ブライト・プリズン 学園に忍び寄る影

bright prison

ブライト・プリズン 学園に忍び寄る影
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

1

レビュー数
4
得点
183
評価数
39件
平均
4.7 / 5
神率
82.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784062869416

あらすじ

文化祭で、カフェを開くことになった贔屓生。準備が進む中、薔や剣蘭は、久しぶりに穏やかな日々を過ごす。文化祭当日、カフェには柏木を伴って常盤もあらわれ、はしゃぐ贔屓生たち。ますます愛を深め合う常盤と薔だったが、月に一度の降龍の儀をきっかけに、またしても彼らを試練が襲う。「肉体審問」。それは、隠れた神子を炙り出す卑劣な儀式。なんとしても薔を神子にしたい教祖の魔の手から、常盤は薔を守れるのか!?

表題作ブライト・プリズン 学園に忍び寄る影

極道の血を引く西王子家嫡男、竜虎隊隊長常盤。30歳
王鱗学園高等部3年、薔。18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ギャルソン姿に萌えつつ ほっと一休み回かと思いきや更なる困難に!

待ちに待ったブライト・プリズンシリーズ第6作目。
発売を待って予約した甲斐がありました。
今一番続きが気になる作品です。

今回も彩さんの美麗なイラストが作品をより一層華やかで美しく楽しませていただけました。
カバーイラストは今回は明るめで相変わらず罪作りなほどに美しい姿です。
ストイックな隊服に身を包んだ常盤隊長とギャルソン姿の薔が可愛らしく凛々しいこと。
欲を言えば、薔の妄想の中に出てくる常盤のギャルソン姿も彩さんの美しいイラストで見てみたいと思ってしまいました。

序盤は高校生らしい文化祭の浮かれたムード。
常盤×薔の甘々な日常でゆったりほんわかした気分で読めたのですが、なんとしてでも薔を神子にしたい教祖と常盤をライバル視する北蔵家御曹司の画策で追い詰めたれて行く二人の心情を読んで行くとハラハラドキドキして落ち着いていられませんでした。

障害を乗り越えるたびに薔が少しずつ成長していく姿に感動します。
気は強いけれど深窓の令息ですから、足りなかったり思い込みや自己満足な理由から誤った選択をしてしまいそうになりますが見守る保護者や友人がいて心強いと思いまし続きた。

一難去ってまた一難。
今度はどんな手で乗り切って行くのか、いよいよ禁じ手で障害を消し去るしかないのか!?というところで次巻7作目に続く…でした。

うわーどうなっちゃうんでしょう。
次は早めに出そうというあとがきの言葉を信じてジリジリしながら待つことにします。

2

楓雅が足りない‼

 表紙の薔の表情が明るい。6作目にして、初めてじゃないでしょうか。満面の、とまではいかないけど、年相応の、屈託のないほほえみ。世俗とは隔絶された学園に育ち、育ての兄と恋に落ち、ついには龍神の愛妾に選ばれちゃって・・・とフツーの18歳にはありえないこと続きの薔の人生ですが、この顔を見てると、ああ、この子も高校生だったんだよなぁと改めてしみじみしちゃいます。

 表紙にたがわず、中身もこの巻は高校生してます。文化祭でカフェのギャルソンに扮して、「お客様」の常盤の視線にドキドキしたり、古巣の剣道部で久々にひと暴れしたりと、普通の高校生ならありふれた日常のひとこまにすぎないものが、どれも薔にとってはかけがえのない大切な時間で。なにしろ前の巻まで、薔と恋人の常盤は息つく間もなく次々激しい試練に見舞われてて、離れ離れに引き裂かれたり、常盤なんて危うく命を落としかけたり。常盤の危機すなわち、月に一度は常盤に抱かれないと生きてゆけない薔の命の危機でもあるわけで、学園生活を楽しんでる余裕なんてどこにもありはしなかった。

 この巻は、いったん命の危機を脱し、二人して学園に戻ってこれたことで、波乱続き万丈の長いストーリーの中ではちょっと一服、箸休めという段なのかもしれません。でもちゃんと次なる試練はすでに待ち構えていて、ラストに近づくほどかなり不穏な雲行きに。次巻、常盤は極道の跡取り息子としての本性をむき出しに、教団の「アタマを獲りにいく」展開となるのでしょうか。そのとき薔は?! 何があっても常盤の味方でいる、共犯者にもなると強い覚悟を示してましたが、もともとの心根が善なる彼のこと、どれほどの無理をおのれに強いることになるのか心配です。それとも、恋の力で、もうひと化けした姿を見せてくれるのかな?

 1年待ちで手にしたこの巻を読み終えて少し残った物足りなさ、その正体は何だろうとつらつら考えてみたら、椿と楓雅のその後が詳しく描かれてなかった、その一点に尽きます。なんだかんだ言って薔と常盤のほうは、主に薔のほうの急成長もあって、急速に安定感を増してて、この先どんな波乱の展開が待ち受けていても、カップルとしては揺るぎないものを感じられるまでになりましたが、椿と楓雅の方はまだまだ全然足りてないんです。愛も、絡みも。(剣蘭が以前のぞき見しちゃって失恋を確信したという二人の無言の逢瀬!!ぜひその現場に私も立ち会いたかった!!)その後をにおわせるような記述は若干あったものの、楓雅なんて出番そのものがこの巻では皆無でしたからね。5巻のラストで、ツンツン椿がすこぉしだけ楓雅に甘えるようなそぶりを見せてて、さあこれからって時でしょうに…。実は私の中では、巻を追うごとに楓雅の株が上がってまして。常盤に関しては初っ端の降龍の儀で、くらくらするような強烈な色香に薔ともどもやられちゃって、それ以降正しい評価が下せない状態に陥ってたわけですが、少し正気を取り戻してみれば、何だかいろんなところで大人げなさが鼻につく気もして。特に、椿や紫苑への身の処し方に関しては、もう少し何とかならなかったのか…というのが本音です。この巻ラストでの決断にしても、いくら薔を護るための究極の選択とはいえ、実の父親の暗殺にくみすることで薔が負う傷の深さについて本当に考え抜いた揚げ句といえるのか。まるで薔の急成長と反比例するように、常盤の人間的な未熟さが透けて見えてきて、その分楓雅の器の大きさ、懐の深さが際立つように感じています。幸い、次の巻まであまり待たなくてもよさそうなので、次こそたっぷりギブミー楓雅さんなのです。

2

〈お仕置き〉かな?

火達磨になったり、龍神に一番愛されている神子を恋人に持ちながらも骨折から出血多量で瀕死の重体になったり散々な目にあっている常盤様ですが、今回は絶体絶命の大ピンチに直面して、とうとう犯罪に手を染めることを考えるまで思い詰めてます。

龍神のお気に入りの薔を〈俺の物だ〉発言しちゃったり、龍神の降りてこられない日中に〈お仕置き〉と称して二人でラブラブしちゃったのがきっと神のやっかみを買って〈お仕置き〉されたに違いありません(笑)

しかしながら、今回の常盤様もエロい‼フェロモン巻き散らかしてます(笑)
耳もとで甘く囁く常盤様にもくらくらだし、〈お仕置き〉は低音命令口調で後ろからの攻めだし(う〰ん、たまらない‼)先生プレイの見つめながらのフェラはやらしい舌使いご披露するし、さらに常に強気の常盤様が懊悩して苦しんでいる姿は何より大っ好物なので大歓迎でしたが(笑)
そして薔もまた一段と精神的にも成長して、そりゃあ、常盤もいろんなプレイ試してみたくなるよねって程色気も感度も(笑)アップしてます。

一方、西王子家を離れ南条家の人間となった椿は、楓雅との逢瀬を前に艶っぽさが溢れ出てきち続きゃう程、自分の本当の気持ちに素直になれた様子。
ちなみにこちらは変装プレイ⁉でもきっと楓雅なら誰にも分からなかった巧妙な変装だって、愛の力であっさり見破っちゃうんだろうなぁ~めちゃくちゃ愛されてるもんなぁ~大好きです、この二人。
今までプライドや前世の因縁やいろいろなものに縛られ、遠回りして苦しんできた分、これからは楓雅の溢れんばかりの愛で身も心もトロットロにしてもらって、エロッエロの陰降ろしをぜひ見せて欲しいです!

今まで存在の薄かった北蔵家も教祖候補の葵という策士が陰謀を張り巡らしているし、ダークホース剣蘭も横恋慕して何かやってくれそうだし、ますます目が離せない展開となってきました。
二人がこの窮地をどう打開してラブラブライフを見せてくれるのか次巻が楽しみです!やっぱり手始めにお医者さんごっこなのかな(笑)

5

西王子家の血筋?

ブライト・プリズン6巻目。
今回は王鱗学園の文化祭からスタートです。
講談社X文庫ホワイトハートのサイトに公開されているSS『祭りの前に』の続きから…となっています。

以下大いにネタバレなのでご注意を…
自分の家系(南条家)から神子を出したい教祖は、あんなに龍神好みな薔が神子にならないわけない、なんとか薔を神子にしたい と少々荒っぽい手段を取り始めます。また、南条家の勢力をこれ以上強力にしないために、薔が龍神を降ろせないよう、常盤が不正をはたらいでいるのではないかと疑い、公開方式で立会人をたて、贔屓生の降龍の儀を行うことを決定します。
榊、常盤に加えてもう一人の次期教祖候補である北蔵家の葵も、常盤を貶めるためならと、教祖と結託。
このままでは薔が神子であることがバレてしまう!そもそも他の男が薔を抱く(常盤も立会人の一人のため)のは絶対回避!!と悩んだ常盤が出した答えは…というところで次巻。
ハーン!すんごい気になる!

物語がどんどん複雑になってきて、薔や椿、白菊への剣蘭の思い(西王子家の血か!)、白菊と柏木のお互いへの思いが簡単な言葉では言い表せないほど複雑に入続きり乱れてます。
剣蘭がまさかの暴走(?)でおぅおぅ兄弟だな!となぜかニヤニヤしました。

薔が健気で本当にいい子だな〜と再確認しました。
人の気持ちを考え、分かち合おうと努力しているシーンにはじーんとしましたし
自分が恵まれた状況にいる裏では、他の人が苦しんでいるという事実もしっかり認識し受け止めています。常盤の人の道から外れようとする考えにも、自分だけはそれを否定してはいけないと常盤の心に寄り添い、険しくも幸福になるための道を模索します。
難しいかもしれないけど、みんなみんな幸せになってほしい…。

紫苑と桂樹の関係も再び始まったばかり。椿や薔を神子にしたくないと言う榊の考えもまだ明らかになっていませんし、今回は楓雅も出てこなかったので、次巻で大きく物語が動くことを期待しています。

いやしかし、美形しか出てこない!彩先生の美麗イラストが本当に目の保養です。

電子版で読んだのですが、電子版限定の巻末SS(ブライト・プリズンギャラリー&カフェの特典だったもの)は薔への常盤の愛が溢れすぎてて、もう笑わずにはいられなかったです。
物語の後半かなりシリアスでしたので、癒されました。

あとがきに7巻が出るまであまり間があかないとありましたので、今から楽しみです。

14

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ