月神の愛でる花 ~言ノ葉の旋律~

gesshin no mederu hana

月神の愛でる花 ~言ノ葉の旋律~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥870(税抜)  ¥940(税込)
ISBN
9784344840751

あらすじ

トリップした異世界で皇妃となり、大切に守られてきた佐保。そんな佐保が、ついに社交界デビューの時…! ?陛下の甘々溺愛編!

表題作月神の愛でる花 ~言ノ葉の旋律~

レグレシティス、サークィン皇国の37代皇帝
日下佐保、レグレシティスの最愛の皇妃で稀人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

皇妃として一人で。

月花シリーズ十作目。
今作は全編陛下視点。
受けを溺愛する攻め視点、大好きです(*´Д`*)
そして今までの2段組だったのが、今作(から?)は1段へと変更になってます。
個人的には1段の方が好きなので、これまた嬉しい変化かな。

内容は、陛下が佐保の独り立ちを見守る巻です。
その独り立ちデビューの場は、子供達の夜会予行会。
子供だったら変な思惑等の心配が無さそうだという配慮からなんだけど、やっぱり陛下は心配で心配で(笑)
陛下が陰でこっそり見守る図なんて、可愛いとしか言葉がでないです(*´艸`)

陛下視点だからいかに佐保の事が大事かが描かれているのですが、残念なのがエロ面。
月神シリーズはエロ控えめだし、エロ目的に読んでいる訳じゃないんです。
でも前作はH無し、今作もHを匂わせながらも無し。
陛下と佐保ですもん…挿入無しでも満たされる二人なんですよね…分かる…分かるんですが、二作続けて『Hな雰囲気』で終わった事が残念でした。

そんなエロ厨のような感想もありますが、エロ無しでも充分あまいです。
やっぱり攻め視点は美味しかった…(´∀`*)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ