コミック

  • 恋するインテリジェンス ultimate 2   設定資料集

恋するインテリジェンス ultimate 2 設定資料集

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作恋するインテリジェンス ultimate 2 設定資料集

針生篤(34),外務省国際情報官室主任分析官
戸堂眞御(34),外務省国際情報官室室長補佐

その他の収録作品

  • 外務省・財務省・法務省 人物相関図
  • 厚生労働省 人物相関図
  • 官僚の世界
  • キャラクタープロフィール
  • Report
  • K-GASEKI COLUMN 1〜5
  • なんでもランキング
  • 登場ロケーションご案内
  • 任務報告書集
  • 媚薬を飲まされた118期BCたちは、それからどうなった⁉︎
  • 針生が撮影したビデオは、それからどうなった⁉︎
  • 郷土と藤野の訓練、それからどうなった⁉︎
  • 秘蔵写真館
  • 官僚シリーズ 時系列一覧
  • 土門と智頼の初対面 その1(カバー下)

あらすじ

N国kヶ関のエリート官僚同士の恋愛を描き、緻密に構築された世界観と多彩なキャラクターたちが織りなす上質ラブストーリーで人気の「恋するインテリジェンス」から、ついに設定資料集が登場!
100名近いキャラクタープロフィール、舞台セット&主要キャラの部屋見取り図、各省庁時系列、任務報告書、組織図資料などのほか、Kヶ関お散歩MAP、ちょっとHなキャラクターなんでもランキング&秘蔵待ち受け写真館など盛りだくさんな内容。
お楽しみの描き下ろし漫画もたっぷり収録!

作品情報

作品名
恋するインテリジェンス ultimate 2 設定資料集
著者
丹下道 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
シリーズ
恋するインテリジェンス
発売日
ISBN
9784344845121
4.3

(153)

(96)

萌々

(27)

(18)

中立

(8)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
19
得点
650
評価数
153
平均
4.3 / 5
神率
62.7%

レビュー投稿数19

もう…色々と…………濃い+゚。*_:(´ཀ`」 ∠):_*。゚+

すっっごい楽しい!!
この設定資料集は本編読んでる時と同じぐらいニヤニヤと萌えるのですよー!
(間取りとかロケーション見てるだけで萌えるって何事だよ…すげぇよ恋イン…。)

描き下ろし漫画は24P。
300P越えの分厚さの中にたった24P?とはならない。
体感的に100Pぐらい読んだ気分。
24Pの中にさりげなく含まれる情報ハンパない。

タイトル見て下さい。
○媚薬を飲まされた118期BCたちは、それからどうなった!?(3巻参照)
○針生が撮影したビデオは、それからどうなった!?(3巻参照)
○郷土と藤野の訓練、それからどうなった!?(ultimate1参照)

どれもこれも本編を読んでたときに気になってたモノばかりじゃないか!!!
さすが丹下さん…わかっていらっしゃる。
そんでこれだけの濃い内容を24Pで収めちゃうのすごい。
(はりゅ×眞御の濃厚エッチ付きなのですよ////)

※恒例の連動企画☆4種ペーパー全プレがありますので要チェックです♪
(連動雑誌はリンクス11月号)(〆切:2019.12.9必着)

さて。項目が多いので、個人的に楽しかった部分をピックアップしていきます。

◆キャラクタープロフィール
以前から雑誌などではちょこちょこ公開されていましたが、
身長などは自己申告との差違があったため最新のものに修正されてるそうですw
(公式Twitter見て笑ったw)

個人的に良かったのは初登場シーンが収められていること。
小さいコマのモブみたいな登場でも初登場としてカウントされてるのが良きです♪
供威の初登場シーンは供威と認識しづらくて笑っちゃいましたw
あと私は牛通堂の初登場シーンがドキュンズキュンなのでここで紹介されてて嬉しい!楽しい!大好き!
顔が映ってなくてもカウントされるせいか先森は意外と地味な初登場でビックリですw

◆なんでもランキング (29P)
よくありそうなランキングではなく、さすが恋インらしいよくわかんないランキングがビッシリ。
(例:COSMIC親子(針生&武笠)以外で「HORSE KING」だと思われてそうな攻めランキング)
↑こういうのが攻め部門と受け部門と混合部門に分けられ上位3名が挙げられています。

エッチ系のランキングが多いのですが、
ふむふむと読んでると…あれ…やけに聖前のランクイン多くない…???となる。
今のところ王子様キャラでおっとりしてて人畜無害なTCの印象が強いけど、
あれだけ濃いメンツでTCやってるぐらいだから、普通なわけがないよね…!と気付く。
うぉぉぉぉぉ!聖前が豹変するのみたいィィィ!。゚(゚´Д`゚)゚。

◆登場ロケーションのご案内(72P)
外務省内の見取り図は皆のデスクの位置がわかってニヤニヤするのです…!
会議室も座る席は基本決まってて、本編を思い出してこれまたニヤニヤ。楽しい。

また各メンバーのお家紹介も細部に渡って紹介されています♪
超高級空間にただただ目が潤う&圧倒される。
そんな中に深津邸がでてくると…なんだろ…妙な安心感←

◆Kヶ関ジャーナル(28P)
「官僚と恋愛」をテーマにインタビュー!
針生・武笠・柳・室長・円・奥名・鷹見が答えています。

インタビュー形式で恋人の話をしているのでニヤニヤが止まらない…!!!
(※室長は室長なので期待してはいけない)
で、裏インタビュー的なのもあって、夜の生活も赤裸々に語られてるのですね。
裏話的なラブラブプライベートタイムが覗けてホッペが痛いぐらい緩みが収まらない(∩´///`∩)
武笠は一つ質問されただけで枠ビッシリに語り出してインタビュアーはドン引きですw

(室長以外は)詳細を語ってるので脳内再生余裕でめっっちゃ萌えるインタビューでした/////

◆秘蔵写真館(8P)
マジ秘蔵写真館です。とくに深津の写真。
本編でも見たことない笑顔がここに…(;///;)

あと鶏楽が鶏楽すぎて…!!!それでこそ鶏楽。
春日秘蔵の木菜の写真は笑えますw
どれもこれも本編にはない表情なので必見です♡

◆描き下ろし漫画

○媚薬を飲まされた118期BCたちは、それからどうなった!?(10P)
ちょうどTCたちが駆けつけたシーンから始まります。
普段は冷静沈着なインテリジェンスも流石の冷や汗でバディを抱えてます。
(あの鶏楽ですらいつもの雰囲気に乱れが…w)

というか室長に媚薬で嵌められるのはコレが初めてではない!?!?
どうやら過去に媚薬+閉じ込められた「悪夢の研修」というのがあったらしい…。
なにそのワード。気になるじゃないか!!(`・ω・´;)

他にも語り出したらキリないほど萌えポイントがあるのですよ。
春日×木菜とかもうね!(動きが本命童貞w) 文字数足りない…。

○針生が撮影したビデオは、それからどうなった!?(12P)
ハメ取りしたアレを大きいスクリーンで見るお話。
さすがはりゅ。有言実行してる(爆)
俯いて耳押さえてる眞御ちゃんかーわーいーいー!ヾ(*´∀`*)ノ

そしてらぶらぶエッチへと発展♡
本編でははりゅまお成分少なくなってるから大量摂取できました(∩´///`∩)

○郷土と藤野の訓練、それからどうなった!?(2P)
一番の体格差CPでエッチができないバディ達のその後…ですね♪
桃月が上司として話を聞いてる様子が描かれています。

で、郷土と藤野の話をしている上司組(聖前&桃月)の会話もニヤニヤ。
聖前は部下をダシにしてなんか企んでるのがアリアリしてるし、
全然気付いていない桃月は普通に部下思いの優しい上司だし、
ああ、楽しい。聖前の別の顔も見られるといいなー!

◆土門と智頼の初対面その1(カバー下)
まだニアミスだけど、弟が土門の存在に気付き始めたーーーー!ヾ(*´∀`*)ノ
いよいよ天国から地獄へ…ガンバレ弟。
その2は7巻のカバー下になるのかなぁ?ドキワク待機です♪

情報量が濃くて大満足な内容でした。
も~とにかく読んでて楽しいの一言に尽きます(∩´///`∩)

22

これは楽しすぎるよ!!(≧∀≦)

こう言う作品のレビューを書いた事が無いので、ド下手くそだとは思うんですけど。
でも、読んだらどうしてもレビューを書きたい!!って事で、萌え処を叫ばせて貰おうと思います!(≧∀≦)

で、こちら、設定資料集と言う事で、無難にキャラクタープロフィールだったり、それこそ登場施設の見取り図的なものまとめてあるんだろうなぁくらいに思っていたんですけど。
それがそれが、(ちょっとエッチな)なんでもランキングだったり、任務報告書だったり、Kヶ関ジャーナルと言うキャラへのインタビュー形式のマガジン(風)だったりと、もう遊び心に溢れた企画が盛り沢山でして。
このKヶ関ジャーナル、「秋号」だの「人事院事務総局総務課特別企画室 年4回発行」だの「シリーズ 官僚を目指す学生諸君へ 第4回」だの、ディテールまでめっちゃ凝ってるんですよ。
間に「N国は法治国家です 法務省」みたいな広告まで、しっかり入ってるんですよ!
いや、笑える!!
とどめに、漫画までしっかり入ってるー!
カバー下まで、サービスたっぷりに漫画が描かれてるーー!!

もうこれ、めっちゃお得だから!
買わないと後悔するくらい、めっちゃお得だから!!
恋インの世界観そのままの、すごく面白い本だから!!!

あと、個人的に特筆したい部分なんですけど。
えーと、「登場ロケーションのご案内」と、これまでに出てきた施設やキャラ達の自宅が紹介されてるんですね。
で、これがめちゃくちゃ豪華な上に、腐心を刺激してくれちゃうのです。
だって、「ここが武笠のコズミック・グランド・ソンがお目見えしたブリーフィングルームね!?」みたいのだったり、「おおっと、ここが眞御ちゃんが泥酔した上に、針生を瞬殺したソファーか!」的に、いちいちピックアップされてるポイントが心憎い!
いや、私は壁視点でBLを読むんですよ。
そんな私にとって、この企画は楽しすぎる・・・!

で、そんな中、なんだかしんみりしちゃったのが深津邸。
そう、例のボロ屋ですよ!!
「超豪華じゃん!」とうっとり読み進めると、突如出てくる庶民的なお家。
いや、ハッキリ言うと、あばら家。
この家、深津とお母さんとの、とても思い出深い大切なお家だと言うのは分かっているのです。
が、いかんせん、武笠に一晩待ちぼうけを食らわされたと言う、ひどく切ない印象の方が(個人的に)デカい。
いや、未だにあの時の武笠には、怒りが解けてないからね。
で、寒そうに着こんでいる深津のイラストと共に、「ボロ家なので隙間風が入ってきて、冬はコートなどを着込んでやり過ごしている」だの、「ひかえめなサイズのバスタブ」だの、注釈が付いてんですよ。
これ、読んでて、こんなに切なくなるのは私だけなんかなぁ。

あとですね、読みながらいい笑顔になっちゃったのが、「なんでもランキング」。
この質問が、誰が考えた!?ってくらい洒落が利いてるんですよねぇ。
攻め部門では「受けからのキスを要求するのが好きそうな攻めランキング」だの、「エッチの最中の受けの本泣きに弱そうな攻めランキング」だの、それ、私が超好きなシチュエーションじゃん!?みたいな。

更に更に、これが受け部門になると、「エッチの最中、主導権をめぐって攻めと争ってそうな受けランキング」だの、「ベッドの上で下克上されそうな受けランキング」になる。
これも、私が超好きなシチュエーションじゃん!(≧∀≦)
こう、これは納得と言うのから、いやここに○○が入ってないのはおかしいよ!てのまで、もう超楽しいんですよ。
一人百面相ですよ。
ちなみにですね、受け部門で「エッチの時に天然な言動で、攻めを知らず知らずに煽ってしまう受けランキング」が無かったのが、個人的には残念。
「お前のは大きすぎる・・・っ!」とか言っちゃって、「煽った責任はとってもらうぞ」ってヤツですよ。
「なんで更に大きくなるんだ・・・!」みたいのが大好きなんですよねぇ。
どうでもいいとは思いますが、この場合、一位が眞御ちゃん、二位が深津、三位が志山だと思います。

まぁそんな感じで、とにかくお得ですし、ファンとしては楽しくて仕方ない作品なんですよね。
妄想がはかどっちゃって、困るわって感じの。
ぜひぜひ、オススメしたいです。

だらだら下らない事ばかり書いちゃいましたが、お付き合いいただけた優しい姐さん、ありがとうございました。

20

控えめに言って最高。

超人気作品『恋するインテリジェンス』の企画書籍第二弾。

前作の「恋するインテリジェンス ultimate 1 ペーパーワークス集」は今までの特典等を1冊にまとめたペーパーワーク集だったわけですが、2冊目となる今作品は「設定資料集」。

内容としては、
・官僚の世界の紹介
・恋インに登場する多くのキャラクターのプロフィール
・Kヶ関コラム
・主要キャラの自宅や仕事場の造り(間取り)
・各省庁の「時系列一覧表」
・数々の任務における「報告書」
・恋イン「なんでもランキング」
・秘蔵写真館
などなど、多岐に渡ります。

プロフィールはメインキャラに始まり、ああ、そういえばこの人ちょびっと出てたなあ…、と思うキャラまで約100人分。

建物の間取りもすごくきちんと描かれてます。

こういう読者の目にはなかなか届かないところまで、丹下先生はきっちり考えて描いてるんでしょうね。だからこそ矛盾点がなく読んでても違和感なくこの作品の持つ世界観にどっぷり浸れるのだと思い、感心しきり。

さらに口絵は「Kヶ関 おさんぽマップ」。
ガイドブックによくある、マップが添付されているのですが、これがまた可愛くってセンスがいいんです。

作中、ところどころ黒く塗りつぶされている箇所があるのですが、「諸事情により黒塗りされてます」みたいなコメントが書かれていたり、「Kヶ関ジャーナル」という雑誌の表紙が描かれていたり、はたまた外務省や内閣府のスローガン的なものが描かれていたり、そんなところにも丹下先生の遊び心が散りばめられていてナイスすぎます。

あとは、描き下ろしの漫画も良かった。
「媚薬を飲まされた118期BCたちは、それからどうなった?!」
カリム王子の件で反省会をするという名目で集められたBCたち。彼らは秋草室長によって媚薬を飲まされ…?

それぞれのTCが、自分のパートナーであるBCを救出しに来ますが、この時のTCたちの対応がこれまた素晴らしい。彼らの性格や関係性をきちんと魅せていて、笑えるやら萌えるやらで、どうしようかと思いました☆

カリム王子、ということで、この時の武笠と深津の関係がまだ出来上がっていないのが何となく懐かしい。今ではあんなに深津ラブな武笠なのにね…、と。

が、この漫画のキモは針生×眞御ちゃん。
針生にがっつりお説教×責められる眞御ちゃんがけしからんエロさでした。

個人的に好きだったのは秘蔵写真館。
攻めさんたちが自分のBCの可愛い写真を見せてくれる、といった設定なのですが、この写真が、

可愛いです…。

可愛いですが、それだけではなくって攻めさんの受けさんに対する想いが、写真の提出の仕方に現れているのがこれまたよろしいです。
どんな写真を提出したのか、その写真をゲットした状況は、とか、あるいは「可愛すぎて他人には見せられない」というコメントもあり。

あと忘れちゃいけないのはカバー下漫画。

円ちゃんの弟・智頼と土門の闘いの火蓋が切られる―。
という、非常にコミカルな小話。
表紙・裏表紙の2P分しかないのに、この完成度。
さすが丹下先生です。

ペーパーワーク集は針生×眞御ちゃんの2人のイラストでしたが、今作品は眞御ちゃん、先森、深津、円ちゃん、差形課長という人気BCの皆さんのイラスト。

中のインタビューとか、秘蔵写真館とかも攻めさん視点のものが多く、攻めさんの目から見た受けさん、の描写が多かったように思います。次作は受けさん目線の攻めさんメインの巻になるのかな、と今から楽しみです。

どのページを見ても、どこから読んでも、まさに神。
素晴らしい1冊でした。

18

オタク心に火がつく!本編が2倍楽しくなる資料集です♡

『恋するインテリジェンスultimate2』がきました!!!
今回はなんと『設定資料集』
ただでさえ好きな漫画、ゲーム等、この手のファンブック、キャラクターブック的なものは買わずにはいられないのに、それが恋インともなれば!興奮が抑えられない〜!
お値段¥1,400とultimate1と比べると少々お高め?と思ったらとんでもない!
ずっしり重い。
こ…この読み応え満点の内容と情報量でこの価格…え、マジでいいんですか!?

キャラクタープロフィールに、部屋見取り図、各省庁組織図、なんでもランキング等、BLとはなんぞや(笑)な内容てんこ盛りのこの資料集ですが、恋インに関しては、この練り込まれた設定こそが見どころであり、魅力でもあるのですよね〜。
いつもの相関図に加え、さらに詳細なキャラの背景、舞台設定などを知ることで、より萌えが加速するという…本当に不思議な作品です。
恋インの作り込まれたキャラ・舞台を、余すところなく堪能させて頂きました。
あ〜〜!めちゃくちゃ幸せ♡♡

キャラクタープロフィールなんて、身長体重血液型、好きな食べ物、趣味、家族構成まで、とにかく細かく設定されていて、「これ、丹下先生、めちゃくちゃ楽しんで設定考えていらっしゃるに違いない!」と、先生のオタク魂(すみません!)を感じ、ひたすらニマニマが止まらず、嬉しくなりました。
だって、主役になったメンバーだけでなく、まだあまり掘り下げられていないようなキャラまで、ちゃんと設定があるんですもん!
こういうの考えるのって本当楽しいし、私も大好きです♡

深津ファンの私としては、
超絶エリート様たちが、シャトーブリアンやら子羊ロティやら松茸御飯などをお好みな中、深津の好物「かつお節ご飯」が身にしみて〜!
あぁ!可愛い!と、悶えた。
武笠邸や針生邸や土門邸のオシャレでゴージャスな邸宅を見たあとに見る深津邸(?)の悲しさよ。
ぁぁ、この構成、泣かせにきてません!?
そこにひっそりと佇む深津に思いを馳せ、何故かここでまた悶える。

描き下ろし漫画も楽しかったです。
24Pと短めではあるんですが、これがまた、萌えに溢れているんです。
『媚薬を飲まされた118期BCたちは、それからどうなった!?』
薬で眠らされたBCを意識しまくるTCたちが最高♡
TC・BCが集まって、イチャイチャわちゃわちゃするのがすご〜く好きなんです。
TCの、自分のバディに対する「好き好き!俺のモノだ!」感がたまらなく好き。

『針生が撮影したビデオは、それからどうなった!?』
3巻の描き下ろし『Cupid film 〜press record〜』の続きです。
撮影したハメ撮り動画を一緒に鑑賞(そのあと当然…♡)するという、かなり美味しい12Pです。

この本を手に取り、ページめくった瞬間、本当に笑ってしまいました。ニヤけてしまいました。
これはガイドブックか?いや、社会科の参考書か?
まったく架空の資料集にもかかわらず、すっごく勉強したような、めちゃくちゃ賢くなったような、そんな気がします!(笑)
架空でもいいんです。これで人生がひとつ豊かになるのであれば\(^-^)/

ますます恋インの世界にどっぷりハマる一冊でした♪
今後はこのガイドを傍らに、本編を楽しみたいと思います。

18

「味折」の場所はそこか!

書き下ろしマンガが目玉かな?と開封したところ、早々に何とも幸せな気持ちがやってきました。

1ページ目の地図です。
柳・先森編でおなじみの「味折」はそこにあったのか!!へー!!
あっ!「一園」はここなの?うわっ!たまらん!
こことここ意外と距離あるな…
とすると移動手段はこれかこれ…

とすごい勢いで好奇心を刺激してきます。
別に場所を知ったからって作品の何が変わるというわけではないのですが…ですが!こんな風に程よく具体化してくれると、不思議とワクワクしてくるものなんです!
この程よいリアリティと、それでもフィクションだよ!というわかりやすさがBLの世界観とは好相性なんです!

で、読み進めると、場所を示す地図だけじゃありませんでした。
この本全体が、まさに「恋するインテリジェンス」の世界を読み解く地図そのもの。

現行のシリーズを楽しむならばあって損はない逸品と思われます。

キャラクター解説はめくるたびに可愛さと愛しさが湧いてきて、やはりこの作品のキャラは魅力的だなぁと再確認。
一方で、キャラそれぞれの見出しセリフには「あー!やっぱそのセリフだよね!」と思うものもあれば「…何でそれにした?笑」と思うのもありそのチョイスにも楽しませてもらえます。

からの、ランキングシリーズは、キャラクタープロフィールページのやや客観的なコメントから一歩踏み出して、「皆さんなるほどよく見ていらっしゃる」と感心してしまうような解釈がわんさか。これまた面白い。

見取り図やロケーション解説も十分なボリューム。きらびやかな建物の中で一際引き立ってしまうのはやはり深津のお家でしょう!天井の低い二階ってこういうことだったのか…尊い…
と、ここでも具体化にドキドキワクワク。

書き下ろしマンガはもちろん面白いです。安定の面白さです。あとエロいです。言わずもがなです。

それと同じくらい面白いのがキャラクターインタビュー集。
文字だけのはずが、その情景はマンガと同じくらいにありありと浮かんでくるのが不思議なくらい。
1ページ1ページの満足度が高いです。(隙間の広告などもよくできている)

他にもかなり色々練った構成になっており、とにかく読み応えは十分。
(「農林水産省の食堂には一般開放時間がある」など豆知識も参考になり、普通の読み物としても面白いです)

で、最終的に、本資料集を読むとほぼ必然的に過去作の通読を開始し、ここがこうか!この解釈もあるのか!と答え合わせをしないと気がすまなくなることがわかりました。
そして読み終わると資料集に戻るエンドレスループ。
おかげで最近他の読書をする隙がありません。

やっぱり恋するインテリジェンスの世界観の密度は別格ですね!
だからこそ地図を持つ必要があるんですね。

資料集を作って頂いた心意気に感服です。

13

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP