炎の蜃気楼シリーズ(11)/わだつみの楊貴妃(中編)

honoo no mirage series

炎の蜃気楼シリーズ(11)/わだつみの楊貴妃(中編)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥457(税抜)  ¥494(税込)
ISBN
9784086117920

あらすじ

大破した船から投げ出された高耶と直江は、瀬戸内海の小島に漂着する。身を挺して高耶を守った直江だが、その目はいつもの光を失っていた…。一方、綾子たちは<楊貴妃>がいる秋芳洞へ向かう。

表題作炎の蜃気楼シリーズ(11)/わだつみの楊貴妃(中編)

直江信綱
仰木高耶

評価・レビューする

レビュー投稿数1

そうきましたか・・・

爆破された船から投げ出されて、瀬戸内海の小島に漂着した高耶、直江、小太郎。
しかし、直江が≪力≫と視力までも失っていました。
小太郎は毛利、一向宗と手を組もうとしていて・・・。高耶は、頼竜に萩(山口)にある毛利の所(東光寺)に連れて行かれ、毛利輝元、吉川元春と対面することになりなす。
直江は人質として元春の屋敷に連れていかれました。
綾子は高耶達を助けに向かっている最中(高耶がとばした護法童子の案内で)、高耶から行先変更、大正洞に行けといわれ、そこで楊貴妃に憑依されている鳴美と秋吉で合流して、秋芳洞から地下を通って大正洞に行くことに。
千秋は村上の所に潜入に行き、途中織田に命じられた鹿之助も一緒に村上の所へ。そこで高坂にあってしまい・・・。



※ネタバレですのでご注意を
織田と陶と一応中山鹿之助が組んでいて、毛利と村上と一向宗が組んでいると。
そこに、楊貴妃問題、満珠&干珠が関わっていると。
織田信長は譲の体に復活。で、譲は景勝の生まれ変わりで正解みたいです。

前巻よりも凄いとこで、次に続いてます・・・泣。
高耶と直江が向き合おうとしてたとこだっ続きたのに・・・。
景虎も直江に対しての独占欲が強いし。直江が欲しいのは解ったから・・・失うのが嫌なのも。
直江の方も切ないし、苦しいです。
皆バラバラに動いてくれるから、ちょっと大変なわだつみの楊貴妃編です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ