緋を纏う黄金竜

hi wo matou ougonryu

緋を纏う黄金竜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
55
評価数
14
平均
4 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥870(税抜)  
ISBN
9784344834897

あらすじ

騎士団で平穏な日々を送っていたエイプリルだったが、ある日、友人ヤーゴの退団話と、恋人である団長の隠し子疑惑が突如浮上し…!?

表題作緋を纏う黄金竜

フェイツランド、破壊王と呼ばれる元国王で現騎士団長
エイプリル、祖国を離れ騎士団に入った小国の王子

その他の収録作品

  • 緋の系譜
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

やっぱり息子にほしい・・・

前作よんで、めっちゃ好きだったので続きget。
前作で攻め受けは既にくっついていて、
当作の登場人物はほとんど前作で出ていて
前作の説明はほとんどないので、前作を先に読むことをお勧めします。

どっちかっていうと前作の方が好き。でも登場人物みんな好きなので萌2.
ちょっと盛り上がりに少し欠けたかな というところがあり神にいたらず。
BLというより、いい子の成長日記みたいなお話と思います。
エッチシーンはあるけど、そんな濃厚とか 凌辱とか 全くないので
そういうのを求めている気分の時はご注意ください。

良い魔獣(竜と兎)が少々出てきますが、
そんなファンタジーファンタジーしてないです。
仮想中欧、中世ぐらいで、馬、剣、弓なんかで戦ってます。

攻めさん:力あるものを良しとする国の前王。今は騎士団団長。
     なんせ強い。大雑把。片づけする機能なし。
     根回し、外交 なんか、超苦手なんで、
     とっとと養子に譲位した。別名 破壊王。

受けさん:貧乏のほほん小国の第二王子。
     出稼ぎ(笑)で攻めさんの国の騎士団に来た。
続き
     金髪、青い目。働きに来たのは16歳の時。
     攻めさんの身のまわりの世話役。

副団長:超絶美人なんだけど 隻腕の魔王という別名あり。やっぱり強い。
    黒い竜を従えている。
    めっちゃ有能、まじめ。実務を全部取り仕切ってる。
    割といつも怒ってる(笑)
    今回は女装ネタで地雷を踏まれたらしい。
    最後めっちゃ怒った模様(爆)

騎士のみなさん:下半身お元気な方や、
        武器のことならなんでも知ってるぜ的な方や
        別の国のとっても優雅な王子様や、
        受けさんのお友達的存在な方、
        攻めさんの養子の今の国王 等、
        色々出てきますが、キャラがはっきりしてるので、
        混乱はしませんでした。

この受けさんが、すんごく善人で、めっちゃ癒されるーーーーーーーーーー
ということでタイトルにあるように 息子にほしい。
私は けっ となりませんでした。嫌味のない 本当にいい子なんです!

攻めさんは、うん、恋人にはいいけど、夫には向かないな。力強くて
怒ったらすぐなんでも壊しちゃうし、片づけできないし(笑)
でも受けさんはちゃんと攻めさんと一緒にいるー と言って、
寄り添ってます。
ほんと可愛い。

優しいお話で癒されたい方、ぜひどうぞ。いいっすよ。

追加
先生の他の作品とつながってるらしいんですが、私は
その他の作品読んでないので、ごめんなさい、詳報できず。

追加2
黒い竜(人型になれる)と美人副団長が訳ありな模様。
うーん、他の作品につながってるってこれ?

2

異世界ファンタジーで一番!

前作品「空を抱く黄金竜 」の続編です
関連作品は沢山ありますが、今回の黄金竜シリーズ2冊単体で読めます
月神のリー・ロンと血縁関係にある方が
こちらの作品に出てきますがwwww

BL要素ももちろんのこと
異世界ファンタジーとして楽しく読ませてもらえました!
受け様の友達の実家の問題から、貴族問題そして
騎士団の名誉まで傷つけてしまうような問題勃発で
受け様も被害に遭って一時、意識不明にまでなってしまいます
そのなかで攻め様の隠し子問題!

今回、攻め様と受け様が常に一緒のシーンが少なくて
残念でしたが、その分
一緒にいるときは常にイチャイチャしていて
受け様も困ってしまうものの、はやり嬉しいみたいでw

受け様が意識不明で寝込んでいる時なんて
チャランポランな感じの攻め様ですが
やはりデキル男でしたよ!
冗談をいいながらも、受け様を心配して言うセリフ感動です!

シリーズ内でのからみは・・・あるのかな・・・
そして続編・・・あるといいですよね~~

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ