~なんて、ざまぁ!と思えて爽快☆

わたしは、ちゃんとくっつかない、この終わりでよかったな。
いや、続きがあるなら是非見たいですけどね。
(でももう少し攻めに改善がみられないとなぁ、
 今のままではあんまり幸せになってほしくないなーー)

体の動きに躍動感が感じられなかったのがちょっと残念で、
神評価にはしなかったですが、
引き込まれてとても楽しく読みました、好きです☆

13

GAP尽くしの一冊

おおおお面白かったです…!
攻めがク○なのに、ここまで不快感なく楽しめたBL作品は初めてかも!?

二面性のある腹黒攻めに受けのおじさんがいつヤられてしまうのか、終始ハラハラしていたのですが、このおじさんが意外にも手強い。
口説かれても基本そっけないし、
フェラされそうになったら吐くし、
最後には、お前の顔は好きだがそれ以外は全部嫌い、と一刀両断。
攻めにちょっと惹かれてる部分もあるけど、基本的には攻めのDQNな言動にドン引きで、最後まで常識人に徹しているところが読んでいて気持ち良かったです。

また、攻めがただのヤリ○ンで腹黒いギャンブル狂の二重人格者ではなく、わりと長所もある人物として描かれている点も良かったです。
仕事に真剣なところや、周囲に気配りできるところも良いですが、何より、受けを狙いつつも無理やりヤっちゃったりはしない点が一番意外でした。
(吐かれようが握り潰されようが、無理やりコトに及ぶくらいのク○かと思っていたのでw)

受けばかりが攻めに振り回されるのではなく、上記のような反撃(?)シーンもいくつかあることで、攻めに対する悪感情を読者に抱かせない作りが、上手いな〜と感じました。
そして、正反対の攻めと受けを拮抗させることで、双方のキャラクターとしての魅力も伝わってきて、最終的にはどちらも応援したくなってきましたw

最後の最後まで、愛が芽生えているのかいないのか微妙な関係の二人。
受けが絆されて付き合い始めるのも時間の問題かもしれませんが、個人的にはこの相容れない関係がずっと続いていてほしいです。
攻めが良い人になっちゃったら、或いは受けが大人しく抱かれちゃったら、この緊張感ある関係の魅力は失われてしまう気がするので。

あらすじから想像したようなダークな話ではなく、ほのぼのコミカル寄りの社会人モノという感じで、そういう意味でもギャップを楽しめる一冊でした。

本作に登場した攻めの同級生(刑事さん)を主人公にしたスピンオフ「DOGS」が出るとのことで、そちらも楽しみです。

10

煽り文くらい刺激的要素もあれば神評価です

表紙だけ見ると3人のキャラがいる様に見えるけど、
実は上と下の2人は雰囲気全然違うけど同一人物です
タイトル通りそんなギャップのお話

ただ、勿体ないなと思うのがこの作家さんの持ち味の絵かもしれませんが、表紙からはこんな面白い物描いてるとは伝わりづらい落ち着き過ぎている、着色も薄めでインパクトに欠けるかなと思います、そんな所もギャップの1つかも(上手い事言ったつもりはない)

初めは甘く見てましたよ
「どうせBLでのギャップなんて仕事出来るイケメン面が、プライベートだと部屋がグチャグチャで髪ボサボサで、女性関係は断れなくて曖昧なダラしなさ、言葉が粗野になるとか、美味しいギャップなんでしょ」(そういうのも大好きなくせに穿った言い方してみる)
と思ったら、女性関係がダラしないとか、外見気にしないとか、言葉使いが良くないとかそういうレベルじゃなかった。
普通に警察にお世話になるレベルの事が多々あり、友達にこんなの居ても絶対フォロー出来ない所まで来てる人、とりあえず人は殺してない、、、かな?って所でギリギリのボーダーラインの悪さが見えるので、倫理観強めの方にはオススメ出来ないかもしれませんが
逆に考えれば、こんなBL中々ないです。

あと相手の上司が歳の割にスタイル良くてオシャレで色気があって魅力的みたいなそこら辺にいない所謂イケてる中年キャラではなく、体型も油断しがち、ぶっちゃけどこにでも居そうな中年という設定が面白いなと思いました。そこまで中年属性ないのでそこはこだわりませんし、中身はすごくマトモで良い人なのでイケメンの方よりは好感度ある筈。
しかも最近、夜の方も元気じゃない系、、、リアルで考えたらかなり寂しい独り身男性、これと社内じゃキラキラのイケメン(表面のみ)の2人の対比を、オフのイケメンの本性を見た事から始まる話で面白く調理してくれた先生のセンス、すごく好きです。

普通のBLには飽きてしまっている方必見です。
ただし、今までのところ、ほぼ恋愛系の進展がなく、イケメンの方が積極的なのでホテル行ったり、BL業界的なフラグは何度か立つものの、上司の方の感覚が「本当に真っ当な一般男性の感覚」を持っている為、落ちそうで全く落ちないというツンデレでもない、リアルに近いリアクションにやっぱり面白いなと思いました。
その積極的なイケメンの方も行動の割に、中身は変わってないので軽い感じでまだ自覚もない感じなので、すごいかみ合わなそうな二人が最後は幸せに結ばれましたまでを期待してると肩透かし感がすごいです。
でも、二人の掛け合いが特に楽しくて、これは続巻とかあってちょっとでもいいからLOVEの方が発展すれば、評価が上がったり興味持つ方が増えるのかなと思います。
濡れ場は勿論ないのですが、気持ちの部分でもLOVEまでいってない所もあり、この辺の変化を自然に、でもこの二人の面白さを残したまま書いてくれたら最高だなぁ、是非お願いしたいなぁなんて思いながら期待を込めてこの評価にしました(LOVEまで描いてくれたら神付けてるだろうなぁ)

5

衝撃作品!!

いやーすごかった。やられた。
これを初めて読んだ時は、あれ?私BL読んでたよね…?って確認したほど、今までに読んだことのない初めての感覚が押し寄せました。

まず突き抜けていたのが、片桐のクズぶり。
みなさま既に書かれておりますが、カツアゲしてきた相手を返り討ちにすることから始まり、理不尽な理由で夜中に友達を家に呼びつけた挙句もうお前いーわ、と切り捨てる、姉の不倫相手の車を破壊する、…と一冊にクズネタが盛りに盛ってます。(ネタが多すぎて全て書ききれません)
そして、女癖は悪いわ部屋は汚いわギャンブル好きだわと思い出すだけて笑えてくる程に、人間性は崩壊しています。
現実に片桐がいたら絶対近づきたくない。怖すぎる。

が、しかし。
そんな片桐ですが、仕事はちゃんとするんです。上司である長谷川を尊敬し、徹夜続きでも文句一つ言わずきちっとやる。資料作りもプレゼンも完璧。仕事仲間からの信頼も厚く憧れの存在である片桐。
この片桐の仕事中の態度が一貫していて気持ちよかった。私はこの仕事をしてる描写が好きでした。

そして受け?である上司の長谷川に対する態度もよかった。ぐいぐい攻める割には嫌なことはしないし、色々やらかすけども結局は長谷川の意思をちゃんと尊重してるんです。
あんなにクズなのに!!!

クズなのに仕事はちゃんとやるとか、あんなにクズなのに長谷川さんに対する態度は憎めないとか、このさじ加減が絶妙すぎて、この作品に入り込んでしまいました。

受けの長谷川さんも仕事のできる上司ではあるけど、お腹が出てきたりEDになってしまったりとちょっと残念な感じになってはいますが、一貫して常識人であり一貫して片桐を拒否し続けます。
この長谷川さんのブレなさも好き。

こんな2人の物語がどうやって終わるの?と不思議でなりませんでしたが、さくっとくっついて終わるよりよっぽど潔い終わり方で私は好感が持てました。

もうね、片桐のキャラクター設定が秀逸すぎてそれに全部持ってかれました。
こんな作品は読んだことないなぁ。

そして、この続編が出るって聞いて心が踊らないわけがない。
片桐のクズっぷりにまた会えると思うと楽しみでなりません(笑)

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ