恋する狐 -眷愛隷属-

koisuru kitsune kenai reizoku

恋する狐 -眷愛隷属-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神105
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
570
評価数
119
平均
4.8 / 5
神率
88.2%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784799749067

あらすじ

討魔師という魔を祓う力を持つ一族の慶次は、神の使者である子狸を身体に宿す半人前の討魔師。バディであるエリート討魔師の有生とようやく互いの気持ちを認め合い、恋人同士になった。そこで初めてデートをするが、デート先の遊園地はイマイチ、初ラブホは気持ちよくなりすぎて、慶次の中で黒歴史に…。後日、デートをやり直したり、何だかんだとラブラブな日々を過ごしていたが、帰り際のキスを慶次の兄に見られてしまい家族会議に!! 有生との交際を反対されてしまった慶次は!?

表題作恋する狐 -眷愛隷属-

弐式有生,24歳,本家の次男で白狐が眷属の討魔師
山科慶次,20歳,子狸が眷属の討魔師

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数14

今回はらぶらふの回v

圧倒的神評価の中でのこれで申し訳なし。
でも物足りなかったんですよ~!

らぶらぶはいいことです!
とてもとてもいいことです!
なのでそこはホントに神評価なくらい
二人はらぶらぶなのでほっこりします!

まぁラブストーリーとして見れば
立派な神なんですが、
このシリーズに
【私が】期待していた方向からすると、
ちょっと違うかなと。

二人の結びつきや、
らぶらぶさが増す過程というのは、
二人が討魔師として戦いながら育まれていく
ものかと思っていたので……

くどいようてすが、
らぶらぶなのはいいんですよ!
ハッピーなのも大好きです!

今回のお話も
読んでいて良かったのですけれど、
どうも消化不良。
毎回凄い悪霊とか出て来たら大変だけれど、
でもそういうお仕事あっての
このシリーズなのでは⁉

なんだか有生さん、
今までのツンツンはどうした⁉
ってなくらいにデレてるし、
慶次くんもすっかり
有生さんを手玉に取る勢いで
余裕が出てきてるし、
子狸もでっかくなるし……

つまりなんというか、
確かにシリーズものなので、
その設定を踏襲しつつの
普通にらぶらぶなおはなしだったと。

討魔師のアクションとかはらはらとか、
夜光さんお得意のサスペンスっぽい感じを
期待しすぎたというか……

まぁ、今回は慶次くんの成長記?
として見ればいいのかな。
次回は少し強くなった慶次くんと子狸の
討魔師としての活躍を期待!
もちろん有生さんも!

今回は、このシリーズに期待した
わくわくどきどき不足が否めなくて、
評価は『萌×1』で。

しかし笠井さんの表紙がとっても可愛くて
ついほっこりv
このシリーズの表紙は
どれも可愛いのですが、今回は特にv

0

安心して読める慶ちゃんと有生のラブラブ

前巻でくっついた後の二人の、くっついた後の小説読むのが大好きなので心待ちにしておりました。

相変わらずの二人、だけど恋人になりたての甘酸っぱさが伝わってきます。
癒されるので何度も繰り返し読んでいるほどサクサク読める……!
付き合い立ての甘酸っぱい二人のやり取りにニヤニヤしっぱなし……初デートにラブホテルというのが慶ちゃんは気に入らなかったみたいですが、神社に行ったりもして、二人らしいコミカルさ。

表紙の身もだえるような可愛さに見合うラブラブ全開な中身で、エロもたっぷり。
しかも両思い甘々ラブラブえっちなんです!(とっても大事!!!)

クールでニヒルな有生が慶ちゃんのことを大事に想っているのが伝わってきます。
有生のキャラが私は大好きなんですが、冷たい感じのクーデレがデレ寄りに変わっているところが可愛く思えました。
有生はなんだかんだ慶ちゃんに弱い……!

狸もぷくぷくと成長しましたね!(笑)
このシリーズでは狸の可愛さも魅力なので、狸が喜べば私も嬉しい!
ムードメーカーの狸の存在感も健在です。

ずっと続いて欲しいと思ってしまうことは私には珍しいことなのですが、有生が好き過ぎるのでずっと読んでいたい二人です。
微笑ましく、初々しい。

ハピエン後の甘い物語、本当に最高です。

0

ツンとデレのさじ加減!

前巻で晴れて恋人同士になった二人のカップル編といった感じの今作。
前から身体の関係はあったものの、お互いが素直に自分の気持ちを認めて口に出してるので付き合いたての初々しさが随所に感じられて微笑ましくて萌えました。

皆さんが書かれている通り、とにかく有生の初期のツンデレぶりからの溺愛攻めへの変貌が最高!
前は「キライキライも好きのうち」という感じだったのが、今回は素直に慶次への好意を言動で示してるのでギャップがすごいです。

とはいえツンの部分がなくなってるわけじゃなく、小学生みたいな憎まれ口や嫌がらせは相変わらずで、でもツンとデレのさじ加減が絶妙なんです!
受けに対して「キモ」と「可愛い」という相反する言葉をこんなに連呼してる攻めなんて見たことない!笑

今回私が一番萌えたのは、もちろん有生の願い事もなんですが、慶次に心にもない言葉を言ってしまった後の電話口での告白…!!

これがもう、可愛すぎて慶次と一緒に心臓鷲掴みにされました。。。
普段ツンな攻めが急にしおらしくなって素直になるのとかほんと反則です。
母性本能くすぐられまくりでした。

慶次は慶次で、有生に引っ張られる形で素直に気持ちを伝えてて、家族に反対されても怯まずに想いを貫いてたのが男前でした。
家族に認めてもらうにはまだまだ時間がかかりそうなものの、子狸共にちゃんと成長も感じられて良かったです。

神にしなかったのは、くっつくまでの過程のモダモダ感が好きな私の趣向ですすみません…
とはいえ恋人になってからのラブラブ期もまだまだ見たいので続きも楽しみにしてます。

あと毎回なんですが電子発売が遅すぎてまだかまだかと日々発売予定チェックするのが辛かったです。
紙と同時発売を何卒…よろしくお願いしますm(__)m

3

有生…っっっ!!!(言葉にならないっ!)

そう!!これが読みたかったんだよぉぉ〜!!!と心の底から叫んだ今作。

もう〜、最高!!!
有生が……

あ の 有生が…っっ!!!!

そこかしこでデレとる……!!
デレ炸裂しとる!!!!

もう何度読みながら、ゆ、ゆ、有生…っっっ!!!(言葉にならないっ!)となったことか。

有生……お前のお口は憎まれ口を叩くだけではなく、「好きだよ」って言えるんだね!!言えるようになったんだね‥‥!!とか、なんか気分は成長を見守ってきた親戚のおばさんのよう。

とにかく今回は「有生」萌えに尽きます。
あ、もちろん慶ちゃんのタフネスぶりとか、成長とか読み応えポイントは色々あるんですよ。

でも、とにかく「俺様で天邪鬼な有生が慶ちゃんにメロメロになる姿を早くみたい!」という一心で読み続けてきた私にとって、キタコレ!!だった前作の四巻末。
それを更にパワーアップさせた今作は「恋する狐」のタイトル通り、恋する有生の姿がもう〜たまらん!!!って感じでした。
最後のお願いごととか、ぎゃ〜!!と萌え転がりました。

ここまでシリーズ追ってきて、ほんと良かったです。



8

シリーズ小説苦手克服したかも

多分あまり小説は得意じゃないかもな私。
シリーズを集めて積んでる物も沢山ある私。
一冊でも途中下車も度々あるし、数年かけてやっと一冊読み終える事もある私。基本読むのは割と早いらしい?私。以上自己紹介でした。

そんな私が、このシリーズ5冊はあっという間に読みました ❤️

皆さまのレビューのおかげで出会いました。
ありがとうございます。

もうすでに次が待ち遠しい。

苦手を克服できたわけじゃないかもしれないけど、このシリーズはキャラが良くて、テンポが良くて挿絵も良くて、とにかく面白かった。

続きが楽しみです。

3

最高だった!

井伊家との決着が気になっていましたが、今回はお休みでした。
前巻では有生との関係の形にこだわって交際を申し込んだ慶次でしたが、今作ではいよいよ初デートしていました。


もうねこの初デートを巡るあれやこれやが、とても面白くて爆笑でしたよ。慶次が形にこだわるものだから、流石に有生が気の毒になってしまいました。
そして土地勘の無い私は「わんぱーく」を検索して調べて、更に爆笑してしまいました。www


やり直しの初デートの時の有生の願い事は想像出来てしまっただけに、慶次の単純さに有生が可哀想になってしまいました。

なんだろう…前巻から有生が可愛いと思えてしょうが無いんです。拗ねたり「慶ちゃん」連呼する有生が愛しくてしょうがない。

だから慶次の両親や兄の有生に対する言い様に腹が立って腹が立ってしょうがありませんでした。


それから今回は子狸の成長が喜ばしい反面、とても寂しくてですね…子供が成長して嬉しいのに離れてしまう寂しさのような。

どうしても一人前になった姿がアソコが巨大な焼物の姿を想像してしまうんです。www
待針は可愛いままでいて欲しい…それがどんなにあざとく見えても…。


今回も三男の瑞人が宇宙人過ぎて、彼だけは良く理解出来ませんでした。何を考えててこれからどうお話に関わって来るのかとても気になりました。


慶次も成長して実家からとうとう独立した訳ですが、両親と有生との関係や有生とのバディはいつ復活するのかは次巻以降に持ち越されてしまいました。

再び視る事が可能になった慶次の活躍がとても楽しみです。
早く次巻でないかな♪

9

も、萌えた〜〜〜!!

眷愛隷属シリーズも早5作目。
続きが楽しみな夜光花先生作品のひとつです。
手に取ってまず、笠井あゆみ先生のカバーイラストの可愛らしさにやられ、読み進めてメイン2人の初々しさと可愛らしさにやられ…
1作目から追っていると、やっとこの2人の「身体に気持ちが追いついた」お話が読めることが嬉しくてたまらないんだなあ…!

前作で恋人同士となった2人を見て、ああぁ〜!次!次が早く読みたい!となっていた方はきっと私だけではないはず。
一体どんなカップルになるのか?と想像しながら読み進めてみると…
想像以上に甘くて初々しくて可愛くて、あの、もう…
萌え転がるとはこのことかと、丸々1冊ご褒美のようでした。
各章のサブタイトルの雰囲気がまた良いんですよね。
そして何より、先生の作品とあとがきを読むと毎回感じるのですが、夜光花先生ご自身がとても楽しんで書かれているのが伝わって来てすごく好き。

有生が可愛い。すごく可愛いです。
あんなにツンだった有生がこんなに可愛いやつになるだなんて嘘でしょ…
しょげたり、拗ねたり、不安がったり、素直になったり、甘えたり、甘やかしたり。
慶次と同じく、こんなのきゅんとしちゃう。
慶次もすごく可愛いんですけど、今回は攻めの有生に大変萌えたで賞を贈りたい。
塩気にじわじわと甘みが出て、甘じょっぱさが絶妙なキャラクターになった気がする。
ちゃんと今までの有生っぽさも残しつつ、なところが絶妙なんですよ。

身体先行だった2人が恋人同士になって、スタンダードなカップルがやりそうな事を1からやろうとしている辺りでもう、やることは何度もやっているのにこの初々しさたるや。
「恋人同士のデート」像がちょっとズレている慶次が可愛くて、それになんだかんだ言いながら付き合う有生も可愛い。
初デートで選択ミスをしたと落ち込むところまで初々しくて、2人とも年齢的には大人だというのに、中高生の恋愛を見ているようでムズムズしちゃう。

仕切り直したデート先で神様に願ったこと。
慶次は討魔師らしい願いを。
有生は…これは…恋する狐の破壊力は凄まじかった。
なんでしょうね、可愛いの連鎖が止まらないんですよ。
好きがあふれる濃厚な絡みももちろんたまらないのですが、それよりも2人が度々軽めの啄むようなキスをするのがとっても良くって。
そんな甘いやり取りの中に紛れ込む「メイクラブ」「アバンチュール」「キッス」という、慶次の言葉選びが若者らしくなくてクスッと笑ってしまう。

けれど、ただ甘いだけではなく2人の間に神様からの試練が訪れます。
ここで慶次と子狸の成長が描かれていたのが良かったな。
慶次が相変わらずの見た目に反した脳筋っぷりでそこがまた魅力的ですし、子狸の待針もすごく可愛い。
その結果、今まで見えていなかったものが見えたりと、かなりの成長が感じられます。
今までは有生の影に隠れていて、どこか半人前のようだった慶次と子狸コンビも、ようやく1人前の討魔師になった気がします。
いろんな意味で大きくなったなあ。
恋愛面でも討魔師としてもレベルアップした慶次が有生と背中合わせの関係になったら…?
うーん、向かうところ敵無しな2人になってほしいなあ。

2人の恋と愛が育っていく様子と、慶次と子狸の待針の成長、有生の情緒が少しずつ豊かになっていく様子。
どれも非常に良いバランスでおいしく頂きました。
次巻はどんな展開になるのかが今から楽しみ。
長く続くシリーズになると嬉しいな。

6

シリーズなのに最高でしょ

シリーズ5作目。前作の有生がめっちゃ好きだったので続けて買ってみたのですが。なんで続いているのに、面白さが増すんでしょう?すっごい面白い。休日の気分転換に最高でした。これ単独読みは無理です&まだ続くだろ→くっそ可愛い駄々っ子有生を今のうちに!是非1作目から!

うきうき免許とって、めでたく有生とお伊勢さんで初デート!だったのですが、願い事したら「試練を乗り越えたら」とのお言葉。神様お仕事早い早い、とっとと試練がやってきて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
来栖和葉(かずは、伊勢神宮の神職、好みのタイプなんだけどまた出てこないかな)、耀司・柚(攻め兄カプ)、瑞人(攻め弟・中3・謎キャラ)、丞一+由奈(当主夫妻)、受け両親+兄、山科律子(慶次の伯母、先輩討魔師)、如月(慶次と組む討魔師、眷属は龍、この人面白そう!)、一保(瑞人の先輩、やばげ)ぐらいかな。その他色々討魔師候補もいるけどチョロ出。

**良かったところ

なんてったって有生!最高!可愛い!前作ぐらいから俄然可愛くなった!こんなにシリーズ当初から印象変わったのは珍しいです。(私が読み取れてなかっただけかも)いやあ、今作も可愛い駄々っ子ぶりを存分に見せてくれて、ほんとーにニマニマが止まりませんです。全ては慶次と一緒にいたいため、なんです。
ただ、なんでそうあらゆる人に向けて敵意を向けるというか感じ悪い人になったの?!ってところが、私すっぽり抜けてまして。2作目を確か読んでいないので、そこに記載あったのかな・・・?それとも出ると信じている続きで記載あるのかな。いずれにせよ、続き出してください、リブレ様。よろしくお願いします。

慶次の眷属である子タヌキもめちゃ可愛い。ちょっと考えて振舞っている様子が良いです。突っ走りがちな慶次にとって、いい相棒じゃん!!ととても思うのです。

あと今作で出てきたサブキャラの如月と和葉が気になるんです。なんかもうちょっとエピソードないかなと楽しみなんです。
井伊家をやっつけてしまうとか、超バトルな展開という訳ではないのに、そして、5作目なのに、なんでこんな楽しいんだろう?と不思議になるぐらい、面白い1冊でした!ああ有生可愛い。

8

君らどんだけラブラブやねん

と、二人の頭頂をハリセンではたきたいくらいにラブい最新刊をありがとうございます夜光花さん。はぁはぁ。

今回は敵対する井伊家絡みの本筋は一旦小休憩。慶ちゃんと子狸ちゃんの討魔師レベルぷちアップ、並びに、出来立てほやほやカップルのほやほや加減に脳細胞が死滅しそうなほどあてられまくる箸休め的な5冊目です。はぁはぁ。
夜光花作品は網羅してますが、ストーリー的な意味で一番好きなのは他作品としても、カップル的にはこの二人が好き。控えめに言っても大好き。なのでこのレビューはキャラ萌えしか語らないので内容がありません。いいんだ。有生と慶ちゃんがかわいすぎたから。はぁはぁ。

猪突猛進型アホの子慶ちゃんと、ツンデレ代表の有生の相性が最高なんですよお客さん。はぁはぁ。
口と態度の悪さと、ついでにその類いまれなる霊能力も使って他人に嫌がらせしてたようなツンツンツンツン有生が、熱血アホの子慶ちゃんに対してのみ、ツンぐらいに戦闘力が削られてるのをムフフッと愛でてたこれまでのシリーズ。
そして今作の有生ですよ。
ツンどこやった?というくらいデレにつぐデレの大応酬。デレの大乱射。デレの大乱舞。デレの大乱闘。はぁはぁ。
慶ちゃんを相手に、照れるは拗ねるは浮かれるは落ち込むは駄々こねるは、お前誰だよレベル。しまいには神様相手に乙女なお願いする始末。少女漫画の主人公か。はぁはぁ。萌えがとまらん。助けて。
慶ちゃんも慶ちゃんで、そんな有生に鼻血吹く勢いでめろめろになってます。たまらん。どうしてくれよう。はぁはぁ。はぁはぁ。
動悸息切れ鼻息がやばいので、一刻も早い続編という処方薬をお願いします。子狸もそう言ってます。

あ、息が途切れる前にこれもお願いせねば。
電子書籍も同時発売してくださいリブレさん。電子版を待ちきれずに紙版を購入し、後に電子版も購入する哀れな読者をお救いください。

13

シリーズ5冊目!

シリーズ5冊通して全くダレる事もなく、この萌えを維持し続けているとは。驚きです。さすがです。
表紙をご覧下さい、けしからん程のかわいさであります(`∇´)♡

お話は有生×慶次の初デート、お伊勢さんへの旅行、慶次が家族と諍いそこから派生しお話が進んでいく。というふうに盛りだくさんです。
初デートに旅行にとあまあまの期待、大ですね♡

今作に限らずシリーズを通して有生がとにかく可愛いのです。
討魔師として一流、冷たい空気をまとい人を寄せつけない。いじわる。可愛い要素なんて少しもなーーい!!
でも、人嫌いな有生が慶次だけを愛するさまがなんともいえず本当に可愛いのです(*´꒳`*)
今作ではその愛は盲目的なほど。これに萌えずして何に萌えようか…♡です。

お伊勢さんでは図らずも神様に取り次がれ、有生と慶次の願い事が叶うチャンスが訪れます。
慶次はなんとも慶次らしい願い事なのですが、願い事なんてないと言う有生は神様にお願い事をしたのかしないのか。ぜひ読んで悶えて下さい(//∇//)!

夜光花先生のエロってなぜ毎回こんなにエロいのか!?と嬉しい驚きがあるのですが、今作は有生×慶次がラブラブだからかな。エロさ3割り増しに感じましたよー♪

最後になりましたが、読む順番。
①眷愛隷属②きつねに嫁入り③狼に捧げたい④狐の告白 狸の添い寝⑤恋する狐
③は耀司×柚。その他は有生×慶次。
一冊ごとに完結はしますが、ぜひ順番に読んで下さい(^-^)♪


6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う