c/w

c/w
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
64
評価数
13
平均
4.9 / 5
神率
92.3%
著者
一穂ミチ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
竹美家らら 
媒体
小説
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル
シリーズ
イエスかノーか半分か
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「イエスかノーか半分か」番外編。
「恋敵と虹彩」収録のカプコラボな番外編「秘密と虹彩」を国江田視点で書いたバージョンになります。

表題作c/w

都築潮、ストップモーションアニメーター
国江田計、旭テレビアナウンサー

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

国江田さんに50000000000Kポイントあげたいです

まずカバーの国江田さんが美しくてさすが旭テレビの王子様☆涼やかで透明感満載の国江田さんを拝めただけでも猛暑の中の清涼剤です。
「秘密と虹彩」は明るくてスピード感があって最初から最後まで全く飽きさせない満腹大満足な作品なんですが、こちらの「c/w」とセットで読むと更に最高に楽しい!!デザートは別腹な感じでしょうか。
あの時の国江田さんはそんなこと考えてたんだ…といういろいろ腑に落ちる満足感はもちろんのこと、完璧なお仕事の舞台裏や、心の面積が巨大な都筑さんもたっぷり堪能出来て完成度高過ぎな一冊でした。
酷暑で夏コミに行く勇気がなかったのですが…「恋敵と虹彩」読了後にコミコミスタジオ町田まですぐに買いに走れた自分はホント恵まれてるな~と自宅の立地に感謝しました。

4

coupling with、私はB面にノックアウト!

「トイレと間違われたらどうしよう、このタイトル」と一穂先生(笑)
B面という言い方は、アナログ世代にしか通じないけれど
「秘密と虹彩」の国江田さんバージョンですね。

竜起が参加した「富久男選び」のロケに同行した計、潮、なっちゃん。
2カップル計4人(注:国江田アナが4人ではありません)の珍道中。
すらりと格好良く完璧に仕事をこなす国江田アナが、
あんな時こんな時に何を考えていたのか、
相変わらず裏面(あ、これもB面)の国江田計は面白くて可愛くて、愛おしい。

いろいろな積もった思いはお家でゆっくり……と東京に戻り、
夜のレギュラー業務をこなしてようやく潮が出迎えてくれるはずの家に戻ったら
お家はしーんと冷えて真っ暗……
一人仕事で関西に残った潮からは、最終に乗り遅れたとのLINE……

なんとか一人で眠りについたが、明け方に目が覚め……
そこからの展開が、お決まりと言えばお決まりだけれど、もう!神!


以下、盛大にネタばれです。











続きは帰ったからな、と言った潮のことばが耳に響いて、眠れない計。
ピンポイントでスッキリさせて欲しいと訴える体。
「ああもう、めんどくせーな」と舌打ちをして下着の中に手を差し入れ、
さっさと帰ってきやがれ、このバカ……と潮を思い浮かべながら高まって
潮の名前を呼んだ所で、なんと「何すか」とリアルな返事!

一瞬で凍結した体と頭、そのあとの計の羞恥や行動は容易に想像がつくのだが
ちゃんとそれをくるんで受け止める潮。
そして二人の熱い時間、とその後は再びユーモラスな場面が訪れ
笑って、熱く萌えて、そして最後にもう一度笑って、幸せな気分で読み終える。

相変わらずノックアウトしてくれる、国江田さんでした。

3

計を受け止められるのは、やっぱり潮だけ

竜起が一等を狙って参加した富久男選びの話「秘密と虹彩」を、計の視点で描いています。

竜起の個人的な思い付きが局の仕事に発展して、その中継をリポートすることになった計。
竜起に殺意を燃やし、なっちゃんにイラつき、二人と打ち解ける潮に腹を立て。毒舌全開のモノローグが、とにかく可笑しくて。本編と並べて読むと、竜起と全くかみ合っていないのが、さらに面白いです!

波乱の“富久男騒動”で、すっかり疲れた計が帰宅してみると、潮はいなくて、寒くて真っ暗で。潮は最終の新幹線に乗り遅れてしまったのでした。

ぷんぷん怒って、ぐっすり眠れなくて、潮の「続きは帰ってからな」が頭に響いてきて…。 
計が自分で慰めて、思わず潮の名を呼んだら、「何すか」と潮の声!
恥ずかしさと怒りで真っ赤になる計だけど、潮の冷たい手に触れられて、あっという間に感じてしまいます。
この温度差が、なんともエロくて、ドキドキしてしまいました。

最後のページには、宇多田ヒカルの「PLAY A LOVE SONG」の歌詞が。
潮が計に言った、「俺はお前の味方しかしないに決まってんじゃん」と重なります。
裏面(c/w)のある計を受け止められるのは、やっぱり潮だけなんだなあ、と思いました。

裏表紙の計があまりに美しくて。いつか潮のこんな表紙も拝んでみたいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?