月神の愛でる花 ~天壌に舞う花~

tsukigami no mederu hana

月神の愛でる花 ~天壌に舞う花~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
85
評価数
19
平均
4.5 / 5
神率
68.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784344832480

あらすじ

異世界・サークィン皇国で皇妃となった純朴な高校生・佐保は、この世界での故郷ともいうべきナバル村へ里帰りすることになったが…。

表題作月神の愛でる花 ~天壌に舞う花~

レグレシティス,サークィン皇国の皇帝
佐保,異世界に迷い込み皇妃となった高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

感謝の表し方

月神シリーズ四作目。
今作は佐保の里帰りと知り合った劇団との出来事でした。
里帰りといっても現代日本には帰るのではなく、佐保がサークィンの地に初めてやってきた地・ナバル村へです。

『神』評価を付けたのは、陛下がナバルの地に口付けをするシーンから。
佐保がサークィンにやって来た事に感謝を表しての口付けなんですが、陛下の佐保への深い愛情に泣きそうになりました。

そのナバルで出会った青年が縁で劇に出る事になったり、青年から想いを寄せられるようになる佐保。
でもミオ達からがっちりガードされてる佐保はそんな青年の想いをつゆ知らずなのが、青年が不憫というが何というか(笑)

途中気になったのが、佐保が劇に出ると言い出したところ。
ミオがすぐさま反対するのですが、ミオいつの間に出てきた?という感じがして…。
居たっけ?と読み直したけど判明せず。
私の見落としかもしれませんが、ちょっと気になりました(^^;;

それはさておき、なんだかんだで今回もやっぱり平和な物語で、陛下の素敵さが更にアップした巻でした。

1

好きなシリーズです

ほのぼのするストーリー。
佐保は、相変らず、誰からも好かれるキャラで
溺愛する王様をやきもきさせています。
エッチシーンは、少な目ですが、
2段組みの文章は、 十分楽しめました。
今回は、佐保自身には、大きな波乱はなかったですね。
すこし 王様かバカップルになっている。

偶然出会った 劇団の少年に 思いを寄せられるけど
鈍い 佐保は気が付かない。劇団にトラブルが起こり
佐保が代役で舞台にたったり 
控えめで 妃であることをなかなか言えないでいる。佐保。
劇団の少年の質問「もしかして 偉い人」「偉くないよ」
罪深い佐保。

異世界ものなのに、
佐保はしっかり・サークィン皇国にとけこんでますね。
好きなシリーズなので このまま続巻がでてほしいな。
不思議な生き物がいるのだから、佐保が妊娠したらする不思議があっても
いいのになぁ。

一番好きなのは、1作目。
王様と知らずに、レグレシティス,と佐保が出会うシーンが印象的でした。

2

愛されキャラは好きですか?

まわりの人から愛され、攻め様にもちろん溺愛される受け様好きですか!?
私は大好きです!!(*´∀`*)大好物です!

異世界トリップものではありますが、
もう異世界の生活が定着している受け様
今回、この世界に来た時の受け様の状況が書かれていました

日ごろおっとりと、この世界をきちんと受け入れている受け様ですが
当初はそんな・・・この場面を読むとぐっときます
あと攻め様が、受け様がこの世界に来た場所(地面)に
感謝をこめてキスをするシーンなんかめちゃめちゃ感動しました

あとは日ごろ、頑張っている受け様のお付きのミオさんの
お姿(挿絵)もあってファンは大興奮です
今回はなんだか周りの人物も挿絵が沢山でうれしかったかな(*´ω`*)

受け様は周りから愛されて仕方ないいい子なので
作品を読んでいて凄い幸せな気分になれます
私の中では、愛されキャラ№1でしょうか

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ