エスケープジャーニー

escape journey

エスケープジャーニー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神692
  • 萌×2176
  • 萌80
  • 中立51
  • しゅみじゃない59

77

レビュー数
125
得点
4455
評価数
1058
平均
4.3 / 5
神率
65.4%
著者
おげれつたなか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
エスケープジャーニー
発売日
価格
¥740(税抜)  
ISBN
9784799726853

あらすじ

「性欲処理」呼ばわりされて別れた元カレ太一と、大学でまさかの再会を果たした直人!
ガッツリ過去の怒りを引きずっていた直人だったけど、高校時代に比べ成長した太一に少しずつ心を許し始める…。
そんな中、友達のふみちゃんが太一に恋しているらしく…?
友達だと相性バツグンなのに“恋愛"になった途端うまくいかない、傷だらけの恋愛譚!
描き下ろしは“おもらし"です❤

表題作エスケープジャーニー

羽瀬太一,少しコミュ障な大学生,高校時代の元カレ
久見直人,コミュ力の高いチャラ男の大学生

その他の収録作品

  • 「エスケープジャーニー」描き下ろし
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:無駄設定集供養・漫画
  • 電子限定描き下ろし「パーとグーでなぐる。」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数125

同性愛について

本当に考えさせられた作品でした。それから、高校の時に好きだった女の子に、なんで好きって言わなかったのか、すごい後悔しました!
その時は言えなかったよ。
いまは厚かましくなり言えるよ!

この2人みたいに青春謳歌したかったぁ。
同性愛って、心が痛くて、それにとても甘美です。…ん、今からでも恋愛しようと思いました。

シリアスと、弾けた感じのバランスがとっても良い作品です。

0

ネタバレ注意 詳しく評価しました!

大好きなおげれつ先生の作品!!!
辛口コメントです。ごめんなさい!
友達が持っているから手をずっとつけてなかったのですが、読みたくなって結局自分で集めました。

私がBL界で1番押しているのがおげれつ先生の「はだける怪物」です。これを読んでも変わりませんでした。

私的に先生の他の作品に比べて少しキュンや感動などが少なく感じました。辛口でごめんなさい。

一巻だけのはずだったから?なのか分かりませんが過去付き合っていた彼らがもう一度再開して付き合う展開がとても早く感じました!
それでも上手くいかず、すれ違う原因もあまりよく分かりませんでした。
その原因を解決して成長していく過程が私的に見たいなぁと思いました!

だけど、離れてもお互い大好きで気になっちゃって、太一も追って大学来ちゃったことも、とっても見てて可愛かったです。ボーイズラブが世間から受け入れられないからこそ、悩んでいく2人もとっても共感しました!

おげれつ先生のはだける怪物はぜひ読んでください〜!
おげれつ先生大好き〜〜!

0

魂が震えるほどエロい。

『エスケープジャーニー』は電子で持っていて何度も読んでいたのに
今日紙本を買って読んだらもう一度魂が抜けるほど感動しました。

受けの直人はクールな外見なのに、中身はパリピで騒々しくチャラい男。
なのに、攻めとエロい事をするときにスレンダーな身体と猫のような雰囲気でめちゃくちゃにエロい…。
二人がセックスしている描写の時、私は完全に太一目線でもっとーーー攻めろーーー!!太一~~~!!
と応援していますが、何せおげれつ先生なので毎回エロは私の想像を遥に超えます。

太一は超絶好みのキャラです。おげれつ先生の生み出すこの手のハンサム真面目むっつりキャラが大好き!

嫉妬を時々強めに出してくる所が、最っ高です・・・

今作は二人のノンケの恋愛模様を描いていますが、お互いが恋している目線や空気感を非常に上手に表現されているなと感服しました。

例えば
太一が直人の手首をことあるごとに掴む。
肩と肩や半身をくっつける。
再会の時や、雨に濡れた直人を見る太一の目線。
といったシーンで「太一⇒直人」の恋心が描かれています。

方や、直人はどう思ってるのかなと思っていると飲んで太一の家へ行って自分から誘い、お互いに求めあう…。
水族館で太一から直人の手を絡めたあと、直人から太一への恋しい気持ちが爆発する。
2度目のセックスしながら「足りない。友達じゃガマンできない」と訴える直人。そして俺も同じ気持ちと応える太一‥
どのシーンも読んでて一瞬息が止まりそうなくらいしびれました。

高校時代の二人の恋愛のスタートも素敵です。

付き合い始めた二人の素晴らしいセックスシーンがその後何度も描かれますが
二人の会話からもっとたくさんたくさんセックスしていることがわかります。

そして発情期のようにヤリまくりの二人なのに、時々太一が愛おしそうに直人の薬指をすりすりしているシーンが描かれて、性的処理(この言葉で一旦別れている二人なのです)ではなく太一が心から愛しているからこそのセックスなんのだという事が伝わってきます。は~最高。

でも途中の殴り合いの喧嘩からの無理やりエッチはもうもう…これはこれで…萌えました…
太一の愛が重すぎて最高です。

脳内に二人の情景が鮮やかな色合いでアリアリと浮かびます。

最後の『描き下ろし』では特大級にエロいセックスシーンがお見舞いされます。
直人がペニスからオシッコ(精液も?)を漏らし、同時にアナルから太一の精液が流れ出ている画をお尻から仰ぐように描いていて、最後の最後までエロの破壊力と愛しあう二人に魂を揺さぶられました。

【追伸】
表紙裏は再会時の太一側の視点です。(無表情の下でこんな事考えてた)
キャラ紹介と無駄設定供養も載っています。
裏表紙の二人が軽く指を絡めているところもとても良いです。

1

SA☆I☆KO☆U!

少々ネタバレ含みます。
遂に読みました・・・!!
感動するシーンも多いですが、やはり1巻は直人がエロかわ♡
キュンキュンしてました(≧∇≦)
書き下ろしのおもらしは悶え死に_(꒪ཀ꒪」∠)_
しかしやはり読み応えはあり、心に響く言葉もありました!特にあて馬のポジションであるふみちゃんの(ダメって分かってても言わなきゃダメだって思って特に大事なことって)ここが1番でしたね!
あて馬でこんな素晴らしい方がいるなんてって思いました!ふみちゃんも素敵な彼氏さんが出来て良かったです
とにかく最高に過ぎません!
大満足です♡
のちのち2巻のレビューもします!

1

同性愛

大好きな作品です

おげれつたなか先生はキャラクター設定がとてもお上手で
とにかく受も攻も魅力的です

特に受が気に入りました
メガネなのもポイント高いです あと服装がオシャレですね
2人ともモテてスクールカーストでは上位だと思うのですが、そんな2人が真剣交際っていうのは夢があります

腐女子が三次元ホモに夢を見ても良いんだなと思わせてくれる作品です

そしてかなりの純愛でかつ真剣交際に発展するのも魅力ですね
過去に肉体関係があったことなども良いスパイスです

処女ではじめから気持ちよくなれるより過去に経験ある方が説得力がある気がします
受と攻の家庭環境とかも描かれていて、ファンタジーのなかにリアルが混ざっています

リアルに大学生が同棲で交際している場合の困難などがご都合主義で流されずに描写されています
周囲の理解も今の時代に適している反応かな?と感じました
長らく腐女子をしていますが世間が同性愛をどの程度受け入れているのかをBLから感じることになるとは思いませんでした
時の流れを感じます、笑

1

話は良いんだけど

話は良いと思うんです。でもエロがすごすぎて本筋より気になっちゃうっていう…おげれつ先生の持ち味なんですけどね。
こういうストーリー性のある話だと、エロが行きすぎて逆に萎えてしまいました。
あと、おげれつ先生作品でよく思うのは、イケメン設定のキャラ(ここでは太一)がイケメンに感じないんですよね。ナオの方がイケメンに感じる。

1

とりあえず、話が深い!!良すぎる!!

この作品は正直、腐女子なら誰でも「最高!」と言うのでは?と思うぐらい良い作品です!色んな友達に貸しましたが、誰もが良すぎると感想をくれて返してくれました。
私は最初、腐女子友達に本を貸す時、「大丈夫かな?」「ハマってくれたらな…」とか色々思うんですけど、この本は戸惑いなく絶対面白いよ!って勧めることができます✨この話なら大丈夫って確信があるんですよねw

友達としては上手くいくけれど、恋人となると上手くいかない直人(受け)と太一(攻め)。そのせいで高校時代、最悪な別れ方をします。直人はその事を忘れようとしていたのですが、大学で再会。もう一度友達となるが…。って話です。

結構エロいので、それにまだ慣れていない腐女子さんは、慣れてから買った方が良いと思いますw

男同士が付き合うからこその色んな葛藤があったり、周りからの偏見などがリアルに描かれています。とにかく話が深い…!お互いを想うからこそ悩む2人が描かれている作品です^ ^

1

メガネ受、可愛い!!

この一冊でかなりの内容が凝縮されている、ホント神作品です!

高校の頃にケンカ別れした2人が、大学で再開。最初に高校時代のケンカシーンは描かれていますが、どうゆう経緯で2人が付き合い出したのかや、その頃の2人の姿が分からないまま、一気に大学での再開から話が進むので、読む手が止まらず引き込まれます。
恋人では上手くいかないけど、友達でならと直人は思いつつも、太一に惹かれ付き合います。
でも、やっぱりケンカ。
自分の気持ちに気付いてない直人と、自分の気持ちを言葉にしてない太一。
離れてみて直人が気付く姿に、じんわりきました。嫉妬もするけれど、自分では恋人以上にはなれないという同性同士の葛藤で諦めようとする直人が、可愛く見えました。

ずっと直人目線で描かれているので、表紙裏が、また凄く良かったです。
この一冊でも、十分満足な内容ですが、シリーズ物なので、早く続きが読みたいです。

1

一人でいろいろ考えてしまう二人

お互いを想っているからこそのすれ違いで涙が止まりません(;_;)
友達期と恋人期の二人の表情の違いもみどころです♪

2

彼らの幸せを祈りたくなる

私が腐ってから初めて購入した商業bl本で、思い入れが深いです。今思うと初めてで良いのが当たったと感じます。
高校の同級生の直人と太一。互いに思い合っていたが、些細なことで破局。大学進学後に再会し、また付き合うことになるが、波乱の予感。

と、簡単に説明するとそんな流れですが、こんな数行じゃ収めきれない作品です。
互いのことを考え、すれ違い、葛藤し、恋とはなんなのか、愛とはなんなのかを追求します。
作品に登場する女性キャラの「ふみちゃん」がいい女すぎて大好きになります(^-^)
ふみちゃんが居てこそ彼らは通じ合えたのだと思います。
終わり方が素晴らしいので気になる方は必読です。
私は読み返しては何度も泣いています。
三巻で完結しているので、是非最後まで見ていただきたいです。私はこの作品で、恋と愛と友情を学べました^_^

3

何度読んでも、染みる秀作 1巻です。

おげれつたなか先生 初読みの作品です。
この作品で、先生の作品が好きになりました。

さくら咲く、入学式。
チャラ男、全開、デビュー上等
直人の大学生活は、華々しく愉快に始まる予定だった。
入学式直後、合流したツレの中に居たのは、
高校時代の元カレ 太一だった。

2人以外は過去を知らない。
「ともだち」として、つきあえば問題ないと、思った直人だったが、
深酒をし、太一の部屋に泊まった夜。
迂闊にも、ハメを外し、太一と直人はヤってしまう。

ヨリを戻したい、太一。
彼からの屈辱の言葉を未だ、忘れられない直人。

葛藤を抱えながらも、直人は太一を求める
めくるめく、セックスを繰返す2人。

ともだちならば、うまく行くのか?
この先にナニがあるのか?
太一とナニになれるのか?

諦めようとした直人だったが、
太一の本心と後悔を聞いてしまう。
悩んでいたのが自分だけではないことを知り、
互いの気持ちをぶつけ、分かち合い
再び、2人のエスケープジャーニーが始まる。

感謝な位に、2人のエロシーン満載で、楽しめますが、
BLの永遠の課題、
未来についての葛藤や悩み気持ちが繊細に描かれており、
深く心に響き、作品に強く惹きこまれます。

その名前は、死ぬまでには、たぶん見つかる。のかもしれない。

足掻きながらも、求め合い
不安だけど「イマを生きて行く」2人を見守っていきたい。

今更ですが、
この1巻だけでも、このお話は綺麗に纏まっています。
たなか先生の秀作だと思います。

2巻へとお話は続きます。

3

完結した今、振り返ってみれば。この1巻で美しく完結していた物語。

もちろん、3巻まで楽しく読ませて頂いたし。2巻も大好きなんだけど、この1巻を読了した頃は続くとは思って無かった程に美しく完結した物語だったのだなぁと、今更にして、尚、感慨深いです。
どちらかというと、直人目線で描かれていますが、どうしようもなく病んでいて、執着しているのは一貫して太一の方なんですよね。しかも「好きだから」と言って行動が無茶苦茶です。暴力とかレイプとか。(ストーカーみたいな行動とか。)直人は優しい子なので、この関係に名前を付けられないと言って悩みます。恋人や友達にはなれても、家族にはなれない。「太一の家族になりたかったんだ。」という自分の気持ち。太一が本当の意味でこの事実を共有するのが、やっと3巻を経て、ってことなのかもしれません。
BLにあるまじき(⁈)女子の登場も効いていて、特にふみちゃんの「私は きっとこれから別の人のことも好きになれるよ。でも。羽瀬くんは直人くんじゃないとダメなんだよね。」もちろん、全ての異性愛者がそうじゃ無いし、同性愛者も多分そうじゃ無いとは思うのだけれど。一般にマイノリティだと思われる彼等のことを指して、彼女はそう言っている。泣けます。後に直人がふみちゃんに言ってますけど、ふみちゃんがいい女過ぎて泣ける。
不器用な恋の育つまで。友情と、青春の見せる一時期の美しさ。そしてエロ。色んなものをぎっしり詰め込んで、美しく完結していた物語だと思います。

8

女子の存在感と眼鏡

読みごたえありますね!
色んな感情がわいてなかなか感想が難しいです。

太一と直人。やっぱりお互いじゃないとダメなんですね。でも恋人になるとうまくいかない。
そこに大学の女子や太一を好きな女子とか絡んでますます苦しく切なくなります。

直人のために文転して同じ大学学科に入ってやり直そうとしてた太一。この年ではすごい勇気ですよね。直人はチャラいですね。ミカリンとイチャついて太一が可哀想だし、ふみちゃんの気持ちを知って男同士の先の不安定さや太一の幸せを思うと身を引くしかない直人も切ないです。

ふみちゃんに告白された時の太一のセリフや、高校の頃に指輪を買ってたり、直人が思ってる以上に太一は直人をとても真剣に好きなんですね。

表紙や中表紙がみんな自転車なのも良かったです。
1巻で十分まとまっているけど3巻が出たんですよね。読みたいようなせっかくうまくまとまって波乱があったら嫌だなと怖いような。

共学のリア充大学生って感じも新鮮でした。
あと、エッチの時になかなか眼鏡を外さないのも気になりました。

1

恋って難しい

おげれつたなか先生の作品ということで、気にもなっていたし即購入。
絵も、とてもきれいで読みやすかったです。
友達と恋人の差を感じる作品でした。恋愛の難しさが、よくわかりました。また更にただの恋愛ではなく、男同士なのでまた難しい。そんなところに読者は、胸がキュッと締め付けられるようでした。個人的には、当て馬のふみちゃんも好きでした。
特に私が好きだったのは、攻めの太一です。受けにすごーく執着している太一が、とても好みで、好きでした。

2

青春ですね

大学生同士の爽やかで楽しいだけのお話なのかと思ったら、家族や結婚、子供を持つ事とか、ちゃんと考えている男の子たちの話で、じっくり読みました。
太一くんは最初から直人の事がそういう意味で好きで、男同士って事をずっと考えていたのかな、と。直人くんは色んな場面でその壁にぶち当たって、傷ついて、でもやっぱり太一くんと一緒にいたいって思うんだけど…。
この巻で一応のハッピーエンドなんでホッと読み終えたんですが、これからも2人の先には困難があるんだろうし、どうなるのかちょっと心配です。
大学の同級生の女子たちもいい子達で、青春って雰囲気、いいですね。

3

久しぶりに読み返しました

おげれつ先生の作品はチャラくて可愛くてエロくて~が特徴なのですが、こちらの作品は一味違います。
お話も絵柄もライトなのに深い。読み進めるほどに切なさが伝わってくるBLです。

個人的に男同士の恋愛について悩まない作品(オメガバースなどもそうですが)にはあまり興味を持てません。男同士だからこその恋愛――結婚や子供を持つことについての葛藤がやはり見たいです。そうでなければBL(男同士)である必要がないと思います。

そのあたりをきちんと描写している良作だと思います。
原点回帰じゃないですが、漫画も小説もそういう作品が増えればと思います。

5

表情ひとつひとつに目を奪われる

おげれつたなか先生の作品に出会うまでは、メガネもツリ目も好きじゃなかったのに。
先生の描く受の可愛さ、健気さ、色っぽさ。
たまりません。大好きです。
直人の「見えない」の一コマ、何故こんな表情が描けるのか…
震えます。

表情ひとつひとつ、背景にいたるまで、とにかく丁寧に描き込まれています。
当て馬キャラ、友人キャラ、しっかりデザインされ、それぞれに命が吹き込まれています。
それらがストーリーにリアリティを持たせ、厚みを増してくれるのです。
一冊読了するのに時間がかかります。
見入ってしまいます。素晴らしくいい時間です。

二巻では新たなキャラも登場し、さらに続きが気になります。

4

恋人と友達の違い

独占欲と執着心が強い攻め太一と、パリピでチャラチャラした眼鏡受け直人の話です。
直人は女子との距離が近く、仲が良い友達がたくさん居ます。一方太一は不器用で友達が作りにくい性格。それが直人のおかげで友達もできるようになります。家庭環境の問題も相まって太一はますます直人への執着を強めていき、嫉妬心も露わにするようになります。
そうした態度にだんだんと苦痛を感じ始めてしまった直人は太一にこんなんなら付き合うんじゃなかったと不満をぶつけますが、太一はただの性欲処理だと思ってたと言い返してしまいます。そのせいで別れる羽目になってしまった二人でしたが、入学した大学でばったり出会って...というストーリー。
登場人物の葛藤などが細かく描かれていて感情移入しやすく、また出てくる女子も好感が持てる人物でとても読みやすい作品だと思います。
個人的にはDキスの描き方があまり好みではありませんが、それ以外の描写はとても綺麗で思わず見惚れてしまいます。
萌えるシーンは多々ありますがなんといっても直人が太一のベッドに横になって眼鏡を外し「見えねー」と言うシーンは格別だと思います。太一がこの距離は?という感じで徐々に距離を詰めていきますがそれでも見えないと言う直人。最後にうそつきと言って直人にキスする太一にはとてもドキドキしました。それと高校時代の回想もとても好きです。私は高校時代の直人の髪型の方が好き。
途中で太一が直人にDVするシーンがありますが苦手な人には辛いかも。
個人的にはみんなにオススメしたい名作です。

4

BLの壁

レビューポイントがどのサイトを見ても総じて高く、またちるちるにおいても感想が良すぎたので逆に今まで読んでいませんでした。(「ヤリ部」ばかり読んでいて、おげれつ先生のチャラめの絵に隠された闇の部分を見失っていました。今までおげれつ先生の作品を何冊も読んできたのに、なぜかリア充ばっかり描いている作家さんだと思い始めていました。すいませんでした!)また、一旦くっついたのに別れ、でもやっぱりくっつく、というBLを読んだことがなかったので、「元カレってどういう感じなの」と予想ができなかったです。
実際読んでみると最高でした!元カレというのもおげれつ先生の「長いスパンでこのカップルを見守っていくよ」というメッセージなのだというメッセージだと感じられました。新感覚でした。
個人的には眼鏡受けに目覚めました。眼鏡を取った時の美人さがたまらん。そして、エロシーンで受けの眼鏡がどんどんずれていく描写が本当にエロ過ぎる……。
このレビューのタイトルはおげれつ先生が「元恋人」という新ジャンルを作り出したことを養老孟司先生の「バカの壁」に、あと作中で好きな相手を幸せにするために自分が離れなくてはならないというBLカップルがぶち当たる「風と木の詩」以来の伝統の壁にこの作品のカップルがまさに行く手を阻まれている様子を掛詞にしてみました。最近の作品ではこの葛藤があまり描写されない(オメガバースの台頭、そもそもホモがめっちゃ多い世界の設定等)ので、逆に新しいです。(ふう。静かなる狂気!)子供が産めない、恋人の次のステップがないという問題の解決は今までなされたことがない(解決しようとしたらどちらか一方が死ぬ、都合よく養子になる子供が現れる)ので、続きが楽しみです。
おげれつ先生は絵然り、ストーリー然り事実上最近のBL作家さんの中では抜群だと思います。
P.S.この間の「ねほりんぱほりん」でYOUさんが持ってらしたBL本のうちの一冊がこれでしたね!!

5

執着攻め大好きです

おげれつ先生の作品ははじめて読みました。(名前の区切りはおげれつ たなか でいんですかね?)
お話に関係ないですが、ちるちるの先生の作風紹介で、名前の割には絵柄が繊細で・・・とあり、おげれつはもしかするとお下劣なのか!?と気づきました。・・・すみません、脱線しました。
絵柄がとても好みです。ストーリーもいわゆるどこでもあるような話ですが、攻めの愛が重い!執着が激しい!こういうの大好きです。
高校の時の振り方が確かに最低ですが、大学で再開したとき攻めの未練ありありがバレバレで、本当におバカな攻めだなと少しかわいかったです。
あと、ライバル?のふみちゃんが良い子すぎでした。たいていBLに出てくる女の子は二人の邪魔をするか、協力or身を引くかに分かれますが、後者でよかったです。しかも、ちゃんと自分も彼氏をみつけて!本当にいい女だなと思いました。

3

表情に目を奪われる

 ストーリーとしては青春と男同士であることへの悩みが絡んだBLもので、特に新しさはないのですが、おげれつ先生の美麗な絵によって描かれる主人公2人の表情が素晴らしいという点に尽きると思います。受けの直人が人当たりのいい奴なので、笑えるポイントも散りばめられています。でも太一との関係に内心悩み続ける直人の繊細さに共感せずにはいられません。

 直人と気持ちが上手く噛み合わず、中盤で太一が暴力を振るってしまうシーンはとても痛々しいのですが、同時にとても引き付けられる場面でもありました。俯きながら涙を流す直人と、直人を引き止められなかった太一の表情に心を掻き乱されるような気持ちになります。そして終盤の、男同士だと先に進めないのが怖いという直人を、一緒に生きていきたいという言葉で包み込む太一のシーンは圧巻でした。台詞の一つひとつにも2人の感情が最大限込められていて、先生のセンスを感じます。高評価なのがよく分かる作品でした。読んで良かったです。

3

3巻まだかな!

お話的にも絵的にもステキです!が、穴はもう少し後ろ感があります。

1

エロい以上に感動

おげれつたなかさんの作品はエスケープジャーニーが初めてでした。
ドラマcdを聞いてから漫画を読むことにハマっていて、読ませていただきました。

攻めはすごくなんとなくなんですけど、Free!のはるちゃん感!ww
嫉妬とかするの大好きで私にはもう萌え増した〜!

エロエロなんですけど、エロエロと同じレベルに感&動!!!


直人と出会うために文転して、同じ大学に行って、女の子からの告白も振って、
再開して付き合って別れてでもまだ好きで...

切ない...!!!けどもう泣いちゃいました

直人もなんだかんだ太一が大好きだし
こーゆー大学生増えねえかな!、!!←

5

ちょっとこじらせ系なのに好きだ

回想の、高校のころの別れ方見てなんだこいつサイテーと思ったんですけど、違ったんですね。

指輪用意しときながらあんな振り方して、文転してまで同じ大学行って……
愛が重いです。でも好きあってるのでアリかなと思いました。
でも、大学で彼女作ってたらどうするんだろ。ただのストーカーになりますよね。トホホ

ふみちゃんが出てきたけど普通に可愛く、ただの当て馬で終わらなかったことに拍手を送りたい。
なんかマジメとか言われそうだけど、ああやって言えるのって素晴らしいと思う。

2

やっぱモブ(女の子)は大切。

友達以上の関係について思い悩んでいる話でしたね、、なんやかんや2巻でも解決してない感じがありますが(笑)
これからどうなるんですかね?

やっぱり女の子が絡んでくるのはとてもいいです!!女の子もいるのに男が好きになっちゃうのに本当に萌えます!!!心がしんどい。(笑)

水族館デートはもう!!ダメですよ!
今までの作品の中で心臓が1番小さくなりそうになりました。握りつぶされましたね。

無理やりシーンを好きですが、セックスすることだけが愛じゃないとすごく思いました。
直人の可愛さが半端ないっすね。

3巻が楽しみです!

3

自転車二人乗りで転ぶのは危ない…死ぬぞ…

愛の重さが違うのに、お互いがなんとなくその事に気づいておらず、一緒に生きようとすると難しくなる二人の話。
釣り合えない二人が好きだから個人的には激萌えだった。太一の愛が重すぎる。直人に認められなければただのストーカーだったぞ……。
「関係に名前がほしい」と直人が思っているとこに、付き合っていることをあけすけに晒せない事に対する不安が詰まってて、それでも幸せになってくれよと思わずにはいられなかった。
女の子(ふみちゃん)が出てきたけど普通に可愛く、ただの当て馬で終わらなかったことに拍手を送りたいのと、この子が居たことによって「うわー実際ありそうー」という感想を持ってしまった。
10年後にふみちゃんと彼氏の間にできた子供と、太一・直人が遊び、ちょっぴり直人が落ち込む未来が想像できる……。
すごいよかった。何度読んでもそう思う。

4

良いぃぃぃぃ!!!

ドラマCDを最初に聞いて、「あ、もうこれ買うしかないな」と思って買いました。

簡単な言葉では言えないくらい直人と羽瀬の思いが詰まっててよかったです。
「男同士」の大きな壁みたいなものがあって恋人の先はどういう関係になるのか、「好き」っていうだけじゃ駄目なのかって直人が悩んでるのを読んでて、とても心が痛くなりました。立場とか家族とか関わってきた色んなものと、好きな人どちらを選べなんて難しいのだと…
でも、ひとまずお互いの思いを伝えあえて分かり合えた(?)のでよかったと思いました!!!
ふみちゃんいい子だった泣

普通の時も良いですがHシーンのイラストがすごくよかったです。直人がチャラいのにピュアで、泣いてるシーンも最高でした!

4

癖のないBLで良かったが、もう少し掘り下げて欲しかった

一つ一つのシーン(特に前半)はめちゃくちゃ萌えたのだが、このカップルが上手くいくための課題というか問題が根本的に解決してない気がした。直人は太一と関係を持つ度に自分たちの関係について明確な名前が欲しいと悩むのだが、結局彼らの関係に名前はついていないので、また些細な事で喧嘩してしまい、このカップルは別れと復縁を繰り返すのかもしれないなと思った。まあお互い愛し合っていると今回ではっきり理解したはずなので、喧嘩しつつもラブラブかカップルになるのだろう。
直人の「家族になりたい」という願望は、太一の親が離婚したことで、太一にとって唯一無二の決して離れない家族を与えたいし受け入れられたいのかな、と思ったが、「家族」の行をもっと深く描いて欲しかったな。

1

後半にモヤモヤ( ˘•ω•˘ ).。oஇ

沢山レビューが上がっているので感想のみを。
中盤までは神レベルで萌えシチュが詰まってて
床ローリングで萌えまくりでした(∩´///`∩)

メガネ外して「顔見えない」って言ってどんどん近付いてキスとか
男2・女2で出掛けてて、女の子から見えないところで手を繋いでるのとか
そのあと2人になってエッチしてるのとか。
最高に良かったのは高校時代の初チューの回想!
2人の表情からドキドキが伝わってキュンキュンする///
直人の戸惑いながらも閉じかけてる目が可愛いのですよヾ(*´∀`*)ノ

やー萌えましたね。
王道甘々好きには最高でした♪

・・・が。
後半が何度読み返してもモヤモヤする。

上手くハピエンにしてあるけど、何も解決してないよね?
直人が男女問わず他人との距離が近いことに不安になってる太一はセックスで身体を繋げて不安を解消しようとしてたのを直人は理解していないし、会えばセックス・セックス・セックスの太一に直人は不安を持ってたことを太一は気付かぬまま…。

喧嘩になる原因はソコなのに、それについては何も触れないまま
「この関係に名前を付けたかった」
と言い出して(゚Д゚)はぁ?ってなったね…。
違うやん。名前とかの問題じゃないやん。という…。

ああ、でもこの2人はハッキリと気持ちを口にしないまま一緒にいたから最後に「好き」って言葉が出たのが進歩だったのかな…。その言葉だけで喧嘩の根本が解消出来んだろうか。

評価は、購入した時はまだ続編情報がなかったので後半の失速に中立かなーと思ってたのですが、今日2巻が出るということなので問題解決は次巻持ち越しを期待して萌え評価です。
でも前半の神萌えシチュと書き下ろしエロは大満足でした+゚。*(*´∀`*)*。゚+

2

チャライけどピュア

攻の太一はコミュ症だけど、自分の気持ちに正直で行動はかなり積極的。直人はコミュ力高いけれど、直人自身の気持ちを太一にぶつけるのは苦手で、自分よりも太一の幸せは何か考えてしまう不器用な一面もあり。
直人は普段チャライ系男子なのに、太一の事となると、思い悩んだりしてしまうギャップが魅力的です。
太一の事が好きな女子と太一が並んで歩いてるシーンで、『もう、俺じゃない』と唇を噛みしめてるとこがすごくいじらしくて好きです。

若さゆえの情熱と未熟さでぶつかりあって、お互いに痛い思いをしますが、さわやかにふたりの心が結ばれるラストはとてもピュアな気持ちになりました。

3

こじれ愛

この本を買ったのは発売してすぐだったのですが、今更ながらレビューをさせていただきます。
何回も読み直しました。愛の形とか自分たちはどういう存在になりたいのか。見つけたところで喧嘩が収まるわけではないんだろうなと思いましたけど(そこだけが腑に落ちない)それでも幸せならすごくいいなと思いました。
おげれつさんは作者買いしてる人ですが、この作品が一番好きです。

1

この作品だけは・・・

すごく人気で、評価も高い作品なんですが・・

私が一番印象に残ってるのは、ふみちゃんでした。一番魅力的でいい人だった。
それ以外はあまりいいと思えなかった・・BLなのに。残念です。

おげれつ先生の作品は好きなものが多いのですが、この作品だけは胸に刺さるものが感じられず、ストーリーにもキャラにもあまり興味が持てませんでした。
好みの問題だと思いますがすみません。

なんとなく全体的に軽い感じ、なのに内容としてはさほど軽くないといったどっちつかずの感じなのも入りこめなかった理由の一つかもしれません。

3

『BL』が読みたいんだーーーー!!!

この作品を読んだあとの充実感…やべぇ!

当たり前ですが、BLですから男×男の恋愛が見たい!まるで男女の恋愛のような少女マンガみたいな作風って個人的にあまり好きじゃないです。だって私が読みたいのはBLですからー!男同士だから言えること、できること、そんな男同士の距離感をリアルに書いてくれる作品が好きです。
この作品は、男同士だったら実際こんな恋愛をするのかなぁと想像?納得?してしまうような『BL!』作品です。
おげれつ先生の作品ってわりとDVの描写もありますが、それに関しても「男同士だから」と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、少女マンガにはあまりない表現というか『BL!』を感じられる一部なんじゃないかなと勝手に思ってます。

ストーリーはもちろんですが、それぞれのキャラクターも魅力的ですし、言い回しやセリフ以外でも読み取れるほどの豊かな描写…本当に素晴らしい作品だと思いました!

5

ストーリー性抜群!!

ストーリーが深く書かれていて、今の大学生!という感じでした。
女の子のキャラも登場していて、とてもリアルな作品です。
でもその女の子がとても良い子で可愛すぎます。
おげれつ先生の作品は描写がリアルで、ストーリーもきちんとある所がとても好きです。
何回も読み返していますが、全然何回でも読めます。
直人くんのあのチャラいキャラがリアルです(笑)
太一くんも健気で、頑張っていますよ。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。
主人公たち以外の周りのキャラもすごい良いキャラの人たちばっかりで、作品のすべてが楽しめます。
ニヤニヤしながら読みました(´꒳`*)

4

本当に大好きな作品

何回も読み返して何回も泣いてる大好きな作品です。
ウェイウェイ系チャラ大学生の受けって自分は新鮮だったんですが直人がもう可愛くて…おげれつさん作品の中で一番好きな受けです。
あと大学生ノリがリアルすぎておげれつさんは現役大学生なのか?と思った…
好きなシーンはありすぎて挙げられないくらいなんですが酔って太一の家に一緒に行って、眼鏡外したから顔見えないって
どんどん近づいてってキスするシーンがいつもいつもドキドキします。
直人が太一との関係に不安を覚える中でふみちゃんの恋を目の当たりにして、太一は女の子と支え合って生きていくべきだと思い至る流れが秀逸で…
「元々先の道なんかなくて 戻る道しかない」
「これでもう太一とはずっと友達でいれる よかった」って
台詞が、もう思い出すだけでも胸が締め付けられるくらい切なくて、本気で泣きました。
最後はもちろんハッピーエンドなんですが、本編で二回も喧嘩別れしてるから、この二人はもう大丈夫!ってとこをみたかったかな。
あとふみちゃんもちゃんと彼氏出来て幸せそうでほんと良かった。

5

攻めの1つの行動が…

絵はとても綺麗で、シーンごとのキャラの心情が伝わってきてすごくよかったです。水族館のシーンはすごく心打たれました。
ただ、途中で攻めが受けにDVをしたシーンだけどうも腑に落ちないので、中立とさせていただきます。
高校時代の反省から自分の行動を改めるよう頑張っていたのもわかりますが、結局カッとなってそういうことしてしまうなら全然治ってないし、今後もそういうことを繰り返してしまいそうだなと思いました。

おげれつ先生の他作品にも若干の暴力シーンはあり、それは特に気になったことはなかったのですが、今回のはどうしても受け入れられませんでした。
私の読みが足りないのでしょうか、、。

8

受けキャラが嫌い。

う~ん…好みじゃない。
特に受けキャラが。
表紙のイラストからして、受けキャラの容姿がまず好きではないのですが。
このチャラ眼鏡。

でもおげれつたなかさんの作品ということでちょっと読んでみたくて。

読んだ結果、やっぱり受けキャラがダメ。
何だこいつは!
攻めの太一にばかり責任を押し付け非難して、自分は自分はタイプ。
太一にどれだけ愛されているかも理解しようともしない。
自分の八方美人な性格が攻めキャラを不安にさせているとか。
考えようともしない。

攻めの太一は、愛情の伝え方が不器用ではありますが、一途でいい奴だと思います。

受けキャラに全く愛着が持てないので、ストーリーにもハマれませんでした。

5

泣ける。切ない。

物語の視点は受けの直人。

高校の時に付き合っていた直人と太一。
ケンカばかりで友達に戻れないまま卒業してしまった太一と大学で再会。いつしか同じグループで友達にもどった2人。
_お互いまだ未練があり、けれど直人には恋人になれない思いがある。それはトモダチだとうまくいくのに恋人になった途端、うまくいかない。それを痛いくらい知った。はずなのに高校時代に比べ成長した太一に惹かれ一夜をしてしまう。
また付き合い始めたもの、そこからはやっぱりケンカばかりでうまくいかず。
直人は『友達』じゃ足りなくて『恋人』になって、それから、、、といつも考える。

_俺達は名前のつく関係になれない。
どんな名前の関係でも結局はうまくいかない。
俺と太一は何もなれなかった。

ここ切ないです。心にジーンときました。ここまでが物語の間くらいです。最後が気になる方はぜひ買ってみてください。ネタバレしたくないです、みなさんのためにも( 笑 )男同士の切なさがとても伝わってくる話です。

*えろシーン、たくさんです。笑

3

読んでよかった!

実はおげれつさんの絵がすべて同じに見えてしまうタイプで←
人気作品でしたが、読むのを迷っておりました。


しかし!読んでみたら!
よかったです(*´ω`*)
おもらしはやっぱりいいですね~笑

そこだけではありませんが、、笑
エロだけじゃなく、気持ちのスレ違いや
友達か恋人かという葛藤が
とってもキュンキュンでした!!!

読んでよかったと思いました!
BLとしてじゃなくて、物語として楽しめると思います。
心がほっこりする作品です!!

2

愛しい

とっても大好きな作品です!!!
大学生のカップルなのですが、キャラクターがリアルのチャラい大学生にそっくりでびっくりしました…!あーーーこんな人いる!って思えて面白かったですwwwまずそこでおげれつたなか先生すごい…って思いました。

相変わらず表情が美しいです………泣いて笑ってころころ変わる表情の表現が本当に豊かです。
当て馬の女の子も本当にいい子で、キャラクターみんなにきちんと魅力があります。

私は最後は泣きながらよみました( ;∀;)二人のお互いを思う気持ちが、もう尊い………

チャラ男はあんまり好きじゃない私ですが、いつもおげれつ先生は好みのタイプとか関係なく、キャラを好きにさせてくれます!!!
本当に大好きな作品が増えました!

3

人気作ですが

人気なので読んでみました。まず、絵が綺麗です。お話も、気持ちの動きが繊細に描かれています。人物に合わせてかテンションは高めで、大学らしいノリでした。
でも、チャラ眼鏡受とDVが、私の萌えにはヒットしていないのか、あまり入り込めず萌えられませんでした。登場人物たちのテンションに付いて行けなかった事も要因かも。

登場するのは、身近にいそうな大学生。受けの直人がチャラい(笑)攻めの太一は若干のコミュ障で、二人は元恋人で、大学で再会しヨリを戻していきます。
重要な位置に、女子大生のふみちゃんが出てくるんですが、ふみちゃんがとても良い子!可愛いし良い子だしで幸せになりなさいと応援したくなる子なんです。ふみちゃんに肩入れしすぎたのか、太一のDV(一度だけですが)もあってか、二人に入り込んで行けませんでした。

今回はしゅみじゃないにしましたが(人気作なのに申し訳ないです)、おげれつたなか先生は気になっていた作家さんで、実際読んでみて心の動きとか絵の雰囲気が素敵だと思いました。萌えを探して別の作品も読んでみたいと思います。

5

恋愛って難しい

途中暴力的なシーンがあったりエロシーンは結構濃厚なので苦手な方もいると思いますが私はエロシーン大満足でした!
受けの直人のチャラさはあまり気になりませんでした。
確かにチャラいけど許容範囲。
評価が高いのも納得の出来ですが、私は

ヤリ部>恋愛ルビ~>エスケープジャーニー>錆びた夜でも~>恋とは~(記号の使い方間違ってたらすみません^^;)

とこんな感じで、今作よりも恋愛ルビ~の方が好みでした。

※以下ネタバレ含みます※


太一とは友達以上にはなれても恋人以上にはなれないこれから進む道なんか無くて戻る道しかない。太一の家族になりたかったと直人が思う所、涙が出そうでした
「友達」とか「恋人」とか「家族」とか名前がつかないと不安っていうのは凄く共感。
友達だと上手くいくのに友達以上を求めてしまう
その上恋人だと上手く行かなくて・・・
当たり前ですけど恋愛って難しいな~
と改めて感じさせられました。

3

切ない(;;)

執着とツリ目受けという好みを投げ付けられて買わざる終えませんでしたw
電子版でもコミックも購入しましたがふとたまに読みたくなるんです、この作品(笑)
大学生という設定から好みでした。特有のウェイ感(?)がすごくほっこりします♡
そして、2人には過去付き合っていたということもあり最初は気まずいけどだんだんやっぱり好きだなーとなっていきまた、恋に落ちるという素敵なストーリー

日常のウェイ感から急にシリアスな展開になり、友達から恋人になってうまくいかなくてまた友達になってまた恋人になる。
お馬鹿な受けなりにすごく悩んで迷ってどんな関係なら上手くいくのだろうどんな関係になりたいのだろう。考え自問自答しながら進んでゆく恋模様もまたみてて切なくなりました!

ほんとにこんなことあったりするんじゃないかと思うほど現実味があり、リアルな大学生像に近い気がしました!!
シリアスコメディはこの本は1度は読んで欲しい作品です!

3

友情か恋愛か

チャラ男とコミュ症の恋愛。
高校時代に親友から恋人になりうまくいかなかった二人が、大学で再会しまた惹かれていくものの、思い出すのはうまくいかなかったあの頃の事・・・でもやっぱり友達以上になりたくなってしまう。
心の傷は越えられるのか?
というような内容です。

おげれつさんは名前こそおげれつですが、おげれつに感じたことのない作家さん。
表紙もスタイリッシュで、タイトルも軽めな今どき感がありますが、根底がシリアスで暗めなのが毎回ジワリます。
個人的に、近所に作中の大学と似た感じの大学のが多いので、読了後には大変妄想が捗りました(笑。
そんな普通の大学生にみえる恋愛です。
個性がたっているキャラが動いて話が進んでいく感じは、読んでいて今回もとても楽しめました。
見せ場も、あるある!本当に学生時代の恋愛ってこういう軽さだよね。本人たちはドラマチックで深刻なのだろうけど!な感じが、個人的にリアリティがある気がしました。
でも、チャラ男というにはチャらくないです。
チャらくてリア充な男はもっと適当だし、男同士でエッチとか興味本位でできちゃうし!
見た目がチャラ男という感じかな?とか。で、イケメンコミュ症には納得です。

過去はどうなの〜とか、バックボーンが知りたいタイミングで出てくるし、エロも期待通りな感じだし、ストーリーの感じの流れもスムーズで納得できるし!本当に読ませてもらいました。
背景描写も季節感や空気感とか、本当に学生時代を思い出す感じで、ああ、そうだよね!が本当に満載。
でも神じゃないのはなんだろう・・・と考えたら、チャラ男の見た目がチャラ男キャラの芸人に見えてしまい、イマイチ乗り切れなかった自分に問題があるのかもと気づきましたσ(^_^;)
大学の舞台も、同じような偏差値を想像していただけに、ハマってしまったというか。
なんだろう、メガネかな?
・・・うん、たぶんメガネと髪型です。









1

女々しい

私のツボには入りませんでした。好きな作家さんが少ないので増やしたいなぁとちるちるサイトで1年間ランキングで好みな絵で上位のこの漫画を買いました。絵の感じは中身を見ると結構バランス悪かったです。

とにかく少女漫画を読んでいるような女々しいセリフと誘い文句、態度の受けや、これまた女々しい痛い男のキャラで流して読んでしまいました。

話がいきなりとんだり、エロになって萌えポイントがどこにも無かったです。話の根本となる主張も安っぽく見えました。
何故上位なのか私には不思議でした。エロならとことんエロを追求した本の方がまだいいと思いますが。
何が言いたいかって、少女が言いそうなセリフやシーンが多すぎ事です。

6

泣けるBL

心象風景が繊細で、物語に一気に引き込まれました。

0

こんなに読み返したBLはないです。

神!だけじゃ足りない…
神のまだ上の評価をつけたい!
仏?

イケメンなのにコミ障の太一×チャラ男直人

高校時代付き合っている時に酷いこと言われて別れだけど、大学で再開してやはり太一に惹かれていく直人。
友達のままがいい。
その方が仲良くできる。
でも、仲良くなればなるほど友達だけでは足りなくて、もっともっと相手のこと知りたい、力になりたい…
恋するとこうなるよね❤︎と見ていてどんどん引き込まれていきます。

太一は高校時代の別れに後悔していて、直人にまた好きになってもらおと努力している。
その世話の焼き方は本当に健気でした。
お前の事は覚えてるよ…って未練タラタラです❤︎
チャラ男を恋人にすると、嫉妬とかしちゃうのに頑張って我慢したり、我慢したり、我慢したり…
見ている方は、直人はあんたに夢中だよ?と高みの見物ですが、そこは恋ですよね❤︎

エロも、直人の眼鏡外しての誘い方は神!
おげれつたなか先生のエロは本当にいつも素敵です❤︎

あと個人的には背景が素敵でした。
今の四季がわかる位丁寧に描かれています。
水族館のシーンは本当に大好き( ´ ▽ ` )ノ


おげれつたなかさんは大好きな作家さんなのですが、このエスケープジャーニーは1番好きです。今自分のBL1番です。
ドラマCD化も決まり、本当に本当に読んだら恋したいなぁ〜とか思ってしまう1冊です!

3

等身大の大学生

おげれつ先生の作品ははずれがないなぁと感じました。
無理せず、等身大の大学生で、「あ、こういう人いるよな」という感覚でスラスラ読めました。
絵は勿論ですが、話の内容も素敵でした。出てくる女の子キャラもいい味を出していてよかったです。
チャラ男受けとてもよかったです....めっちゃかわいい.....

エロシーンほんと濃くて好きです。エロエロです。

現実感のあるBLが読みたい人にはとてもおすすめです。

3

魅せ方が本当にうまい

前々からランキング上位に入っていたり、友人から勧められていて気になっていたので迷わず購入しました。

やっぱり絵が上手ですね。するする読めて楽しいです。
また、言葉遣いやノリが「うわ〜!若いな!」という感じでリアリティがあります。いや、ホモはファンタジーだと思ってるんですけどね笑

ここは見せ場!という場面での魅せ方が本当に上手だな、と思いました…!
コマ割りや人物の表情にグッと惹きつけられます。
読みながら「うぉおお…」と声が出てしまうくらい素晴らしい作品です。何回でも読み直したくなります。

書き下ろしの「おもらし」!!私好きなんですよね…こういうの笑
とにかく最高の作品でした!買って損はないかな?と思います!

3

印象的な場面がたくさん

たなかさんの作品を集め始めたキッカケとなった一冊です。

正直に申しますと、私はチャラチャラした受けは苦手です。他のたなかさん作品にも共通して言えることなんですが、キャラは好みではないんですよね。

ですが、読んでいくうちに、そのキャラの人間味がひしひしと感じられるので、短所も含めてキャラに惹かれるようになってしまうんですよ~
なんといっても、たなかさんはイラストが上手で、魅力的な表情を描かれる方ですよね!

たなかさんの作品だからこそ、個性が強く、好き嫌いの別れそうなキャラを描いても、多くの人に受け入れられているのかな、なんて思います。

皆さんが書かれているように、水族館の場面は うっとりするほど美しく感動します。この場面だけでも買う価値がある!と思ってしまうほど。

私は、この作品に萌えられましたが、しかし、萌えた!というより感動!の方が強かったです。
今まで読んできた本の中で、一番と言っていいほど、読後感がしっかりありました!読みごたえ重視の方にはお薦めです。

個人的な意見なのですが、たとえ萌えられなくても
殆どの方が、この作品、買って良かったと思うのてはないかな?
素敵な表情、場面、台詞がたくさんありますので、心に残るモノが一つは見つかるのでは?と感じました(^^)

4

攻めに共感

「エスケープジャーニー」、
ちゃらお受け大好きです。
でも、最近のやおい本はえっちが二人のゴールで
少し残念です。
私だけでしょうか、それ以上を求めてしまうのは...
なので、マイナス一つ星。
それ以外はとても面白かったです。
受けが主人公なのに、攻めに共感できる作品でした。

1

とーひこう

物語のハイライトである自転車ふたりのりのとーひこうのシーンが美しい。あんな時間を共有したら好きになる。好きになるよ。


太一と直人の関係性の変化が繊細に描かれていると思います。友達だとふたりの長所と短所がうまくかみあっているようなのに、恋人どうしという名目ができたとたん食い違いが生じてバランスが崩れてしまう。

直人は大家族で常に構われながら育ったためかDD (ダレデモ ダイスキ)で、誰が相手でも信頼から入れる子。
いっぽう太一は、もともとの内向的な性格に加え多感な時期に母親の不倫で家庭が傾いたことで「目を離したら直人が誰かに取られる」という強迫観念のようなものを抱えるようになる。こうした、家庭環境からのキャラクターづくりってとても好感を持ちます。
でもそれならそれで力で押さえつけずちゃんと直人の気持ちと向き合うべきなのにねー。不安だからって性欲ばっかおしつけてたら相手は悲しくなるよねー。

基本的にはストレスなく気持ちよく読めますが、太一の暴力は友達がうけてたら真剣に別れるよう諭すレベルでちょっと引きました。
あと、「ウチら感」が強い気がします。ある世代、ある条件の人意外がちょっとした疎外感を覚えてしまうような。
カフェ店員真木さんのいう「シンプルにごめんってなんだよ!?」みたいな。
ファッションや言葉づかい、ゲームアプリきっかけで友達 みたいな小ネタ等、今時の大学生のリアリティを丁寧に描く代わりに普遍性が弱まってしまっている 気がする。
ふみちゃんの靴下パンプスとかそんな長持ちするトレンドじゃないし。ふみちゃん可愛いからいいけど。

なんとなくおげれつ先生とは年齢が近い気がするし、都市部の大学に通ってたのでキャンパスライフも懐かしさと共感を持って楽しめましたが、もし世代や選んだ進路が違ったらまた別の評価になっていたかもしれない。

2

執着心が萌えます。

ここ最近のBLで一番ツボりました!!

執着攻め大好き!!メガネ大好き!!ちょっと痛いの大好き!!(←あ、身体的にね)
太一の執着心たまらんね。直人おっかけて大学決めちゃったり、理系から文系にかえたり・・・めっちゃ人生左右されてんですけど!!魔性か直人!!

でも、太一の親の離婚のとき支えになった直人・・・かわいすぎるっっ(=^・・^=)ムハー!!あれは惚れてまうやろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

欲を言えば、高校の時のちらっと出たいちゃいちゃの時期?もっと欲しかった。。

でもやっぱりおげれつ先生好き!!って感じの一冊でした(*^^)v

あ、絶対カバー裏は見てください!!!(*^_^*)

3

濃厚!

おげれつセンセイ大好き!
泣けるストーリー展開と、エロと、エロと、エロと…(笑)女の子も可愛かったし、大満足の一冊でした。しつこいようですが、エロが濃厚。特にオマケ漫画が…

3

綺麗だけどクセが強い

泣き顔とか、笑顔とか、あふれ出る感情がそのまま伝わってきて、主人公たちの気持ちはよく分かるんじゃないかなと思います。絵の綺麗さもそれをさらに引き出してる。
最初からイチャラブしてるんじゃなくて、過去の過程(喧嘩別れ)があって、衝突しながらもまた結ばれる。そこが一番よかったです。

けど、絵は綺麗ですがかなりクセがある気がしますね。なんというか、直人のチャラさは置いといて、自分には皆きらきらしすぎているようにみえるというか、ちょっと言い過ぎかもしれないけど皆チャラく見えてしまうというか...。
あとぶつかり合う姿はいいものの、喧嘩の内容やもだもだ感は高校のときからあんまり変わってないような...なのでちょっとめんどくさいと思うところもありましたね。精神的に幼いような。

エロと日常シーンのバランスもよかった...のですが、個人的にネガティブな要因が足を引っ張ってどうも神評価とは言えないですね。

6

綺麗さと斬新さは感じるけど…

大き目のコマに描かれたスタイリッシュな背景、ここぞってシーンで見開きを使った大胆な構成など、斬新さがある綺麗な本だなと思います。
高校時代のひどい別れ方、太一が引きずってきた後悔、直人が友達でも恋人でもなくて太一の何になりたかったのか、ストーリーの起承転結もちゃんとしていて、当て馬の女の子もいい子で二人が足を踏み出すキッカケになってると思います。
でも、話に入り込めない…

直人のチャラさは苦手だけど、兄弟にご飯を作ってあげるマメさもあって、それほど嫌な奴ではないし、話が入ってこない理由らしい理由は思いあたらないのだけど…
あえて理由を挙げるなら綺麗にまとまりすぎてて、登場人物たちの気持ちが伝わりにくかったからかな?人気作に低評価をつけるのは気が引けるけど、直感的に私にはダメでした。

5

水族館に行きたくなりました

今までBL漫画=男同士の少女漫画+エロぐらいにしか思っていなかった超初心者の私ですが、この作品はストーリーがしっかりしていて視野が広がりました!高校生ものが一番好きなので、大学生か~と思いつつも「こじらせ愛」だと聞いたので、どっちがどうこじらせてんのかなーと期待しながら読んでみると、高校時代の回想(エロあり)満載だし、結局のところ2人ともこじらせまくってるし、個人的に最高な内容でした。満腹です(*´▽`*)

一番キュンとしたのは水族館で太一くんが「ソイって豆乳?だろ。なお好きじゃん」と言う一コマ。こんな英語出来ないのに外語学科で、しかも好きな食べ物買い与えるって愛情表現が小学生レベル。きっと直人くんも豆乳そこまで好きじゃないけど、超好きなふりしてあげてるのかな~なんて妄想してたらめっちゃ萌えました///

ちょっとDVあるので苦手な人もいるかもしれませんが、男同士ならではの激しさなのかなとも思いました。直人くんもそこまでか弱い受けではないので本気出せば振り払えてたと思います。そのへんの2人の複雑な心情もグッときます。

あとは太一くんの左利きとか、オシャレな洋服とか、乙女なふみちゃんの男前っぷりとか、絵の美しさとか、細かいところも色々良かったです♫

6

名作です!!

おげれつたなか先生の作品は、本当に絵が綺麗で素敵です。
表情ひとつひとつがリアルで感情が滲み出てて、キュンとなったり胸が締め付けられたり、感情移入してしまいます!

皆さんが書かれているように内容については大大大満足です(o'ー'o)!!
何度でも読み返したくなる作品です!!

そして、皆さんのレビューから、自分では見落としていた細かいシーン(書き下ろしでは直人が指輪しているとか)を知ったり、様々な解釈を読んでから、コミックを読み返すことでまたさらにワクワクしたりキュンキュンしたり出来ました!

ちるちるのレビューを読んでから、また読み返してみたら楽しいかも⁈ですo(^▽^)o

6

久々に商業BLで泣いた

初見では切なさが押し寄せてきて泣けました。

何度か読んでいるうちに落ち着いてきて冷静に作品を
捉えられるようになると
チャラさと切なさとリアルさとエロさがいいバランスというか
どの要素もMAXで組み込まれていてこれでバランスとるのスゲーな!
と改めて驚愕する作品です。

正直チャラい系のキャラはあんまり好みじゃなかったのに
がっつり持っていかれました。
攻の不器用さ加減も、受の男前度と乙女思考度も絶妙です。
女の子キャラの振る舞い・関わり方も絶妙。

エロが苦手じゃなければ、是非読んでいただきたい作品です。

4

若いってええなぁ…

あまりエロエロ過ぎる作品は好みではないのですが、この作品はストーリーもしっかりしてて、ちょっと泣いちゃいました。
好きだからこそイライラしてついひどいことを言ってしまう太一も、チャラそうに見えて実は傷つきやすくてとても気遣いのできるF森…じゃなかった直人も、ミカりんもふみちゃんもみんな愛くるしいです。
二人ともまだ若いので、また同じようなことで喧嘩しちゃいそうな気がしなくもないですね。でも、太一の世界には、もう直人しかいなくて少しずつ妥協を覚えて、これから先様々な困難を乗り越えて幸せになってほしいものです、と老婆心ながら思いました。

1

まさしく「愛」‼

普通の大学生として、友達としてのパートと恋人としてのパートの違いにきゅんきゅんしました‼総じてきゅんきゅんしまくりでした!!!

皆さん言ってる通り受けの直人がとにかく可愛い‼パリピでチャラいのに恋愛に関してはこんなに悩んで考えてるんだなと感銘を受けました。
そして愛の重い太一もまた可愛いやつで、水族館のシーンはさることながら、小さなコマなのですが女子二人と直人の3人の写真を太一が撮ってるとき、直人の顔だけアップにしてるシーンに軽く発狂しました笑なんやこれ可愛い笑

萌えシーンは正直数えきれないです。おげれつ先生の描く表情が素敵すぎて随所で萌えます。笑顔泣き顔トロ顔赤面etc.表情の萌えが色んなページに敷き詰まってます。

エスケープジャーニーは直人が自分達の関係に名前をつけたいけれど友達も恋人も上手くいかなくて、もだもだという感じの話なんですが、これこそおげれつ先生著作「恋愛ルビの正しいふりかた」なのでは?笑と思いました。

そしてオチの付け方が私は大好きです‼結局太一との関係について、好きな名前で呼べばいいと結論付けたあとに、太一がいつも豆乳を直人に与え続ける理由を「愛」だといって、それに「それアリ!」と答えた直人。このままなんとなく終わってくのかと思ったらちゃんと綺麗に締めてくれてすっきり読み終われました。

二人の関係性はまさしく「愛」でした‼\\└('ω')」//

ここまで来て、彼らがなぜこんなにもすれ違ってるのか疑問を持って、そういや直人がパリピでうぇいうぇいしてて太一の愛が重くて嫉妬してたんだ~と思い出し、そのことはあまり解決されていないことに気がつく笑
だけど、これからは二人とも自分達の関係性を受け止めてるので喧嘩してもすれ違うことはないんじゃないかなと思います!

何度も読み返したくなる作品です!
そしてドラマcdのキャスト妄想が楽しい作品です笑

4

充実しまくりでした

「自分と恋人はこれから何になればいいんだろう」という悩みは男同士の恋愛において付き物ですよね…太一とどうなりたいのか迷いに迷う直人を見ていて辛くなりました。それに水族館のシーンはもう悶えを通り越して泣いてしまいました(笑)直人の手を繋いで顔色ひとつ変えず魚を見ているふりをしていた太一…ずっと直人の気持ちを知ってたんですよね。本当おげれつ先生は素晴らしいです。あとえっちシーンは言うまでもなくエロかったです。描き下ろしにも大満足です。ご馳走様でした。あと珍しく(?)女の子がキーを握ります。ふみちゃんの台詞にも泣かせてもらいました。

4

ドキドキキュンキュンの展開ばかり!

最高っ!でした
おげれつたなかさんの作品ホント大好きなんですがさらに惚れましたw

今回の話は大学生2人の話。
友達としてはうまくいっていたのにいざ恋人となるとすれ違ってばかりで別れてしまってから1年...っていうところからはじまるんですけど、何回見てもきゅんきゅんします!ほんとよかった(*ノωノ)

攻めにあたる羽瀬くんのキャラがほんと好みでした。
重度のやきもち焼きで受けである直人が女の子と(友達としての意味で)じゃれあってるシーンを見て怒るんですが、上手く言葉にできず...っていうのが焦れったくてきゃーきゃー叫んじゃいました(^^;
受けちゃんが愛されまくっている...っていう展開?が私は大好きなので、ほんとに私の好みの作品でした。

...途中暴力的?なシーンがあるので苦手な人は苦手かもしれませんね...。
再び恋人になったはいいもののまた上手くいかず、喧嘩をしてしまったさいに羽瀬くんが無理やり直人を抱く...というシーンがあるのですが...比較的暴力シーンが大丈夫な私でも、直人が羽瀬くんに愛されてるとわかっていても、胸が締め付けられました。

で、でも!
総合的にはホントにいい作品でした!

4

最高!

いままで読んだ中では最高でした。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
絵も好みで内容もよかったです。

2

おもしろかったです!

あらすじはみなさんの仰るとおりなので割愛させていただきますゆえ、ただ思ったことを述べます。

まずは、二人とも若くて青くさいような部分とかもあるのですが私は好きです(*^^*)
おげれつさん作品はノリもおもしろいしほんと表情が素敵です♪
また、やはりえっちシチュへの力の入れ具合にはおげれつさんの愛を感じる気がします笑 勝手に笑

そして私の今回のヒットはデートシーンですね。
4人で遊びに来てるところこっそり後ろで手を繋ぐとかキュンです!普通に手を繋ぐのではなく肩をくっつけて見えないように後ろで繋ぐという形をとっているのがいいんですよねぇ。
あとは以前恋人じゃうまくいかなかったけど友達以上を知っているから、やっぱり友達じゃ我慢できない…というところが非常によかったです。
これだけでもうお腹いっぱいです(*´艸`)


なんだか自分の中でモヤモヤぐるぐるしてる二人がうまく噛み合わなくて大いにすれ違うのですが(太一は途中ちょっと怖いですが…)、ふみちゃんの応援もありつつ(まじふみちゃん良い子です…泣)、最終的に一緒に生きたい好きだというところにたどり着くのでよかったです。”愛”それもまたいい響きです♪
ただ、この辺が色々苦手な方もいらっしゃるだろうなとは思います。ので多少心構えが必要かもです。


大事な事は言葉にして伝える、これは時に難しいかもしれないけど本当に大切な事だなと感じました。
これからはちゃんとたくさん話して愛を深めるのよ(^^)と見守りたくなりました。よかったです!

4

"リアル"を添える女子


おげれつさんといえば攻めが面長っぽくて受けが白抜きつり目?、時々八重歯〜なイメージがあるのですが、冒頭からあれ…⁉︎この子見たことある…!この名前…!どこの作品だっけ〜⁉︎ともだもだしました(笑)
3人を撮っているのに受けしか写っていないのもじわじわ…。

「恋人」じゃダメだった
友達以下になった
やっぱり 俺らムリだよ 恋人じゃいれない 友達でよかった
そう思っている筈なのに、相手に「友達だろ」って言われてつらくて。
お互いが別の人といるところを見てもやっとするんだけど、まさか自分の話題で赤くなっているとは思わなかったり、そういうすれ違いがよかった。
受けは勿論、男女の違いで辛かったけど…攻めのことを好きだったふみちゃん……;;途中から三角関係みたいですが、男子を好きな男子を好きになった女子だって、同じくらい辛かったと思いました。いやー…ふみちゃん;;すみません、受けが語っている時もこれはふみちゃんの話でもあるなぁって頁をおくりました。振った相手におめでとうって、振られた相手におめでとうって言われる関係にグッときます。カバー下の、作中でだんだんハートが強くなる、にも泣き笑いでした。良き〜;;ふみちゃんのおかげで、ふたりは…
キャラが被らないようにしたいです。

2

買って正解でした。

とても好みの作品でした。直人がチャラくても人を見下したりするような人じゃなく、大事なことはちゃんと言える人物なところが特に良かったです。
ただ、喧嘩のシーンで太一が手を出したのは残念で、神評価には出来ませんでした。

0

青春時代

心ひっかいたりひっかかれたりして、
大人になっていくんですよねー

1

泣いた

BL漫画で初めて鳥肌がたったし、泣きました。
とてもよかったです。

1

心のオアシスはここにあったのか

とにかくエロい。おげれつさんの受けはとてもかわいいけど、ここまでかわいい受けはそうそういない。くそう

3

なんだかんだ言って作家買いしてしまう作家様だから

一つのカップルの関係がしっかり丁寧に一冊分書かれていて読み応えのある素敵な作品でした。海遊館のシーンとか、二人乗りするシーンとかは本当に美しくて映画を見てるかのような感覚に陥りました。
肝心の主人公二人ですが、おげれつ先生お得意のチャラ受けと真面目攻めで、魅力的なキャラクターでした。攻めの太一の愛の重さが良い感じでした。
そして私の個人的な趣味なのですが、おげれつ先生の描く、攻めが片手で受けの両ほっぺをムギュっとして顔を掴むという乱暴な描写に非常に萌えを感じてしまいます

3

エロエロ!

面白かった!というか、エロエロでした〜。
おげれつたなかさんは、ピクシブで見てて、それから漫画も読んでみよっかな〜大学生大好きだし。と思い購入。
大学生、いいですね。キャンパスライフが中心となっていて、読んでいて楽しくなりました。
直人、チャラ男ですが、いるいるこういうやつ!!って思いました。誰にでもぎゃははと笑いながらコミュニケーションとれるやつ笑そんな直人だから太一もひかれたんだろうなあと...
読んでいいなあと思ったところは、やっぱりまず絵が綺麗なところです。服のセンスもよくて、小物も丁寧で、何度読み返しても新しい発見があったりして楽しいです。
そして、絡みの時の体位が萌えました。個人的ナンバーワンは、腰掛ける太一の上に直人がゴロンと横になって乗っかるシーンです笑あとおもらしシーンかなあ、あざとい!笑
この話は太一と直人、お互いのすれ違いや葛藤で進んでゆきます。家族になりたい直人、成長したいのに嫉妬したりとイマイチ成長できない太一。高校の時の失敗をまたくり返す二人。どちらが悪いというわけではないんだろうな、と思いました。
直人の家族になりたい、は名前はいらないで解決したけど太一の悩みはあんまり解決せずかな?と思ったりも..???
まあチャラいのが直人だしな..
みなさんの読み方はわかりませんが、ここだけ私が腑に落ちない点。またくり返しそうだなあと..。
何度が繰り返し読むうち、さらに深まるかなあーと笑

何度読んでも楽しい!表情で気持ちがわかるというところもよかったです。
まだまだ何回も読んで、楽しみたいと思います笑
おげれつさんのエロさいこーです笑

4

リアル

チャラいのに泣けるというキャッチコピーに惹かれて購入。確かにチャラかったw
キャラの心理描写がリアルで良かったです。
友人ならうまくやっていけるのに、恋人になると関係が崩れてしまう。ダメだとわかっていても再び同じことを繰り返してしまう。二人はなぜ恋人だとダメなのかがわからない。同性の恋愛ならではの悩みもあり、二人の葛藤が見ていて切ないです。二人とも不器用で読んでいてもどかしい…!
ただわたしはチャラ男…というかパリピ受けはあまりタイプではないようで…そこまでグッとはきませんでした…。キャラにあまり萌えられなくて…。ストーリーの展開も割と王道で少し物足りなかったです。終わり方もいまいちピンときませんでした。なんというか、分かり合えた二人ですが、なんだかんだ言ってまた今後も同じことを繰り返してしまうんじゃないのか、と少し思ってしまいます。個人的にスッキリしませんでした。
わたしの好みの問題かもしれませんし、絵がとても綺麗な方なので、今後の作品も読んでみたいです。

2

遊び心満載

とても面白かった!
上手く言えないので、シンプルにこれだけ。

おげれつさんの作品は過去作全て読ませていただいています。本作を読んで、改めて一番初めの「恋とはバカであることだ」を読んでいたのですが、表題作の二話で佐山が真木さんのカフェに大学の友人を連れてくる場面、あそこに直人と太一が出てるんですね!エスケープジャーニーには佐山も出てますし、恋とは〜でファンになり、エスケープジャーニーで更に大好きになった自分にしては結構嬉しかったです。
次回作にも期待しています!

2

この先も?

上手くいかなくてしゅみじゃないになってますが、
萌×2評価です。

既刊は全て購入読んでいます。
元々お上手ですが、今回はまた一段と画力と構成に魅せられました。
お話一つで一冊と言うのも良かったです。

心より躰が優先している様に見える、でもちゃんと心も繋がって
居たいんだと再確認するまでのお話。
今までも終着点が割と同じ様な雰囲気でちょっとパターンと言うか、
冊数を重ねるたびにこう言うの読みたければおげれつたなかさん、
みたいに今後固定化されちゃうかなと良くも悪くも思いました。

ストーリー面で、次のページをめくるまでもっとドキドキしたり
独特の世界観や設定でのお話、捻りがあったら文句なし神評価に
なりそうな作家さんです。

こう言うのが得意な傾向なのでしょうが、
画力がある分、ストーリーにも期待してしまいますね。
読んでみたいです。

2

恋愛は痛い

BLはファンタジーってよく言いますが、この手の話をここまで描き切れたら最早リアルですよね。

男同士だろうが男女間だろうが恋愛って痛い。思ったとおりになんかならないし上手くいかない。正直『好きだ!』『俺も!!』みたいな安直なBLはファンタジーな訳ですよ。

ストーリーは大学生くらいの等身大の恋愛がすごくリアルに描かれていて心臓が痛くなるくらいでした。
自分に無いものにお互い惚れて、お互いに無いから理解が出来なくて一度は喧嘩別れした。高校生の頃から自分は変わったはずだ、今回は上手くやれるって思うけど高校生からのたかが数年、そんなに変わってる訳もなく…また痛い思いをお互いする羽目になる。
痛いんだけど目を背けたら今度こそもう終わりだってわかってるから足掻く。

少女漫画とBLで区別するけどこの恋愛事情にどれほどの差があらのかって事ですよ。昨今の少女漫画の方がよっぽどストーリーがスカスカな気がします。

おげれつ先生の作品は毎度心臓痛いですが、次作も楽しみです。

7

一冊の読み切りとは思えないほどの充実感

すごく面白かったです!!
1冊にぎっしりつまってます。読み切りとは思えない充実感。
おげれつさんは本当に人の心情を描くのが上手い方だなぁと尊敬しました。
大学生活がリアルでリアルで。今大学生の私もこんなリア充に混じりたかったです。女の子もふつーに絡んできますが、それも大丈夫な方は是非読んでみてください。

3

一緒にいてくれればそれでいいから。

すごく、恋愛をしていました。言い方は変かも知れないんですが、シンプルに、すごく恋愛をしてました。

ざざっとあらすじ。
高校生のころ少しの間付き合っていた太一と直人は度重なるすれ違いから別れてしまうものの、2年後同じ大学の同じ学部同じクラスで再会!なんやかんやあってもう一度付き合うことに。でもまた上手くいかなくて直人は身を引こうとする。でも最終的にはまるくおさまる。

書き出してみると起承転結がしっかりしてる作品だったことに気が付きました。ストーリーは読者の期待に沿って進んでくれるストレートなお話です。

「エスケープジャーニー」は、形や名前にとらわれない関係性を探る物語だったように思います。
直人は太一との関係をどうしたいのか?という自問に「家族になりたかった」という答えを出すんですが、男同士で「家族」になれるのか?というところで躓いてしまいます。太一が「ただいま」を言えるような家族を作りたい、という希望をきっと直人はもっていたのだと思うんです。
家族を作るのは、「普通に」幸せなことで、その「普通」が広がっている価値観の中で生きてきた直人が「好きな人と家族になりたい」と思うのはきっと当たり前のことだと思うんです。どちらかが異性なら結婚して家族になったはずです。でもそうじゃないから、「普通に」幸せにはなれない。当たり前のことが叶わない苦しさを直人は知ってしまうんです。
太一のセリフで印象的なのが「一緒にいてくれればそれでいいから」という一節です。
「エスケープジャーニー」で描かれていることってきっとどこまでも、こういうことなんだと思います。
すごく恋愛をしている、というのは、この「一緒にいてくれればそれでいい」というごくごく普通の願いを叶えるために二人がとても悩みぬいた過程のことです。
一緒にいたい、でも叶わない、でも一緒にいたい、でも…を何度も何度も繰り返す姿は本当にへたくそな言い方だと思うんですが「すごく恋愛している」としか言えませんでした。

登場人物みんなに癖があって、一筋縄ではいかない人たちばっかりですが、みんなただ好きな人と一緒にいたいだけ。そんな当たり前の幸福を願っている人たちの物語でした。

4

妙にリアル

ヤバイ、ときめいたw 水族館で手をつなぐとこ。女の子と一緒だったから、二人の身長の高さや肩のラインが男子!って感じで。なのにそんな彼らが隠れて手をつなぐなんて、萌えてしまうじゃないか!

でも、二人の恋はすれ違いばっかりでうまくいかないのです。太一の、不安に負けて相手に負担をかけちゃうような愛し方は、見ていて辛かった。我が身を振り返り、身につまされるというか。。大学生くらいの恋愛って、本当に全力で相手を好きになって、でも相手を信じきるほどの自信も余裕もないし、自分の感情を乱すものを全部相手のせいにしてしまうくらいには幼いですよね。そこら辺とてもリアルでした。あと、朝チュンの日は2限遅刻するとか、リアルだ……。

太一の家族になりたかったんだと気づいたときの直人の顔が何とも言えない表情で、切なかったです。こういう、ただ悲しいだけじゃない、後悔だけじゃない、でもやっぱり少し寂しいみたいな、一言で言えない感情を絵で表現できるたなか先生の画力に脱帽です。あと、えちしーんでの受けの鼻水も非常に好みでありますw

直人は、家族のことで悩んでいた高校時代の太一を知っているから、家族になって寂しさをとってあげたかったのでしょう。チャラけているのに健気な子です。太一も、お母さんの不倫があったから、余計相手をしっかり捕まえとかないとって強迫観念になってるんだろうなー。もう一歩相手の心に寄り添えば、きっとお互い大好きだって気がついて、喧嘩なんてしないだろうに。まだ二人はそこまで大人じゃないのですね。でもその分若い勢いのある愛をぶつけ合っています。書き下ろしのラブラブえっちは、エロくてかわいくてよかった……!先生ありがとうございます。

改めて、別れるって今まで自分と相手との二人だけで共有してた「特別」を他の誰かと共有するってことなんだなーと思いました。まあ嫉妬もするわな、好きなら。カッコ悪いけどさ。私のようにスネに傷持つお方にはきっとところどころ胸の痛いところもあるお話かと思います。でもそれ以上に萌えが散りばめられていて満足な一冊でした。

5

リア充な大学生最高!

おげれつたなかさんの作品は毎回素晴らしいんですが、今回も更に上をいく面白さでした!!!
今年読んだBLの中でも私的に上位に食い込む勢いです。
リア充でチャラいのホモを描かれるのはたなかさんが1番だと思っており、その期待を裏切らない受け直人の大学生特有のチャラさと馬鹿さが可愛いです!あと、エロいんです!酔った勢いでHしちゃうところがもうたまらんです。それに対して、攻めの太一はいい感じの執着心を持っていて一途なところにギュンときました。性格的に不器用なところがまた良い。
ストーリーは感情移入してしまう部分が多々あって泣きそうになりました。恋愛がうまくいかないことの苦しさと同性だからというもどかしさで2人の関係が本当切ないです。おバカな感じとシリアスさをバランス良く描かれていて、ありえそうでありえないリアルっぽい登場人物とストーリーがこの作品の良いところだと思います。

何より書き下ろしが素晴らしくてたなかさんに感謝感謝でした。あんなプレイを描いて下さるなんて!!!チャラい受け好きな方は、この作品読まないと絶対損ですよ。

5

ちゃらいけど純情

 私にとって、とても読みやすい絵で好きな作家さんです。
表情一つでいろんな感情が読み取れて、作中人物の気持ちを想像しては切なくなったり、嬉しくなったりしました。
 同姓異性に関わらず友人が多く、他人との距離が近い受けの直人と、気持ちを素直に口に出せなくて愛が重い(とおげれつたなか先生がカバー裏の設定で書いてらしてた。まさに!)攻めの太一。
 女の子と笑顔で会話して、ボディタッチも軽いノリで。
そんな直人に嫉妬しまくりの太一。
でも、高校時代に一度失敗してるから、唇かみしめて我慢してる。
ベットで寝ている直人の左手の薬指をすりすりしながら眺めている太一の胸の内はたくさんの後悔と想いが押し寄せてるんだろうなー、というやるせない表情で。
そのまま抱き寄せてる姿を窓の外から見せてる絵はとても好きです。

 兄弟も友人も多く関係も良好な直人は、太一とのつながりにもはっきりとした名前が欲しくて、「友人」じゃ足りなくて、でも「恋人」ではうまくいかなくて。
太一の「家族」になりたかった、と気付く直人。
そうか、直人は太一が「ただいま」と帰れる存在になりたかったのか。
両親が離婚している太一は「家族」の脆さを知っているから、そんな名前のあるつながりじゃなく、ただ直人の存在そのものが好きで欲しいだけ。
 ずるずると再開した関係だったけど、やっとお互いに自分の気持ちを言葉にして相手に伝える事ができて、これからが2人の本当の始まりなんだと思いました。

 書き下ろしでは、あっ直人の左薬指に指輪が!!!とにやにや。
おもらしシーンは、振り向き美人ならぬ振り向きエロ。
うひょー、涙目がかわいくてポーズがエロい。
おげれつ先生、さすがです。

4

自分と重ねました

色んな方のレビューを見ていると高評価がたくさんある中どうしても登場人物に感情移入できない、という感想を見ますが、私自身は自分の高校時代体験したものとそっくりな恋愛をする彼らに感情移入しながらボロ泣きで読みました(笑)好きすぎて相手がどういう人間か分かりきって付き合ったのに嫉妬してしまう攻の気持ちも、前と変わらない態度で接しているのに相手のイライラが伝わってきて何を考えているのか分からず好きだけど困惑する受の気持ちも。また、その過去があるのにどうしても好きでまた付き合って失敗してしまうのもすごくすごく分かりました(笑)
逆を返せばとてつもなく女々しい恋愛だとは思います。でも好きなんだから仕方ないんですよね。攻くんの態度に腹立った方も多いとは思いますが、恋って醜い部分が全部晒け出されるから。そういう部分を描くのもやはりおげれつさんは上手だし、とにかく表情が豊かすぎて驚きます。同じ笑う、泣く、という表情でこれだけ多くの種類を描ける作家さんはBLに限定しなくても全漫画家の中でおげれつさんくらいなのではないでしょうか。

pixivでこの続きがアップされているので気になった方はおげれつさんの(何故か)二次創作用アカウントにアップされている漫画を読むことをおすすめします!

8

言葉にして伝える事

結論から言うと、とても良かった!
受け・直人のチャラさが今まで読んだ
ことないタイプで萌えれるかどうか不安だったけど
読み進めていく内に新しい扉が開けた。萌えた。

攻め・太一は執着系イケメンで感情を言葉にするのが下手な不器用男。

けれどそれは直人も一緒で大事な事を言葉にして伝えることができない。
その理由は男同士だったり過去のトラウマだったり。

恋愛に全力でたくさん失敗をして、若々しい二人。
読んでいる内に太一・直人と一緒になって泣きそうになったり、笑ったりできた。
言葉足らずだった二人が、最終話でようやく本音を伝えることができたシーンでは思わず泣いてしまった。

また失敗を繰り返していくだろう。
でも不思議とこの二人はこれから別れたり気持ちが離れてしまったりすることは無いと確信できる。
言葉にして伝えることの大切さを学んだから。
女の子もいいキャラだった。ふみちゃんに彼氏が
できて安心した。

まだこの二人の恋愛模様を覗きたい。
続編が出たら嬉しいなあ。

4

攻めが意外とクズ

おげれつたなか先生の既刊は読破してます。
新刊が出れば買いたくなる作家さまです。
手抜きしてるコマなんてどこにも見当たらないくらいの、ものすごい画力
あとがきとカバー下へのサービス精神など★5では足りないです。
マイナス要因は、キャラの誰一人にも共感出来なかったからです。
行動から話し方から何から何までチャラつきすぎの受け、そりゃ本心も伝わらないでしょう。
自分の言葉が足らなすぎが原因なのに、思い通りにならなければ受けに八つ当たりするという自己中心的な攻め
男同士だからって殴っていいわけじゃない、「俺に力で勝てると思ってるのか」なんてクズすぎる。
高校のときから同じこと繰り返して何も学習してないくせに、受けへの執着だけは一丁前。
俺だけ見て欲しい、他の奴と仲良くして欲しくない
なんでもいいから一言いえよ・・・!
受けもチャラチャラしっぱなし広く浅くの人付き合い。
なるべくしてなったすれ違いですよね。
最終的に女性キャラの行動でストーリーをまとめさせたのも、ここまできてこれか。という感じ。
前編・後編の2話くらいでも纏まりそうな話を延々引き延ばして
ゴチャつかせてモダモダとしたクドイお話しでした。

20

もやもや…

これだけ高評価の作品だと、中立にするのは勇気がいりますね(笑)
だからレビューもなかなか書けなかった訳ですが。。

一通り読み終わって、すごい!最高!とは正直思えませんでした。
バリバリ高評価が付いているのを知ってから読んだからかもしれないですが、あぁ、うん、そうなるのねといった感じ。
期待値が上がり過ぎてたのかな…うん。

こんな風に言っちゃうと元も子もないんですが、メインの2人の葛藤が女々しく感じてしまったんですよね。
高校時代に痛い目に遭っているのに、大学生になってからも同じことを繰り返すのかと。
しかもうまくいかない理由は高校時代と同じ。
女の子と仲良くする直人に嫉妬する太一、そんな太一の気持ちが理解できず反発する直人。
あれ?また繰り返すの?と思ってしまった。

そりゃ、何故ぶつかってダメになってしまうのかわからないまま別れてしまったんだから、大学生になってもわからないのは当たり前かもしれない。
でも、太一の方は直人を忘れられなくて進路を変えてまで追っかけてきたんだから、そこは我慢しようよ。
嫉妬に駆られてレイプ紛いに直人を襲ってしまうとか、私には理解できませんでした。

直人の方も、恋人でいることを決めたにも関わらずグルグル悩み続けていて、じれったいったらありゃしない。
考えようによっては、そこがリアルな人間心理なのかもしれないけど、早く素直になれよって若干イラついてしまったんですよね。

私が一番感情移入できたのは、ふみちゃんだもんなぁ。
このお話の中で一番男前だったのが、一番頼りなげだった女の子のふみちゃんってことも、私の中の評価を下げてしまいました。

皆様のレビューを読ませてもらって、神評価される理由もすごくわかるんです。
私の中の引っかかりを取り除くことができれば、きゅんとする場面がたくさんあったことも確かです。
私、おげれつさんの作風が合わないのかもしれないなぁ。
恋愛ルビの時も同じような感覚があったので。
ほんと、評価を下げてすいません。

24

YTY!(やっぱり 田中センセイ やばいっす!)

評価通り、すべての要素がバランス良く詰まっていて、1冊読んだ充実感は今年1〜2を争うと思います。笑えて、萌えて、感動して、泣きました。

特に水族館のシーン。
手つなぎ〜からの「家へ連れてって!」が最高潮に萌えました。
見開きのコマで、
大きなサメの絵で読者を圧迫する視覚効果を狙ったシーン。
吊り橋効果じゃないけど、手をつないだ2人のドキドキ感に拍車がかかり
上手い見せ方だなぁ、と感心してしまいました。おげれつセンセイ天才ですな!

太一はお父さんがお母さんに構ってあげなかったから逃げたと思っている点と、直人を他の誰かから(ミカちゃんとラインしてたりする時)取り戻す場面で、SoXをしたがるんだろうなぁ。
でも直人はSEoが多いと性欲処理係として扱われてると思ってしまいうまくいかないんだろうな。。 
どちらも、女の子の感情の動きと同じなので、共感しやすいと思いました。

他の作品でも思うのですが、レXプシーンは本気で嫌がれば男性の力だったら回避できると思うので、現実的にあり得ることなのかなぁ?と疑問は残ってしまいます。この部分だけ?クエスチョンなのが残念かなぁ。

あと私には、アラレちゃん眼鏡にセクシー要素が全くない・・・
みなさんが言うように某芸人さんに見えてしまうからなのか。。TT

今時の大学生っぽい表現が多くリアルな感じなのですが、
大学生、こんな深く物事考えていないので 笑 *o*
(太一は好きな相手に突っ走ってるだけですが、直人みたいに家族云々まで考えないと思う。。) この主人公たちの感情にフィットするのは社会人の方があってたのかなぁなんて思いました。
10回以上読んでる良い作品なのですが、次回への期待を込めて萌え2にしておきます!

書き下ろしは、おXXしよりも、直人の薬指に目が・・ニヤニヤしてしまいました。<3

3

ゴメンナサイ…

おげれつさんは初めて読んだ「恋とはバカであることだ」があまりツボに入らず(いや、失礼)手に取ることはなかったのですが、あまりのレビュー数の多さと高評価につられ読んでみました。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。

萌えないことはなかった。がしかし、これだけ高評価がついているほどには萌えなかった、というか…。期待度が高すぎた、という感じです。

ストーリーはしっかりしてます。高校時代、お互い惹かれあっていく過程もきゅんときたし、些細なことでけんかしてしまう若さもリアリティがあって良かった。その結果売り言葉に買い言葉でお互い傷つけあって別れてしまった、その切なさもすごく良かった。

けれど、ちょっとくどすぎな気がして。大学生になって再会して、友達でいようと思ったのに友達では満足できない。自分たちは「恋人」ではいられなかった、だから「友達」の関係のほうがいいのに、でも。

ってそこで終わりでよくないかなあ。
「恋人」になって、でも太一には女の子のほうがいいんじゃないのか。
と悩む直人。
女の子と仲良くしている直人を見るとイラッとして、セックスをすることで自分のものだと確信したい。
と執着する太一。

長い!長いよ、話が。と思ってしまった。
どうして「友達」ならよくて「恋人」になったらうまくいかないのか。その理由にたどり着くまでが長すぎる。
そして受けの子の葛藤がぐるぐるし過ぎてて、攻めの子の自分勝手な執着心がくどすぎて、読んでて感情移入しづらい。

あと、ごめんなさい、思いっきり好みの問題なのですが、この方の絵柄がいまいち苦手なんですよね…。凄く丁寧に描いてらっしゃるし、綺麗だとは思うのですが。

評価下げてごめんなさい。でもこういう感想もあるってことで。

15

う〜ん;

とにかくくどい。いろいろ。話しも絵も。この作者の中で一番面白くなかった。

7

感無量

やばい...!おげれつたなかさんの作品は、リアリティもあって、涙腺の弱い自分はちょっぴり泣いてしまいました。。。いやもう感極まって。。

ふみちゃんがいい子すぎる...そしていじりかたも素晴らしい(笑)

恋人って、恋人でしかなくて、家族には成りえない。男同士なら尚更。
一番の友達として好きだけど、友達じゃあ足りない。恋人でも足りない。
だけど、男同士の彼らは、家族になることは出来ない。
でも彼女(ふみちゃん)にはそれが出来る。だから羨ましくて、
それが太一の幸せだと思い込んで、その先に行くことが出来ないもどかしさが純粋に描かれている所が、この作品の魅力だと思いました..
と勝手に解釈しております。

過程がしっかりと描かれているので、見る人によっては長いと感じるかもしれませんが、正直、そんな簡単にくっつける関係性じゃないのかなあと...お互いの葛藤が深く描かれている気がしたので、とても好きでした。

おげれつたなかさんの描く、受けはとろとろな顔をしてくれるので
とても見ててかわいい、というか気持ちよさそうでいいなあ、と
思います。特に描きおろしがやばい...!今後の作品にも期待です。

1

ココイチでた

評判通り!
なかなか言葉に出来ない太一くん、ハッピーエンドで本当によかった!脇役のふみちゃんがこれまたいい子!ああいう一見おとなしめの女の子って、あざとかったりするのに、最後までいい子だったなぁ。
高校時代のしょっぱい思い出はきついけど、それ以上に二人がひかれ合うエピソードなどもしっかりしていて話の流れとか、二人の気持ちとか丁寧に書かれている作品。
ここ最近で読んだなかで一番気に入った作品。

1

入り込めなかった

おげれつたなか先生のコミックスは既刊分は全て読んでおり、全作大好きだったのですが、今作は少し肌に合わなかったです。

物語の軸でもある、「二人の関係に名前をつけるとしたらどうなるのか」という受けの不安と葛藤に全く共感が出来ませんでした。 
いわゆる友逹以上恋人未満の状態で、付かず離れずな関係に不安を持ち、悩むのなら分かるし萌えるんです!
でも今作の場合は、喧嘩もするし、すぐにすれ違ってしまうけど、恋人ではあるんです。
すれ違ってしまう今の現状に悩むのなら共感出来るのですが、「恋人のその先は何処に辿り着くのか」と未来についてばかり葛藤する受けの悩みがよく分かりませんでした。
男同士の恋愛だと、普通のカップルのように子供をつくることは出来ない、と相手のために未来を悩んでいるのなら分かるのですが、生憎男同士という点には全く触れられていないし。

うーん、受けの葛藤に共感出来なかったために、ただただ描写がくどく感じられました。


18

カバー裏もぜひ読んでください。

傷つけたくなくても上手くいかず、思わず傷つけてしまった時のお互いの表情に胸が詰まる思いがしました。
それだけに、時々見れる二人の笑顔を嬉しく感じます。最終回の照れてる太一に笑顔で答える直人が素敵でした。
カバー裏の漫画で、大学で再会した時、太一が一見無表情でしたがちゃんと葛藤があり、今度こそやり直したいって決心してたんだなぁと分かり、ちょっとじ~んと来ました。
描き下ろしは、酔ってイチャイチャしてるバカップル全開で楽しかったです。タクシー運転手が困っているとこも笑えました。

2

たくさんの人におすすめしたい作品です(個人的に)

お互いに好きなのに、どうしても恋人になるとうまくいかない。
男同士だから、恋人同士で別れてしまえばそこまでで。それなら、攻めと「どんな名前の関係になりたかったのか」ということに受けが気づく場面が切なくて泣きたくなるくらい綺麗だなと思いました。

登場人物の細やかな表情や、心情、葛藤や青春のきらめきとエロが混在していて、なんとも言えない読了感で「くぅ~!」となりました。しかし、なかなかエロの度合いが高いので苦手な人は注意かと。

1

大満足です

最高でした。(*′皿`艸)
おげれつたなか先生のハズレのなさ!!
今回も凄く面白かっです!!

ストーリーがしっかりしていて
読みごたえもあり絵がキレイ。そして、エロい!!(๑´ㅂ`๑)
でも、エロが邪魔しない!!バランスが絶妙。

お互いに相手の事がすごく好きなのにそれ故にすれ違ってしまう・・・・・
伝え方の不器用な二人に胸が締めつけられました!!(*´-`*)
暴力表現などあまりないので、そっち系が苦手な方でも全然平気だと思います!
これを気におげれつたなか先生の虜になるはずです!!
もうホントお勧めです!!

1

映画を見たかのような読了感

私は始めてのたなかさんの商業本を購入しました!

pixivで連載されているビッチ部の方は前に読んだ時あまり個人的にしっくりはこなくて...
でも絵も構成もすごく上手ですし、今すごく絶大な支持を得ている注目の作者さんでしたので購入してみました。

本当に、読後は感無量でした。
とても見やすくて綺麗な絵でBLならではのファンタジー感も演出し、でも心理描写はすごくリアルで...
まるで一つの映画を見終わったかのような、あの独特の満足感がありました。
出てくるキャララクターは本当に皆魅力的で、でも本当にどこにでもいるような学生感も出されていて。
どのBL漫画にも言えることですがBL漫画というよりも本当に純粋な恋愛漫画で、でもBLならではの葛藤も素晴らしく描かれていました。この作品は特にそのような部分が強く伝わってきました。

すっかりとたなかさんのファンになってしまい、ビッチ部ももう一度見直してきました。明日にでも過去作品を買いに行こうと思います笑

2

作品人気にただただ納得!

おげれつたなか先生初読みです。

作品の評価が高いことや、絵が綺麗で人気の作家さんだということは知っていましたが、暴力的な描写が多いというイメージがあり、中々手を出せずにいました。
しかし、今回の「エスケープジャーニー」ではそういった表現が無く、発売からものすごい勢いで売れていると聞き、これを機におげれつたなかデビュー(!)しようと思いました。

まず読んで思ったことは、「なぜ今までたなか先生の作品を読んでこなかったのか…」という事です。人気の作家さんだという事に非常に納得出来る作品でした。
BLはファンタジーだと言われますが、この作品にはリアルが存在しました。
すぐにくっ付くのでは無く、喧嘩をして別れて、また付き合って…。言葉にして伝えなくちゃいけない事ってたくさんあるんですよね。”好きだからこそ”なかなか上手くいかないこともあるということに気づける様なお話で、まさしく帯通り泣けるBLでした。

たなか先生の細かな心の動きの描写が非常に良く、泣き顔もとても美しいです。エロいシーンもたくさんあり、どれも綺麗で良かったです。
良いと思うフレーズやシーンもたくさんあったのですがここではあまり紹介しない方が良いと思うので…m(_ _)m(笑)
わたしの様に今までたなか先生の作品に触れてこなかった方も、このエスケープジャーニーでおげれつたなかデビューしてみてはいかかでしょうか。

2

たなか先生で一番好きです。

BLに嵌まって二月。解熱し驚きや感動がなくなった頃、ストーリー・画・テクニック・エロがハイレベルな今作品を読んで感動でき再び萌えを深めようと思いました。特に画は丁寧で表情豊かで構図で魅せられました!

以下、長文あらすじです。

人見知りな太一は、くしゃくしゃな顔に笑わせてくれた、明るくて優しい直人を好きになる。その気持ちは19歳にして「一緒に生きていきたい」と重いものだ。直(なお)にとって太一は気を遣わない友達だった。家族仲が良い直は、太一の家庭環境に同情し「逃避行」で元気づけ太一は心打たれた。直は太一の家族・温かい拠り所になりたかったから一線を越えられても嫌ではなかった。

コミュ力が高い直だが太一の様なタイプとは、又は特定の誰かとは付き合ってなかった?互いが恋人と認識してからは喧嘩が増える。

直は不器用な太一の言葉足らずな所や頻繁なセックスの意味を熟考せず目先の事=惨めな思いはしたくない楽しい気分でいたいと自分の気持ちを優先させた。太一は言葉にせず何故わかってくれないと自分の気持ちで考える。それが駄目だった。「性欲処理」暴言で二人は別れ再び出逢い喧嘩。キレて暴力までも。若い男同士のリアルさか。

直は優しいから太一が気になってしまうし友達以上=攻められ求められるセックスを知っている。失敗から太一を深く考える様になる。太一も猛省し直を再び手にしようと進路変更までして自分を変えようと努力する。同じ事を繰り返しても「ふみちゃん」のお陰で想いが確認できる。

若くして他の誰かとは変われないと思うのは、二人の性格が違く同じ好きではなくても、共に過ごした時間と成長による絆、自分をなくしても大事と想える体感をしたから。その関係に言葉はいらない、けれど愛と呼んでもいい。

愛し合うセックスは快楽とは違いますね。気持ちよくて、お漏らしな直が良かったー!
たなか先生は勢いを感じます。次回作も期待しています。


3

良くも悪くもリアル

表紙に惹かれて購入。
この方の本は2冊目ですが、絵の癖とエロシーンがちょっと不得手かもしれません。初期の方が好きな絵だったかも。

話は色々リアルですね。
ここまで破局する話はBLではあまり見ない気がします。
一般的な恋愛じゃないって意識がお互いにあるから慎重になるのでしょうけれど、この話は面白いくらい何度も同じ過ちを繰り返してます。
でも実際ってそうですよね。
付き合い始めたらダメになるパターンも結構あるし、今度こそ大丈夫と思ってもダメだったり。
しかし、何で羽瀬くんが付き合い始めるとダメになるのかは分かりづらかったかも。束縛というのも違う気がするし、付き合う=セックスだって思ってるから?
今度こそ上手くいってほしいですなあ。
自転車の件はいいですね。見せ方もうまいなあ。


暴力系の話は読みたくないので、他の話は読まないかなあ。
暴力以外の話が出たら、今度また読んでみたいです。

6

非常に残念

うーん…
この受、オリエンタルラ◯オの人ですよね?
というのはいいとしてw、うーん…みんなが良いって言うからいつも期待して買うんですけど、その度に残念になりながら本を閉じる…を繰り返しています。
皆さんが神!してるお話、自分も読みたい…
残念ながら、とうにもこの作家さんは自分には合わないみたい。
買った本を持て余すのも悔しいので、今後は購入を見送ります。

20

心を繋ぐとーひこう

 初めて読んだおげれつたなか作品です。これまでのコミックスの評価が高いのも、試し読みで絵が綺麗でお上手なのも知っていたけれど、あらすじに惹かれなかったし、何といっても作者様の名前が嫌いで、手を出せずにいました。今回は試し読みで購入決定!1ページ目からとてもよかったです。

 もっと奇をてらった作品を描く作家様だと勝手に思っていたんです。だから、こんな王道な作品だとは思ってもいませんでした。特殊な設定も突飛な人物も出てこない、難解な展開もない。所謂、王道ストーリー。それが特別な才能にかかると、こんなにも読ませる作品になるのですね。人気があるのもうなづけました。
 何度も印象的に挿入される、太一が直の腕を掴むコマと手が離れるコマ。唇を噛み締める太一。直の薬指に触れる高校生の太一と今の太一。彼らが繰り返して来た過ちがリンクしてとても切ない。描かれる表情が豊かで、彼らの感情がストレートに心に響いて来る。
 印象的なシーンも沢山あります。水族館での手つなぎはもちろん、「見えない」「うそつき」のシーン、雑踏の中ですれ違うシーン。高校時代の「とーひこう!」は、太一が恋だと自覚した瞬間がとても美しくてドキドキしたし、2度目の雪の日の「とーひこう」では、言葉に出来なかった思いを口にする二人に泣けました。

 ストーリー構成もとてもいい。両親の離婚で太一が負ったトラウマは、そのまま直への独占欲に繋がっている。母親の不倫なんて年頃の男子にとって、許しがたいものだと思うけど、太一は母親を庇います。「父さんが放っておいたから盗られた」と・・・直を何度も抱くのは誰にも盗られないためなんだろうな。だけど太一の必死さは直には理解できない。「性欲処理係」と言われた時のショックが、脳裏に甦る。それを忘れようと生きてきた直と、ずっと謝りたかった太一。
 彼らに一番足りなかったことを気付かせてくれたのは、玉砕覚悟で太一に告白したふみちゃんでした。ラストでふみちゃんに謝ってカミングアウトするシーンは好きだったなぁ。名前のない彼らの関係をふみちゃんに言えてよかった。

 おげれつたなか先生、好きになりました。だけど私には何かが足りないの。上手く説明できないけど、愛してやまないキャラとか、読者に委ねる余白とか、心をぎゅっと掴む何か。それでも既刊のコミックスもこれからの作品も読みたいと思いました。『神』作品に出合うのが楽しみな作家様です。
 

3

ふたりでどこまでも

ーどこまで行くんだよ!
ーどっこまっでもー!!
高校時代、くしゃくしゃにして笑う大好きな太一のために
直人が誘った”ドライブ”。
ふたりが自転車で逃避行をするシーンがすごく好きです。

おげれつたなかさんの最新作、『エスケープジャーニー』
とても奥行のある物語だなあ、それが読後の感想です。
上手く言葉にのせることができないのだけれど、
ふたりがお互いを想い合っている姿が
すれ違いを含めとても切なく、そして愛おしかったです。

太一の母親は不倫の果てに父親と離婚しており、
そのことを太一は”盗られた”と言及していてます。
直人が女の子と仲良くしていると、嫉妬心をむき出しにしてしまうのは
そういったところに由来しているのでしょうね。
かあっと熱くなった太一の表情は
もう二度と大切な人を”盗られたくない”とでも言うかのよう。
余所見をさせないように、必死に直人に触れるのだけど
反して、体を重ねた後は、愛おしそうに切なそうに
直人の薬指を撫でている太一の表情が、すごく良かった...

一方の直人は、母親が出ていった太一に、
”ただいま”と言える家族を作ってあげたかった、
”ただいま”と”おかえり”を言い合える家族になりたかった。
けれど自分はどうしたって男で、
”恋人”の先にある”結婚”や”家族”に辿り着くことはできない。
普段はおちゃらけたキャラの直人だけど、
太一と女友達のふみちゃんが並んで歩いたり
話したりしている姿を、切なそうに見つめる彼の表情に
幾度も胸を突かれ、呼吸困難に襲われました(真剣に)。

大切に想っているのは同じなのに、その想い方はまるで違う。
彼らの表情や仕草から伝わってくるそれらに、
ただただ、惹きつけられ、心揺さぶられました。
おげれつたなかさんは、
表情ひとつで読み手を虜にする圧巻の画力をお持ちですね。
漫画で見せられるって、こういうことなんだろうな、
漫画の良いところって、こういうところなんだろうな、と実感しました。

でも、だからこそ震え上がってしまったのが
愛を忘れたような暴力描写を伴うシーン。
個人的にあそこだけはどうしてもだめでした。
作品全体としての評価は限りなく”神”なのですが、
自分の中で赦すことのままならない描写であったため
萌×2とさせていただきます。

けれど出会えて良かった、と心から思える物語です。
何度だって読み返して、ふたりといっしょに逃避行したいし、
友達、恋人、愛 ―更にその先へ突き進んで行って欲しい。
そう、自転車に乗ってふたりでどこまでも!

”好き”という想いを言葉で相手に繋ぐことで、”愛”が返ってくる。
ラストの直人の幸せそうな笑顔、アリです!!
描き下ろし、直人の薬指を見て是非顔を緩ませてください☆

5

言葉にだす事とは

言葉に表すと「友達」「恋人」「家族」どれにも当てはまらず不安になるけど、思っている感情を言葉に出す事で解消される不安。客観的な言葉を言えば不安になるけど、主観的な言葉を言えば安心する。その矛盾。葛藤。凄く人間臭くて面白かったー!!

直人の「友達以上を知っている」=辛い思いをしたのだから止まらなきゃダメだ。となるのかと思ってたら
「知っているから止まれない」ときたもんだ!!
甘い甘い時間の方が心に残っていてそっちの思いが勝っちゃってるって事じゃーん。それはもう友達以上の気持ちがあるのに友達でいようとする意地っ張りな直人。
そんな揺れている時にあの水族館のあの場面。友達じゃ我慢出来ないよね、そうだよ。好きなんだもん!!そのまま進めー!!と、思いきや…
それでも直人は太一が持てなかった円満な家庭を持たせてあげたい。自分にはなれないとぐるぐるしていて。
でも太一は最初から「家族」の脆さを知っているからそんなものは求めてなくて、ただ直人のみを終始求めていて ただ一緒にいたいだけ。それが中々伝わらない…

お互い口に出して言わなかったから凄いスレ違っちゃったけど これからは一緒に生きていけるね。

読んでるなかで凄い引っ掛かっていたのが、直人が女の子と普通にイチャついてて、もちろんその気もないし 本人にとってはどうってことないんだろうけど、太一にはそれが気にくわなくて!!そりゃそうだー!!高校時代はその事を我慢出来なくて切れてダメになってしまったからと、大学に入ってよりが戻っても 女の子とイチャつく直人を見ても太一が一生懸命我慢するんです!!ヤキモチ焼いてもグッと我慢。それがもういたたまれなくて~その件もちゃんと話し合って解決して欲しかったな~

と、モヤモヤしていたら、電子限定書き下ろし4コマで なんかスッと解消しちゃいました。
太一;自分が女の子と手をつないでいたらどうする?
直人;ムカつく。パーで殴る。
もー!!そのや気持ち太一もおんなじだからね!と、思いつつ、この二人はこんな感じで直人に振り回されながら幸せに暮らしていくんだろうな~と想像できる幸せな終わり方でした☆

5

やっぱりたなか先生は最高でした。

たなか先生の書かれる作品はエロ多めでお話には面白いシーンがあったり泣けるシーンがあったりして、1冊だけでもボリュームがあって読み応えがあるのが魅力だと思っています。
今回のエスケープジャーニーも最高でした!泣けるシーンが多々ありましたが面白いシーンも所々に散りばめられていて、エロはやはり安定でしたね…!太一くんも直人くんもお互いが最高だと思える関係になれて本当によかった…

また、今回は女の子キャラも登場します。
この作品にすごく大事な子たちです!読み終わったあとは彼女たちにも頑張って欲しいなあと思いました。

それと、内容の他に、この作品の「何度離れてもまた君を好きになる」というテーマもとても気に入っています。素敵。

あともう一つ言いたいことといえば、ダブルデート実現してほしかった…!ということですね(笑)

たなか先生、今回もとても素敵な作品をありがとうございました(T_T)

3

人はそれを「愛」と言う。

ああ、こういう人を進化型天才というのだろうか。
この著者おげれつさんは、どこまで成長していくのだろう。

この作品、良かった……!!
めちゃくちゃ良かった。
非の打ち所がない……といえば、それはそうでも無いのですが…(汗)
絵もどんどん私好みに進化! 丁寧で凄い。
うーん、惜しいトコロが所々にあるのが勿体無いほどです。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

《CP》
無口な高校時代恋人・太一 × 奔放でチャラい大学生・直人

1冊の殆どが受けの直人視点で語られます。
性格は奔放で天衣無縫。
何事にもとらわれず、誰にでも愛想を振りまき、
誰とでも仲良く慣れる感じのキャラです。
そんな直人(受け)が無愛想な太一(攻め)と付き合い始めたのは
やはり運命としか言いようが無い。
神様がこの2人を出会わせたような気がしてなりません。

「運命」とか「神様」とか、普段は存在しないようなものの言葉を
使いましたが、
これは全てこの物語のラストにつながってきます。

「友達」でも「恋人」でも位置づけられなかった太一と直人。
だからといって、2人は「家族」にはなれない。
当然、女の子のように子供も作ることは出来ない。
この2人をなんというのだろう。
何と位置づければいいのだろう。

  「俺たちが好きな名前で呼べばいい」
太一「愛だよ、愛」
直人「それアリ!」

嬉しそうに太一の言葉を受け入れた直人。
直人の言葉と笑顔は、晴れた大空へと溶けてゆきます。
もうこの2人は「揺るぎない」と確信したラストシーンでした。


エッチシーンは最初から飛ばしていて、第一章からがっつり出てきます。
一夜の間違いを、酔っ払った勢いにしようとする直人。
それに対し、心のなかではずっと直人を思い続けてきた太一は
一夜の過ちで終わらせたくはない。

エロシーンは、相変わらずエロいです……!!
つーか、冊数を重ねるに連れて、どんどんエロが
濃くなってきてないですか、おげれつさんっ!!(><)
受けのトロトロ顔にノックアウトですよ。
相変わらず後孔の開き方が「ポッカリ」「クパァ」と、エロいっ!!
このエロさをどうやって文章で伝えればいいのか。
受けの色っぽさは、とにかく「読んで、しっかりとその目で見てくれ」
としか言いようが無いです。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

笑えるシーンも有り、ホロリと切なくなるシーンも有り、
相変わらず、見せ方が巧いなぁと感じる場面が多々ありました。

心に残ったシーンといえば、水族館。
直人の手を誰にも知られないように、そっと引き寄せる太一。
驚く直人。
太一の高校時代からの変わらぬ一途な想いを、そこにしっかり
確信するようなシーンでした。


おまけの描き下ろしもがっつりエロがあり、
是非みなさまにも見て欲しいですね!

最後の最後まで、2人は自分たちの在り方を模索し続けます。
そして、出した答え。
「恋人」でも、
「友達」でも、
「家族」でもなく……

2人は、それを「愛」と呼んだ。

12

さすがおげれつさん!

おげれつさんの新作、待ちに待っていました!

まず表紙がかわいくて色使いも綺麗で!

最初にがーっと最後までみてウルっとして
二度目にじっくり見てまたウルっとして。
本当におげれつさんの描くお話はなんでこんなにも心に響くものばかりなのか…!
同性同士の恋愛だからこその葛藤や
その恋愛に混ざる友情なんかもとても切なくてそして心温まります。

最近の若者、チャラけてる大学生なんかも妙にリアルで(笑)
女性が絡んできますがそれがまたリアルでいい!

前作、前前作からそうですが、
おげれつさんの作品は他の作家さんがあまり描かない細かな描写
(特に鼻水ですとか笑)
それが私にはとてもツボです!
汚くなくて逆にエロい!と感じてしまいます!
そしてやはり少しの暴力性なども
良いスパイスで余計に引き込まれます!

ふたりがちゃんと付き合ったところでお話は終わりますが、
その後のふたりの話しをまだまだ読んでみたいです!

5

期待以上!

おげれつさんの絵がすごく好みで短編集は読んだことあったけど、そのときは物足りなかったので今回ちょっと購入をためらいました…。が、これは本当に買ってよかったー!!正直、絵のきれいさとエロと萌えポイントだけに期待して買ったけど、感動できる話でした。

絵のきれいさ、エロさは安定の素晴らしさということで割愛(笑)萌えポイントも胸がぎゅっとつかまれるようなシーンがいっぱい詰まってたのですがここで丸ごと書くと読む楽しみが半減しそうなのでざっくり言うと、受けが攻めのことを大好きでたまらない様子とか攻めが受けのことを手に入れたくてしょうがない様子が、表情とか仕草から垂れ流れてるんです。絵の力ってすごい。

そして内容がとにかく期待以上!ただの恋の話というよりは、その後の2人の人生まで考えさせられるような愛の話です。きっとこの2人はこの先ケンカしても傷つけあってもそれでも離れることなくずっと一緒に生きていくんだろうなぁと思いました。
ラストに行き着くまではすれ違ってしまう場面が多くお互いの葛藤が表現されてて、涙こそ出なかったものの読んでて何度も胸が締め付けられました。どっちも悪いわけではないのに何でこうなっちゃうの!?2人とも不器用なんだからー!!みたいな心情(笑)

書き下ろしのお漏らしめっちゃ萌えました。わざとらしくないのが良かった。男性向けみたいな台詞言われると困っちゃうし(笑)BLの新しい扉開いてしまいましたー(笑)

最後に、全然関係ないことだけど受けの服装がすごいタイプでした。登場人物みんなおしゃれ。そして女の子もかわいい。良い当て馬女子が出てくるBLはいいですね〜

6

何度も読める

最初から最後まで
自分は ずっと泣きそうでした。
最後まで読んで 2度目は、
やっぱり ずっと泣きそうでした。

買ってから10回以上読んだけど、そのたびに発見がある。

太一の、言葉や目線 やさしさ……染みだすような愛情に胸を掴まれました。
直人の、明るさと子供っぽさに癒されました。
ずっと見ていたい、この二人。
男らしさと女々しさが すごく身近で等身大でした。

水族館のシーンは カラーでみたら 美しいんだろうな。絡ませる腕 っていいですね。
ぐちゃぐちゃのエロシーンも、期待通りでした!


2

とにかく読んで欲しいです!

たくさんのレビューが上がっていて今さら感もあるのですが、とにかく面白かったの一言!!

太一(攻め)や直人(受け)の気持ちがリアルというか心にギュンギュン来ましたね。
男同士であるが故の友達から恋人、その先は・・・?

少しネタバレになりますが。

友達?恋人?家族?関係の呼び名が大事なんかじゃない!
お互いにずっと一緒に居たいと思う気持ち、それがすべてですよね。
そういうお話です。
高校時代に付き合って喧嘩別れ。そして、大学での再会。
お互い気持ちが続いていて、再会して、改めて、自分達の気持ちに向き合っていく。

この作品に出てくる女の子の当て馬は嫌じゃなかったなぁ~。この子アリキだったからかな。

あと描き下ろしのお漏らしネタ萌えました。

ドラマCDになると言う事で、声優さん誰なのかめちゃ楽しみですぅ~~!

3

旅とは、どこかに辿り着くことが重要なのではない。

─The journey not the arrival matters.
表紙に小さく載ってるのはイギリスの詩人の言葉ですが、人生自体がそういうもんなのは勿論のこと、考えてみりゃ恋愛だってそういうもんだわな~としみじみ。

失礼を承知で書くと、正直ここまで読ませてくれるお話だと思ってなかったです…!
表紙のポップさから、さらっと楽しく読んで適度に萌えときゅんを摂取出来たらOK!くらいの気持ちで買ったんですが、良い意味で大きく裏切られました。
ホントに泣けるこれ…
題材の派手さやインパクトで掴んできたディアプラスの2冊とは正反対に、格言のようにじわじわと染み込んで、ふとした時に引っ張り出して読み返したくなるような類いの作品だと思います。

コミュ障の太一(攻)、ネアカの直人(受)
「友達」なら上手くいくのに、「恋人」になると上手くいかない。なのに友達として一緒にいると、どうしても「友達以上」の関係になりたくなってしまう。
そんな厄介な二人の、試行錯誤のラブストーリーです。

一読目より、二読目以降の方が更にきます…(TT)
何気ない高校時代の二人の会話、要所要所で挟まれる太一の口元の描写、手の描写、コミュ障の太一がセックスばっかりしたがる理由。
太一の視点は語られなくとも太一がその時何を思ったのかが容易に汲み取れ、あちこちで胸を抉られる…
次こそは絶対に壊したくないから…と我慢して我慢して我慢して、それでもやっぱり上手くいかず壊れてしまうってどんな絶望だろうか…
積み重なった「なんで上手くいかないんだろう…」の思いがせきを切ったように流れ出したレイプシーンは痛すぎました…(TT)(TT)(TT)
自分も太一側(コミュ障)の人間だし、ネアカの人間が持ってる正のパワーに救われる気持ちってよく分かるんですよね。
序盤の雨宿りのシーンで太一が語るエピソードなんかはその典型的な例でしょうし、それ以外にも高校時代の回想シーンにはそれを思わせるエピソードがゴロゴロと散りばめられてます。

たなかさんのキャラってどの作品もいまどきの男の子感が強くて、毎度ジェネレーションギャップに怯みながら読んできたんですけど、これはそうでありながらも、ストーリーの本質部分はおそらく年齢が上な人(=人生をより長く積み重ねてる人)にほど余計に響く作品な気がします。

大ゴマや見開きを使った表現、確かに魅せられます。
元から大ゴマでバーン!と見せる表現をよくされていた作家さんですが、使い方が少々ワンパターン気味にも感じられたデビューコミックとはもはや比べ物にならないくらい達者になられててビックリ!
中でも特に雑踏のシーンは、二人のすれちがう関係をまざまざと見せつけられるようで、開いた瞬間泣けてきました…
そして、ストーリーテリングも本当にお見事。
こちらもデビューコミックとは比べ物にならないくらい達者になられてて、重ね重ねホント失礼だけど、ビックリです。
漫画としてしっかり計算されて作られた、すごくよく出来てる作品。
たなかさんの作品は次からはもう迷わず買おう!と思わせてくれるハイクオリティな1冊でした。

電子版もカバー下しっかり収録されてました。
最近ちょこちょこ収録してくれる出版社が増えてきてる?

ところで、
今時のパリピ大学生直人がどう見てもOリエンタルラジオのF森さんなんで、最初セリフが全て彼のチャラ声で脳内再生されてしまって中々ウザかったです(笑)

9

みみみ。

迷宮のリコリスさま

コメントありがとうございます~
余計なことを書いてしまいましたかね(笑)
私、もう見た瞬間から「F森だ!!」ってなっちゃって…

迷宮のリコリスさんのレビュー、昨日読ませてもらってたんですけど、読む前の作家さんに対する印象がまんま私と一緒で、変なとこで共感してしまいました。このお名前、いいのかこれで感が未だに拭えません(^^;

迷宮のリコリス

みみみ。様

 購入済みだったので、誰のレビューも見てなかったんですが、
見てなくてよかった!あぶなくF森再生されるところでした(笑)
自分でレビュー後にちるちるとか他サイトを覗いてみたら、
F森ネタが沢山でびっくり。私は思いつきもしなかった^^;
だけど知ってしまった今となっては、完全にF森になってます・・・。

みみみ。

ねぎまさま

そんなふうに言っていただけるなんて嬉しいです~(^^)
ありがとうございます♪

私もホントこんな内容だと思ってなくて涙腺やられまくりましたよ。。
そして実はねぎまさんのレビューにもちょっと泣かされたことはヒミツです。
太一視点がきますね…(´;ω;)

F森さんはねーもう最終的には絵までF森さんにさしかわっちゃって読むのに困りました(笑)

ねぎま

みみみ。様

なんだか私の思いを代弁してくださるような素敵なレビュー
有難うございます♪
実は私もまさかこんなに感動する作品とは思ってなくて。苦笑
ほんと読めば読むほど至る所で太一の気持ちが苦しかったです。•・゚・(ノД`)

F森さん!なるほど!!
ずっと何かに見える・・・ともやっとしてましたが、そうだ!!!
すっきりしましたー。笑

心の琴線にふれる、キュン度の高い作品。

絵の可愛さ、ストーリーの良さどちらもある作品です。

絵については、とても表情の描き方をたいせつにしているなぁと感じます。くしゃっとした笑顔とかキス前の顔が最高にいいです。またキャラの表情を表現するために眼鏡のフレームの描き方を工夫されているので、作中のキャラの心の動きが際立っているとおもいます。そして定番の八重歯キャラがかわいい。

またストーリーについてはセクシャルマイノリティの抱える"家族にはなれない…?"というリアルな心の問題について触れておりとてもせつない気持ちになります。後半はそのあたりにスポットがあたるので少々間延びした感もありましたが、それは作者がキャラクターの心の機微を重視するが故のことと思います。

3

心がぎゅっとして蕩けちゃう・・・o(≧〜≦)o

一瞬でも購入を躊躇ったのは何故だ自分。バカなのかっ?!
と猛省するくらい、最初から心鷲掴みにされましたっ

一言でまとめると同級生再会復活モノ、ですかね。
独占欲の強いコミュ障太一(攻)といまどきコミュ高直人(受)の
お話が丸々一冊で描かれておりました。(しかも厚っ。嬉)

受、攻どっちの視点で読んでも心をぎゅっと鷲掴みにされちゃいました。
やっぱり話・表情の作り方が上手いんだよなぁ。
些細な台詞やしぐさとかが最後の伏線になってて、
読み返すたびに新たな発見があって何度となく読み返しちゃう。

『 太一はあの戸を開けたあと「ただいま」を言えたのだろうか 』
とか、エチ後の寝ている直人の薬指を愛おしそうに触ってるシーンとか。
直人は“ただいま”を太一が言える存在になりたかった。
太一は“薬指”を束縛する存在になりたかった。
高校生の頃から想いは重なっているのに、
表現の仕方や相手を思いやる気持ちがほんの少し不足してすれ違った二人。
壊れてしまった器(関係)に蓋をした直人と新しい器を用意する太一を
妄想するだけで切なくて・・・。•つД`)・゚・。

お話自体は直人視点で描かれているのですが、カバー下の表紙裏に再会した瞬間の太一視点の漫画があるので、本編読み終えたあとはそちらを読んで
再度太一視点で読んでいただきたい!!!!!
というか、もはやこれを読んだ後は太一視点でぎゅんぎゅんしながらしか
読めなくなったデス。苦笑
(↑元々攻め視点が好きなもので。照)

太一は自分の失言で離れてしまった直人を取り戻すために文転してまで
苦手な大学に入学するほどの執着っぷりです。執着愛です。(*´エ`*)ウットリ
でもそれを見せまいと健気に振る舞うんです。
自分の気持ちを抑え込むように直人との新しい関係を大事にしようと
ムリしている姿が痛々しかった。。。•・゚・(ノД`)
その間直人も一人ぐるぐると悩みまくりそれがまた素敵にデフレスパイラルのように重なって再び別れるなんてーーーーーーーっ
なもので、直人が太一の本心に気づくシーンは涙なくしては読めませんっ。
その後の二人のエチシーンは本当に幸せそうで。vvv

今回の作品はすごく太一の“手”が印象的でした。
太一の手の動きで気持ちを表現しているとでもいうのでしょうか。
既出の薬指を触るシーンもしかり、高校時代に初めてのエチのときに
ベットに両手を広げて指を絡めるシーンや、別れた直後に直人に触れようとして
突っぱねられるシーンとか。
一番好きなのはもちろん水族館でのどきどき手つなぎですけど。( ´艸`)ムフフ
ぜひ太一の手に着目して読んでいただきたいですー。

本編でも素敵にエロ満載でしたが、描き下ろしのエロは眼福です!!!
tnkシロクナーイ!!!!(*゚o゚*)w
しかも揺れtnk!!!!
酔っ払い直人がどえろなのは分かってたけど、粗相してうるうるしながらの
あの見返りシーンは反則級だーーーっヾ(≧∇≦*)〃キャーv
太一でなくともムラっとくるから!くるからぁ!!!!!


最後の最後までたなか先生にはやられっぱなしでした。(感謝)
もう迷わずついて行こうと心に決めました。笑
ぜひぜひ皆様に色んな視点で何度でも読み直してほしいです♪

12

ねぎま

しゅん菊 さま

コメント有難うございます。(≧∀≦)ノキャー
太一の手に共感いただけてすごく嬉しいですー♪
ホントに読み返す毎に色んな発見ありますよね。
レビューには書ききれなかったですが、しゅん菊さま同様
太一の泣きはらしたかのような赤い腫れた目を見た瞬間ぎゅぅぅぅんって
心鷲掴みでしたよ・・・。(^^;
何度読んでも太一視点は泣きますね。

「恋とはバカで~」私も読み直しました!!
太一がコミュ障に見えなーい。笑
この時代からこの作品を狙ってたんならたなか先生凄いっす。
というか。彼らのグループはすでにゲイが3人いるってことなんですね。笑
凄い割合ですな。(゚∀゚ )アハ

しゅん菊

ねぎまさんの“ 手 ”が印象的という言葉にはとても同感できます!確かに太一視点で読んでみるとさらにこの作品を楽しめるのかなと私も思いました。

実をいうと読み方が浅かったのか最初読んだ時は
雪の上での会話で2人の関係の根本的な問題が解決されたのかよくわからなかったのですが、指輪を贈るシーンや指をさするシーンだったり
二回目読んだ時にやっときづいたのですが、直人と殴りあいになって直人が2日振りに大学に出た時太一の目が腫れてて…
太一目線でもう一度読み直してみると
本当苦労したんだなぁ…と泣けてきました(泣)

他の作品の話ですが、おげれつ先生のデビュー作の佐山君が出てて、その作品を読み返してみると直人やその他のメンバーが描いてあって「いつから伏線を張ってたんだ?!?!」と驚きましたw
長くなりすみません。。

完璧過ぎて、、、

今回はじめてレビューします。ちなみにゆとり世代の現大学生です笑
ネタバレは他の方がすでに上げているので、個人的な感想?を。
先生の漫画は、発売されているものからずっと読み続けていて、何回も読み返したくなる作品ばかりです。
絵も本当にリアルで、今回の表紙の男の子2人も本当に現実にそこにいそうなオシャレな大学生です。
先生は、登場人物の表情を魅せるのを狙っているのだと思いますが、コマ割り?とかもすごく上手で、人物の泣き顏や笑顔もここぞ!というところでアップを持ってくるところとか特に。思わず引き込まれてこっちまで泣きそうになります。
ストーリーも、これまた本当にリアルな感じで、ラインとかSNSが出てくるあたり、読んでいるとあくまでBLだけど、普通にあり得そうです笑
絵も魅せ方もストーリーもすべてにおいて完璧だと思います。でも、わたしには何かあともう少し足りない感じがします。何かこう独特感?個性が目立たない?というか。上から目線な物言いですみません。
エロに関しては、これが見たかったっていう表情やセリフを描いてくださっていてお腹いっぱいです。いいぞもっとやれ!むしろずっとやっていてもryって感じです笑
あと、表紙がすごくオレンジ色で目立つのでそこを狙っているのはわかりましたが、少し手に取り辛かったです。

4

切なくてあったかい作品です

おげれつさんは、ディアプラスの先月号で、遅蒔きながら初めて読んで気になっていました。
ついさっき電子書籍を購入しましたが、すでに三度読み返しています。
それほど素敵作品です。
明るくてチャラいなおと、極端に焼きもちで不器用な太一の
お互いずっと好きで忘れられないのにすれ違う心の揺れがとっても切ない。
あっさり引き込まれてしまいました。
皆さんのおっしゃる通り、オススメの作品です。

おげれつさんの他の作品も読んで見ようかな。
ディアプラスの連載も、ますます楽しみになってきました。

追記

太一の友達や恋人にはなれても、家族にはなってやれないのに

この言葉が頭から離れません。

2

何度も読み返したくなる作品!

たくさんの神評価の方のレビューを拝見しましたが、まさにその通りで他に言いようがありません!

本当に素晴らしい作品でした。どんどん作品の世界に飲み込まれていき、物語の盛り上がりのシーンでは本当に鳥肌がたちました…!
彼らのそれぞれの過去あってこその今の性格があるという点を上手く描写されており、彼らが実際に存在しているかのようなリアルなものを感じました。

これ以上は、私の拙い言葉では薄っぺらいものになってしまうような気がしますが…とにかく!何度も繰り返し読み返す価値のある、素敵な作品でした!!

2

出来過ぎです、おげれつたなか先生!

いま一番、勢いにのった作家さんではないかと思います。出版社さんの期待も垣間見えます。
とにかく、見せ方が巧いです!
(以下のレビューはネタばれというか、作品の読み方に響く可能性あり)

ひとつは画(シーン)のつくりかた。
その最もキタのが、水族館のシーンの大コマ。
直人の少しおどろいた表情のあと、ページをめくったらこれか!
この胸キュンシーンかッ!
そのほかにも、暴力シーンのあとの街の雑踏のなかや、直人の豆乳ではなくジュースをもつ手の時間の経過、積雪のあとに倒れる自転車と脇のふたり、などなど印象的なコマがあれもこれも。
ちょっとしたシーンの緩急のつけかたとでも言えばいいのかな、とっても巧いです。

もうひとつは、彼らの顔の一部のクローズアップ。
とくに太一の我慢して唇をかむような口元や、直人の見開いた瞳、ふせた目蓋などの目元。ちょっとした表情から、本音が伝わってきます。
(言葉が出ないタイプの太一は口元で、よくしゃべる直人が目元で表情がでるというのは面白いです)


ただ、それら描写の巧さが突出してしまっているような。
あまりにも最初の水族館のシーンがインパクト大だったので、それ以降はたなか先生自身の技巧にばかり意識がいってしまって、お話に入り込めなくなってしまいました。
作品背後の先生のお姿がチラチラしてしまったのです。
大学生の日常がナチュラルにさらっと描かれているようでいて、かなり計算されて描かれた作品ですよね。

太一はじつは直人を追いかけて進路を変更したような情熱家であること。
一方の直人はチャラ男そうでいて、面倒見がよく課題もこなすような真面目なタイプであること。ふたりの関係にどうにか形が欲しく、恋人以上の「家族」という形さえ意識していること。
かたやコミュニケーションツールはLINEで、かたやメールというような描写もあって、キャラクター対比も練られています。

とはいえ、若さだけで突っ走るわけでもなく、そつなく学業はこなし、エッチもするし、恋愛のその先までも考えるって、ゆとり世代の大学生ってこんななのか?と思ったのは確かです。それだけリアルに書かれているってことなのかな?

そう、おげれつたなか先生、絵も設定も見せ方も巧すぎるんです、出来過ぎなんです!
だからこそ、読者の私をいい意味で裏切る”なにか”が欲しいの!
今後の期待をこめて、辛口評価です。


11

メグタン

らりたんサマ

いまのところ、私だけが『神』評価レビューでない状況でどきどきヒヤヒヤしていましたので、共感いただけてホッとしました。
コメント、本当にありがとうございます!
なんというか、うまく言葉にできないのですが、もうちょっとハミ出していいんじゃないかな、という感想というか…"もやもや"というのはこんな感じでしょうか。
そして、おげれつたなか先生、まだまだイケるっしょ、こんなもんじゃないでしょ!と僭越ながら思っております。

らりたん

はじめまして。
私も、おげれつたなか先生の作品には期待感があり、この作品も発売してさっそく手に取ったのですが、なんかもやもやとした読後感…
絵はもちろん文句のつけようがなく、ストーリーも柱となるしっかりしたテーマに沿って描かれている…のになぜか物足りない!!
メグタンさんのレビューを拝見して、私のこの気持ちの収まりどころが見つかったかんじです。
とても参考になりました♪
これからもレビュー楽しみにしています。

毎度毎度

引き込まれて読んでしまいますね。じっくりと、本の中に入って彼らの世界を堪能するのです。紙に線をのせて、こんな素敵な物語を紡げるんですから、マンガってすごいなー作家さんってすごいなーとあらためて思いました。

割りとドライな人間関係が好きなので(執着苦手)、一度別れたのにまたくっつくというのは、あんまり好きじゃないなーと思いながら読んでいたのですが、そこはおげれつ先生! もう絡まなきゃいいじゃんと思うのに、魅かれあわずにはいられない二人を見事に描いて、納得させられました。

エロシーンは、どれもエロくてすごいんですが(特に最後)、それ以上に印象に残っているのは、水族館のシーン。キュンとしました!

ほんと、いいものを読ませてもらいました〜。次も楽しみ。

2

ぜひ読んでほしい作品!

不器用だけどいちず×チャラいけど優しい子
って感じの大学生カップルの話で、一冊まるまるこのカップルのお話がじっくり楽しめます。
「恋とはバカであることだ」に出てきた佐山君のお友達2人の話です。
正直、このBLがすごい2016年のアワードに入る大作だと思います!
少なくともわたしの個人的なランキングには入ります 笑
攻めも受けも本当にそれぞれの魅力があって見ていてどちらとも大好きになりました。攻めも受けも両方いとしくなれるBLってそうそうないと思います…
おげれつ先生は本当に人物の描き方が素敵です!

恋人になるとなかなかうまくいかないふたりだけれど、お互いに少しづつ成長し最後にはしっかり結ばれます。
言いたいことが多すぎて語りきれませんが、表紙の感じのとおり、かわいい大学生の男の子のもだもだが存分に堪能できる作品ですので、ぜひぜひ読んででみてください♪

4

意地らしさが泣ける

帯通り泣きました。毎回毎回おげれつ先生のストーリー&絵は最高ですね。また、BL漫画での女の子はイヤーな恋敵が多いのですが、この作品に出てくる女の子は応援したくなるほどいい子でした。
心情変化が伝わりやすい表情がたまらなく可愛く、別れてしまってからもう離すまいと頑張るのですが、それが空振ってしまいすれ違ってしまう、この意地らしさがとても切なくそこがいい作品でした。買って良かったです!

4

今回も良かった!!

もう・・・・神か!
毎回毎回本当いいお話で、喜怒哀楽が本当すばらしい!
直人の男同士では太一と恋人以上になれない、恋人は上手くいかないから友達のままでいい、でも気になってしまう。
太一の母親が浮気して出て行ったせいですかね。
多分直人が女子と仲良くしていると
取られてしまうというんじゃないかという気持ちが大きく
独占欲が強くなっている。
そのせいで、高校時代に喧嘩別れをしてしまい
大学生になって、また同じ事を繰り返したくないといと、自分が変わったつもりだが人間そう簡単には変われない・・・
二人の感情、内心が本当に読んでてつらいの切ないの
本当先生ありがとうござす
そして今回女子も活躍でしたね!
ふみちゃん!本当いい子察しのいい子大好き
好きな人の事はわかっちゃうんだよね。いつも見てるからw
でも、彼氏見つけて幸せになってくれて本当よかった
あとは、二人の相談役になるんだろうな(笑

ここ大事なところ!
最近修正づくしなので本当期待していなかったんですけど
まさかのぉ!!!ゆるい!!!( ゚д゚ )
ありがとうございます。ありがとうございます
これで真っ白だったらマジ恨んだわ(笑
こんなに綺麗に描いていただいてるのに消すとかまじ鬼畜とか思ってたけど、本当にありがとうございました。
次回作も、おねしゃす!

そして、ちょっと気になった今回この本
買ったときに800円!?限定版じゃないのに?
高くなったなぁって思った・・・
お話が凄く良かったので、そこは50/50で許すw

3

いやぁ~もう、ごちそうさまです!!!

読後の感想はこれに尽きました。
正直に言うとおげれつたなかさんの作品をちゃんと読むのは初めてでして…
今までは何かサンプルとかレビューとかあらすじとかの勝手なイメージで、結構重めのリアルゲイのお話を描いてそうだと思い、ちょっと読むタイミングを選びそう…と読まず嫌いをしていました。
それがまぁ!重いどころか受の直人の軽いこと軽いこと!
軽いと言っても尻軽ではなく、パリピ系(なのか?)のノリの調子の良さで男女問わず誰とでも仲良くなっちゃう感じ。
攻めが過去にコミュ障がちだったときもさらっと救ってくれちゃったりなんかして、ただのうるさい奴じゃなくて明るくて基本いい奴。ネアカの人の持つ空気って時として本当に人を救いますよね。
そんなチャラいけどいい奴な直人を忘れられない執着攻の太一がこれでもかとガッツンガッツン攻めてくれるHシーンには思わず眼福と手を合わせてしまいます。合掌。

何より上手いなぁと唸らされたのは作品全体のバランス。
同級生ものとか、すれ違い再会ものとかって単調になりがちだけれど、BがLすることの葛藤が重すぎず軽すぎず描かれていて逆にリアルでした。
太一が直人に惹かれていった過程や太一の家庭問題や結ばれて破局し再会して惹かれ合いながらも再びすれ違う…って一冊でよくこんなにまとめたな!って位内容が盛り沢山なのに、作品の持つ印象は直人のごとく軽妙で晴れ晴れとしています。
個人的には過去のシーンで2人が初めて結ばれた場所にひたすら悶え倒しました。
人気がないからってあんなところで制服着たイケメン男子が致すなんて…!
けしからん!…もっと…やれ!!!とDK好きな私は鼻を膨らませて興奮した次第であります。

題材に派手さはなくてもこれだけ読ませるのは作者の力量によるところだと感服。
胃もたれしたくないけど上質なご飯をいっぱい食べたい!という方にはおすすめの☆三つ、神評価でございます。

11

2人の10年後が見たい

大学生同士、1カプまるまる1冊。

高校時代に付き合っていたけど、喧嘩別れで別れた攻めと大学で再会、周りの友達の目もあって無視もできず、普通に友達として付き合い始める話です。表紙右のメガネくんが受けです。

性格的な相性は決してよくない2人だと思います。チャラい受けと人見知りな攻めで、ささいなことで喧嘩になるし、お互いに言葉も足りない。
なのに、こいつじゃないとダメ、というのがよくわかるのです。
じんわりとしみてくるカップリングだと思います。

いやはや堪能しました。おもらしにも!

2

素晴らしかったです

発売前から表紙の二人が可愛いなあと思ってたので楽しみにしてたのですが、期待を裏切らないで予想以上にキュンキュン出来て大満足でした!!
二人とも可愛かったし、エロかったし、心理描写がすごく丁寧で、自然に共感して読めました。
これから先どんなことがあっても、また何度も喧嘩するかもしれないけど、それでもお互い好きだから最後にちゃんと仲直りしてずっと一緒にいるんだろうなあ、と明るい幸せな未来が見えて、こちらも幸せな気持ちになりました。

描き下ろしのおもらしはご馳走様でした、本当にありがとうございました笑

2

魅せてくれます

この作品は表紙が鮮やかなオレンジで、画力が高い作家さんなので絵も含めてすごく見栄えしますね〜
読後に改めて表紙を見ると、直人と太一の表情や仕草が2人の関係性を上手く表しているなと思います。

受けの直人はコミュ力抜群で、友達も多いし楽しい事が大好き!な今時の大学生感が溢れていて眩しかったです笑
攻めの太一は人見知りはあるものの、普通のイケメン大学生。
1話は高校生の時に付き合って別れた2人が大学で再開し、酔っ払った直人を介抱しているうちにセックスしてしまうといった内容。文字だとありきたりですが、おげれつたなか先生は本当に見せ方が上手いです!まさに絵で魅せられたし、話の運び方が自然なのですぐに引き込まれました。
キスするまでの、見える?見えない。うそつき、のやり取りにはとてつもなく滾りました!

一冊丸々表題作なので2人の関係性の変化や心情の揺れる場面をじっくり見ることが出来ます。
終盤の直人の気持ちの暴露と太一の告白は、それまでの2人の葛藤を見てきた読者としては感動的でもありました。
表紙や扉絵で毎回書かれている自転車がすごくいい演出を担ってます。
書き下ろしもサービス満点なプレイで萌えさせてくれる上に、1話とデジャヴするページには笑わせてもらいました!

3

神すぎる…!

おげれつたなかさんは作家買いすると決めているのですが、本当に外れがない!この作品も最っ高でした…!

内容はあらすじ通り、高校の時にケンカ別れした二人が大学に入って偶然再会して、友達でいようとするんだけどやっぱり友達ってだけじゃ足りなくなって、、、友達だと楽しいし上手く行くんだけど物足りない…恋人になったら些細なことでケンカしちゃう…。という感じの二人が頑張ってます(⌒ω⌒)

私が涙もろいだけなのかも知れませんが、泣ける作品だと思います。というか、たなかさんの作品読むと大抵泣いてるのでやっぱりたなかさんの作品が最高なのと、私が涙もろいだけかもですね笑。

5

文句なし!!

最高に面白かったです。
高校で少しのあいだ付き合う二人ですが、些細な喧嘩を繰り返し…売り言葉に買い言葉で喧嘩別れ…。
でも嫌いで別れた訳じゃないんだから、大学で再会してお酒が入って部屋に二人きりになったら…。そりゃやけぼっくいにナントヤラ…ですよね(笑)
ここまでは男女の恋愛と変わらないけれど、そこに当て馬の女子大生が入ってきたり男同士の未来についての葛藤が出てきたり…。
グルクルしながら二人の未来を手探りで見つけていきます。
それにしても、当て馬女子大生がイイ女すぎた!!いかにも女の子~で、いつもならそんな女の子出てきたら「しっかり振ってやれー!」と思ったりしますが、そんなことは全く思わないくらいにいい子だった。
そしてこのお話、序盤は「男女の恋愛と同じやな~」と思ったけれど、最後は「男同士やから成立した話やな~」と。どっちかが女だったら大学の友達内でのドロドロ裏切り愛憎劇!!みたいになっちゃったかも(笑)
うんこれは、男同士だから書けるお話だーと改めて思いました。
表情もエロもエロエロしいし、大満足です!!(↑文章はあえて、攻め受けの主語を抜いています)

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ