• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作恋するインテリジェンス 9

春日奏生,外務省国際情報官室118期
木菜会梨緒,外務省国際情報官室118期

同時収録作品スキマ09 秋草室長のプライベートレッスン

柳介次,34歳,外務省分析官,CⅡSET教官
先森篠雅,34歳,外務省分析官,CⅡSET教官

その他の収録作品

  • 本命童貞の部下を持つということ
  • カバー下漫画

あらすじ

N国外務省では色仕掛け任務のため、男性分析官は男役と女役に分けられ「バディ」となり組織的にH訓練を行っている。また、10期ごとに直属の上司・部下の関係となり、グループ単位で任務にあたる形態をとっている。外務省国際情報統括官組織 第二国際情報室所属・118期の春日奏生はクールでノーブルなビジュアルの持ち主だが超毒舌家の一面を持っている。そんな春日のバディは楚々とした佇まいで規律正しいリアリストの木菜会梨緒。過去のトラウマからどうやら二人の関係はうまくいっていないようでーー!?

作品情報

作品名
恋するインテリジェンス 9
著者
丹下道 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
シリーズ
恋するインテリジェンス
発売日
電子発売日
ISBN
9784344849488
4.5

(252)

(186)

萌々

(38)

(21)

中立

(3)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
30
得点
1148
評価数
252
平均
4.5 / 5
神率
73.8%

レビュー投稿数30

待ってました!

ってオーイ!!
何年待ったとおもっとんねん!!!
こちとら木菜のバニーも見とんねん!!!!
いい加減にしろ春日!!!!!
てめーのせいでこっちまでお預け食らってんだよ!!!!!!
千散、後はたのんだ!!!!!!!
鼓之ちゃんやってやろうぜ!!!!!!!!

ということで、3巻でハマった時からの推しカプKKのどすけべえっちは持ち越されました。
悔しい。悔しい!(悔しい!!)

他の読者さんやレビュワーさん、特にもう既に推しカプが取り上げられた方、マンネリする気持ちも少しわかります…
だって、カップルの馴れ初めはたしかに気になるけど、どすけべプレイも見たいじゃん!!!!!!!(70564dbビッグボイス)
そんな私はこのカプのどすけべえっちが見たくて見たくて仕方なくてこのシリーズを追っているので、ぜひ一緒に甲斐性なしもとい春日もとい本命童貞を応援してもらえないでしょうか…。
KKのえっち…というか木菜の大変お乱れになる姿を拝むまでは死ねないです。

春日の苦悩、一生追いたい…
鳴子さんの不憫、一生摂取したい…
でもKKのえっちは地獄にいてもいくらでもみたーーーーーい!!!!!!


続きがたのしみです。

46

予想以上に萌えました!

一番の推しバディが柳×先森なので、春日×木菜か〜と思いつつ読み始めました。

読む前のこのバディの印象は、鈍い木菜にスルーされるもめげない春日という感じでした。
ですが、まさか木菜の片想いから始まるとは!!

とにかく木菜が可愛い〜〜
眞御ちゃんとは少し違ったピュアさがあり、春日を想い続ける木菜。なんと可愛いことか。
その春日は木菜を外れB.C扱い。どんな酷いことを言われても真っ直ぐに向き合う姿に、春日も心を許していくわけですよ。

そんな2人を心配し、気遣ってくれる他のメンバーが素敵でした。過去編ということもあり、みんな初々しさがあってそこでもニヤニヤ笑
個人的に木菜を気にかけてくれる千散にやられました。早く千散がデレているところを見せて〜

108期のメンバーが出てくるのも嬉しかった!



34

すれ違いラブ

あれっ?電子版恋インが出てる!?紙からの電子はいつも数ヶ月待つのに…わー嬉しい!と早速購入。

今回は春日と木菜の118期カップル。
いやー、序盤、春日のドクズっぷりに引きました。
クズ~!
そこからどうやって木菜のトリコに?
読み進めていくとすれ違いがすれ違いを産み…今はただただ両片思いの二人が不憫でなりません(笑)
すれ違いラブ、恋インの醍醐味ですよね。
I倉実習での木菜の変身ぷりと春日の本命童貞丸出しな動揺ぷりに恋インならではのコメディを感じます。
いつかは二人のラブラブを見たい!

いちゃラブエロパートは描き下ろしの柳&先森カプに全振りされてました。

ところで、私は恋インULで読んで以来千散様が大好きなのですが、若かりし頃の千散様がたくさん見られて嬉しかったです。

また次巻、楽しみにしています。

28

呪詛を吐きながら読んじゃった…(∩´///`;)フゥ

やってきました、春日×木菜編。
9巻は過去編が展開し、次は現在編を連載予定だそう。
そんなにジックリ描かれるほどのCPだったとは…(驚)

個人的に春日は本命童貞が露呈したシーンは好きだけど
木菜の前だけ良い顔して部下へのパワハラが酷いのでぶっちゃけ嫌いです。
木菜も真面目な人という印象以外なくて存在感が薄めでそそられなくて…。

正直、今までのカップリングの中で一番興味がありませんでしたm(_ _)m

で。
読み始めは予想に違わず、春日がとにかく酷い。
傷つく木菜があまりに可哀想で心がチクチクして、
私の血圧が上がりっぱなしでイライラが止まらない。
(思わず呪詛を吐きながら読んじゃった…(∩´///`;)フゥ)

それでも面白かったんですよねぇぇぇぇ。
単純に恋インが好きって贔屓目もあるけど、
イライラすればするほどワクワクした!って感じでね。

また118期ルーキー時代のお話なので
若かりし頃の室長を始めとした108期が続々登場です。
(キャラ増し増しが止まらないので相関図必須です;)
(ルーキー時代は髪型が似たり寄ったりなのでデフォルメ絵だと混乱するのが難点…)

他、『スキマ09』も収録されています。
雑誌掲載時からラブ増しでテンション上がりました!

描き下ろしは上司の苦悩を描いた108期のお話、
カバー下はすっかり藤野が主役になっていますねv
(カバー下見ると円パパに思いを馳せちゃうわ…。元気かな…。)


◆木菜×春日 (過去編)

木菜を意識しまくって、デートを期待してソワソワ。
しかし"俺なんかより友達と…"とアッサリ断られる日常。
春日が懸命にアピってもアピっても木菜は気付きません。

その様子をみていた128期は春日を不憫に思いますが、
118期は「春日が悪い、自業自得」とバッサリ。

現状完全にすれ違っている春日×木菜に何があったかーーーと展開します。


春日は絵に描いたようなクズでした。
仕事はいい加減で、プライベートではやりたい放題。
バディ決定前には木菜と組むヤツは『ハズレ』だと言い、
自分が木菜のバディとわかったら暴言吐きまくって荒れて。

木菜にも直接嫌味言いまくりで、
ホンッット~~~~~~~にムカつきます(怒)(怒)(怒)

その様子を見かねて上司が注意しても聞き入れず、
桃月や千散はブチキレ、藍染は心配し、仲間の優しさがグッときました(;///;)

それでも木菜は春日の為にフォローを頑張るのですね。
何を言われても、嫌がらせされても、グッと堪えてね。
どうしてそんなヤツをかばう…?となるんです。

・春日がクズになって荒れてる理由
・木菜が春日をかばう理由
・自己肯定感が激低い木菜の性格の原因
などが絡んで、彼等の過去が明らかになっていきました。

そんな中、一番の注目点はやっぱり春日の変化ですよね…!

常に警戒心を持つように育てられた春日ですが、
本質の部分は純粋と回想で言われていました。
子供時代は心を許した相手には懐く傾向が見られます。

で。最初は木菜を警戒していたけれど
とあるキッカケで一気に心を許した感じなのかなぁ?と私は解釈しました。
ジワリジワリと春日自身も無自覚で木菜への態度が変わっていくんですね。

無自覚の行動変化は周囲から見たらただの恋煩いw
本人だけが気付いてない恋煩いがめっちゃ面白かったです!

118期達が「・・・・・・」と無言で見つめてる中
1人で初恋拗らせてジタバタ暴れてね( ´艸`) プププ
今までが今までだったから今更取り繕ったところで素術なし!って感じで、
散々やらかした悪行がジワジワと首を絞めている状況が私は楽しくて仕方ない←

木菜が控えめで自己肯定感低いのも裏目に出てます。
"春日に好かれるわけがない"という姿勢が強いんですね。

I倉実習すらまともに行えず(春日パニックで逃走ww)
このバディは10年もなにをやっていたんだろうか…。
現在編で進展があるのかとても楽しみです(﹡´◡`﹡ )

そんなこんなで恋イン史上最高にムカついたけれど、
最高の気持ちで「ザマァwww」と笑いながら読了しました♪

118期のルーキー時代となると108期の登場が増えて、
個人的にクールビューティー唐式さんが非常に気になっています。

今回は傷ついている木菜を見て、
クールな唐式さんがブラック唐式さんになったのが胸熱…!
(春日の胸倉掴もうとして止められてるシーンが大好き///)

108期が出てくると登場人物の多さに混乱しますが、
今でこそスマートに仕事をこなす素敵な118期たちが
ルーキー時代に上司に散々迷惑かけながら今がある様子が窺えて私は好きです。

◆スキマ09
秋草室長から訓練をうける先森のお話です。

薬+目隠しされた状態で手枷をされているんですが、
これがなんかなんかすご~~~~くエロティック!!!
室長×先森にも見えちゃって萌心がドキドキしました///
(この訓練中の先森さん、ビジュ良すぎで美しい+゚。*)

その後 室長が柳を呼んで→朝チュンが雑誌掲載分。
コミックスでは「→」の間にあったエロエロが描き下ろしされていました!
ぴゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(テンションぶち上げ♡)

ちなみに9巻は春日のせいでエロなしなんですよね。
その分柳×先森がセクシー担当でガツガツしてましたv
2人がイチャイチャしてるところをタップリと見られて大満足です(∩´///`∩)

◆本命童貞の部下を持つということ
108期 鳴子×佳清のプライベートタイムが見られます。
さぁイチャイチャ開始!…というところで春日に邪魔をされるお話ですv

本編で春日の指導に苦労していた鳴子さん。
こんな所まで影響が出ててご愁傷様です……(∩´///`;)

◆カバー下
藤野が白戸に憧れるお話です。
すっかり藤野が主役のカバー下が続きますね。
蔵本×白戸のビジネスバディ関係も深く見てみたいです。

26

いいクズだった…

クズ攻め好きなら読んで欲しいです。いいクズですよ。

大好きな恋インですが、シリーズの中でなかなか推しに出会えなかったのですが、9巻にいました。私の推し。

春日の金持ちで女好きで性格クズという最強のスリーコンボに加え、木菜の健気一途な奥ゆかしさがよかった…幸せになって欲しい。

次巻がとても楽しみです

26

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP