ファインダーの渇望(初回限定版)

finder no katsubou

探索者的渴望

ファインダーの渇望(初回限定版)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神97
  • 萌×235
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
18
得点
645
評価数
145
平均
4.5 / 5
神率
66.9%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
ファインダーシリーズ
発売日
価格
¥847(税抜)  ¥915(税込)
ISBN
9784799713266

あらすじ

麻見の部屋に転がり込んだ秋仁はカンペキに主夫業を勤め上げつつ、カメラマンとして、時には身体を張り、時には警察に追われながらキャリアを重ねつつあった。しかしスクープを狙う最中、見知らぬ男が麻見に泣きすがるただごとではない場面を目撃してしまう。それが新たな事件の幕開けとなり!?
H&ラブ満載の番外3本も収録?
120万部突破の超人気シリーズ、新刊登場!!

(出版社より)

表題作ファインダーの渇望(初回限定版)

麻見隆一 35歳 裏社会の実力者
高羽秋仁 23歳 フリーのカメラマン

その他の収録作品

  • プレイ イン アビス
  • 勤労カメラマン高羽秋仁の優雅なる夏休み
  • 勤労カメラマン高羽秋仁の去りゆく夏の物語
  • 勤労部長高羽秋仁の薔薇色のたしなみ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数18

またまた事件です

またまた秋仁が危ない事件に首を突っ込んでます。
やっぱり仕事してるときが一番生き生きしてるんですね。

麻見との関係も色んな人に知られて色々言われていますね。
今回は新しい気になる登場人物も出てくるし坂崎にはあんなことまでさせられ映像まで撮られて。

自分は麻見にとって何なのか、数々のペットや戯れの相手の一人にすぎないのか。迷ってます。
なんで?香港まで命がけで助けに来てくれたし同居までしてるのに!

住む世界の違いや考え方生き方など秋仁は悩みます。
麻見から裏切ったら許さないって言われて、追ってる事件も麻見に関係あるし(麻見には知られてるでしょうが)、坂崎ともあんなことしちゃってハラハラです。
男のプライドからカメラを取りましたが修に鍵を取られた事は明かしませんでしたね。

検事も秋仁を追ってるようだしどうなっちゃうの?
もう秋仁大人しくしてなよーとつい思ってしまいます。それじゃ話が進みませんが。

勤労カメラマン高羽秋仁の優雅なる夏休み
相変わらず麻見の手の平の上の秋仁ですね。でも麻見の愛情をたっぷり感じます。どんなに忙しくても秋仁を構いたい麻見なんですね。
シリアスなお話の後のまったりタイムですね。
麻見の写真をパソコンの壁紙の刑なんて可愛い秋仁です。

去りゆく夏の物語
こちらもまた麻見の愛情をひしひしと感じます。秋仁の為に花火まで手配できるなんて!二人がベランダでお約束の汗をかいている時川向こうの秘密地点ではあの人が別の汗をかいていた…。

勤労部長高羽秋仁の薔薇色のたしなみ
おやおや設定がとんでもだぞと思ったら夢でしたというオチ。夢の中でも麻見は麻見です。秋仁の願望も入ってますね。
目が覚めて麻見を拘束してプレイしてたはずが麻見を組伏せるのは100年早いなと形勢逆転!徹夜コースとなりました。

だんだん秋仁は麻見とのエッチもあまり抵抗がないようで、自分からも求めたり、麻見の温もりに癒されたりしてますね。

0

今までで最もシリアスかも

 今回は本編以外に通常設定の番外編2本とパロディ含む番外編が2本収録されており、全部麻見秋仁がメインとなっています。本編では麻見の店のマネージャー須藤という新キャラが登場し、麻見と距離が近い彼に対して秋仁が珍しく嫉妬を見せる展開になります。また、麻見にいつも後始末を任されている黒田という検事とも接触し、自分が麻見の周りのことを何も知らないということを秋仁は痛感します。麻見としては恐らく、わざわざ言う必要性もないし、一歩間違えれば秋仁を危険に巻き込んでしまいかねないので、何も教えないのでしょう。でも、秋仁はスクープを狙っていると嫌でも麻見に関係のある事件に辿り着いてしまうし、ここまで関係を深めておきながら相手のことをほとんど知らない、更には相手の中での自分の立ち位置もはっきり分からない、というのは切ないですね。麻見は分かりやすい言葉はくれませんし、秋仁も自分からそういった言葉を求めたりはしませんから。ですがそこが、私が『ファインダー』シリーズを好きな理由の一つでもあります。「好き」とか「愛してる」とかいう言葉を使わなくても、ここまで表現できるのって凄いと思います。

 須藤に仕事と麻見どっちをとるのか選択を迫られ、結局仕事をとった秋仁ですが、最後の砦だった義務感とか男の矜持的なものでなんとか踏ん張って選んだような印象でした。本当はもう相当麻見に気持ちは傾いているように思えました。麻見と仕事との間でどのようなスタンスで動くのがベストなのか、どちらも諦めて欲しくはないので、秋仁にはじっくり考えてもらいたいです。坂崎にフェラさせられる場面もあるので、後々麻見が知った時にどんな対応をするのかも期待ですね。

 本編がシリアスな分、番外編4本が全て糖度が高くかなり癒されます。改めて麻見は秋仁にとことん甘いと感じました。パロディで秋仁が部長、麻見飛龍ミハイルが部下という設定も面白いので、先生がちょくちょく描いてくださったら嬉しいですね。

0

要注意人物出現・・・

オープニングのアキヒトと麻見のベッドに横たわるシーン。
百万ドルの夜景の見える部屋で、冷ややかな面持ちをしているアキヒト。
お尻の位置が高いですね。
アキヒトに猛威を振るう男が登場します。
かれの名前は須藤修。27歳のシングルでクラブ・ドラセラの統括マネージャーで、麻見と何やら、関係があるようです。この先の、アキヒトの最強ライバルになるかもれませんし、嫉妬もアキヒトを待ち受けているかもしれません。
麻見、飛龍、須藤の三人は、金・権力・容姿と三つがそろっています。
三人に微妙な三角関係がうかがえますね。
須藤は、唇が厚く、ほくろが特徴です。
後々、アキヒトに執拗に迫ってきます。

麻見は基本、スーツに、ヘアスタイルもびしっと決めています。
お風呂上りに、前髪をラフにおろした姿にKOされちゃいました。
この本の3割は、麻見のセクシーなバスローブ姿を拝めます。

どんなにアキヒトがひた隠ししても、構えていたりしても、麻見の前ではすべてはぎとられる、という現実が付きまといます。


「勤労部長・高羽秋仁の薔薇色のたしなみ」

部下に、麻見、飛龍、ミハイルが登場。
後者二人は1シーンのみ。特にミハイルはウインクをかまし、茶目っ気たっぷりですね。

秋仁は、いつも、やられてばかりいるから、麻見を鞭と縄で甚振ります。
しかし、夢の中でした。
後背位で快感を得ていた秋仁。あまりの気持ちよさで気絶したほど。
そんな秋仁に麻見は「何か飲むか?」と

秋仁は麻見にキスをし、ネクタイで麻見を縛り上げます。
「さっきの続きをやってもいい・・・?」
麻見を手錠で拘束。SMちっくな情事を展開させます。
二人とも、表情もすごくエロ過ぎで、R18も納得。
何せ「PINK GOLD」誌はR18限定。

シャロン・ストーン主演「氷の微笑」(マイケル・ダグラスとの情事)
マドンナ主演「ボディ」(ウィリアム・デフォーとの情事)
エマニュエル・セニエ「赤い航路」(セニエの夫ロマン・ポランスキー監督。ヒュー・グラントとの情事)

のごとくでしたね~。

修正、されていませんでしたよ(;´・ω・)
ヘアだけでなく、局部もしっかりと(;´・ω・)
わたし的には、トリミングがかかっていたら、安心して読むことができてましたが、結局、楽しく読ませていただきました(^^;)

秋仁の綺麗なヒップラインもさることながら、SMちっくな情事での表情もエロ過ぎます!
オーラルで愛撫のあと、騎乗位にて淫らな面持ちの秋仁。
主導権も当然、秋仁が握っていました。

しかし、麻見を拘束した手錠の鎖が切れた瞬間・・・。

麻見はギロっとした目を光らせながら、秋仁に言い放ちます。

「倍返しするから、そのつもりでいろ」

秋仁を縛り上げ、最後は容赦なく、甚振り続けるところで終わります。

本当にご馳走様ですね(^^;)

1

迷宮のリコリス

yunathereseさん

コメントありがとうございます!
私もファインダーが大好きです。
ファインダーもクリムゾンスペルも
やまね先生の美しい絵が映えますよね~。
最近の修正については本当に残念です。

とんでもない奴出てきたよ!

 とうとう同棲を始めた麻見と秋仁。同棲というか秋仁は居候のつもりなんだけど、エプロンして健気に夕食を作る姿が可愛いです。仕事柄すれ違う二人ですが、秋仁は居候と言いながらも麻見のプライベートが気になって、明らかに嫉妬していますよ!
 新しいキャラに麻見のクラブのマネージャーとか麻見と長い知り合いのような検事が登場するのですが、華やかな立場の彼らと平凡な(全然平凡じゃないよw)自分を比べて自分は麻見にとっても何なのか?自分はどうするべきなのかをぐるぐる考えながらも、前巻よりもずーーーーっと甘い雰囲気が二人に漂っていますっ!!どこからどう見ても恋人同士にしか見えないのに、麻見の仕事も交友関係も謎過ぎるし、何もかもがスーパーな麻見。存在が大きすぎて秋仁は自信が持てない。それでも独占欲丸出しで麻見のぬくもりを求めてしまう秋仁。自分は麻見のそばにいたいんだと覚悟を決めた秋仁が、麻見の為に動き出します。
 前巻、ちょっとだけ出てきたやたらとガタイの良い坂崎が、麻見の仕事に一枚絡んでいるようで、情報を求める秋仁に「俺の側まで堕ちて来い」ととんでもないことをさせていますΣ(゚д゚;)
 くっそー、坂崎憎しっ!なんかさぁ、やけにでかくてキャラ立ちしてるから絡んできそうな気はしていたけど、秋仁にあんなことをさせるなんて ゆるせんっ(♯`∧´) 新刊の『ファインダーの密約』で麻見にコテンパンにされてるといいな。
 そういえば最初の方に秋仁の部屋に麻見が来てするHがあるんですが、秋仁がおパンツ履いたままの着エロですよ\(^o^)/しかもそのまま狭いベッドでくっついて眠る二人に萌ですわ (*´д`*) やまね先生のエロ引出しは無限ですな。

 番外編3つは、花火Hが二つと、妄想SMが一つ。ラストページ、縛られる秋仁の姿に、『ファインダーの標的』の初Hを思い出したのは私だけではないはず(//∇//)

4

か・・・かわいいじゃないかっ!

あれ?こんなに受って攻にメロメロだったっけ?な今回。
や、、、すぐ前作を忘れてしまう私が悪いのですが。
とはいえ、ラブラブエロエロなお話は
まっこと美味しゅうございました(●´ω`●)クルシュウナイ

お話はと言いますと、とある大物の不倫スクープを狙ったところからスタート。
本来ならばそんな大きな話でもなかったネタが
あれよあれよという間に~wwな展開でありますな。
始まりこそ無理やりな感じだった二人の関係がなんとも言えない雰囲気を醸し出すほどになってきているのを見ると
思わず顔が緩んでしまう。
他の男と寄り添う姿に動揺し、あからさまにwな態度が可愛い。
快楽に弱くなった体を持て余す姿も良。
個人的にあとは、麻見の心理描写とかあればもっと萌えるんだけどなーとも思ってみたりはするんですが、それは後々のお楽しみなのかいなか。

おまけ漫画も含めておいしい一冊でした☆
可愛くてしょうがない子が自ら攻めてくるとか・・・
麻見視点で読むのも存外楽しいなと今回は思いました。
おすすめです

1

ファインダー7冊目

入り混じってはいますが、関連で一冊になってますね。

このファインダーシリーズ、最初の頃は
絵はキレイだけど、これだけ続くほど人気があるの?などと
ちょっぴり不思議に思ってましたが・・・・。
一冊ごとに面白くなって、読むのがどんどん楽しみになってきましたw

今回も前作同様解り易かったですねw
とりあえず、二人はラブラブ、エロエロです!

時々入っている、本筋から少し外れたオモシロ短編が
魅力をプラスしてたりしますよね?(^O^)
こちらもいつも楽しみです♪

1

久々の新作!

小説だけで、溢れ返っています!コミック系は山田ユギ先生、やまねあやの先生、だけにしようと心に誓ったはずなんですが…。色々魅惑の作品購入!家族にバレ中!小説系は、ふうん、だったのが、「コミック、すげー!!」見せろなんて言われても、後の精神攻撃が、こわっ…!…ちょっと、つつかれたら、すぐ死んじゃうマンボウですが、家庭内の軋轢に耐えつつ、やまねあやの先生!次作の熱いエロスを心待ちにしておりますヾ(≧∇≦)

3

同棲継続中!

いや、忘れた頃にやってきました、という感じの新刊。
前回の事件をきっかけに、麻見の家に転がり込んだ高羽秋仁。
一緒に暮らす、いわゆる新婚編。
高羽くん、主婦もしていますが仕事もしています。

この先の展開いったいどうするの?と思っていたのですが
しっかり甘く、しっかり愛について葛藤し、そうして事件、
気になる新キャラも登場となかなか美味しい新刊でした。

麻見って前から高羽のことを秋仁と名前呼びしてましたっけ?
日常生活が見える展開だったこともあるのか
すっかりなんだか普通の人間臭くなっちゃっているなぁ、
と嬉しい反面、ミステリアスさが減少したのはいかがなものか?

そしてこの二人、読者からするとお互いラブラブなのに
何故自分たちのことをよくわからないんですかね?
あんなに濃厚Hはしているのにね……

「裏切ったら奈落の底まで追い詰める」とおっしゃる麻見の愛を
高羽がちゃんと腹をくくって受け止められるか?だろうなぁ……
事件も中途半端なところで続くなので、
忘れないうちに続編をお願いします。

後ろに短くお気楽な番外編が3編ついている。
個人的には「去りゆく夏の物語」が好き。
麻見の浴衣姿も眼福だし、
このバカバカしい豪華さとエロさこそファインダー!


※実は私は、アニメイト版で読んだので表紙がこれではない。
 浴衣姿の表紙は大変可愛いのだが……
 登録がされていないようで、??と思ったのだが、表紙だけのことだからかな?
 よくわからなかったので、とりあえずこっちにレビューを上げてみますが……


9

麻見を取り巻く男たち

色々ありましたが、結局、麻見のマンションに居候している秋仁。
ある日、議員と女の子のスクープを追っている時に偶然、
須藤に泣き縋られている麻見を目撃し、嫉妬に悶々・・・(笑)
「オレ一人なワケないと思ってたけどね・・・」と拗ねる秋仁がカワイすぎ!
その上、麻見と秋仁の関係を知っている事を匂わせる、黒田検事まで現れます。

スクープ後に行方不明になった女の子を追ううちに、
須藤が、麻見の経営する会員制高級クラブ「ドナセナ」のマネージャーだと知る秋仁。
麻見に須藤の事を聞きたくても聞けず、
ぐるぐるヤキモチで拗ねて部屋に鍵をかけて籠る秋仁が可愛いかったです!
そしてそれ以上に、拳銃ぶっ放して秋仁の部屋の鍵を壊す麻見に萌えました(笑)

麻見にとって自分はどんな存在なのか?
麻見の周りは、容姿・金・権力の三拍子が揃ったキレ者ばかりで・・・
秋仁は、自分と麻美は住む世界が違うと知りながらも、
麻見のぬくもりから離れられなくなっていることを、
思うより嵌ってしまっていることを、実感します。
――オレにすべてをさらけ出す麻見。
  この肌に触れていいのはオレだけだ。オレの標的なんだから――

今巻を読んで、秋仁が変わってきたな~と思いました。
相変わらず恋人同士という雰囲気ではない、ちょっと緊張感ある関係の二人。
でも、最初の頃は麻見に対してつっぱった感のあった秋仁が、
明らかに麻見に恋してマス!で、可愛く乙女になってる(笑)
『麻見に囲われている』という関係をいつの間にか受け入れちゃってますネ。

そして麻見の秋仁に対する執着と強引さは相変わらずで(笑)
須藤に、仕事を捨てて麻見のペットでいるか男としての自身の夢をとるか、
どちらか選べと迫られ迷いを見せる秋仁に苛立つ麻見。
「手に負えないならやめてしまえばいい。お前の自由は俺の手の中にある。
 そこから外れたら許さない。」
「お前に手を出す奴は、誰だろうが八つ裂きにしてやる。よく考えてから行動しろ。」
と激しく秋仁を抱く麻見に、くらくらする程萌えました!
麻見ステキすぎ・・・

野獣な坂崎や、麻見に惚れているらしい須藤、二人ともまだまだ裏が有りそうですね!
そして麻見と親しげな黒田も気になるし・・・
続きが早く読みたいです!!


短編三編も、どれも凄く面白かったです。
特に『勤労カメラマン』の二作が私のツボにハマりました。
『優雅なる夏休み』は着ぐるみを着て麻見を見張る秋仁がカワイすぎ(笑)
そして、それに気付いているのに知らない振りをしている麻見に、愛を感じます・・・
花火をバックにしてのエッチが凄く良かった~
そして『去りゆく夏の物語』の麻見の浴衣姿と優しさに、
心臓を射抜かれ、萌え死にした私です(笑)

どちらもラブラブ甘々でした(笑)
こんなほのぼのなお話も、すごく良いです。秋仁、麻見に愛されてます~♪

8

甘い同棲話

だけかと思ってたらちゃんと新展開になってましたよ。

でも正直、麻見さんいい旦那してるじゃないですか。
妻より先に帰ってちゃんと寝てるしさ(笑)
それに嫉妬する奥さん(秋仁)も可愛いけど。

で、今回はまた違う意味で厄介なことに手を出してる秋仁だけど
駄目だよ~っ(><)いくら情報が欲しいからって麻見以外のモノを咥えたら!!
坂崎も今回は強気だねぇ。
麻見の名前が出ただけで前回はビビってたのに
(絶対にこれは後でバレると思うけどね。)

そしていいところで続くなんですよ…
本当に読者の興味をそそってくれます(^^;)

後はショートが3本入ってました。
なんだかんだで秋仁を気にしてる麻見が好き!!


5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ