右手にメス、左手に花束(10) 友には杯、恋人には泉

tomoniwa sakazuki koibito niwa izumi

右手にメス、左手に花束(10) 友には杯、恋人には泉
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
6
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576140063

あらすじ

美卯の母のため恋人役を買って出た楢崎。江南と篤臣はそれぞれに親を思い、年越しのひと時を職場の病院で迎え――。節目の第10巻!

表題作右手にメス、左手に花束(10) 友には杯、恋人には泉

江南耕介・K医科大学付属病院消化器外科医
永福篤臣・K医科大学付属病院法医学教室助手

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

家族だね

シリーズ10作目、仕事と日常生活をメインに主役二人に個性的なキャラたちが
繰り広げるストーリーは安心感とほのぼのさとちょっとしたことが心にジンとくる。
作者が医療従事者ということもあり医療の背景はリアルで作り物の気がしないし、
作者の他刊の医療シリーズで主役を張っているキャラも出てくるので作品の
広がりも感じられてますます好きになるシリーズです。

普通のいわゆる恋愛ものみたいなアップダウンはないけれど日々の日常の中で起こる
出来事が逆に新鮮に感じられるし、人情味があってとても素敵なのですよ。
今回は二人で年末にハワイに行こうと言いながらも結局のところ病院で
忙しく立ち回る日々になる展開です。

篤臣の上司である美卯の母親が検査入院してきた事で、今回のテーマは母親の愛かな。
いくつになっても母は子供が心配なのですという感じが伝わります。
そして個人的に大好きな楢崎先生が今回もいい味だしていて面白い。
キャラクターが個々に生きているそんな風に感じるシリーズで好きですね。

3

理想のカップルです

シリーズ10冊目です。
もう心置きなく安心して読めます。幸せ~。
結婚っていいもんですよ~と思わされる毎度毎度のニクイラブイ演出がなんともはや。
この江南×篤臣バカップルは絶対に絶対に浮気しないし、いつでもどこでも甘々ラブラブだからね~。
大きな事件事故や突飛で大それた出来事もこれと言ってなく、むしろ淡々とした日常こそがずっとこのシリーズを読み続けている読者(私)のこそばゆい痒いところをこちょこちょとくすぐられて誠に快適なのであります。
【安心・安全・安定】の1冊でございますわよ!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ