俺がΩだったなら、お前を幸せにできたのに―――

リバース

re:birth

リバース
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神308
  • 萌×267
  • 萌19
  • 中立15
  • しゅみじゃない6

151

レビュー数
43
得点
1880
評価数
415
平均
4.6 / 5
神率
74.2%
著者
麻生ミツ晃 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784796413541

あらすじ

BL界屈指のストーリーテラーが贈る、後悔と欲望入り交じるミステリアスオメガバース

小説家の円と警察官の吐木は、同じ施設で育った”同志”で”番”。
円はフェロモン分泌が異常で番以外の人間も
そのフェロモンを感知してしまう上、
番関係を結んだことで遺伝子変化が起こり、
一般の抑制剤も効かなくなっている――そう、[振る舞っている]。
何も知らない吐木は円を支える為と出世を蹴り続け、
所轄への異動初日に担当することになったのは、Ωを狙ったレイプ事件。
そんな中、円は発情期に入り
強烈なフェロモンを発しながら吐木を求める――まるでΩ[;のように]……。

表題作リバース

吐木 幸村(α),28歳,刑事,円の番
化野 円(Ω?),28歳,小説家

その他の収録作品

  • 家に帰る日(描き下ろし)
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数43

面白かった

読了後は1つの映画を観終わったかのような満足感がありました。
ストーリーや作画もすごく作り込まれていて、あっという間に引き込まれてしまいました。
オメガバースというジャンルの新たな可能性を知りました。

BL作品としてはもちろん、1つの作品としてとても面白かったです。

0

納得です!

ずっと読もうと思っていてやっと読めました。
高評価に納得です。

ピーンと張り詰めた緊張感の中、円の秘密と、事件の真相が明らかになっていく。
そして、その結末とタイトル回収までお見事ですね。

オメガバをこんな風に描くのもすごい。
逆に、もしバースがないなら、みんながβだったら、どんなだろう?と想像する円。
それって即ちリアルな私たちの世界で…それでも多様な生き方があるなと考えさせられました。

ずっと辛そうだった円、報われずとも円を思い続ける吐木。
2人がしあわせになって本っっ当によかった!!

円が小さく言った「お前のΩに生まれたかった」にうるっとしました。

その後の吐木の「俺の運命はお前だ」が、そうだ!それでこそいい攻めだ!とうれしくなったし。
「今度は俺の番(ばん)だ」のツガイではない漢字の使い方もよかったです。

ずっと緊迫した辛い展開だったので、描き下ろしの2人が最高でした。沁みるぅぅぅ。BLはこうでなくっちゃ!いちゃいちゃ最高!

電子特典もまたよかった!
円がかわいいし、そんな円にメロメロな吐木。
もっとこんな2人が見たい〜〜!!とじたばたしましたw

オメガバであっても、それはあくまでも設定なのであって、BLは2人の関係性が命!と改めて思った次第です。

3

マジで、ふつうに面白かったというはなし。

マジ、ふつうに面白かった。
5年に一本くらいしか出会えない面白さ。
ストーリーが雑じゃなくて、すごく丁寧に作られてる。
他のBLのストーリーが雑とかじゃなくて、これは別次元のはなし。他の方だって、もちろん丁寧に作っていらっしゃるけど、麻生先生はまた違う。ストーリーの細部、漫画の細部、作画の細部に至るまでスキがない。

オメガバース作品の中でも、重いと軽いの中間にいて、違和感がない。すんなりとストーリーが入ってくる。
ただ、過去と現在が交錯したり、たまに誰のセリフかわからないときがあったなって思ったけど、これは私の理解力の問題。そんな風に思わせるほどには、緻密に描きこまれていた。
主人公(攻)の職業が刑事だから、事件性もあって、BL抜きにしても断然面白い。主人公二人の過去に触れるシーンも、これがなければ最後の感動を得られない。どこを抜き取っても、口から洩れる感想は「単純に面白い」だ。
複数の事象が複雑に絡み合っているのに、一本の線上にのっかって、ひとつとして無駄なシーンがないし、説明不足と感じる場所もない。まるで、小説を読んだかのような重厚感だった。

描き下ろしで胸が熱くなった。
すべての事件が解決したあとのセックスシーンで胸がキュンってなった。
こういうの、待ち望んでいました!ほんと、キュンってする!

4

素敵な作品

ストーリーにグッときました。
番以上の絆があって最後はほっこりしました。
早く起きないかな
素敵な作品にあえて幸せです!

2

泣ける!超大作!

ここ数年で一番のヒットでした!!

BLアワードのディープ部門1位
ずっと気になっていましたが商業BLのオメガバースであまり面白いと思ったことがなかったのですが、
これは間違いなく神作品でした。

一冊読み終わった後の満足感がハンパなくて
定期的に読み返したくなる作品です。

5

最高、、、

ほんとによかったです!!
オメガバースが好きで、表紙が綺麗だなと思い手に取ったのですが、読み始めた瞬間からすぐにストーリーにぐっと引き込まれて、ページを捲る手が止まりませんでした。最初から最後まで時間を忘れるくらい本当に面白かったです!
先生の作品は初めて拝見させていただいたのですが、表紙の通りの絵で本当に綺麗でした。
どこを切り取っても芸術!簡単に手に取ったので、それを後悔するくらい良い意味で重い話で切ないストーリーではあるのですが、
攻めの愛情も受けの愛情もしっかり感じ取れて、シリアスな部分だけじゃなく、きゅんきゅんできるところもたくさんあるので、甘々とはまではいかないかもですが、ハッピーエンドが好きな方も全然抵抗なく読めると思います!ページ数としてもストーリーとしてもボリュームがしっかりあるので大満足です!!細かな伏線があったり、世界観が最後までブレてない作品でした!めっちゃ泣けます!個人的には最後のアフターストーリーが大好きです´`*
一途な愛最高です、、、この2人が大好き、、、
本格シリアスミステリーとしても申し分なし!
ミステリーや感動ストーリーが読みたい方是非読んで見てください!

6

至高のクライムサスペンス × オメガバース!

アワード2021 DEEP作品ランキングで堂々1位‼︎ おめでとうございます。
何で早く読んでおかなかったな、と反省。絵が、あまり好みでは無かったからです、すみません。ついでに言うと表紙もあまり、惹かれなかったからです。ただ、発行されてからずっとランキング上位に鎮座してらっしゃるので、いつか読まなければ!という使命感には駆られてはおりまして。結論、読めて良かった。とても素晴らしい。
BLで。オメガバースで。ここまで本格的なクライムサスペンスがかつてあっただろうか。
いや、私が知らないだけだったんだけど。本当にこの世界のジャンルの幅広さと可能性には驚かされました。
至高のクライムサスペンスでありながら、根底に流れる愛情の物語、というのも泣けます。
α である吐木の為に。番の Ω 性を偽る円。オメガバース世界の生き辛さの中で、円が10代で決断した愛の大きさ、重さ、自責の念といったものを織り交ぜて。彼の苦しい胸の内を想うと、心が震えます。

吐木もまた、円を愛している。それは両親を亡くして施設で共に育った、共に支え合い生きて来た、特別な絆。
吐木は刑事で、事件を追っている。仕事で忙しいけれど、体調が不安定な円を気にして、警視庁の捜一では無く、所轄に異動願いを出していた。
オメガバースの世界、底辺に位置すると定められた Ω性へのあけすけな揶揄、下品な当て擦り。そんなものには慣れている、と言って明るくかわす吐木の男らしさ。
温かな態度。
一方で、吐木の追っている事件は血生臭く、Ω性ばかりが被害者である連続殺人事件だ。
この事件は何処へ向かうのか。円が性を偽る理由とは。いくつもの謎が錯綜して、ドキハラが止まりません‼︎

そんな中で、偽り続けた真摯で優しい嘘と秘密。心の柔いところを守ろうとする勇気、激しい自己犠牲。そして愛。剥き出しの愛情、そのもの。何処を取っても最高です。
事件の概要と真相は本編を読んで頂くとして。
表層的にはツン過多の円の、Ω性への擬態工作が、健気で痛々しくて。これはちょっと見ていられませんでした。

「自分が自分でしかないことに絶望もしたけど、最近は悪くないと思うよ。」
最後に笑顔で言えた円が眩しくて。
これはこの物語世界の円の言葉だけど。この言葉だけを切り取れば。それは充分に私たちの生きるこの世界にも容易に当てはめられる言葉。
自分は自分でしかなくて、その事に青臭く絶望した夜は。誰しもが経験した事があるだろうけども。それならそれで、自分らしく生きて行くことも。また、自分にしか出来ないことなのだ。

恋人たちに幾重にも重ねたメッセージが温かくて、優しくて。
涙を流した後は明るい世界。描き下ろしにホッとして。この物語を読めた事に感謝。
アワードの部門 1 位も納得です。

13

一冊でシリーズものを読んだような満腹感

オメガバースということで内容はそこまで重くないかなと思って読んだが、ものすごくずっしりしていて満腹感で満たされました。
まず、表紙の時点で察しの良い方はシリアス系では?と気づくだろう。ある事件から内容が広がっていくですが、受けがΩだと偽るのがまた切なくて切なくて、見るたび毎回号泣してます。
後半では、攻めのために偽ってきた嘘が受けを苦しめて、どうしようも無いという展開になるのですが健気で仕方ないし、運命を見つけて欲しいと願うとこも、ハンカチ無しでは読めなかったです。
最終的にはハピエンなのですが、そこまでの過程がしっかりしているのでぜひ、ストーリー重視の方には読んで欲しい1冊です。

7

大切な人のために何が出来るか

初読でレビューが書けなくて、時間を置いて読み直してもやっぱり書けなくて、また時間を置いて読み返して、今度こそうまくかけなくても形に残そうと思って、このページを開いています。

でもやっぱり言葉にならないんだなあ。

孤児院で育った円と幸村。
最初から何も持っていなかった捨て子の円と、両親に守られてたった1人生き延びた幸村。
孤児院へ来た事情は違っても、円には幸村が、幸村には円がいる。
それだけで良かった日々が終わりを告げたあの日から円は…。

つらくて苦しい話です。
オメガバース特有のつらさとはまた違う「大事な人に自分を偽り続ける」つらさ。
なるべくネタバレせずに感じたことを残したいけれど、複雑な話だけに難しい。

ある不幸な出来事から、幸村のために円は一世一代の大きな嘘をつきます。
目的はただ、幸村に立ち直ってほしいということだけ。
そのために知識を得て、自分の体を自分で変えて、演技をして、自分の気持ちに蓋をして、すべて幸村のためだけを思って動くのです。
その想いの深さと言ったら、筆舌に尽くし難いとはまさにこのことではないでしょうか。
想いも願いもたったひとつ。
でもそれだけは絶対に言えない。
幸村のプロポーズもどんなに嬉しかっただろうと思うのに、何度も拒絶しなければいけない心情を思うと、こちらまで苦しくて仕方がありませんでした。

支え合って育って、かけがえのない存在なのに、片方は自分の思うようには生きられず、もう一方はただただ信じて待ち続けている。
相手が信じて想いを伝えてくれるたびに苦しさが増す。
こんなつらい恋があるものかと思いました。
襲われて幸村に助けられたときの円の心の叫びが、痛くてたまりません。
大切なのに、一緒にいたいのに、突き放さないといけないなんて、バース性というものは本当に非情。

今ふとちょっと前に流行ったメンバーの誰にも髭が生えてない某バンドの曲を思い出したのですが、あの曲のサビの歌詞のようですね。曲調が合いませんが。
ラストはつらいけど否めない運命を超えて気持ちが通じ合って、感動で泣きました。
読んでいる間、ずっと円の苦しさで胸を締め付けられていたので、あの瞬間はわたしまで胸のつかえが取れた気分を味わえました。

読むのはかなりしんどい作品です。
だけど確実に大きな感動が得られます。
陳腐なことしか言えないけれど、ぜひともおすすめしたい1冊です。

10

麻生さんは大好きな作家様

麻生さんの新作!!読みたい!!!!
でもオメガバース、、
ちるちるの評価どんどん神が付いていく!!
読みたい!!!
でもオメガバース、、

発売当初そんなこんなで結局読むに至らず。
しばらくしてやっぱり読んでみたい!
と購入するも、結局最近まで手が伸びなかった。

読んだ感想は一言でいうとやっぱり麻生さんは凄い上手ってこと。
グイグイ引き込まれてページをめくる手が止まらない。
何度か涙が溢れそうにもなった。
客観的に見て神作品で間違いない!

でもやはり私はオメガバースに慣れていない。
どうしても円の自己犠牲がつらくて、1つ拗らせたらこんなにまでしないといけないこの作品の世界観を拒絶する自分がいて。
こんなにも緻密に、練りに練られたストーリー、細部までこだわった演出を、オメガバース設定抜きで読みたかった、と思う私はやはりオメガバースに手を出すべきではないのでしょう。本当すみません作者様。

評価数が少ないときは客観的に見ての神付けたと思うけど、今回は自分の中に残った感覚をそのまま。

5

完成された物語

オメガバースを苦手とする人や違和感を感じている人にこそ読んでもらいたい一冊です。
正直私もオメガバースがそこまで好きじゃなく、作品に対してオメガバースである意味を疑ってしまうことが多いのですが、こちらの作品はα・β・Ωが存在する世界を描ききっていると思います。
人を愛すること、その本質を突く本当に素晴らしい作品です。
αであるが故の葛藤、Ωであることの恐怖、β故の憧れ。
ここまでオメガバースの真髄に迫った作品は初めて読みました。読み終えてもいろいろ考えてしまいます。人を愛する気持ちっていつどこから生じるんでしょうね。
是非読んでみてください。オメガバースに対する考えが変わるかもしれない、そんな一冊です。

5

読み応え抜群のサスペンスオメガバース!

長編映画を見たような感動と余韻があって
今まで読んだどのオメガバースよりもよかった…!

最近オメガバースもの食傷気味でしたが、
このオメガバースは設定を120パーセント生かし切っていて、
これならオメガバースである意味がある作品と思える。

キャラクターの心情描写もすごくて円の抱える罪悪感が切ないし
真実がわかってから円を受け止める吐木の愛もすごかった。

サスペンス要素が物語に深みを与えていて
何度も読み返したくなる作品です。

6

reverseじゃなく、Re:birth

もう一本の映画を観終えたかのような感覚です。
オメガバース設定、あまり好きじゃないのですがとても高評価のこちらにチャレンジしてみることにしました。
この作家さんの作品も初めてで、どのようなお話なのか、レビューを読み込まず読み始めました。

施設で一緒に育ってきた吐木と円。
吐木はαで円も自分はΩだったらと思っていたのに…というお話で、ただ円が吐木の番になりたいがためにΩを装うお話かと思ったら大間違い。
そこには複雑な事情と吐木への想いがあるんですね。
Ωを装うための努力がいじましい…。
吐木のためにΩになったのに、それが間違いだったと苦悩するのも切ないです。

吐木は刑事であり、Ωが関係している事件を捜査します。
ミステリの要素も強く、二重に楽しめます。
まさかの展開に驚きます。
ネタバレ読まない方がいいですね。

エロなシーンは、発情期を装ってるときのじゃなくて、書き下ろしのβの円でするセックスが一番良かった…泣


8

ミステリーとオメガバの融合

麻生先生、ストーリー性ある作品描かれる作家さんなんで、オメガバース描かれたときは正直ビックリだったんですが、ストーリーものお上手な作家さんが描くとオメガバがこなるのか!というくらい、完成度高くて面白かったです。
ミステリーの要素があるので内容にはあまり触れられませんが、円の隠してること、円がそれを隠してる理由、そして殺人事件、この3つがうまく絡み合って、最後までドキドキしながら読みました。
ほんとミステリー小説読んでる気分でしたね。
真実がわかってからのエロもしっとりしてて良かったです。
「世界がみんなβなら」円の書く本のタイトル…私達の生きてる現実の世界はこれに近くて、そこに憧れを抱く、というのがオメガバースの世界観をうまく表しているな、と感じました。

6

バース性を越えた運命の2人

初めて読んだ麻生ミツ晃先生の作品です。

所轄署の刑事 吐木 幸村(α)と小説家 化野 円(?)のお話。

児童施設で育った幸村と円は、あることがきっかけで「番」になりました。
しかし、円はフェロモン分泌が異常で番以外の人間も発情させてしまいます。
そして、市販の薬は効かない…。
ずっと円が好きだった幸村に比べ、「番」になってもそっけない態度の円。
円の体質を考えて所轄に異動した幸村ですが、初日にΩの変死体事件を担当することになります。

ちるちるの評価が高いのに、なかなか読めなかったのは絶対に泣いてしまうと感じていたからです。
意を決して読んでみました……号泣しましたよ。
電子購入なので紙書籍のボリュームがわからないのですが、よく1冊にまとめられたなと感心しました。
これだけのエピソードと心理描写を無駄なく描けるのは麻生ミツ晃先生だからこそ!…なのだと思います。
他の方もレビューに書かれていますが、ネタバレなしで読まれることをおすすめします。
ミステリー要素とオメガバースの特性を絡めた大変読み応えがある作品になっていて、小説でも読んでみたいと思いました。

誰よりも大切だから
誰よりも守りたいから
本当のことは言えない

円が抱える「秘密」は、想像もつかないほど悲しく苦しいものだったでしょう。
一生守り抜くつもりだった「秘密」が明らかになったとき、それも円の“誕生日”のひとつになったに違いありません。

最後は、円が幸村の腰に手を回している後ろ姿にグッときました…。
あぁ、円の足枷が外れ一途な想いがが報われて良かった(号泣)
個人的には、連続Ωレイプ犯の動機やバッグボーンをもっと深く読みたかったです。

描き下ろし『家に帰る日』
入院していた円が退院してお家に帰る日のお話。
最後でまた号泣します…。

最初から2人にはバースなんて関係ないと思わせられる繊細で美しいストーリーです。
麻生ミツ晃先生の絵柄もマッチしていて世界観に惹き込まれした。
読後は、あまりの完成度の高さに思わず唸ってしまった程です。
何度でも読み返したい素晴らしい作品なので、未読の方にはぜひ読んで欲しいです。

6

自分で選べないことの残酷さを改めて痛感させられる

 純粋にストーリー構成だけ抽出して評価するなら、神と萌2の間くらいです。麻生先生の緻密に練られた展開には、今回も惹き付けられるものがありました。αがやっかまれ、Ωが蔑まれる設定は典型的なオメガバース。けれど、己の無力さを感じるα、αになりたいと望むβ、そして、Ωでなかったことを無念に思うβと、メインの登場人物達はそれぞれ特殊な気持ちを抱えていて、そこがこの作品の面白いところになっています。主人公・円の吐木に対して献身的過ぎる覚悟は、とても常人には持てないもので、普段は素っ気ない態度の彼が、内心どれほど吐木を大切に想っているかがよく伝わりました。

 ただ、吐木が事件に巻き込まれてから円が自分のバース性を偽ると決めたところまでが、あまりにも怒涛の展開で、2人が恋愛的な意味で相手への愛おしさを育む期間があまりなかったところが少し引っかかりました。兄弟のような関係から、恋人としての好意を持つようになるまでは、私はやはりどうしても時間がかかるんじゃないかと思ってしまうんですよね。吐木はともかく、円は自分はお兄ちゃんみたいな存在だと感じていたように見えたので。

 もちろん、吐木の記憶を守るためには悠長にそんなことをしている時間もなく、オメガバースの世界観の中では体の関係が先行するケースが多々あることもよく分かっています。ストーリー的に不自然に感じたわけでもないですし、これはあくまで私の個人的な萌えセンサーの問題です。あとは、鷺沼の動機というのも、できればもう少し詳しく掘り下げて欲しかったかな。彼にとっては何が救いとなりうるのか、気になりました。全体的には良質な物語で、非常に満足しています。

3

俺は帯を一生許せないだろう

自分の中でオメガバース作品の中で一番の大作になりました

最初試し読みがまるまる1話で大容量だったので読んでみたら面白くてついつい購入ボタンを押してしまいました。

評価高けりゃ値段もほかより高いし、立ち読みからの自分の期待度が高いしで、これ外れだったらショックで立ち直れねえぜとか思っていたんですがこれはいい意味で期待を裏切られました。話も素敵だし大容量だしで大大大満足です!!

絵も描写もきれいで、キャラとかセリフも違和感なくサラサラ読めます。

エロいし泣けるしなんじゃこれ!!尊いの集合体かってかんじです。



オメガバースの世界だったらなぁと思うことが漫画を読んでるとあるんですが、今このβだけの世界も誰かが望む世界なのかぁ…しみじみ感じました



ネタバレしないようあんま変なこと言えないんですけど本当に読んで良かったです買って良かったです

でも最後に一つだけ。
私はこの帯を一生許せない。試し読みしてそこでファ?|д゚)ってなるとこなのにナニシテクレトンジャコノオビ!!これがちがったらもっと売れるのかなと思ったり思わなかったり

4

新しい視点

お互いが一番。好きな人のために何ができるか、どこまでできるか、深い深い愛ゆえに拗らせてるのが!どうしようもならないことに立ち向かう姿が優しくて痛くてはがゆい…

円は肝心なことは言葉にできないのに、ポロッとハートを刺すこと言っちゃうの可愛い。そういうとこ吐木も堪らないだろうな。一生懸命、開発してるのも可愛くて…気持ちが通じあってからのも可愛くて。1読めは話に惹き込まれ辿ってくのに夢中、2読めは二人の強い絆を随所に感じて胸きゅんに夢中。

先生があとがきで仰ってた
”初めから持っていない(と思わされている)人”
”持たされている人”
という切り口が現実味とオメガバならではの切なさを深くしていて、オメガバ部分もサスペンス要素も読み応えたっぷりな良質な濃ゆい物語でした。

2

長編の連載にしてほしかった

「reverse」とは、(…の)逆にする,ひっくり返す、の意味。

βが主人公の純愛推理作品。
αになりたい、β。
Ωになりたい、β。

人口の割合が多いβの希少種への憧れと負い目。
大事な人を守るための嘘=2つの誕生日。

紹介文に
「刑事の吐木と小説家の円は番の関係。しかし、ある理由から円は吐木からのプロポーズを断りつづけていて――。」
・・とあって、作品の最後にこの台詞が円からでて、よかった。
「Ωになりたかったβも知ってる
でも 自分がじぶんでしかないことに絶望もしたけど
最近は悪くないと思うよ」
ハッピーエンドです。

円の事情は、仔細が描かれていいますが、
犯人がどうして心を歪めたのか、もうちょっと詳しく書かれていたら、怖さがましたかも。
円が白髪である訳も知りたい。
もっと知りたい**が残る・・無駄を削ぎ落してまとめた感、否めない。
もっと頁を増やして、犯人の動機と背景について詳しく機微を描写してほしかった。
それと、オメガバースの条件設定が作者によって夫々アレンジがあり異なるので、読んで混乱することが有るのですが、この作品の場合は基本通りで、βの♂には発情が無い=出産能力が備わっていない、としています。
BLジャンルの作品は、短期連載や短編が多くて、長期連載作品が少ないのは何故でしょう?予算の兼ね合いなのかな。

リバースの意味は、嘘を翻す。
嘘の動機と訳は、大事な人を悲しませたくなかったから。
バースに捕らわれない人と人の心の繋がり、家族の在り方の理想がテーマの純愛物語だったように思います。
神評価。

1

大切だから貫いた嘘。円凄い!

多分、悲しい結末にはならないのだろうと思いつつも、
読んでいる最中は胸がきりきりと締め付けられる。

円の決意と幸村の一途さ。
どちらもが強すぎて、すれ違ってしまう。

両片思いと言ってしまうには複雑過ぎる関係に、
円の重過ぎる嘘とジレンマ。

幸村にしてみれば、全て関係ないことなのに、
それでも円は彼をこれ以上傷つけたくなかったのでしょうね。

気になったのは、事件の犯人のその後。

胸の深くにズキズキ差し込む作品。
それでも『リバース』。
評価はこうするしかないでしょうの「神」で。


6

美しい世界観

最初から最後まで美しい。
まるで一本の映画を観ているよう。

ストーリーもエロも感情描写も上質で、事件の流れも素晴らしい。
時間を忘れるほど引き込まれました。

オメガバースが好きな人も苦手な人にもオススメです!

3

ミステリ×オメガバース

オメガバースものというジャンルで至高の作品であることは確かですし、商業BL作品としても同じことが言えるかと思います。作り込んであるなぁ。
麻生先生がキャリアハイを重ねてるところ、尊敬の域。

◾︎吐木幸村(はばきゆきむら)×化野円(あだしのえん)
早々に、
>そこには、大人が「時期が来たらね」と隠している様々な秘密が既に書かれている気がした。
ってモノローグでもう好きでした。オメガバースもBLも関係ない要素でグッと来てます。普通に一般小説に書かれていても好きな文章で、化野の設定的にも良いし、麻生先生もすごい。

オメガバース世界から、βだけの世界(つまりは今この現実)を思う演出も、差し込み方がうまい。漫画がうまい。

別に吐木も円も男でも女でも構わない作りをしていますね。でもバース性は"それ"じゃないといけないから、オメガバースって面白いよな。もはやBLである必要もないんだよな。
ところで、帯は結構ストレートなネタバレですよね。

4

完成度高すぎ!

いやーすごいの見ちゃいました。
大体こういうミステリー物だとストーリーに力入れてて、BL要素薄かったり急展開で進んだりして物足りない場合が多い(偏見)と思いますが、こちらの作品は違います。

なんか全部良かった。オメガバースの設定をまったく別方向で活かして、それが綺麗にまとまってる感じ。
ミステリーとしても、絶対犯人こいつだろ!!とどや顔で確信した予想が見事に外れて自分で笑いました。
とても読み応えがあり楽しめる、文句なしの作品です!

11

様々なオメガバース作品読みましたが

評価が高過ぎて読むのを躊躇っていたのですが、結果は最高に面白かったです。

映画を観ているようでした。オメガバースであるけれどサスペンスでもあり、分厚い一冊をあっという間に読み終えました。

円の悲壮なまでの吐木への想いと後悔に、大丈夫だよ円って言ってあげたくなりました。

ひとつの嘘が次の嘘を呼び寄せて円を絡めとって、身動き出来なくなって行く閉塞感は麻生先生の実力があってこそだと思いました。

円のバースが何であっても、円である限り吐木の愛情は変わらないと思うのですが、それが円にだけは伝わらないのが焦ったく感じました。

連続Ωレイプ事件の犯人は思わぬ人物でした。吐木を助ける為に円が負った火傷は痛々しかったですが、2人がスッキリした表情だったので本来の形に戻れたんだと安心しました。読み終わった後にタイトルを見るととても感慨深いです。

オメガバースが登場してから数年経ちますが、バースに縛られないカップルの作品も沢山登場しましたが、その中でも今作は特別な作品だと思いました。

コミコミスタジオさんの特典リーフレットは、ニュースで運命の番のニュースを読んだ吐木が円が気にしないように、Ωの数に対してアルファの数が多いからアルファがあぶれるって話しをして仕事に向かってました。
円は吐木も'出会ってしまったら'と想像はしてしまうようです。でも形に見える事によって守られている心地になると、じっと結婚指輪を見つめる円で終わってました。

13

核心を突かれる作品

読んで良かったです
レビューからも評価の高さは感じていて、麻生先生大好きで楽しみに読みました

期待は裏切られることなく、さらに上をいく満足を得られました

オメガバーズの設定ですが、その世界観はこの世界と大きな違いはなく、ただバース性があることだけが追加されただけの世界

今を生きる人の悩みと、さして違わない悩みを抱え生きる人々

ココロの柔らかな部分をチクチクと刺されるような心地良いような少し痛いようなギリギリの読み心地

今作も本当に素敵なキャラクター達と繊細な心情描写に儚げな絵柄がとても良かったです

12

何度でも読みたくなる

あまりの高評価に興味が湧き購入。
結果、好評価の多さに納得の凄い作品だった。
個人的に、今年度オメガバース作品の中で1番の作品かもしれない。

今までに読んだどのオメガバースとも異なる、唯一無二の練り上げられた設定と骨太で重厚なストーリー。
そして、この分厚い1冊を一気に読ませてしまう麻生先生の筆力の高さ。
着眼点は勿論、登場人物達の心理描写、根底にある深いテーマの描き方がとにかく丁寧で素晴らしい。
麻生先生のどこか儚げな雰囲気のある絵柄と、シリアスな設定も相まって、物語全体に流れる空気は物静かかつ陰鬱さのようなものさえ流れている。
現在と過去の描写も交え、大小様々な展開がある中、メイン2人の両視点で静かに淡々と進んでいく。
けれど、ページを捲る手を止めさせない何かとても熱いものがある。
赤い炎よりも青い炎の方が熱いとはよく言ったもので、この作品を例えるなら後者のじわじわと静かに燃える青い炎のよう。
この1冊の中に、人間の脆さ・性別・愛情・喪失・愛憎・執着・救い、etc…全てが詰まっている。
ここまでしっかりと描き切り、読ませる力が本当に凄い。
モノローグの少なさも想像力が掻き立てられとても良かった。
1度目はストーリーに心動かされ、2度、3度と何度も読み返す度に細かな描写にハッとする。
本当に素晴らしい作品だった。
ぜひ、ネタバレは無しで読んで欲しい1冊。

23

放心状態

読後はとにかく、すごいものを読んでしまった、という感覚で放心しました。


物語を読み進めたあと、円の”お前のΩになりたかった”という言葉は、痛烈に刺さります。
ずっと頑張っていた円に、今度は吐木からも与えられるものがあるんだと考えると、良かったねえという安堵の気持ちが湧きました。
Ωになりたかった円が、βでもよかったと思えるようになったことに感動を覚えます。

あと行為中のΩを装っていたときの喘ぎ声と、ありのままの円の喘ぎ声。
この対比が良いなあと思いました。きっと円もその違いを、噛みしめているんじゃないかと考えてしまいました。

20

神でしかない

これほど静かで激しいオメガバースものは初めてです。
唯一無二。
麻生先生の作品は本当にハズレなし。
アルファとベータ、オメガバースものでは良くあるカップリングです。
でも登場人物のバックボーン、思いからの行動がここまで感情を揺さぶるとは…!
かっこいい、とかきれい、とか陳腐な言葉を超越しています。
殺人事件が絡んでることから、ミステリー要素もあるのですが、犯人がわかったあとにまた読み直すと、また違った感覚でみれます。
要は何度でも読める。読めば読むほど読めます。
コメント書いてたらまた読みたくなってきました…読みます。

15

ジャンルの成熟を見た

レビュータイトル通り、オメガバースジャンルの成熟度というものを感じた。
世界観として「オメガバース」があり、従来の作品群のようにαが上級階級、βが大多数の一般大衆、Ωは差別され性的に低い地位…そんな空気感。
しかし、この作品はまた一つ全く新しい設定を生み出したと言える。
ラットを起こし、Ω(円)を襲ってしまった、と思い込んでいるαの心を救いたい…
その切望から自らΩを擬態するβ。
視点はそんな秘めた健気さを抱く円なので、ひたすらに痛々しく幸薄い。
また、2人の哀しい生い立ちからくるお互いへの想いと執着のようなもの、そこに連続Ωレイプ死亡事件の捜査が絡んで、不穏さとミステリーが加味されている。
物語は事件の真相と共に、円が一生をかけるつもりだった秘密も暴かれ、大きなクライマックスへ。
そこにはもはやバース性の縛りなどなく、全てから解放されただ愛だけが存在している…

ただ、犯人の狂気をもっと掘り下げて欲しかったかもしれない。捜査中に何も匂わせてないし、円を殺したいのか自分が死にたいのか吐木に成り代わりたいのかがわかりづらかったかも。私の読解力の問題でもありますが。

15

とにかくすごかった

麻生先生もオメガバースかぁ…と作家買いの先生でありながらオメガバースものって得意じゃないので泣く泣く見送る予定だったんだけど。

仲良い腐友さんが「オメガバース未だに苦手なんだけど、これはちょっとそういうカテゴリーでは語れないものがありました。」とおっしゃるので読んでみたら……。


なんかすごいね。
すごかった。
とにかくすごかった。

麻生先生がオメガバースを料理すると、こうなるのか!!!!という衝撃が我が身を貫いたというか。

語彙力あれなんで、うまいこと何も言えないけどすごかった。
ほんとすごかった。

どうなるのか息を詰めながら読んでいたので、読み終わったあと妙に疲れて酸欠ぎみになりました。

麻生先生のどこか薄幸さが漂う絵と不穏さが漂う内容が見事マッチしてました。
まったくエロを売りにしていないのに妙にエロい濡れ場を描く作家さんだと思うのだけど、今作は「発情」する受けがメインに描かれてることもありエロもばっちり。

「世界がみんなβなら」というお題にも震えたし、病院のベッドで「今度は俺の番だ」と「番」を「つがい」じゃなくて「ばん」と読ませるところにも震えました。

すごかった。
ほんとすごかった。
(以下、リピート)

14

オメガバースへのアンチテーゼ



腐女子の好きな要素がふんだんにあしらわれた「オメガバース」という設定。運命の番、子育て、発情期…。設定だけで多くのロマンが詰まっていて、今や1つのジャンルとして多くの腐女子に広く愛されるようになってきていますね。ある程度設定が固定されているからこそ、安心して読める。手に取りやすい。裏切られることが少ないジャンルだと個人的には感じています。

その手軽さが私はお菓子の手作りキットに似ているな、なんて思っていました。料理人によって多少の味の違いはあれど、完成系はある程度決まっているような感じ。美味しいけれどどれも似てる。ハッと驚くような意外性はあまり無い。

でも、本作でその考えを見事に覆されました。オメガバースの世界観を麻生先生がじっくりと咀嚼し、ストーリーを練っていったのが物語の端々からすごく伝わってきます。

オメガバースの美味しい部分だけを掻い摘まむのでは無く、普段スポットの当たらないその世界ならでは苦悩や葛藤、暗い部分にも果敢に切り込んでいき、それが物語全体に深みと奥行きを持たせています。オメガバースが苦手な人や、運命の番設定に疑問を感じる人にこそ読んでもらいたい作品です。





主人公二人の、相手を思うが故に雁字搦めになってしまう関係が辛く切なく愛おしいです。受けの円がずっと抱えてきた、孤独な優しい嘘を知った時、そのあまりの一途さと健気さに、読者は彼を愛さずには居られなくなります。健気受けが好きな腐女子の方はぜひ!

語りたいことは沢山あるけれど、ネタバレは一切無しで読んで欲しい作品。ミステリ要素もあり、各話の引きが凄くて「次は?次はどうなってしまうの?」とページを捲る手が止まりません。厚いですがあっという間に読んじゃいます。

極上のオメガバース。麻生先生にしか描けない作品です。今年始まったばかりですが今年の自分のマイアワードはこの作品と決めています。自信を持って勧めたいです!ぜひ読んでください!



26

偽りのない円を抱いた場面は熱い。2020年のTOP3に入る感動オメ作品

オメガバース作品は多く世に出ていますが、こんなにも好きになる作品は実は初めてです。このような作品に出会えるなんて思っていませんでした。

2人の過去が悲しいもので…円がずっと抱えてきた彼のための秘密。スリルとサスペンス…怪奇事件。そして2人に愛あるからこその行為にとても魅力を感じました。凄く濃厚な作品です。2020年、私の中でTOP3…その中でも1.2を争う作品です。麻生ミツ晃先生の美しい絵も魅力でコミックスも分厚く大ボリュームですので、集中して音の無い場所で読んで頂きたい。何もかもが最後にスッキリします。全てが完璧。声を大にしてオススメの熱い作品です!!!!!

8

ストーリーテラーのオメガバース。

今まで沢山のオメガバースものを読んできましたが、私の中で間違いなく一番面白かった神作品。
どの作品もシリアスで心理描写が深くストーリーも逸脱な先生がオメガバースを書くと、こんなに凄い展開になるんですね。

オメガバースの設定が使われてはいるけれど、描かれているのはバース性特有の話ではなく、2人の人間の優しい嘘と後悔と愛のはなし。
なのでオメガバースが苦手な人でも大丈夫だと思います。

相手の為に嘘をつき続けないといけない主人公円の心理描写が苦しくてせつなくて。
終盤、全ての真実が明らかになった時凄くほっとしました。
吐木のオメガではなかったけど、最初から2人は運命の番だったよ。

極上の愛の話にオメガバース、刑事物としてのスリリングも詰め込んだ読み応えたっぷりの作品でした。

21

完成度の高いミステリアスオメガバース

麻生先生の描くミステリアスオメガバースとくれば読むしかない。
しっとりと大人の雰囲気を纏ったオメガバースに、ミステリアスでサスペンスフルな展開が絡み…これは読まされました!

同じ施設で育った刑事の幸村と小説家の円。
αとΩ(?)の番の2人ですが、円は番になったにもかかわらず、番以外の人間にもフェロモンを感知させ、さらには抑制剤も効かない体で!?
一方幸村は、全身をラップで巻かれ拘束されるという、不可解な連続Ωレイプ事件を追う─。

幸村と円の奇妙な関係は?
レイプ事件の犯人とその動機は?

定期的にヒートを起こし、後ろを濡らし、強いフェロモンを放って幸村に抱かれる円。
でも何かがおかしい。
彼のバース性の謎にも惹かれます。
そしてその答えには、思いもよらぬ優しい嘘と深い愛が。すごいよ…せつないよ…円…(あー泣ける)

とにかく麻生先生のうまさが光っていました。
例えば施設で育った2人のエピソード。
ほんの数ページなのに、2人の生い立ちが、関係が、すべて浮かび上がってきて、しかも胸が苦しくなるほどに揺さぶってくる。そんな描写の連続です。
でもあくまで低温。じっくりと読ませる。

BLとしても、オメガバースとしても、ミステリーとしても面白く、完成度の高い作品でした。

ここのところ続けざまに好きな作家様の素晴らしいオメガバースに出会えて、食わず嫌いを克服したかも知れない。
エロのイメージが強い素材だったんだけど、いやはや、料理しがいのある素材なんだなぁと、認識を新たにしました。

30

買って損なし

元々オメガバースは好きでよく読んでいたけど、最近はどれもネタ切れ感があって、そろそろいいかなーなんて思っていたけど、この作品は全然違う。
衝撃。
普通のBL、普通のオメガバースとは一線を画す重厚で深みのある作品。

受けの雰囲気が、どうにも幸せから縁遠そうなのも好みだし、攻めが受けしか目に入ってない溺愛ぶりもめちゃくちゃ好みだったし、
局部を露骨に描いてないけど妙にエロく見えるHシーンも好みだった。

本来好きな人に愛されたら、抱かれたら嬉しいはずなのに、
こんなに切なくなるかという…
受けの幸せを心から願った。
だからラストシーンとかきおろしは、
心から祝福したい気分になった。

19

BL界の至宝。

ストーリーテラーとして定評のある先生。
わたしも発売を楽しみにしていましたし、言うまでもなく期待値は高いわけですが、そんなものなんか遥かに上回る応えが返ってきたなと感じています。

特に、受け・円の心情描写がとても丁寧です。
複雑さがリアルで、本当にひとりの人間の心の中を覗いているような感覚でした。
多くを語らない彼だから、心の中で綴られるモノローグがより一層切ない。
切実な円の本音に、ぐらぐらと心を揺さぶられます。

攻め・吐木の人物像も深い。
‪α‬であり、学生時代から体格も成績も優秀、羨望のまなざしで見られてきた‪吐木。
でも、彼にも本当は傷がある。
" 見えない欠落 " が明らかになった時、ゾクッとしてしまいました。
人の全てを計り知ることなど、そう簡単にできるものじゃないんだな、と。

終盤、散りばめられた伏線が綺麗に回収されていく展開も圧巻です。
再読に耐えるミステリー、というより一度では味わいきれない濃さ。

ふたりが学生だった頃。
下校中、こんな何気ないシーンがあります。
「いい匂いがする...」
「沈丁花だな。この辺り群生してるし」
円は香水を作るとき、この日のこの会話を思い出したかな?
正解は分からないけど、想像を掻き立ててくれる仕掛けが楽しい。

このコミックはなんかもう5段階評価とかしたくない。
他のコミックと比べたりもしたくない。
別次元の一冊だと思います。

ちなみに電子限定の描き下ろしは、本編とはガラリと変わってほわわーんとした二人のやりとりが見れますよ。

17

読後にタイトルの奥深い意味を知った

「麻生ミツ晃先生のオメガバース作品となっ⁉」とワクワクドキドキで読み始め⋯コミックス本体にも厚みがありましたが、その厚みに見合う、「厚みのあるストーリー」でした。そして、読み始めたらどんどん引き込まれて一気読み。読み手を飽きさせない。麻生ミツ晃先生の作品は作画もそうだけど、登場キャラクターの背景や内面の機微の繊細な描写に毎度惚れぼれとさせられるのですが、本作も、それはそれは素晴らしく発揮されておりました。ネタバレ無しで読んだ方が楽しめる作品だと個人的には思います。

14

読み応えあり!

作家さん買いです。
オメガバースをこんな視点で描いた作品は初めてだったので斬新でした。
一途に円を思う吐木、吐木を愛しながらも己の選択に苦悩する円、それに事件も絡めてと、内容の濃い作品になっています。
麻生先生の作品は、キャラクターが闇を抱えてたり、心理的に痛みを伴うものなどが多いのですが、読後に嫌な気持ちになることはないし、キャラクターの心情を丁寧に描くので深みのある作品が多いです。
明るく軽いノリの作品が好きな人には向かないかもしれませんが、ストーリーがしっかりして読み応えのある作品を望む人にはオススメです。
人を愛することの切なさや苦しさ、欲望に囚われることの悲しさ、そして愛し合うことの素晴らしさも感じさせてくれる満足できる作品です。

12

驚愕神作品!

毎作思いますが、もう凄い!の一言です。神作品です!極上です!読まないと罪です!!

9

オメガバースが苦手な方にも読んで欲しい。

もしオメガバースで躊躇している方がいたら
まずは読んでみよ!と背中を押したいです。

もちろんオメガバース設定で描かれてるんですが
彼らの葛藤・後悔・ミステリー性など繊細でリアル。
特殊な世界の話だけなく普通にありそうな感覚でした。

そこにオメガバースを絡めて
さすが麻生作品!!としか言えない緻密さに圧倒&号泣。

ほんとね、避けたら勿体ないの。

みんな誰かの運命になりたくて生きてる。
みんな誰かの幸せを願って生きてる。
大なり小なり隠し事をもって生きてる。
大なり小なり期待とプレッシャーを背負ってる。

生きるってシンドイ。けど幸せもある。

「リバース=Re:birth」のタイトルも秀逸ですね。
過去を振り返りながらも新たに生まれ変わるような展開。
過去を後悔ばかりしていた受けが上を向いたとき、
涙腺の崩壊がマジヤバかったです。(oh…語彙力;)

※オメガバース苦手な方にオススめしておきながらアレなんですが
階級制度でΩが底辺の扱いをされるのが苦手なら…ちょっとだけ覚悟を;
子供うんぬんが苦手ならそこに主軸は置いていないので大丈夫かと。
ストーリーが素晴らしいのできっと苦手意識を凌駕してくれると思います。
(万が一合わなくても責任は取れないけどそれぐらいオススメしたいの伝われ…!)

オメガバ嫌いじゃないけど最近は食傷気味な方。
胃もたれ吹き飛ぶから久々にオメガバいかがですか?

前置きが長くなりました。
内容は書いて下さってるのでネタバレ有りの感想を。


帯に書いてある情報なんですが、
攻め:吐木…円をΩと信じて大切にするα
受け:円…Ωと偽って生きるβ

なんでわざわざΩに偽るの?ってところが根幹なんですね。
これは一気に明かされません。
とあるΩレイプ事件を追いながら、
少しずつ少しずつ過去が明らかになる。

冒頭は吐木に対して素っ気ない円なんですが、
その影で長年吐木のためにしてきたことに心打たれます…!!!

βがΩを偽るなんて並大抵の努力じゃないです。
Ωのリスクを背負った上で、吐木の為に嘘を重ねる。
傷ついた吐木を癒やすために。
しかし年を重ねる毎に、
嘘の重さに苦しんでいてシンドイのですよ(;ω;)

吐木は幼い頃に両親を亡くし、
大切な人を失う心の傷を無意識に抱えています。
だから円にとっては呪いのような言葉をかけるのですね。

「(円がΩである限り)俺から離れない」
「俺はお前がΩで感謝する」ーーーと。

何も知らない吐木にしたら
Ωだからって気にしなくていいよ、
Ωも素晴らしいよ、
ってフォローが含まれていると思うんですが
嘘に苦しんでる円にしたら真綿で首を絞められる感覚で。

そうまでして守りたかった秘密にただただ泣けました。

吐木が円を一番に考え、一番に大切にする姿も良きです。
もちろん"番だから""Ωだから"じゃないんですよね。
『円』だから。吐木の中には『円』しか居ない。
嘘を信じきるのも円に心を委ねてるからなんでしょうね。
円を守るナイトでありながら子供のような依存もあって。

2人の関係がほんともぅ泣けるというか、
もぉぉぉぉぉグワッときます!グワッと!!!
噛み合わない2人なのに相手を想う強さがあって
堪んない気持ちになるのですよ(;///;)

円の不器用さにも、吐木の無垢さにも、
あああぁぁぁぁーッ!って叫びたくなる。
(感情の言語化が難しい…駄文ですみません;)

ラストはめちゃくちゃ泣きました。
Re:birthの多幸感ハンパなかったです。

14

文句のつけようのない神作品。

作家買い。
麻生作品はすべて読んでいますが、これは凄い。序盤から一気に引き込まれ、そして読後この作品の持つ世界観からしばし帰ってこれませんでした。

設定がてんこ盛りなんですよ。

オメガバース。
運命の番。
ミステリー。
そして、愛。

そのすべての、どれ一つとして不要なものがなく、設定をフルに生かして進むストーリー。ページを捲るごとに『リバース』の世界に引き込まれていきました。

主人公は刑事の吐木。
αで、刑事としても有能だが、彼は定時で帰ることができる部署にしか移動しない。
不安定な発情期を持つ恋人がいるから。彼の生活のすべては、その恋人・円を軸に動いている。

が、当の円は吐木にそっけない。
吐木からの愛の言葉も、プロポーズも受け入れることなく、でも一緒に住んでいる。

そんなある日、吐木の管轄内で殺人事件が起こる。被害者はΩで、それを皮切りに連続Ω殺人事件が起こり―。

吐木と円。
彼らの過去が少しずつ見えてくる。

二人とも同じ施設で育ったこと。
孤独を抱えた二人が、少しずつ心通わせていくようになったこと。
そして、αの吐木と、Ωの円が、番になったこと。

幸せなはず、なのに、円は吐木に対してどうしてあんなに辛辣なのか。そんな二人の恋愛という軸と同時に、連続Ω殺人事件の操作も進んでいく。円はΩだから、連続殺人事件の被害者として狙われるんじゃないの?

と推理しつつページを捲っていきましたが、

いやー、こうきたか!

という感じ。

オメガバースものって、自分の性を隠したり偽ったりする作品はたびたび見かけますが、それはほとんどが「自分を守るため」。

なのに、ですよ。
今作品はそれを大きく覆す展開でした。

二人の、相手を想う愛情の深さに、ただただ落涙。
そして萌え。

麻生さんて、ストーリーはもちろん素晴らしいんです。さすが「ストーリーテラー」と言わしめる作家さまだなといつもしみじみ思いつつ読破しますが、このストーリーを魅せる絵柄がまたいいんですよね。ちょっと儚げ、っていうのかな。そんな絵柄なのですが、表情やしぐさ、そういったものの描き方も実に秀逸で、そんな中、彼らが見せる笑顔に心が救われる。

Ωが性的な意味で襲われるとか、殺人事件が題材になったストーリーなので、雰囲気としてはダークですし凄惨なシーンもあります。が、そんな闇から、二人は彼ら自身の力と愛情で這い上がっていく。この作品の根底に一貫して流れているのは紛れもなく深い愛情です。

ミステリーとして読んでも面白かった。

素晴らしかった。
文句なく、神評価です。

15

世界がみんなβなら

これは素晴らしいですーーいや、本当に震えた(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
オメガバースであり、本格的なサスペンス作品でもあります。
ぜひ、ネタバレなしで読んでください。
性・運命・番……オメガバースらしい要素を盛り込みつつ、
それらが必須条件ではないと思わせる人間同士の愛の物語です。

以下、出来るだけ核心には触れないようにあらすじと感想を書かせて頂きますが、少しもネタバレされたくない方はお気をつけ下さい。


共に施設で育った、作家の円と警察官の吐木は番です。
円はフェロモン異常で、番の吐木以外にもフェロモンが漏れてしまう特異体質。
そんな円を大切に想う吐木は出世の道ではなく、
円の側にいることを選びます。
そんな時〝連続Ωレイプ事件〟が起こりーー…!


円を想いやる吐木に対して塩対応の円。
二人は番ですが未婚です。
何でこんなに吐木に冷たいの?と憤りを感じてしまう程、
円が吐木に対して素っ気ないのです。
そして、円はフェロモン異常であり抑制剤も効かず、
発情期には淫らに乱れて吐木に抱かれます。
物凄い違和感を感じるんですよーー円に対して。
どうしても吐木に肩入れして読んでしまうのですが、
読み進めると円の真意が分かってくる。
この円の秘密が本当に苦しくて胸が潰れそう(ノД`)
そして、優しくて強い男だということが分かっていきますーー

この物語の主人公は円だと思います。
健気で一途な想いに胸を打たれまくります。
一見、円を守っているように見える吐木は円に守られています。
その愛が深くて熱くて痛いほど……
何度も襲われ危険な目に合う円ですが、
吐木は円を、円は吐木を命をかけて守ろうとします。
愛すれば愛する程互いの首を絞めていく二人が切ない……

また、事件簿としてもとても痛い(´;Д;`)
もう、後半は泣きっぱなしでした。

バース性とか運命とか関係ないです!
お互いを想い合う愛だけあれば十分幸せだと思わせてくれるストーリー展開が、言葉にならないほど素晴らしい。
語彙力に難ありでうまく伝わらないと思いますが、
とにかく読んでください!
映画一本見終わったような満足感に浸れます。
最後に一言いいたいのは、ラストは文句なしのハッピーエンド。
辛い展開もありますが、描き下ろしはラブラブな二人に胸いっぱいな気持ちになりました(´>///<`)

また、脇役の編集者・漣がいい仕事をします!
円の背中を押す素敵な存在でした。
私も泣かされたよ(;▽;)


シーモア 修正はトーンとボカシ

13

すごい

小説の挿し絵では存じ上げておりましたが、恥ずかしながら先生の漫画は初読です。
帯のBL界屈指のストーリーテラーという文面を見て、最近の帯は盛りすぎだろと思っていたのですが、見事に裏切られました。

オメガバースはエロ特化の作品が多い中(好きです)ストーリー作りも漫画構成も絵も上手い人が題材として描いたらこのような良作になるのだと驚きました。
個人的に今年一番の作品になると思います。

犯人や展開の予想が付き、ほぼ予想通りの結末ですが、推理小説ではなくBLなので読了感が気持ち良い。
また、予想していただけで、もしかして違う展開になるやも…?というドキドキ感も楽しめたので、是非ネタバレ無しで読んで頂きたいです。

ついでに2019年発売の先生の漫画も購入させて頂いたのですが、短期間で格段に絵が上手くなっていらっしゃる印象です。
勿論元からとても上手いですが、ブレがなく全画面綺麗。
上の上が上の最上になったイメージです。
先生の次回作もとても楽しみにしております。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う