炎の蜃気楼シリーズ(8)/覇者の魔鏡(後編)

honoo no mirage series

炎の蜃気楼シリーズ(8)/覇者の魔鏡(後編)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
3件
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784086116855

あらすじ

“この人を鏡の中から解放してほしい”それが、直江の選んだ願いだった…。意識を取り戻した高耶は、譲を救うために日光へ向かう。譲の「木縛」を阻止することはできるのか!? 緊迫の展開!

表題作炎の蜃気楼シリーズ(8)/覇者の魔鏡(後編)

直江信綱
仰木高耶

評価・レビューする

レビュー投稿数2

このひとと、生きていきたい

 自分を助けた直江に、素直に寄り添えない高耶さん。直江は自分ではなく“景虎”を助けただけなのだと、虚勢を張ります。
「おまえが抱きたいのは“景虎“だろう!」
戦いが始まると息の合ったプレイを見せる2人ですが、終わるとまた出現する溝。

身内だった人と戦わなければならなかった闘いの果てに。
「直江」
慰めを求めて、直江の名を呼ぶ高耶さん。気付かぬふりで業務的に事件の報告をする直江。そんな言葉が聞きたいんじゃない、と震える高耶に、
「慰められたいなら、この肉体で慰めてあげましょうか」
露悪的な言葉で高耶を責め、去っていく直江。
高耶が直江を追いかけたくても追いかけられなかったのは、直江の気持ちを受け入れられなかったからではなく、自分に、権利がないと思ったから。
(オレが記憶を封じる前の景虎に戻れば……)
(あいつのことを考える資格が、得られるんだろうか)
そして、高耶の選択。

→9巻につづく。

0

北条編(日光&箱根編?)完結

前巻で選択を迫られていた直江は・・・。
高耶を鏡の中から解放することを選びます。
意識を取り戻した高耶は、綾子も合流して譲が木縛されようとしている日光に向かいます。
千秋、片倉は北条の屋敷に捕まっていましたが、千秋が恙の子供を暗示にかけて脱出します。
以下、景虎な雰囲気の高耶の指揮のもと、VS北条です。



※ネタバレですのでご注意を。
譲の方は蘭丸に信長の「魔王の種」を植え込まれてしまいました。
譲の正体も高耶の感じからだいたい予想できます。(ここではまだ、明言はされてませんが)
譲の力を抑えることが、高耶(景虎)が謙信から与えられた使命らしいです。

風魔小太郎は逃げたよなぁ・・・、後々面倒なことになりそうな予感です。
そして、北条氏照はいい兄さんだったなぁ。

高耶は景虎の感情(想い?)を思い出そうとしてるし。
この先、直江とどうなることやら・・・。なんか不穏な感じの文章で終わってますし。
とりあえず、覇者の魔鏡編(北条編?)はこれで終了。
次が早く読みたくなります!

つつがの漢字が頑張っても出せなかったので、恙で代わりにし続きました。正しくは恙に獣偏がつきます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ