炎の蜃気楼シリーズ(21)/裂命の星

honoo no mirage series

炎の蜃気楼シリーズ(21)/裂命の星
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784086143028

あらすじ

阿蘇での一件以後、譲は、武田の手に落ちていた。
譲の持つ弥勒菩薩の力を得て、信玄は『闇戦国』制覇に動きはじめるのだった。
また、綾子は織田に捕らえられ、人質としての日々を送っていた。
織田の同志として綾子の前に現れた見知らぬ男は、意外にも…。
一方、直江に別れを告げた高耶は、ひとり四国の山中に潜んでいた。
そこで出会った記憶喪失の潮に高耶は不審な気配を感じるが…。v

表題作炎の蜃気楼シリーズ(21)/裂命の星

直江信綱
仰木高耶

評価・レビューする

レビュー投稿数1

今すぐ使える「炎の蜃気楼」会話

「炎の蜃気楼」本編完結から10年。今さら読み始められないけどたまに遭遇してしまうミラージュファンと適度な距離を保って会話したい時に役立つ単語を、21巻からご紹介したいと思います。

◆「炎の蜃気楼」とは
 「歴史サイキックアクション」と言い張って刊行されていたので私も人に紹介する時はこの言葉を使います。便利です。

◆「炎の蜃気楼」21巻について
 訳あって直江(なおえ)と離れなければならなかった高耶さん(たかやさん)が四国の山奥で日がな一日直江を狂い求めて自慰行動に耽る、衝撃の第3部スタートの巻でした。

「マスターベーションなんて上品なものじゃない。濃厚なオナニー、セルフセックスだ」(本文より無修正で抜粋)

 そんなセルフS○×シーンが10ページにわたって描かれ、
「……でる……しろいの……出ッ」
 非BLだろうがコバルト文庫だろうが、男性から出てくるしろいのといえばアレしかありません。シリアス展開の中で、「冥界上杉軍総大将」という大層な肩書を持つ高耶さん(約400才)のこの台詞に、失神者続出でした。

◆「しろいの」
 以上の背景をもって、ファンに続きとって「しろいの」という言葉は聞いただけで胸が躍る神聖な言葉になった次第です。使い方は簡単。白い物を「しろいの」と言い換えるだけで大喜びされます(地域差あり)。

例1:「シャツ出てますよ」→「しろいの出てますよ」
例2:「ミルク入れますか?」→「しろいの入れますか?」

◆ふたくちメモ
1.一番有名な「狂犬」(5.5巻)「大人の本気」(9巻)といった言葉は複雑な諸事情によりお互いが痛い思いをすることになりかねないので不用意に口にしないほうが無難です。
2.「直江」を「直江さん」とさん付けで呼んだり、「高耶さん」を「高耶」と呼び捨てで呼んだりすると一瞬にして気まずい雰囲気になる可能性が高いので注意です。
3.めんどくさくてすみません。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ