ファインダーの熱情 (初回限定小冊子付き)

finder no netsujou

ファインダーの熱情 (初回限定小冊子付き)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神63
  • 萌×223
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
16
得点
429
評価数
98
平均
4.4 / 5
神率
64.3%
著者
やまねあやの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
ファインダーシリーズ
発売日
価格
¥790(税抜)  
ISBN
9784862639431

あらすじ

「オレたちは住む世界が違いすぎるんだ」
裏社会の美しき実力者・麻見とフリーカメラマン・秋仁。心をとらえて離さない存在・・・しかし立場も生き方も違いすぎると悟った二人は!?
描き下ろしマンガを収録した初回限定小冊子付き!
100万部突破の超人気シリーズ、遂に待望の新刊登場!!
(出版社より)

表題作ファインダーの熱情 (初回限定小冊子付き)

麻見隆一,裏社会の実力者
高羽 秋仁,フリーのカメラマン

その他の収録作品

  • 続・かりそめの楽園 ブラッディーマリーの海に溺れて
  • エスケイプ アンド ラブ
  • 恋するファインダーの標的
  • 秘書の本分
  • あとがき
  • 限定版小冊子: 勤労カメラマン高羽秋仁のロマンなる奉公生活

レビュー投稿数16

限定版小冊子!! 必見ですvv イヤでも見てはならないものかも・・

 ええ~、香港の飛龍のもとから助けだされて、バカンスから帰って来た麻見と秋仁のその後で、まぁ前巻までのシリアスさからは、ちょっと離れたって感じです。
カメラマンの仕事でアイドル追っかけるけど・・・結局、麻見絡みでという感じでストーリーよりも、麻見様とのしっかり濡場が見れる本巻に仕上がってます。
 まぁ、濡場は!!! ねぇvv やまね先生ですからぁ~~~vvv 麻見様ですからぁ~~~vv 
ウフフフ~~~~~ッwwwwwwですvv なんかでも、麻見様の腹筋vvが、以前よりも増して割れてるように感じます。ちょっと強調させすぎかな~!? いえ、まあ許しましょう。綺麗ですからvv 
そして!! 初回限定版 小冊子の内容ですが・・・・
 キタ━( ゚∀゚ )っ ━( ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚ )っ ━!!!! 
 キマシタ――。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜――!!! 
 望んではいたけど!!見てみたいとは思ったけど!!
 イヤぁ~でもそこまで描いちゃダメだろ!!妄想だけに終わらそうよ!!
 と自問自答しておりました、夢の競演wwwww
 飛龍×秋仁×麻見による3P!!!!!!!!!!! でございますwwwwwwww
もう、コメディちっくな展開からそう来たか!!!やまね先生 サービスしすぎだろwwwでございます。 飛龍が秋仁の~~~上のお口vvを塞いじゃってぇWWWW 
 下のお口はもちろん!!麻見様がガッツリですぅvvvvvvv 
 もう、ストーリーいいや!! やまねあやの先生のガッツリが見れたので、 ご馳走様でしたvvv 
完敗です!!    

7

踊らされたッ

小冊子を両方ゲットするために、アニメイトと書店と両方で買っちゃいました(^o^;)
しかし悔いなし!です!

もうもうもう、やまね先生の画力は素晴らしいですねッ!
ストーリーも、エロあり、笑いあり、シリアスありで大満足ですが、イラスト集、ポーズ集としても楽しめちゃいます♪
前シリーズが終わって、今回は中休み的な軽いお話ですが、その分Hもサービス?かな?いっぱい入ってお得です(^O^)

小冊子はどっちもヨカッタんですが、やっぱり温泉の初回限定版オススメです。
飛龍の美貌もだけど、寂しくて秋仁をお迎えにきちゃった麻見がかわいくて萌えッ。
そして夢の・・・!

とにかくクオリティの高い一冊です。
ぜひぜひ小冊子もゲットしてください♪

4

小冊子が!!豪華すぎます!!

通常版を購入しましたが、最近初回限定の小冊子付がまた発売されていたので
そちらをまた購入しました。
が!っこっこれは2度お金を出しても悔いはない代物でした!
まさか小冊子で麻見×飛龍×高羽の3Pが読めるとは~
基本3Pは地雷なんですが、やまね先生だけは許せるのが不思議です・・・
プレイ中に
飛龍様「なるほど・・・こんな風に秋仁と楽しんでるわけですね・・・」
     「実にいい眺めだ」
麻見様「おい俺をオカズにするなよ」
この2人の関係性に萌える~
個人的に麻見様の前髪を崩しているバージョンがとても好きです(^^*)
素敵過ぎます!エロだけでなくギャグも冴えわたっていて読んだ後のこの
清々しさはなんなんでしょうねwwやまねマジックです。
本編の『恋するファインダーのの標的』の水野×桧山この2人っ
初々しくてなんかほんと見守りたくなります。この2人の今後も読んで見たいです。

4

一冊で何度も美味しい6巻

 『ファインダーの真実』でひと段落ついて、今巻は短編のオムニバスとあとがきされてますが、本筋にあたる『エスケイプアンドラブ』が半分以上になります。

・『エスケイプアンドラブ』
 帰国した秋仁は麻見からスタコラ逃げ出して仕事を再開して、アイドルのストーカー事件に巻き込まれるのですが、そのストーカーが麻見の仕事と関係がある様で…。
 麻見との同棲を拒否して友人の家に居候しながら仕事を頑張る秋仁と、なんでもお見通しな麻見。距離を置こうとしてもどうしても麻見と係わってしまう秋仁です。まったく違う世界に生きるがゆえの秋仁の迷いが、ちゃんと男らしく描かれていてとてもいい。口にはしないけど、麻見の事が好きで一緒にいたいと思ってるんだよね。だけど秋仁は女みたいに囲われるのはごめんだと思っている。対等になるにはあまりに世界が違いすぎる。ぐるぐる悩むのも理解できます。正義感は秋仁の最大の魅力でもあるから、その魅力を保ったまま麻見と対等になるってとっても難しいですよね。これから二人がどんな関係になっていくかとても楽しみです。
 同時収録の番外短編のちょっとコミカルなエロと、本編でのシリアスなエロ、どちらもとってもいい。恋するシリーズとのコラボでもHがあって、一冊で何度も美味しいコミックスになっています!
・『恋するファインダーの標的』
 お久しぶりの水野と桧山の高校生カップルです。いや、まだカップルじゃない!?この二人可愛くて大好きです。秋仁がカメラマンとして引率する修学旅行で「何年たっても忘れられないような最高の想い出」を作った二人がめちゃくちゃ可愛いですっ!キスシーン良かったぁ!
 
 いわゆるちょっと箸やすめ的な巻になっている『熱情』ですが、やっぱり面白い。やまね先生は本当に娯楽をわかっているなぁって思います。

4

新展開

とりあえず前回でひと段落して、今回はニュアンス番外編っぽい感じだな~という感じで読ませていただきました。
バカンスな回想シーン。
しばらく2人の絡みらしい絡みが少なかった分を取り戻すかのように甘くエロいプレイが・(*>▽<*)ゞ・
と・・・トマト見るたびに思い出しそうで怖い

新しい事件に巻き込まれ・・というか、相変わらずな秋葉くんにちょっと脱帽。それが可愛いんだろうケドも。
脱帽といえば、後半。
台所でのラブH・・・・エロいのはいいことなんだけれども
麻見さんの悦に入った顔がツボでしたw
思わず笑ってしまった・・・・どーしたらいいの・・
なんか、お互い好きって自覚したら妙になんか・・うん。
な、感じでした。盛り上がり的に今後期待できるのかがちと心配。


後半、高校生カップル
これの続きがよめたことが一番嬉しかった。
結局どーなっていくのかと思いましたが、合体するのも時間の問題というところでしょうか。
高葉さん・・・あいかわらずですがアヘ顔は可愛かったかな

個人的に「神」を付けたいのは初回の小冊子。
これはヤバイwww
フェイ様加えての3P
このフェロモン恐るべし。
むしろこれで1冊まるまる出してもいいんじゃないかというクオリティでした。や、うん・・・この攻2人・・最強

3

初回限定盤が正解だったかあああああ

ファインダーシリーズ最新刊♥
この小冊子が欲しくて、アニメイトと通常の初回限定盤どっちがいいか悩んで悩んで
どちらにかけるかまた悩んで悩んでwww
悩んで悩んだ挙句、アニメイトの方を購入しました(*´∀`*)

本編内容は、秋仁をめぐる交戦(簡単に言えば男を取り合いw)を終えて
療養のバカンスから帰ってきたときから始まります。
いや~秋仁はどこへ行ってもトラブルに巻き込まれる体質ですね~ww
帰国そうそう麻見絡みの事件に巻き込まれる巻き込まれる(;・∀・)
おまけにアイドルの追っかけにまで嫉妬される羽目になり・・・・
幸か不幸かおかげで麻見のところに転がるしかなくなり、夫婦生活始まるのですが・・・
これが何やらこの二人の今後の関係に迫っていくようなのです・・・
謎に包まれていた麻見という人物の危険な領域に、
秋仁はどんどん自ら踏み込んで行きー・・・!?

・・・今後はこの二人の核心に迫っていく展開のようです!!
うおー!次の新刊が待ち遠しい><!!

さてさて小冊子はといいますと☆
私が購入したアニメイト版!
こちらは秋仁と何様俺様麻見様☆の危険な夫婦生活の話です(笑)
サラーっとSM部屋が出てきます・・・・w
そしてあんなカッコにこんなカッコさせられちゃいますw
ただあまり絡みがないのが残念っ(/ω\)!

どうやら通常の限定版冊子の方は
『飛龍+麻見×秋仁』の奇跡のコラボ・・・いやいや3P!!だそうで!!
ちょ今から探そうかと思うのですがプレミアついてそう・・・(;´∀`)

3

ファインダー!!!

神!

読むべし!

2

第6巻…豪華過ぎる短編オムニバ&小冊子

今までシリアスな展開だった分、
今回は、明るく甘い日常篇になっていました。
恋愛とエロスのバランスも絶妙で楽しめること間違いなし‼
やまね先生の、ファンを思うサービス精神満載な巻に、嬉しさが募ります…先生素敵です♡

冒頭のトマトエステのお話は、秋仁と麻見のやりとりが楽しかった。
2人の性格と関係性がよく表れていて、なんだかんだとラブラブな2人にニヤニヤ癒されました♡

そして、秋仁が再びジャーナリストとして奮闘する日常…そこに踏み込んでくる麻見。
まだまだ、ジャーナリストとしてはヒヨッコの秋仁だけれど、
その気になれば最強の後ろ盾はあるわけで…
でも、そこまで落ちていく勇気はないし、やすやす麻見の言いなりに動く訳にはいかない秋仁‼

逃げる秋仁に、囲おうとして追う麻見。
麻見の裏社会でのポジションを改めて再認識させられた秋仁は、仕事と麻見の間で板挟みに陥ってしまい…大いに揺れ動きます!
傾きそうになりながらも、必死に自分を取り戻そうとする秋仁がとても印象的でした。
そんな秋仁の葛藤を、真近で見ている麻見が、助けるためにかけた一言も、男前過ぎて惚れ直しちゃいました(笑)

香港篇では散々だった秋仁。
久しぶりに、町中を飛び跳ね回る秋仁をみて、やっぱり秋仁は元気一杯な姿が似合うなあと嬉しくなりました。
そして、その様子をじっくり観察して楽しむ麻見。
でも以前とは、確実に違う2人の関係性♡
離れようと必死なのに、いつの間にか麻見の側に歩み寄っている秋仁が可愛すぎでした。

濡れ場シーンも、もう甘々で2人の色艶ややかさに、相変わらず見惚れて萌通しでした♡
やまね先生が描く、キスシーンが最強にヤバくて甘くて、年甲斐もなく…のたうち回ってしまった自分が恥ずかしかったです(笑)
やっぱり、やまね作品のエロスは芸術級破壊力があって…堪らんです‼

初回限定版小冊子もサービス満点で、豪華キャスティングと展開に嬉しい限りでした。

恋するシリーズとのコラボ篇…
駆け引きばかりのファインダーの2人とは、対処的な恋する高校生。
率直で、素直な言葉の数々が楽しめます。
若さ溢れ過ぎて、性欲丸出しバカップル振りですけど、初々しい2人を見ていると癒されました。
そして、秋仁はオイタをして、麻見に美味しくお仕置きされるパターンも、相変わらずな2人で楽しめます。

秘書の桐島さんの四コマも良かった〜。
麻見が秘書におくくらいだから、信頼にたけた、頭のキレる…できる人物なことは想像してたんですけど…
謎すぎて、ずっと気になる存在だっただけに、嬉しいおまけでした。

新たなキャラ、エロオヤジ系坂崎も登場し、麻見と秋仁の同居⁉同棲生活もスタートして、日本篇も、益々、目が離せない展開になっていきます。

2

立ち直った秋仁

香港でのトラウマから解放され、ようやく立ち直った秋仁。

冒頭の「かりそめの楽園」

日焼けのアフターケアもかねて、ブラッディー・マリーという名前のトマトとウォッカ(16世紀のイングランド女王のメアリ一世。敬虔なカトリックだったため、プロテスタントを容赦なく迫害していたこともあり、「血まみれのメアリ」と恐れられて、その名前がついたよう。肖像画もかなり怖い)のエステを受けた秋仁。
効果のほどを麻見が執拗に確認します。
秋仁の肌触りを思う存分味わった麻見は、翌日・・・

麻見は秋仁にそのトマトエステを施術するよう、命じます。
「俺はアンタの奴隷じゃない」と憤慨するも・・・

タダのエステでは済まされなかったのです。
それで、二人はプレイをしていたのです。
69という体位(オーラル)が絡み、強度のアルコールが二人を刺激して・・・
そのトラウマからか、秋仁は二度と、トマトは見たくない、と・・・。


小冊子は、全財産を盗まれた秋仁。
熊本の超セレブな温泉旅館で住み込みで労働返済を余儀なくされます。
麻見宅に留守電にメッセを残します。

「今月、取材のため、戻れない」と

しかし、女将は、麻見に秋仁のことをどうやら、密告していたのです。
麻見は、「丁稚奉公!」と小ばかにし、「俺の背中を流せ」と。
しかし、そう言いながらも、麻見は、その損失の穴埋め=肩代わりをしてあげていたのです。
いい雰囲気、になっていたところに・・・

麻見の宿敵である飛龍が宿泊をしていたのです。
飛龍の部下たちを連れて。

「秋仁からのメールのレスが二週間たっても来ない、と思っていたら、ここで働いていたとは・・・」

飛龍は貸し切りにしていたはず、侵入者が麻見であると言ったところ、麻見は

「公共の湯は貸し切りはできるわけがない。旅先ではマナーを守れよ」と一喝するも、飛龍は聞く耳持ちません。

飛龍は秋仁に背中を流してほしい、と頼み、
「まさか、一人の客に対して特別扱いする、ってことはないでしょうね」と詰め寄ります。

その後、飛龍は秋仁に迫り、秋仁は言われるがまま、オーラルで奉仕を。
その姿は、麻見の嫉妬に刺激を与え・・・
(もっとも、麻見は、「飛龍から受けた手ほどき、俺に披露してみろ」とけしかけたからですが)
その結果、飛龍・秋仁・麻見の3Pが。

プレイは、別スレッドにも書いていたように、ノーマルまでが限界。
限度も踏まえたうえで描かれているから、読みやすかったかも。

最後、ロシアのマフィア・ミハイルも部下を引き連れ、宿泊に来て、秋仁は

「早く、俺を連れて帰れ!」で終わりでした。



1

秋仁の気持ちの変化に萌える

 麻見秋仁メインは香港編の後日談が17頁、新しい本編が108頁、飛龍との3Pもある特典小冊子が24頁、水野桧山メインはクロスオーバーで麻見秋仁も登場し53頁という配分になっています(おまけで桐島が風邪を引いた麻見を看病する話も2頁あり)。

 新しい本編は、いきなり秋仁の部屋から荷物が全てなくなり、麻見の部屋の鍵しか残されていないという状態から始まります。もうこの時点で麻見の秋仁に対する相当な執着が窺えて萌えました。今までもこれからも秋仁が麻見にどう想われてるのか悩む場面がありますが、どう考えても遊びや暇潰しだと思っている人物に対してここまでしないですよね。前巻のラストで「戻る場所は一つしかない」と麻見のモノローグがありましたが、まさかそれを物理的にやるとは思いませんでしたが(笑)。新たな事件が発生してその犯人をスクープするという仕事を全うしたい欲求と、通報すれば麻見の立場が危うくなるかもしれないという不安との間で、迷いを見せる秋仁はこれまでより麻見への気持ちが深くなっているように感じました。正義感を持って悪事のスクープを狙うことと、麻見と共にいることは対局にあるので、難しい選択ですよね。それでも避け続けていた麻見に相対して自分の迷いを告げに行く秋仁はとても可愛かったです。麻見がシリーズを通して何度も可愛いと言うのがよく分かります。

 『恋する〜』シリーズは今回水野と桧山が修学旅行で京都に行く話なのですが、秋仁もカメラマンとして同行するクロスオーバーになっているので一番お気に入りの回です。またもや問題を起こしてしまう秋仁にすぐ駆けつける麻見が面白かったです。秋仁は天然たらしですね。欲を言えば水野と桧山の濡れ場ももうちょっと長く見たかったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う