花屋の二階で 新装版

hanaya no nikai de

花屋の二階で 新装版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
33
評価数
7
平均
4.7 / 5
神率
71.4%
原作
 
作画
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥950(税抜)  ¥1,026(税込)
ISBN
9784199606601

あらすじ

どうして二人ともハダカなの!?
──大学生の明信(あきのぶ)は、ある朝目覚めて呆然自失!!
なんと花屋の二階で、幼なじみの龍(りゅう)と一緒に全裸で寝ていたのだ。
しかも体には妙な痛みと痣…。そんな酔って記憶の飛んでいる明信に、
龍は「ついやっちまった」と、恐れていた真実を告げてきて!?
待望の《花屋の龍×明信》編!

表題作花屋の二階で 新装版

木村龍・木村生花店店主(元ヤン)・30才
帯刀明信(次男)・大学院生・23才

その他の収録作品

  • 次男の恋人(菅野彰)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ずっと大好きな作品。

以前普通にコミックで出ていた時から大好きな作品ではあったのですが…
新装版!分厚い!表紙の書下ろしが素晴らしい~と前のを持っているけど買ってしまいました。
以前の2冊分が1冊にまとまっている形式。
分厚いので少し読みにくいのが難点ですが、1冊になっている満足度も高いです。

買ったときに久々に読んで良さを再確認。
連載ものだったらコミック2冊分というのはそれほどのボリュームではないと思いますが、二人の関係が丁寧に描かれていて胸がぎゅっとなります。
「毎日晴天」シリーズを読んでいなくても大丈夫です。
ほかの兄弟たちの動向は気になりますが!

2

やっぱり好きだ!

新装版です。毎日晴天!はこの二人だけ順調にラブラブなので、二人が出来あがるこのお話は大好きです。(死んでも本望なほど出来てないにしても一番進んでるのがこの二人だと思う・・・)
相変わらず新装版は厚いので読んでて指が疲れますが(笑)でも買ってしまいます。
書き下ろしに龍×明信の小説が11P。(3段組み)
龍の苦悩もわかるなぁ・・・。

過去を引きずってるイケメンノンケ(花屋経営30才) ×
両親を亡くした後10年超家のことを一切引き受けてきた自己主張の激しすぎる5人姉兄弟の中の唯一の真面目常識派次男(ノンケ院生23才)

悩んでることがね、他人過ぎれば分かりにくい、でも家族には話せない。明信が思考の渦につかまってる様子と、大人な龍が持つ苦悩の渦につかまってる様子がね・・・。
二人ともにせつない・・・。
帯刀家では静かに考え事もできないしね!(笑)
この二人がくっついてくれてよかったです。

書き下ろしは・・・・。本当、龍、罪深いよ・・・。
白い花を手折ってるね!(笑)
でも、あと5年後でも結果は変わらないと思うからその罪はいいんじゃないかな!
うん。表紙の百合がとてもきれいです。
龍と勇太の持つ明信のイメージはこれなんだろうね。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ