嘘つき溺愛ダーリン

usotsuki dekiai darlin'

嘘つき溺愛ダーリン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×235
  • 萌15
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

77

レビュー数
13
得点
258
評価数
69件
平均
3.8 / 5
神率
20.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344833159

あらすじ

見合いを断るため、顔見知りの高遠に偽装恋人役をお願いした超引きこもりの雪穂。偽者だとばれないよう期間限定で同居を始めたが…。

表題作嘘つき溺愛ダーリン

高遠晴久 大学院生 
芳川雪穂 27歳 プログラマー

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

馬鹿っプルを目指して

偽造恋愛ものは王道設定の一つだと思っているため、真新しさはないのですが、受け攻めともに素直で感じがよくかわいらしい二人です。
まさにタイトルそのまんま、溺愛、いちゃラブな二人が延々楽しめる…そんな作風ですので、あまあま、イチャイチャが読みたい!という時にはよいと思います。

お見合いをすすめてくる叔母対策として年下の男性に偽の恋人になってもらうというストーリーですが、無理矢理ではなくある程度の興味や好意が互いにあるので、途中からは最早これは演技でなく本気で愛し合っているカップルにしか見えません。
お相手役のハルくんはとてもいい子で、こんなよく出来た彼氏がいるだろうかと感心してしまう。
嫌な感じや辛さのない甘い作品でした。

難を言うなら、どれだけ読んでも意外な展開…なんてものは待ち受けていませんので、抑揚のない当たり障りのない作品で終わっている感じはします。
それと、個人的な好みで言うと、主人公が所々で挿絵・仕種などが女の子に見えてしまうのが気になったかも。
ストーリー上、けして女の子でも通る話というわけではなく、きちんと男性同士だから成り立つお話ではあるのですが、仕続き種や雰囲気が女の子ぽい受けが好きでない方にはあまりカップリングとしては萌えないか?と思いました。

しかし毒々しい作品に対してひたすら癒し系・薬系と言える作品だと思います。
ほっこりしたい、癒されたい時におすすめの1冊だと思います。

1

期待通りに甘いお話でした…だけど。

甘い小説、ということでこちらのサイトで教えて頂き購入しました。
期待以上に甘々な展開、主人公や登場人物も良い人たちばかりで不満は無かったです……が。
主人公の雪穂が友達未満顔見知り程度の晴久に偽装恋人を頼むのがどうしても腑に落ちなかったです。
私自身があらすじを勝手に解釈して、顔見知りと言っても友達レベルなんだろう、と予想して読み始めてしまったのが問題なのですが、本当に顔見知り程度の相手にいきなり恋人役を頼むという展開にどうしても納得出来ませんでした。
相手に断る権利があるといえど一方的に呼び出して無茶なお願いなんて、しかも友人もそれを勧めるなんて…相手の迷惑とか考えないのかな?とそこだけは登場人物の性格に疑問を持ってしまいました。
そこに目を瞑れば、晴久の大らかな性格、雪穂の仕事にしっかり向き合っているところ、同性との恋愛に何の偏見や疑問もない祖母、雪穂の過去のくだり、全てがとても良かったです。特に母親のことを思い出しているシーンでは泣きそうになってしまいました。
それだけに、最初の話を持ちかける部分が残念でした。

0

甘かった~!

偽装恋人からのラブラブ、BL小説の定番!
文体が非常に読みやすく、あま~い小説を読みたいときにぴったりのお話でした。
特に攻めの晴久のキャラがきゅーん。
イケメンでスパダリ、生活能力のない受けをここまで甘やかしてくれるとはまさに理想の攻め様です。

特におばさまのキャラが時に姑っぽく、時に乙女っぽくふたりのカップル展開にいろんな刺激を与えていて可愛かったです♪
脇キャラがわいわいしているのでそこも楽しかった!

すごくよかったのですが受けが結構女の子っぽかったのと、ノンケである攻めが受けを好きになった理由があっさりしていたのがちょっと気になりました。
人間的な魅力が大きいのだと思いますが、ともあれいちゃいちゃバカップルにくっつけてよかったです!

0

女性キャラ二人が面倒臭いかな

シリーズ一冊目。
これレビューし辛いですね(苦笑
だって甘いしか感想が出ないので…
なんというか、話の内容よりも雰囲気を味わう作品でしょうか。

**********************
受けの雪穂は在宅のプログラマー、27歳。
お金は稼いでいるものの家事や日常生活の能力が欠如しており、良く言えばおっとりでマイペース、悪く言えば引きこもり一歩手前。

攻めは大学院生の晴久。
元々の世話焼きにプラスして以前から雪穂に惹かれていたために、雪穂の申し出を快く引き受け同居することに。
**********************

叔母からのしつこい見合い攻撃に辟易した雪穂が、友人(二作目の攻め)の助言に従い偽の恋人を持とうとするところから始まります。
この偽の恋人というのが、行きつけのレストランでバイトをするホール係の晴久。
滅多に外出しない雪穂の周囲で好感が持てる男性(同性の方が結婚攻撃から逃れやすいということで)は他におらず一大決心で依頼することにした雪穂でしたが、彼が自分に好意を持っていることを知り複雑な気持ちに。
それは雪穂が恋愛という意味で人を好続ききになるということがわからない、経験がない、これからもしないと感じているためで…

雪穂が恋愛をしないのも例え植物でも生き物を側に置かないのも、生きているものはいつかは死ぬ=自分が置いていかれるということに、子供のように怯えているからであろうと思います。
母親を亡くしたことが心に深く傷を残し、それを見ぬふりをし子供のまま大人になってしまった雪穂には、どっぷり甘やかしてくれる晴久はぴったりの相手と見えますが、なんだかそれじゃあ雪穂の成長はない気がしました。
最後の決断も女性二人にお尻を叩かれる形で、ちょっと残念。
特に雪穂の叔母は途中の偽装の時は良かったものの、語りに入るとちょっと面倒だなと。

この作品はとにかく甘さ、攻めの甘やかしを堪能するための一冊で、わたしは二作品目が読みたいがために順番通りいったのですが、やはりこちらから読んでおいた方が良さそうですよ。
次作のカップルもかなり登場しますので。

4

レンコンでニヤけました

丸ごと1冊表題作です。
プログラマーかつ引きこもりの雪穂(受け)の視点で進んで行きます。

雪穂は、伯母の見合い話から逃げるために、馴染みのレストランに勤める晴久(攻め)に「偽装恋人」を依頼します。この嘘の関係が本物になるのかと思いきや、晴久は最初から恋愛関係に持ち込みたいと告白するという予想外な展開でした。

晴久が溺愛して雪穂をおとすというシンプルな内容で、基本的には明るく甘く楽しい話なのですが、そこに雪穂の実母の死からくるトラウマが絡んできて切ない部分もありました。伯母が、今の雪穂は亡くなった母親と同じだと告げる場面には胸を突かれました。

何もできないのだけれど、してもらうことが「当たり前」ではなく申し訳なく思っている雪穂に好感が持てて、死別が怖くて晴久から逃げてしまう場面も、自然に受け入れられました。

そして何より雪穂の天然ぶりが面白かったです。
料理中にレンコンを皮むいているときに、太さや感触が晴久に似てる、と話して晴久がしゃがみこむ場面は笑いました。晴久の困ったイラストも可愛らしかったです。

雪穂の周囲にいるサブキャラも個性的で面白く、雪穂だけ続き浮いているという感じがしなかったのも良かったと思います。
竹井女史にビビる睦実が可愛く、ひょっとして二人の今後は…なんて想像していたので、続編「いじわる偏愛ダーリン」のあらすじを読んで、ビックリしました。この作品中の睦実と風見を見た限りではそんな風に思えなかったです。

周囲に祝福された関係、受けを甘やかす攻め、天然な社会人受けがお好きな方にお勧めです。

2

甘くて切ない

甘々のBLが好きで、ちるちるの検索から間之あまの先生の小説に至りました。

正直に言いますと、前半の予想以上の甘さ、そして雪穂の言動が個人的にイラッとしたことから途中「これはハズレかもしれない…」と、一度読むのを諦めようとしました。

しかし結果、
ハズレだと思っていた自分を殴りたい!!!!!!

…と、思っています。
次第にどんどんページが捲れていき、気づいたら最後まで読み終えていて…そして、ぼろぼろ泣いていました。
雪穂の想い、抱える過去、そして晴久、友人、秘書、伯母など、周囲の人々の温かさにもう…涙腺がやられました。

繊細で崩れない、素敵なイラストも大好きです!
この本に出会えて良かった…!

2

平和

今回のは雪穂なりの心の葛藤があって甘々でも素直に読めた。
雪穂ほど極端じゃないし、心の傷もないけど大切なものほど遠ざけたくなる気持ちは分かるな。
好きだからこそ怖いよね…

深い愛情をくれて雪穂の速度に合わせてくれる晴久、陰ながら見守ってくれる可愛い伯母、厳しい指摘をくれる友人、あっけらかーんとこれまた厳しい指摘をくれる友人の美人秘書、ただただ甘やかしてくれる幼なじみ。
それぞれの愛の形のバランスがとてもいい。

でもなんといっても晴久の強引さに萌えました。

ただ宗匡と理緒のことにも触れてほしかったな。
まあ、うまくいってるのは想像できるけどあえての…ね。

0

ほんとに溺愛、あまあまダーリン

 人畜無害の爽やか好青年の顔して、案外ぐいぐいおしてくる攻め様の晴久。
天然でふわふわとした受け様の雪穂。
 叔母からのお見合いを断るために偽装恋人を晴久に頼んで、恋人らしくするため二人の同棲が始まって。
 私はついうっかりスピンオフの「いじわる偏愛ダーリン」を先に読んでしまっていたので、風見くんってば、雪穂の為、とか言いながらこの時を待っててけしかけてるのねー、と違うところで深読みしてしまってにやにやしてました。
 
 とにかく世話焼き体質で、ぐいぐい押してくるくせに、引き際はゃんと心得ていて、できた年下攻めの晴久。
雪穂はとことん世間知らずで、「裸エプロンって何?」から始まった一連のやりとりは、こうきたかー、と晴久同様脱力したり苦笑したりで天然かわいさ爆発してて一番好きなとこかも。
過去のトラウマから大事な人を作るのがコワくて、失うくらいなら初めからいらない、と泣きながらも思い出にしてしまおうとする雪穂に、「迎えに来てください、待ってるから」とそれでも微笑んでみせる晴久の優しさ。
ちゃんと迎えに行くことができてホントよかった。

 少女の恥じらいのある叔母さんや続き、恋愛もの好きな迫力満点の竹井女史、クールで手厳しい風見くん、花嫁の父的な睦実くん。
登場人物が魅力的でとても読みやすく、ラストのお花見の風景がこのお話を凝縮していて幸せな気持ちになる一冊です。

 

2

本当に溺愛でした

前作「お兄ちゃんのお嫁入り」がとっても面白かったので、今回のお話を楽しみにしていました。(でも、ちょっとしか関わりがなくて残念でした…)

偽装恋人として一緒に住むことになった雪穂とハルさん。過去のトラウマから人を好きになれない雪穂がハルさんには甘えてるところが可愛かったです。ハルさんは、最初から雪穂を甘やかし放題だし(でもエッチの時にはイジワルになるのが、また良かったです)だんだんバカップルになっていく過程には切ないところもあり、キュンとなりました。

周りのお友達もいい人だし、イラストも合っていたし、溺愛ものが好きなので満足できました。

6

あまーい♡

うん、でろでろに甘いです。
はい、でろでろです。
前作(でいいのか?)の『お兄ちゃんはお嫁入り』で自身の今年のお気にほん入りに入るくらいいい甘さに仕上がっていたので同じように甘さを求めて買い求めてみたところ。。。。
予想以上にとっても甘く仕上がっていてよかったです。
こちらの著者はあとがきにも書いているとおり、あまあまのハピエン傾向の作品を書かれていてハピエン厨の自分も大満足の作品でした。
そして何よりも『お兄ちゃんのお嫁入り』に出ていた人物がちょろっとでも出ていたので、続編が出てほしいと思っている作品の人たちが一瞬でも垣間見れたことが嬉しかったですね。本編には差しさわりない範囲でですが。
甘いものをお求めの方は是非ご一読をお勧めいたします。

2

平和で甘いです

購入きっかけは表紙でした。イラストが可愛いです。
主人公の雪穂くんが多少トラウマ持ちではあるものの、基本的には終始平和で安心して読めました。
もっと主人公にノンセクシャルっぽい攻防があるのかと思いましたが、陥落は早かったです。
二人の関係が進む所で切なさもあり。
間之あまのさんの作品を初めて読みました。
文体に嫌味もなく読みやすかったです。ただ、説明しすぎなところもあって、そこだけ少し残念だと思いました。
(雪穂くんが美形とか可愛いとか、、地の文やセリフで凄い強調されるのがちょっと…十分伝わってるけど!という感じです)

2

あれ?っと思って

前作品「お兄ちゃんのお嫁入り」の方々がちょい出てこられますが
全く問題なく単品で読める今回の作品
スピンオフでもなく、ただ同じマンションに住む人たちレベルのつながりですw

受け様は温室育ち系のお坊ちゃまで浮世離れしてるぐらい
生活能力に欠けている方ですが、仕事もきちんとしていて
イラっとするレベルではありませんw

攻め様は好青年という皮をかぶった強引な狼さんでした

ちょっと抜けている受け様を年下ながらまるでお兄ちゃんの様に
支える攻め様で、バランスのいいカップルだと思いました

受け様がお母さんの死についてのトラウマのせいで
終始ごたつきますが、攻め様の大きな気持ちがカバーしてくれています

それにしても花小蒔朔衣先生が描かれるあのハニカミ笑顔
美味しすぎます!

次は・・・友達のあの毒舌社長が攻め様設定がいいなw

3

テーマは偽装恋人☆

雪穂の切ない過去とかあるんですが、とにかく甘々でした~☆
「お兄ちゃんのお嫁入り」のマンションと八束家の人々がリンクしててちょっとだけ出てきますが全く独立したお話なのでこの作品だけでも問題なく読めます。

テーマは「偽装恋人」

引きこもりの雪穂は見合いを断るため晴久に偽装恋人役をお願いします。
そして本物の恋人っぽさを出すために一緒に同居することに。

雪穂は天然さんでした。そして攻めである晴久の雪穂に対する甘やかし方や、結構笑顔で強引な所とかがちょっと実は黒い?と思いつつ2人の甘々なやりとりが、まるで本物の恋人のようで面白かったです。

雪穂は過去のトラウマのせいで恋が出来ないでいるんですが、晴久の他に、幼馴染の睦実、友人兼雪穂が所属しているプログラミング会社の社長の風見、風見の秘書の竹井さん(女子です)、そして雪穂の伯母である澄絵さん。
それぞれが良いキャラをしていました。誰か一人でも抜けたらこのお話はなりたたないんじゃないかなと思います。
皆友達(雪穂)思いの良い人たちでした。これが友情か~!!
最後に皆でお花見をしている挿絵があるんですが、とっても温続きかい気持ちになりました。こんなバカップルもいいかも(笑)
幼馴染の睦実君のお話も出ないかなと個人的に思いつつ、とってもほかほか温かい気持ちになりました☆

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ