小説

  • 横顔と虹彩 イエスかノーか半分か 番外篇

横顔と虹彩 イエスかノーか半分か 番外篇

yokogao to kousai

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作横顔と虹彩 イエスかノーか半分か 番外篇

皆川竜起・スポーツ担当アナウンサー・27才
名和田深・竜起と同番組担当AD・27才

その他の収録作品

  • 翌朝と憂鬱 あとがきに代えて

あらすじ

ADの深(しん)は敏腕で気難しいPの相馬に憧れていた。
新しく担当することになった報道番組の現場でむやみに明るいアナウンサーの竜起(たつき)と知り合い?

作品情報

作品名
横顔と虹彩 イエスかノーか半分か 番外篇
著者
一穂ミチ 
イラスト
竹美家らら 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
シリーズ
イエスかノーか半分か
発売日
ISBN
9784403524165
4.4

(296)

(179)

萌々

(85)

(18)

中立

(9)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
31
得点
1298
評価数
296
平均
4.4 / 5
神率
60.5%

レビュー投稿数31

半分で良かった男が、全て一人占めしたいと思った恋

「イエスかノーか半分か」のスピンオフ、明るく飄々とした男・竜起の物語です。そして相手は不器用(性格が)で頑固なAD・深。

「国江田さんが、いっぱい出て来るといいな~」などとリラックスモードだったのですが、読み進めるうちにどんどん引き込まれて、あっと言う間に読了です。
感想としては、もう「さすが…!」という言葉しか出て来ないのですが…。
クスッと笑えたり、しんみりしたり、感動で目頭が熱くなったりと、一気に読ませてくれます。

内容としては主役二人の成長もの。局アナの竜起(攻め)とADの深(受け)が、仕事を通じて関わり合ううちに…と言った感じです。
こう書いちゃうと簡単ですが、実際にはすごく深いです。局アナとAD、立場は違えど、仕事に対しての意地や見栄だったり、挫折や熱い情熱が、等身大でしっかり書かれています。実際に目の前に彼らが存在するようなリアル感で。

更に周りの登場人物が魅力的なんですね。それぞれ、かなり個性的でクセが強いのですが。
特に受けが心酔するプロデューサー・栄に至っては、もう影の主役と言っちゃっていいのではないでしょうか。この方に関しては泣けました…。生き様が凄まじ過ぎて。

この作品、竜起×深ではあるのですが、+栄の変則的な三角関係でもあります。深の中では、栄がかなりの割合を占めているのですね。深の栄に対しての感情は複雑過ぎて、何だか全然説明出来ないのですが…。
とりあえず言えるのは、絶対的な存在だという事。

萌え所は、受けの関西弁。「好きだ」が「好きや」になるだけで、何故か萌え度アップ。更に絡みでの「あかん…」には悶絶です(//∇//) これは個人的な好みが大きいと思いますが…。
後は、受けのツンデレぶり。普段は関西弁で、竜起とポンポン小気味よい会話をかわすのですが、終盤に見せるデレが破壊力抜群なのです。「怒らんとって…」なんて言われたら、竜起じゃなくても「反則」と言いたくなるでしょう!!
そして、竜起の嫉妬ぶり。栄に嫉妬しまくり、もうグイグイ二人の間に割り込んで来るのですね。個人的に、攻めが受けの周りの男に嫉妬するというのが大好きなんです。受けに対しての愛が深く感じて。

更に嬉しかったのが、国江田さんがちょこちょこ登場した事。相変わらずの毒舌ぶりや、竜起の代打としては格好良すぎる姿を見せてくれるのです…!
残念ながら潮の登場は1回だけですが、彼が作った晩御飯に計への愛情がしっかり感じられました!

絡みは最後に1回。やっぱり関西弁で喘ぐ受けに萌えます。あと、絡みでも自分らしさ全開の竜起に笑えます。イキそうになると萎える映像を思い浮かべて…というのがありますよね。「マジで感謝だぜ、父ちゃん…」の台詞にはプッと。

正直な所、番外編なら潮&計カップルの方を読みたかった…という気持ちが大きかったのですが、読了後はそんな気持ちは吹き飛んでいました。すごく面白かったです。
こちらのカップルも、皆さんお気に入りになるのではないでしょうか。


19

愛おしくて胸がぎゅーっと

国江田さんの後輩の皆川くんのお話です。
スピンオフってやつですね。

自分、「イエスかノーか〜」が好きすぎるので読む前はちょっとだけ心配でした。期待が高まり過ぎちゃって、外れたらどうしようかと。
国江田さんメインの時はそんなに皆川くん好きじゃなかったし。
一穂先生の作品はものすごーくハマるものと、イマイチしっくりこないものがあったので。

読み終わった結果、すごく胸がぎゅーっとなって。
皆川くんのことも、そのお相手のなっちゃんの事も大好きになりました。
(個人の感想なので、違った人はごめんなさいなのですが…)
国江田さんも潮もちょこっと登場しますし、相変わらずお仕事頑張ってるし、仲良しで良かったな〜と思いましたが、あくまでサブキャラで。
このお話はちゃんと皆川くんのお話でした。
イエスかノーか半分か番外編っていうサブタイトルなくせばいいのにってくらい。
皆川くんとなっちゃんが、それぞれのお仕事を通して自分の人生に真剣に向き合ってて。迷って。闘って。
すごく愛おしかったです。

お話はなっちゃん視点と、皆川くん視点の両方で進みます。お互いの気持ちがちょっとずつちょっとずつ近づいてくっつく感じ。
軽い印象だった皆川くんも、皆川くんなりの信念や思想があって、悩みもあって。
もがきながら人を好きになる。
あー、本当に愛おしい。

ニュースだけでなく、バラエティやスポーツ中継の現場も出てくる今作。
登場人物がみんなひたむきに命懸けで番組と向き合っていて、当て馬的ポジションの相馬さん(なっちゃんの上司)ですら愛おしく感じました。

Hはちょっと少なめかと思います。
なっちゃんが関西弁なのが可愛いです。
皆川くんは太陽属性のイケメンですが、なっちゃんは多分無自覚なかわい子ちゃんかと。

始まったばかりのカップルなので、続きが読みたいです。

10

皆川竜起の人としての成長を見守りました

「イエスかノーか半分か」で若手アナウンサーとして出てきた皆川竜起が主役のスピンオフ作品です。

イエスかノーか半分かでは計くんと潮の恋が結ばれるその大事な役目、もといキーパーソンで、その後続編でも計くんと潮の間に入ったり、場を盛り上げたり、時には頑張ってくれるとても素敵な人でした。
そんな彼がまさか主役を!ととてもドキドキしてましたし、一穂ミチ先生ならきっと素敵な作品を書いてくださるのだろうと期待していましたがいやまあ期待以上でした。

今まで人生イージーモードで言い方を悪くすると「何でもできちゃう」「何でも持ってる」「甘やかされてる」そんな彼がADの深に出会い、恋に落ちる物語です(と言ったら違いますが(笑))
イエスかノーか半分かの2人も3作品の中で大きく成長するの感じましたが、今回はこのメイン2人の成長物語でした。
お互いに「現状に満足している」からこその苦悩や苦労などが描かれており、自分が有耶無耶してきたことをズバリと突かれるシーンでは見ているこっちもドキッとしてしまいます。
一穂ミチ先生の「成長」の為の困難や人間はとてもクセがあり、読んでいるこっちもとてもハラハラします。頑張って欲しい、負けないでほしいと思う一方、私なら心が折れる、という所を頑張って乗り越える姿には涙が出ます。
出てくるキャラ全員が悪い人じゃないのに、腹が立ったり、嫌になったりするけどそのキャラクターにさえ愛しさを抱かせてしまうのは一穂ミチマジックです。(笑)


計くんと潮が好きでスピンオフどうなのかな…?と思ってる方にこそ読んでもらいたいです。皆川竜起、とっても大きくなりましたよ!(笑)

10

面白かった…

『イエスかノーか半分か』のスピンオフ。計に恋していた(振られちゃったけど)竜起くんのお話。都築×計がナイスコンビ過ぎたので、スピンオフの話に入り込めるか心配でしたが、うん、さすがというかすんごい面白かった。

竜起が主人公のお話なんですが、視点は番組AD・深くん(愛称・なっちゃん)なんですね。それがまた斬新でいい。読み始め、「んん?誰のお話?」と一瞬思うのですが、それがまた面白い。

自分に自信があり、緊張とは無縁で生きてきた男、竜起。
ゲイであるという引け目から他人の目を見て話をすることのできないなっちゃん。
全く真逆の性格のように見えて、仕事に対しては真摯であるとか、他人に気を配るのが上手とか、シンクロする部分も多い二人。

とにかくなっちゃんという青年が魅力的でした。
彼の秘めた切ない過去の恋。
そんな時、自分を救ってくれたバラエティ番組。
そして、その番組と、番組をつくるプロデューサーの栄への献身的な行為。
とにかく一生懸命な男の子で、でも健気なだけでなく自分の仕事にプライドを持って働くなっちゃんが素敵でした。
で、彼が関西弁を話すっていうのも良かったです。関西弁を話すという事で、前向きで、逞しくパワフルな竜起のパワーに負けないキャラに仕上がっていたような気が。

『イエスか~』のスピンオフなので、もちろん竜起が主人公。
なんですが、なっちゃんが敬愛する栄という男が魅力的で、正直、なっちゃんには竜起ではなく栄とくっついてほしいと思ったくらい。
自分の仕事にプライドを持ち、ずっと孤高の戦士であり続けた彼がとってもカッコよかった。
個人的には竜起は栄に完全に喰われちゃってましたねえ。

タイトルも秀逸だったと思います。
『横顔と虹彩』。
正面から顔を見ることができず、こっそり栄の横顔だけを見つめてきたなっちゃん。
まっすぐ自分の目を見て話せ、といった竜起に応えて、久しぶりに人の目を見ることができるようになったなっちゃん。

っていう意味かな、って思いました。

次は栄さんに幸せになってほしいな。
スピンオフを!所望しております☆

一穂さんて、働く男を描くことが多い気がしますが、その仕事の描写が凄く丁寧なんですね。すごくしっかり下調べしてるんじゃないかと思うのですが、そのおかげで話に入り込みやすい。テレビの裏側に興味がわいて仕方なかった。

個人的に一穂作品には竹美家さんの絵柄が一番しっくりくるんですが、今回も良かった。
ほんわかしているけれど、でも一本筋の通った話、を端的にイメージされた挿絵だったと思います。

都築×計、のCPももちろん大好きなのですが、個人的にはこちらの話のほうが好きかも。
文句なく、神作品です。

10

一抹の寂しさをふっとばす面白さでした

シリーズ初のスピンオフ、イエスノーシリーズも竜起のキャラクターも好きなのでもちろん楽しみ、でも計と潮の物語は前作で一段落なのかなと思うと寂しさもあって。やや複雑な心境でしたが、読み始めたら面白くて一気に読み終えてしまいました。
竜起と深が仕事を通して成長していく様子が良いです。竜起と深目線で物語を読んでいるので、二人がキツイこと言われてると「何なのこの人!?」と思ってしまいますが、キツイことを言う人がただ嫌な奴で終わらないのが面白いところ。キツイ発言にはちゃんと理由があって、それが分かった時にそういう意味だったのかと納得させられてしまう。竜起と深が凹んでから前に進んでいこうとするところが読んでいて清々しかったです。陽気な竜起が国江田さんに凹まされたのは、巻を重ねた今だからこそのエピソードだなと思います。1巻目の国江田さんも竜起の代打を上手くやるだろうけど、竜起を悔しがらせて成長を促すような仕事ぶりには何となくならなそう。
竜起と深が少しずつ距離を縮めていく様子ももちろん良かったし、相馬さんだったり、1巻目からちょこちょこ出てる設楽さんだったり、サブキャラも魅力的。計と潮でも、竜起と深でも、全く新しいカップリングでも良いので何かしらの形でまたシリーズの新しいお話がまた読めたら嬉しいな。

6

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP