• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作O.B. 2

遠距離恋愛中のミュージシャン 草壁光
京都の大学1年生 佐条利人

同時収録作品#4 後編<響と有坂>

元教え子で製菓専門学校生 響
教師 有坂

同時収録作品#5<空乃とフジノ>

同時収録作品#6<原と空乃>

元教え子のファッションモデル 青砥空乃
高校の音楽教師 原学

その他の収録作品

  • #4.5<草壁と佐条>
  • #7<光と利人>

あらすじ

『同級生』『卒業生』の草壁と佐条、『空と原』のハラセンとソラノ、その他コマっちゃんや有坂&響など、<同級生シリーズ>を彩る魅力的なキャラたちの“その後”を描く待望の最終章『O.B.』が2冊同時で堂々の完結!!

作品情報

作品名
O.B. 2
著者
中村明日美子 
媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
シリーズ
同級生
発売日
ISBN
9784863494114
4.7

(427)

(340)

萌々

(66)

(13)

中立

(1)

趣味じゃない

(7)

レビュー数
32
得点
2004
評価数
427
平均
4.7 / 5
神率
79.6%

レビュー投稿数32

各CPの短編集

1巻の響くんと有坂先生のお話の続きから、ソラノと原先生、草壁と佐条のお話が入ってます。

響くんと有坂先生のお話は呼んでいるこちらが切なくなってしまいます。
有坂先生と娘さんが会えて良かったし、それで有坂先生が色々と吹っ切って響くんを受け入れてあげるところが本当に良かったです。

ソラノと原先生はお互いにポジション争いをしているのが微笑ましいです。
5年も待ってるソラノが健気すぎます。
原先生がソラノを受け入れてくれる日が早く来るといいな。

草壁と佐条は清々しいほどにラブラブで見ていて安心感があります。
熟年夫婦のようなのに純情というところが良いです。
初めて名前を読んでバイバイするところが本当に最高で、それだけで神評価です。

0

読み返すほどに味わいが出る

詩的なリズムある作品!余韻がものすごくて、2巻も楽しかったです。


引き続き、オムニバス形式。
有坂×響蓮の後編と空乃×原の話、もちろん佐条と草壁のあまあまエピソードもありました。


草壁と佐条のメインキャラ以外の人物たちのドラマも本当に素敵でした♪

有坂×響は、「空と原」で響の両親から引き離されていたシーンがあまりにも衝撃で私は大泣きしてしまったので、2人の幸せな姿を見て心の底から嬉しいです。"あきらめていた"有坂が、自分から手を伸ばし幸せを掴めて本当に良かった。幸せな2人をもっと見たいです!

空乃と原は、ギャーギャー言い合いながらも認め合い想い合ってるのが最高です。
この2人はこれでいい。むしろこれがいい。
ここ!ってところは寄りかかれる存在って良いですね。

佐条と草壁の幸せの最上級の幸せやりとりで締めくくるの、くぅぅ〜…堪りません。佐条と草壁の周りには、2人の名前の意味「光」の通り、温かい光で満ちていて多幸感で満たされました♪



それぞれのエピソードの終わりが、「終わり」じゃないように見える描きが良いですね。読んでる者のエピソード解釈を呼び起こすような感じで、終わりなのに続きが見える。本当に不思議…不思議で魅惑的な作品だと思います。

読んだあとも、頭の中で色々と想像して、ああじゃないか、こうじゃないかとか妄想してしまいました。そして読み返すたびに、感じ方が変わるから、ずっとずっと魅了されっぱなしです(*´꒳`*)

なんてことない日常のやりとりや描きだと思うのに、こんなに心に響くのは何故なんでしょう。
どんどん無敵になる「同級生」シリーズ作品に、たくさんの元気をもらえました(*´︶`*)♡

1

O.B.(2)

冒頭、有坂先生と若き響くんのストーリー。
こちらはとてもシリアスで、いろんな障壁が重なってる。
同性愛者の苦しい側面がみんな詰まっちゃってるみたい。
響くんはなんで有坂先生だったんだろうね…
そんなことも考えてしまう。

続いてソラノくんの初恋と、原との攻防。
原先生とソラノに関しては、数年が経っているようです。
だから草壁と佐条も同じかな、と思ってたら、彼らはまだ18才の時間軸でした。
佐条からもプロポーズ。
なんか、ねえ。
高1で出会って、それが一生の人って。理想だね。

2

同級生シリーズ最高!

同級生からハマり、こちらも購入しました!ほんとに、音楽もいいし、絵も綺麗だし、エロ加減も含めて最高でした!Netflixで映画を見て、草壁くんの声が草壁くんでしかなく、初めて声優さんってすごい!って思いました!その後、囀る鳥は羽ばたかないも続けて見ましたが、矢代か草壁くんかっていうぐらいこの2作品は私が声優さんにも意識を向けたアニメーション作品になりました!どちらも映画(アニメーション)入りですが、面白すぎて所謂BL作品は初めてでしたが、全巻購入し、一気見しました!本当に神でした!

0

あしたかえる

有坂先生と響くん
響くんがいいんだよ〜
この一連のシリーズ、キャラ被りがなくて、それぞれ別人格として一つの物事を考えているところが好きです。同じ事柄へのアプローチが違う。ただどこかに一貫した優しさはあるんだけれど。その辺りが中村先生なんだろうな。

佐条くん強くなったよねって思ってたら、「あしたかえる」で涙腺緩むところが可愛い。泣いてもいいのよって気持ちになっちゃう。でもいろんな辛いことより草壁の「あしたかえる」がとっても辛いんですよね。愛しい。
ずいぶん大人だけど彼らまだ20歳にもなってないのよねっていう。

ソラノが大変カッコ良いです。大人の顔になってしまった。年上と付き合うとこうなるのかな?んで、ハラセンはなんかちっちゃく見えました。こんなでかい男が。ハラセンは下だな!笑

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP