グロウバック

グロウバック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
56
評価数
16件
平均
3.6 / 5
神率
18.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812434703

あらすじ

「そろそろ抱かせろよ」警視庁に勤める検挙率No.1刑事、河東一馬と科学技術捜査研究所グループのクールで優秀な研究者、神宮聡志。つきあい始めて半年が経つふたりの間で、常にモメるのが、“どちらが相手を抱くか”ということだった。現在のところ、一馬は連敗中で、なんとか挽回しようと神宮を口説いていたが、思わぬ危機がふたりを襲ってしまう。殺人事件に巻き込まれた神宮が、捕えられ、一馬の、目の前で…。一馬が抱く前に神宮の貞操は奪われてしまうのか…!命がけのスパーキングラブ!!
出版社より

表題作グロウバック

科学捜査班のエリート・神宮聡志
検挙率No.1刑事・河東一馬

評価・レビューする

レビュー投稿数7

一馬ホイホイ感が楽しい1作(*´▽`*)ノシ
うまーく、「抱かせてやる」を演出し、
抱かせてやるのかと見せかけて、
抱かせてもらえると大興奮の一馬をおいしく召し上がる。
これ楽しすぎるな。
何度やられてもホイホイされる一馬がかわいいのです。
必死に頑張って「任せろ☆」と男らしさをまき散らす一馬が美味しいのです。

おいといて、
今回はお互いにどれだけ好きかを再確認する回でしたね。
思ったより神宮が一馬に惚れてるんだなーと感じる演出が好き。
ただ、これまでわりと俺様な感じだった神宮ですが、
他の男に嬲られて、強制的にイカされて、
それが眠れないくらいのトラウマ・・・ん~・・
新宮のイメージとそこが若干ずれてたのが少々残念かな。
そういう意外な一面がかわいいとも思うんですけど。

1

この頃の吉見はまだしっかりしていたのに…

懲りることなく神宮を押し倒そうと計画するもことごとく返り討ちにあう一馬。
そんな中で主導権について常日頃揉める事がラブラブっぷりの証明のような二人の周りに異変あり。
今回の事件に絡んで、およそ普段の一馬には縁のないキャリアが何人か登場。
そのうちの一人が神宮に興味を示して絡んでくるのを見て、ノンケな自分が男に惚れたってこだわりが強い一馬がやきもきしている様子が面白い。

表では飄々としているのに、内面は相手に夢中になっているって事をまるで弱みを見せるみたいに嫌がる、全く素直じゃないってのも似た者同士。

これからも登場する脇役の吉見は、個人的にはドジっ子な坊ちゃん刑事って雰囲気なのが趣味じゃないのだが、初登場のこの巻はまだしっかりしていた面があったんだよなぁ…。
なんで巻を追うごとに残念になっていくんだ…

今回のヤマ場で、刑事としての一馬を庇おうとして逆に神宮がピンチになるって展開には萌えた~!!
実は私の中で、<いい男の受難・危機一髪>ってのが重要な萌えシチュエーションにあるもので…

1

刑事もの、シリーズ三作目です

読みはじめてから気付いたんですが、シリーズものでした。『リロード』『トゥルース』そしてこの『グロウバック』がシリーズ三作目です。
私は前二作は未読。ただ、『リロード』はドラマCDで聴いたことがありました。
いずれにせよ、この作品から読みはじめても、内容を把握するのになんの問題もないと思います。

このシリーズと魅力は、攻め×攻めってところですね。
受けは刑事で、本来のBLならどう考えても攻めをしそうなキャラクターなんですが、手慣れたゲイの美人攻めにいつも負けて、受け役をやらされる。
悔しがってるし、いつか立場逆転してやろうと狙ってるんですが、いつまで経っても上手くいきません。
『リロード』をドラマCDで聴いたときは「リバってくれ!」と思ってたんですが、シリーズ三作目のこれを読む限り、どうやら永久に無理そうw でもまあ、二人のやりとりが面白いからokです。

この作品は、新人キャリア刑事の吉見くんが可愛くて良かったですねぇ。
ドン臭くて役立たずなんですが、明るくてメゲない。そして意外と賢くて後半は大活躍です。
吉見×一馬を妄想してニヨニヨしました。吉見は受けっぽく見えますが、じつは攻めだ続きと思います。てかそっちのほうが萌える!

1

リロードシリーズ第3弾~

科捜研職員・神宮聡史×検挙率NO1刑事・河東一馬 です。
もしかして、今回こそリバるっ!!??って思ったんですけど、残念ながら、リバはありませんでした・・・(´・ェ・`)
第1弾・第2弾と、一馬が襲われていましたが、(それでも男に告白されてましたけど・・・後輩の吉見に。)今回は神宮がピンチでした。そして精神的にかなりの打撃を受けます。

個人的に、プライドの高い人間がズタズタにされるのを見るのが大好きなんでかなり萌えましたww
今作が一番好きかもヾ(*'∀`*)ノ

ただ・・・ひとつ思ったのが、精神的に打撃をくらって、かなり凹んでるのに、勃つの??って思っちゃったんですよね・・・。(・ε・`*)

そして吉見・・・京都に異動になったのなら、続編では、古島×ジュールとなにか関係がありそうな予感がするんですけど~。これはこれで、楽しみです。
そして一馬は神宮を抱くことができるんだろうか・・・多分できない感じもしますが、ちょっぴり期待したいと思いますww

1

一馬と神宮のシリーズ第三段

警視庁に勤める検挙率No.1の一馬と科捜研のクールな神宮のシリーズ作品!

今回は神宮の身に危険が!
一馬には後輩でエリート組の相棒ができた。
殺人事件で麻薬がらみ、次々といつもの個人プレイにより、新しく来た署長にも嫌味を言われた。それでも、突き進む捜査に犯人は一馬の大切な人を人質にする。

実は、犯人が新しく来た署長だった。しかも、麻薬の横流しに殺人と、更に神宮を人質、脅したりと、

エリート後輩の絶妙な力に解決する。

神宮を署長が犯す行為に、一馬は!
その後、神宮により腰がたたなくなるくらいハードなプレイに!
かわいい後輩とメル友になっていたことに、神宮が完全復活!

1

弱った神宮がたまりません

3作目にしてついに来た……! という感じ。
ついに一馬が、という意味では無いのですが。(笑)

あの普段何事にも動じないクールビューティー・神宮のピンチに、前作まではこのエピソードのための布石だったんじゃないかと思いたい程、私にとってはツボなシチュエーションで大変ごちそうさまでした。
一馬の愛情表現はとてもストレートで、見ていて誰も疑うことは無いと思うのですが、神宮はとにかくプライドも高いしあまり素直に感情をあらわにしないので、それが露見してしまう今作のような展開だと、新たな表情があらわれてとても新鮮。
何より、神宮は非常に私の好みのタイプの「受」なのです。
新キャラの吉見も、一見おっとりさんに見せかけてなかなかの食わせ物。侮れません。

リロードシリーズ最新作の噂もチラチラ耳にするので、是非とも一馬の今後の巻き返しを期待したいところ。
そんな展望が徐々に見えて来たような気がする今作でした。

1

藤棚

この作品でシリーズは完結だと思っていたのですが。
最新作が出るのですか!?
……一馬の巻き返しに期待したいですね(笑)

シリーズ最終巻!

「リロード」「トゥルース」で、出てくる人出てくる人に
手篭めにされていた一馬ですが。

しかし今回、初めて神宮に貞操の危機が訪れまして。
神宮がかなり精神的にダメージを受けるのです。
この様子を見ていると、手篭めにされまくっていても元気な一馬は
強靭な精神を持っているというか。
タフなんだな~と、今更ながらに実感。

プライドがガタガタになり、凹む神宮の姿は大変萌えます。
そんな神宮の姿を見ていると、
いつもはあえて一馬が負けてやっているのかも?
と、思ったりしました。
人間的には一馬の方が大きい気がします。バカだけど(褒め言葉)。

シリーズ三作では、今回が私は一番、面白かったのですが。
当て馬と期待した後輩がそれほど絡んでこなかったことと、
悪役が小物すぎたこと。そして攻×攻の設定を上手く活かしきれていないように
感じたので、萌えに限りなく近い中立評価をさせていただきました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ